FIFA『ザ・ベスト』の最優秀監督最終候補3名が決定

2022.01.07 01:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)は6日、2021年度『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の男子最優秀監督最終候補3名を発表した。

11月に発表された男子最優秀監督候補7名の中から今回3名が選出。選ばれたのはイタリア代表をユーロ優勝に導いたロベルト・マンチーニ監督、チェルシーを指揮して約4カ月でチャンピオンズリーグのタイトルをもたらしたトーマス・トゥヘル監督、プレミアリーグ王者マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督の3名となった。

一方でインテルをスクデット獲得に導いたアントニオ・コンテ監督やアルゼンチン代表をコパ・アメリカ優勝に導いたリオネル・スカローニ監督らは選外となっている。
最優秀監督の発表は17日に行われる。

◆最優秀監督最終候補者3名
ジョゼップ・グアルディオラ(スペイン/マンチェスター・シティ)
ロベルト・マンチーニ(イタリア/イタリア代表)
トーマス・トゥヘル(ドイツ/チェルシー)

◆選外の最優秀監督候補者4名
アントニオ・コンテ(イタリア/インテル、トッテナム)
ハンジ・フリック(ドイツ/バイエルン、ドイツ代表)
リオネル・スカローニ(アルゼンチン/アルゼンチン代表)
ディエゴ・シメオネ(アルゼンチン/アトレティコ・マドリー)



関連ニュース
thumb

ボーンマス、オニール暫定監督が正指揮官に

ボーンマスは27日、ギャリー・オニール暫定監督(39)を正指揮官に任命したことを発表した。契約期間は2024年6月までとなっている。1年延長オプション付きとのことだ。 オニール監督はスコット・パーカー前監督の解任を受けて8月30日にボーンマスの暫定指揮官に就任。プレミアリーグ11試合を指揮し、3勝4分4敗の戦績を残して17位に沈んでいたチームを降格圏から3ポイント差の14位まで浮上させていた。 ボーンマスではリーズを率いていたマルセロ・ビエルサ氏の招へいも噂にあったが、オニール監督の手腕を評価し、正指揮官就任の運びとなった。 2022.11.28 01:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド退団のC・ロナウド、中東クラブからオファーか

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)に対して、サウジアラビアのアル・ナスルがオファーを送ったようだ。 今夏に移籍騒動がありながら、チームに残留したロナウド。しかし、エリク・テン・ハグ新監督が就任した今季は序列が下がると、10月の試合では出場拒否および無断退席によって一時トップチーム追放処分を科されるなど、ベテランらしからぬ問題行動が目立っていた。 11月中旬にはイギリスのテレビ『TalkTV』のインタビューでクラブの内部批判を展開。これを受けて、クラブは「しかるべき措置の開始」を明らかにし、22日に契約解除を発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)後の去就に注目が集まるロナウドだが、アメリカ『CBC』はサウジアラビアのアル・ナスルが同選手にオファーを送ったと報道。7500万ドル(約104億円)もの年俸で3年契約が提示されているようだ。 また、『CBC』によれば、現在国内のライバルであるアル・ヒラルをはじめ中東の他のクラブもロナウド獲得に関心を寄せている中、アル・ナスルはすでに今夏から接触している模様。代理人との幅広い話し合いを通して、交渉は比較的進んでいると見られており、同選手の最終判断を待つ段階まで来ているようだ。 アル・ナスルはこれまで9度のサウジ・プロフェッショナルリーグ優勝を誇る国内の強豪クラブ。しかし、ロナウドは以前よりチャンピオンズリーグ(CL)でのプレーに対して高いモチベーションを持っていると伝えられており、ヨーロッパ以外でのプレーが実現する可能性はそこまで高くないかもしれない。 2022.11.27 13:35 Sun
twitterfacebook
thumb

カゼミロ、C・ロナウド退団に悲しみも「幸運を祈る」

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)のマンチェスター・ユナイテッド退団に同僚のブラジル代表MFカゼミロが発言した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今夏の移籍騒動から不穏さを醸した今季のC・ロナウド。エリク・テン・ハグ新監督の下で明らかに序列を落とすなか、試合で出場拒否に走れば、イギリスのテレビ『TalkTV』でもクラブの内部批判を展開した。 ユナイテッドはその後、「しかるべき措置の開始」を明らかに。一部メディアでは予想される結末として事実上の解雇が大半を占め、22日にC・ロナウド側との双方合意による即座の退団決定をアナウンスした。 カタール・ワールドカップ(W杯)にも負けず劣らずの話題を呼んだなか、レアル・マドリー時代からの戦友であるカゼミロもその件にコメント。いちチームメイトとして惜しむ声を上げつつ、エールも送った。 「彼とはメッセージをやり取りしていない。でも、クリスティアーノは経験豊富な選手で、自分のキャリアにとって何が良いのものなのかをわかっているはず。もちろん、悲しい。特にマンチェスターでは歴史上最高の選手の1人を巡る話なわけだから。いち友人として、僕らは今後の幸運を祈るだけ。フットボール面がすべてうまく行くのを願っている。僕らと対戦するときを除いてね」 2022.11.27 11:05 Sun
twitterfacebook
thumb

レスター戦で負傷交代のズマがヒザを手術…PL再開初戦のアーセナル戦は欠場か

ウェストハムのフランス代表DFクル・ズマがヒザの手術を受けてたようだ。フランス『レキップ』が報じている。 ズマは12日に行われたプレミアリーグ第16節のレスター・シティ戦に先発。しかし、前半15分にヒザを負傷しDFナイーフ・アゲルドとの交代を余儀なくされていた。 今回の報道によれば、ズマはレスター戦後にヒザの手術を受けたとのこと。なお、離脱期間などは明かされておらず、カタール・ワールドカップ後のプレミアリーグ再開となる12月26日のアーセナル戦間に合うかは不透明となっている。 2022.11.27 00:15 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーが生え抜きDFチャロバーと2028年まで契約延長「全力を尽くしたい」

チェルシーは25日、元U-21イングランド代表DFトレヴォ・チャロバー(23)との契約延長を発表した。 新契約は2028年6月までとなり、2029年まで延長するオプションがついているという。 フルアムでプレーする兄のナサニエルと共にチェルシーの下部組織で育ったチャロバーは、イプスウィッチ・タウン、ハダースフィールド・タウン、ロリアンへのレンタル移籍を経験。2021年7月に正式にファーストチームに昇格した。 ここまでチェルシーでは公式戦43試合に出場し4ゴール2アシストを記録。今シーズンもプレミアリーグで8試合、チャンピオンズリーグ(CL)で4試合、EFLカップで1試合に出場している。 9歳から所属するクラブでの長期契約にサインしたチャロバーはクラブを通じてコメントしている。 「ユニフォームを着るたびに光栄に思う。このクラブのために全力を尽くしたいと思う」 「誰もが知っているように、僕は幼い頃からここにいて、ここでプレーを続けるということは全ての子ども夢だ。機会があれば、いつだってクラブのために全力を尽くし、未来を見据えていく」 「神にも感謝したい。神がいなければ、これは不可能だった。そして、常に信じているだけだ。家族にも、クラブにも感謝している。これからも全力を尽くしたいと思う」 2022.11.25 20:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly