神戸MFサンペールが右ヒザ前十字じん帯損傷で全治8カ月…すでにスペインで手術

2022.03.27 16:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴィッセル神戸は27日、MFセルジ・サンペールの長期離脱を発表した。

サンペールは15日にホームで行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・プレーオフのメルボルン・ビクトリー戦に先発したが、前半途中で負傷交代。神戸市内の病院にて、右ヒザ前十字じん帯損傷の診断を受けた。

その後、25日にスペインのバルセロナ市内にある病院で手術を受け、無事に成功。ただ、全治は手術日から8カ月が見込まれ、カタール・ワールドカップとの兼ね合いで11月上旬に終わりを告げる今季中の復帰が厳しい状況だ。
今季の神戸はACLのプレーオフこそ突破したものの、明治安田生命J1リーグで開幕7戦未勝利とスタートダッシュに失敗。先日に代表ウィーク後からリュイス・プラナグマ・ラモス暫定監督下での再出発を発表したばかりだった。

なお、神戸はすでにFW武藤嘉紀、FW大迫勇也、FW藤本憲明、MF佐々木大樹ら前線にケガ人を多く、U-21日本代表の活動に参加中だったFW小田裕太郎も負傷離脱が決定している。

関連ニュース
thumb

武藤嘉紀「素晴らしいキャプテン」、酒井高徳「諦めない気持ち、信じることの大切さを感じた」…「スポーツの未来を共に創ろう」イベントで日本代表を語る

楽天グループ株式会社は8日、「スポーツの未来を共に創ろう-A BETTER FUTURE TOGETHER- 選手と一緒にスポーツを贈ろう!プロジェクト」の発表会を都内で行った。 このプロジェクトは、楽天グループの創業25周年を機に発足し、これからの未来のためにできることを考え、スポーツとともにサステナブルな明日を描く活動を行っている。 環境問題やジェンダー・人種差別、国内外の紛争など、世界で起こる日々の様々な問題に対し、スポーツは人種や言語、年齢や性別に関わらずに誰もが楽しめるものであり、愛する気持ちに優劣がないもの。そのスポーツを続けられる世界を目指し、スポーツのより良い未来を創るために一緒に歩んでいくというものだ。 今回の新たな取り組み、「選手と一緒にスポーツを贈ろう!プロジェクト」では、「楽天ラクマ」にて、ヴィッセル神戸の選手たちが使用したアイテムや、楽天ソシオビジネスの藤井美穂選手のアイテムを出品。売上金で購入したスポーツアイテムを、スポーツ助成団体へと寄付するプロジェクトとなっている。 今回の発表会には、実際に「楽天ラクマ」でアイテムを出品するヴィッセル神戸のFW武藤嘉紀、DF酒井高徳、そして東京パラリンピック自転車競技の日本代表である藤井美穂選手が登壇した。 より良い未来ということで、今回登壇した3選手がコメント。武藤はドイツ、イングランド、スペインでのプレー経験がある中、コミュニケーションの壁に直面したことから、「新しいことに挑戦する人を後押しできる社会」にしたいとのこと。「海外でプレーしたことのある選手、厳しい状況にいる選手は誰もが経験していると思います」と語り、「国によって言語の習得にトライして喜んでくれるところと、ドイツやイギリスのように発音を指摘されるところもあります」と国によって差があり、苦労したと明かした。 酒井は「相手を思いやり寄り添う心の大切さ」を挙げ、ハンブルガーSV時代にはキャプテンを務め、様々な国籍の選手をまとめ上げ、神戸でも多くの外国人選手とプレーした経験がある。コミュニケーションで心掛けることについては「若い選手へアドバイスする時に、主張だけをされると萎縮してしまったり、自分の意見が言えなくなり成長が止めることもあるので、自分の意見を言ったとしても相手の意見を聞いたり、シチュエーションによっては考えを聞いてあげること、ラリーをするのが大事」と語った。 藤井さんは「誰もがスポーツを楽しめる未来」とし、パラアスリートならではの悩みに言及。「障害があるので、その中で仕事をするのも大変で、アスリートでもあるので、そのアスリートを障害者雇用している会社が日本では少ないです」とコメント。また自転車競技についても「メジャーじゃないということで練習する場所がなかなか確保できなかったり、予約してもすぐに使えないことがある」と、切実な悩みを明かした。 また、発表会では子どもたちからの質問にも3人が真摯に答える姿が。「いつもプラス思考でいられる方法」を問われた藤井選手は、「仲間を作ること。支えてくれる人を作ること」と回答。1人で努力すると辛い時が来るので、一緒に練習する仲間を作った方が良いとした。 酒井には「リーダーやキャプテンを任された時に気をつけること」を問われ、「リーダーやキャプテンは他の人より特別だと見られがちだが、一緒だということを伝えること」と語り、指導を受けたり、アドバイスをもらったことを「共有する」ことが大事だとした。また、ダンスを習っているということもあり「みんなについて来て欲しい踊りをした方が良い」とし、リーダーシップの表し方を教えていた。 武藤は「ヴィッセル神戸でプレーしたい」という相談を受け、中学生時代の恩師に言われた「妥協は癖になる」という言葉を捧げた。練習したくない、勉強したくないと思った時に、1日休むとどんどん緩くなってしまうと語った。また、「両親の言うことを聞く、心の片隅に留めておく」年、自分をよく知る人からの言葉を大切にした方が良いとした。さらにスピードが特徴だと言うことで「技術を磨いた方が良い」とアドバイスした。 酒井と武藤はカタール・ワールドカップ(W杯)を戦った日本代表にも言及。酒井は「自分も2大会W杯に行かせていただいて、今回は皆さんと同じでテレビで観ていました。本当によくやってくれたと思いますし、諦めない気持ち、信じることの大切さを感じさせてくれる大会となった」とコメント。「日本のサッカーがこれからどう変わっていくかが大事になる。個人的にも刺激をもらった」と語った。武藤は「プレーよりも仲良くしてもらっている吉田選手。キャプテンとしてどれだけ重圧が凄かったのかは想像も難しいですが、それでもあれだけのパフォーマンスを続けて、チームをまとめて、このような結果を得たと言うのは、本当に素晴らしいと思います」とし、「彼なしではこの結果は生まれなかったと思います。リーダーシップかつ背中で見せる、全てが伴っていた素晴らしいキャプテンだった」と語った。 「楽天ラクマ」では38ものアイテムが出品され、武藤と酒井は今シーズン実際に着用したユニフォームにサインを、藤井選手はアスリートシャツを出品。その他、井上潮音の着用スパイクや前川黛也のGKグローブ、その他選手複数のサイン入りユニフォームやサイン入りボールなどが出品されている。 <span class="paragraph-title">【写真】実際に出品される選手のグッズ、イベントの様子も</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vissel20221208_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vissel20221208_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vissel20221208_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vissel20221208_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vissel20221208_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vissel20221208_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vissel20221208_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vissel20221208_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vissel20221208_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vissel20221208_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vissel20221208_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vissel20221208_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vissel20221208_tw13.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vissel20221208_tw14.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vissel20221208_tw15.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/vissel20221208_tw16.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 写真:超ワールドサッカー 2022.12.08 22:55 Thu
twitterfacebook
thumb

「PKを蹴る勇気がすごいのよ」4年前の悔しさ知る武藤嘉紀が日本代表を労う「誰も悪くない!」

ヴィッセル神戸に所属する元日本代表FW武藤嘉紀が、日本代表選手たちを称えた。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16が行われ、日本はクロアチア代表と対戦した。 前回大会のファイナリスト相手に互角の戦いを挑んだ日本は、前半からアグレッシブにプレー。すると前田大然が先制ゴールを奪い、リードして前半を終える。 後半に入りクロアチアが押し込み始めると、55分にイバン・ペリシッチがネットを揺らして同点に。しかし、その後は粘り強く戦い1-1のドロー。延長戦もゴールが生まれず、PK戦にもつれ込んだ。 すると日本は、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。さらに4人目の吉田麻也も失敗すると、クロアチアは3人が成功し、1-3で敗退となった。 4年前、ロシアW杯でベルギー代表相手に悔しい敗戦を喫してベスト16に終わった日本。メンバーの1人として経験した武藤は試合後にツイッターを更新した。 「このプレッシャーの中、PKを蹴る勇気がすごいのよ。。。」 「誰も悪くない!本当にお疲れ様でした!」 W杯という舞台でのPK戦でキッカーを務めた選手たちへ労いのメッセージ。これにはファンも「その通り」と賛同する声が。また、「次に進むためにはこのプレッシャーに勝てる精神力が必要だと思う」という声も届いた。 <span class="paragraph-title">【SNS】PKキッカーに見解、日本代表選手を労う武藤嘉紀</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">このプレッシャーの中、<br>PKを蹴る勇気がすごいのよ。。。<br>誰も悪くない!<br>本当にお疲れ様でした!</p>&mdash; Yoshinori Muto/武藤 嘉紀 (@yoshimuto18) <a href="https://twitter.com/yoshimuto18/status/1599830886459273221?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「VIP席じゃないの?」家族でスペイン代表のW杯初戦を見守るイニエスタの姿が反響!「近くだったら驚く」

ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが母国のワールドカップ(W杯)初戦を見守った。 スペイン代表として通算131試合の出場経験を持つイニエスタ。スペインの黄金世代の中心選手でもあり、4度のW杯に出場。2010年の南アフリカW杯では、決勝の延長戦でトロフィーをもたらす決勝ゴールも決めていた。 カタールW杯では、『スペイン放送協会(RTVE)』のコメンテーターとして参加しているイニエスタだが、23日に自身のSNSを更新。「スペイン代表のW杯初戦を家族で満喫。大勝利」と綴り、妻のアンナ・オルティスさんや4人の子供たちとともにスタンドで観戦する姿を披露した。 他の観客たちと混ざり通常の観客席で試合を観るイニエスタの姿にはファンも驚き。「普通に観戦出来るん?」、「イニエスタがすぐ近くにいたら驚くよね」、「なんか全然普通のお父さん」、「VIP席じゃないのか?」と驚きのコメントが見られたほか、「試合に出てくれ」、「ベンチに入ってないのか」といった声もあった。 大先輩の前で、若きスペインはコスタリカ代表を圧倒。7-0の大勝を飾っている。 <span class="paragraph-title">【写真】イニエスタが家族と一緒にスペイン戦のスタンドに!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClUNpl9yMWg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClUNpl9yMWg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClUNpl9yMWg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Andres Iniesta(@andresiniesta8)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.24 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

神戸MF井上潮音がUターン時にバイクと接触…相手は腰を骨折

ヴィッセル神戸は23日、MF井上潮音の交通事故を報告した。 クラブの発表によると、井上は22日の12時ごろに神戸市中央区加納町付近の交差点で交通事故を起こしたという。 井上は交差点で信号が黄色のタイミングでUターンをしようとしたところ、後方から来たバイクに気が付かず、車体右側と接触したとのことだ。 なお、事故発生後、速やかに井上が相手方のケガの確認と警察等、関係各所に連絡して対応。相手は病院で腰の骨折と診断されたとのことだ。 千布勇気代表取締役社長がクラブを通じてコメントしている。 「弊クラブ所属選手が、この度、交通事故を起こしたことに対し、深くお詫び申し上げます。怪我をされた方の一日も早い回復を心よりお祈り申し上げるとともに、関係者の方々にも、重ねてお詫び申し上げます」 「井上選手に対しては、厳重注意を行い、今一度、安全運転の徹底を指導いたします。また、クラブとしても、再発防止に向けて選手、スタッフへの注意喚起をし、交通安全への意識、知識の教育を再度徹底いたします」 2022.11.23 22:57 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸生え抜きのDF小林友希がセルティックに完全移籍、5年契約を締結「ヴィッセルアカデミーの価値を世界に示したい」

セルティックは23日、ヴィッセル神戸のDF小林友希(22)を完全移籍で獲得することを発表した。 セルティックによれば、国際移籍の許可が条件となる中、5年契約を結んだとのこと。12月1日からセルティックに合流し、2023年1月に選手登録をされる流れだという。 小林はセルティックを通じてコメントしている。 「セルティックに加入できることにとても興奮しており、この素晴らしい機会を本当に楽しみにしています。 クラブで成功するために全力を尽くすつもりです」 「アンジュ・ポステコグルーの仕事は、彼がJリーグで素晴らしい時間を過ごした後、日本でも非常によく知られています。セルティックの一員であるだけでなく、監督として、そして彼がすでに育っている素晴らしい選手たちとチームとして一緒に仕事をするのが待ちきれません」 「長年にわたってセルティックが輝かしい成功を収めてきたことを知っており、今はクラブとファンに素晴らしい瞬間をもたらすために自分の役割を果たしたいと思っています」 「ヴィッセル神戸には、キャリアの早い段階で僕に与えられたすべてのサポートに心から感謝したいと思います。世界の偉大なサッカークラブの1つであるセルティックと一緒に、このエキサイティングな新しい挑戦を受け入れることを楽しみにしています」 小林はサッカースクール時代から神戸に所属。U-12、U-15、U-18と昇格し、2016年から2種登録。2019年に正式にトップチームに昇格すると、2019年7月からはFC町田ゼルビア、2020年は横浜FCへ期限付き移籍を経験した。 神戸ではJ1通算56試合出場、リーグカップ通算9試合に出場。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも6試合に出場していた。 小林は神戸を通じてもコメントしている。 「この度、セルティックFCに移籍することになりました。今シーズン厳しい結果で終わり、このタイミングで移籍していいのか悩みましたが、ヨーロッパでプレーすることは、サッカーを始めた頃からの憧れであり目標でした。このタイミングでのチャレンジを理解してくださり、送り出してくれたクラブには感謝してもしきれません」 「僕は、幼稚園でサッカースクールに入った時からずっとヴィッセル神戸のアカデミーで育ててもらい、スクール時代、アカデミー、そしてトップチームで素晴らしい指導者の方たちに恵まれ、成長させていただきました。ヴィッセル神戸、ヴィッセルアカデミーに心から感謝しています」 「だからこそ僕はヴィッセルアカデミーの価値を世界に示したいし、アカデミーの選手に目標とされる選手になりたいと思っています」 「ファン、サポーターの皆さん、いつもどんな時も熱い応援で支えてくださり、ありがとうございました。小さい頃から歌ってきた、試合後の神戸讃歌をピッチで皆さんと共に歌えたことは僕にとって特別な事でした」 「僕にはヴィッセル神戸を日本で、そしてアジアでナンバーワンのクラブにするという夢があります。これからも、もっともっと成長し、このクラブに関わる皆さんに恩返しが出来るように、また皆さんに活躍が届けられるように全力で頑張ります。これからも、見守っていただければ嬉しいです。行ってきます!」 セルティックには、FW古橋亨梧、MF旗手怜央、MF井手口陽介、FW前田大然が所属。古橋とは神戸でもチームメイトとしてプレーしていた。 2022.11.23 21:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly