相手のズボンを脱がす…実況も笑った林大地の珍プレーに現地メディア反応「下着を履いていて良かった」

2022.01.26 21:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
【動画】林大地が相手のズボンを脱がしてしまう









1 2

関連ニュース
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.115】本番2カ月前にカタールW杯正GKに名乗り!エクアドル戦のMVP/シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/GK)

ドイツ、コスタリカ、スペインという強豪国と中3日でグループリーグを戦わなければならない2022年カタールワールドカップ(W杯)の日本代表。森保一監督も「初戦のプレッシャーや相手の力を踏まえた時、普段より想像以上に大きなエネルギーを使うので、心身ともに中3日で回復できない状況も起こり得る」と見ており、そのためには選手の入れ替えが必要不可欠と考えている様子だ。 そこで、27日のエクアドル戦(デュッセルドルフ)は23日のアメリカ戦(同)から先発11人全員を入れ替え、完全なるターンオーバーを実施。谷口彰悟(川崎)と伊藤洋輝(シュツットガルト)の両センターバック(CB)、柴崎岳(レガネス)と田中碧(デュッセルドルフ)の両ボランチなど実戦経験が少ない面々の連係不足が見て取れたが、強度と球際の迫力に優れた相手を何とかしのぎ切り、スコアレスドローに持ち込んだ。 もちろんW杯本番を視野に入れると、ドイツに勝ち点3を奪うのは非常にハードルが高いため、2戦目のコスタリカ戦での白星が必須。となれば、今回のエクアドルとの2戦目は引き分けでは足りない。 ただ、後半38分のエネル・バレンシア(フェネルバフチェ)のPKを決められていたら、負けていた可能性が大だった。そう考えると、一撃を阻止したシュミット・ダニエルの貢献度の高さは特筆に値する。彼がマン・オブ・ザ・マッチに選ばれるのも当然のなりゆきと言えるだろう。 197cmの高さを誇るシュミットは、以前から「規格外の日本人守護神」として期待されてきた。日本代表デビューは森保ジャパン発足直後の2018年11月のベネズエラ戦(大分)。もともとボランチだったこともあり、足元の技術やつなぎのうまさで見る者を驚かせた。そこから代表にコンスタントに呼ばれるようになり、2019年アジアカップのウズベキスタン戦(アルアイン)にも出場。2019年夏にベルギーに赴いてからも地道な努力を続け、少しずつ成長してきた。 とはいえ、日本代表には川島永嗣(ストラスブール)、権田修一(清水エスパルス)という経験豊富なライバルがいる。特に森保ジャパン発足後は権田の評価が高く、アジアカップ以降の公式戦でほぼフル稼働。2021年9月から始まった最終予選でも10試合中9試合に先発した。シュミットは出場権獲得後の今年3月のベトナム戦(埼玉)では出番を与えられるかと思いきや、その一戦に出たのは川島。自身の序列の低さを痛感させられたのではないか。 しかしながら、W杯に向けて本格始動した6月シリーズ以降、森保監督の起用法に微妙な変化が生まれる。シュミットは4連戦のうち最初のパラグアイ戦(札幌)とチュニジア戦(吹田)に出場。後者は0-3で完敗を喫したものの、「敵に脅威を与えられる世界基準のサイズとビルドアップ能力を誇る守護神を使いたい」という指揮官の思惑が透けて見えるようになった。 それが9月シリーズになって顕著となり、今回のシュミットは権田の背中打撲の影響もあって、アメリカ戦の後半とエクアドル戦に出場。スーパーセーブを連発する。本人が長年の課題と言い続けたシュートストップの部分も目覚ましい進化を感じさせたのだ。 エクアドル戦前に行われたデュッセルドルフでのメディア対応で、シュミットは24日にスペインの猛攻を止め続けたスイスの守護神、ヤン・ゾマー(ボルシアMG)を引き合いに出し、「スペインやドイツの強豪に勝つには最後の部分でGKのビッグセーブが絶対に必要。ゾマーはそれをほぼ日常的にやっている。アメリカ戦のようなゲームではないと思うし、エクアドル相手にピンチの場面があれば、自分にできるところをアピールしていければと思います」と意気込んでいた。 その言葉通り、ゾマーを超えるほどの強烈インパクトを残したシュミット。森保監督も「ピンチも多かった中、ダンが最後の砦としてビッグセーブをしてくれたことで、試合がより引き締まったと思いますし、フィールドの選手たちが勇気を持って落ち着いて戦えることにつながったのかなと思っています」と絶賛していた。 常に謙虚な本人は「今日の自分のパフォーマンスは80点くらいかな。20点分はハイボールの部分。CKとかでもっと力強さというか『空中戦、大丈夫だ』という安心感を与えられるプレーがもうちょっとできたらいい」と自分に厳しかったが、これでW杯本大会の正守護神に大きく近づいたのは間違いないだろう。 「ここで序列が変わった? そうは思わないですね。やっぱり2次予選、最終予選で何試合も苦しい試合があった中、ゴンちゃんがチームを救ってくれた。これは親善試合ですし、差はあると思います」とシュミットはあくまで慎重な姿勢を貫いたが、これだけチームに勢いをつけられる守護神を使わない手はない。 2カ月後のドイツ戦(ドーハ)で日本屈指の大型GKがスタメンでピッチに立てるか否か。それはシントトロイデンでの一挙手一投足次第。ここから11月までのシュミットのさらなる前進を願ってやまない。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2022.09.30 20:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「爆イケすぎ」「めっちゃ格好良い」橋岡大樹が同僚・香川真司と本場フィンランドで“サ活”のプライベートショット「最高の旅でした」

シント=トロイデンのDF橋岡大樹が、本場で最高の体験をしたことを報告した。 今シーズンもシント=トロイデンのレギュラーとしてプレーし、ジュピラー・プロ・リーグの開幕戦から9試合連続で先発出場。1アシストを記録している。 その橋岡は、インターナショナル・マッチウィークということもあり、束の間のオフ。どうやらその間にフィンランドへと足を運んでいたようだ。 橋岡はフィンランド発祥とも言われるサウナを満喫した様子。サウナで整っている写真をインスタグラムに投稿した。 「休みの日にフィンランドに行ってきました。サウナに入りまくる最高の旅でした。やっぱ本場のサウナは違うね」 整っている感も見える写真を投稿した橋岡。サ活をしているチームメイトのMF香川真司も同行したようで、2人でベンチに座り、整っている写真も投稿。また、天然の水風呂である湖に入る動画も投稿していた。 橋岡は1日に3軒をハシゴしたしたことも報告し、サウナに入りすぎて肌が乾燥してしまったという珍事も報告。とにかく、オフで整ったようだ。 この投稿にファンは「爆イケすぎ」、「めっちゃ格好良い」、「これは狙ってる」、「旅行行きたくなりました」とコメントが集まった。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】先輩・香川真司と本場フィンランドで“サ活”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjDHxx4KWSl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjDHxx4KWSl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjDHxx4KWSl/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">橋岡大樹 Daiki Hashioka(@hashioka0517)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.28 22:55 Wed
twitterfacebook
thumb

殊勲のPKセーブ! シュミット・ダニエルがエクアドル戦を振り返る「PKも止められて良かった」

日本代表のGKシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)が、エクアドル代表戦の勝利を振り返った。 27日、日本はドイツのデュッセルドルフで行われたキリンチャレンジカップ2022でエクアドルと対戦した。 23日にはアメリカ代表を相手に2-0で勝利していた日本。この試合は、そのアメリカ戦から11名を全て変更して臨んだ。 試合は鋭い出足のエクアドルに苦戦。なかなかボールを握れず、チャンスを作ることができない。 ゴールレスで後半を迎えると、後半から投入されたFW上田綺世がアクセントとなり、徐々に攻撃の形が作れていく。それでも決定機を決められないでいると、谷口彰悟がファウルを犯してPKを当てる展開に。しかし、GKシュミット・ダニエルが横っ飛びでセーブ。得点を許さない。 日本は、鎌田大地、相馬勇紀らも攻撃に加わり何度か決定機を迎えたがゴールは奪えず。カタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー発表前最後の試合は、0-0のゴールレスドローに終わった。 試合後、フラッシュインタビューに応じたシュミット・ダニエルは、ピンチがありながらも無失点で終えられたことを喜んだ。 「CKでずっと嫌なところにボールを入れられていたので、それを凌ぐのが大変でした」 「そこで危ないプレーもありましたけど、なんとかゼロで抑えられて、PKも止められて良かったです」 これでメンバー発表前の試合は全て終了。あとはクラブでの戦いでより成長し、メンバー発表を待つだけとなる。 「チームで結果を出すこと。チームの順位を少しでも上に押し上げることで、勝つ習慣を作っていくこと。それが代表に繋がると思うので、意識していきたいと思います」 PKセーブなどでチームの勝ち点獲得に貢献したシュミット・ダニエル。シント=トロイデンでの活躍にも期待が懸かる。 <span class="paragraph-title">【動画】完璧に読み切り咆哮!シュミット・ダニエルのPKセーブ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://t.co/S5g4C4iDoP">pic.twitter.com/S5g4C4iDoP</a></p>&mdash; TBS サッカー (@TBS_SOCCER) <a href="https://twitter.com/TBS_SOCCER/status/1574758037788585984?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.27 23:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「ゴールが欲しかった」真骨頂の低空ダイビングヘッドで初ゴールの岡崎慎司が量産に意気込む「もっとゴールを取れるようにしたい」

シント=トロイデンの元日本代表FW岡崎慎司が、初ゴールを振り返った。 17日、ジュピラー・プロ・リーグ第9節でシント=トロイデンはズルテ・ワレヘムと対戦した。 アウェイでの一戦。シント=トロイデンは、日本代表GKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、岡崎が先発出場。MF香川真司、FW林大地はベンチスタートとなった。 試合は開始1分でジャンニ・ブルーノのゴールでシント=トロイデンが先制する。 18分で相手選手が退場するも前半は1点で終わったシント=トロイデン。すると迎えた50分、右サイドから大きくサイドチェンジ。パスを受けた途中出場のアブバカリ・コイタが仕掛けると、ボックス内左から低空クロス。これに岡崎が、真骨頂のダイビングヘッドで合わせ、移籍後初ゴールを記録した。 その後も1点を追加したシント=トロイデンは0-3で勝利している。 岡崎は加入後初ゴールを記録。試合後に振り返り、「ゴールが欲しかったので、(コイタは)とにかく切り返しを何回もするので、タイミングは難しかったですが、そこに合わせられたことは1つ良かったです」とコメント。「微妙なところでしたが、自分の頭にも当たったので、自分のゴールだと思いますし、すごく自分にとって必要なゴールだったので、ここからもっとゴールを取れるようにしたいです」と、更なるゴール量産を意気込んだ。 1分で先制し、前半のうちに相手が10人になるという試合。岡崎は試合を振り返り「立ち上がりから前節の試合の反省を生かして、しっかり全員で戦おうというところで、90分通して戦えたと思いますし、退場者が出て、僕らがゴールを先に奪ったので良かったですが、前半の最後の方は相手にも攻め込まれる時間帯もありました」とコメント。「(相手が)10人になってやり辛い部分も出ていたので、それを修正して後半に入れたので良かったです」と、ハーフタイムで修正し、その後後半の早い段階で2点を奪えたとした。 これでチームはインターナショナル・ブレイクに入る。この間にチームでブラッシュアップしたいことについては「今日みたいな試合になれば2点目を取れて相手が10人で、自分たちのペースで進められたのが良かったです」と語りながらも、「ただ、負けた試合の反省点は、タイトな試合で守備のところで相手にルーズなスペースを与えてしまい、変なチャンスを作られることが多いので、守備の統一、攻撃のバリエーションが増えれば、さらに上位を目指せると思います」と、今季の良くないところをしっかりと改善していきたいとした。 <span class="paragraph-title">【動画】これぞ岡崎慎司! 低空クロスにダイビングヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="PBRfIOiTKHs";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.18 13:10 Sun
twitterfacebook
thumb

「岡崎らしすぎる」、「さすが利き足が頭」岡崎慎司の真骨頂、ベルギー初ゴールは低空ダイビングヘッド「もうセンス」

元日本代表FW岡崎慎司が移籍後初ゴールを記録した。 17日、ジュピラー・プロ・リーグ第9節でシント=トロイデンはズルテ・ワレヘムと対戦した。 アウェイでの一戦。シント=トロイデンは、日本代表GKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、岡崎が先発出場。MF香川真司、FW林大地はベンチスタートとなった。 試合は開始1分でジャンニ・ブルーノのゴールでシント=トロイデンが先制する。 すると迎えた50分にその時が。右サイドから大きくサイドチェンジ。パスを受けた途中出場のアブバカリ・コイタが仕掛けると、ボックス内左から低空クロス。これに岡崎が、真骨頂のダイビングヘッドで合わせ、移籍後初ゴールを記録した。 このゴールには「腰より下のボールを頭でいくのはもうセンス」、「足よりも頭が先に出るとこが岡崎すぎる」、「岡崎らしすぎるゴール」、「さすが利き足が頭」と 岡崎らしさ満点のゴールにファンも沸いた。 なお、試合は0-3でシント=トロイデンが勝利。香川と林は出番が訪れなかった。 <span class="paragraph-title">【動画】これぞ岡崎慎司! 低空クロスにダイビングヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="PBRfIOiTKHs";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.18 08:23 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly