モラタのバルサ移籍が迫る、4日にも公式発表か

2022.01.03 21:52 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(29)は、バルセロナへの移籍が迫っているようだ。

モラタは昨季、アトレティコ・マドリーからユベントスに期限付き移籍で復帰すると、公式戦44試合出場20得点をマーク。今季もレンタル期間を延長してプレーを続け、公式戦23試合に出場し、7得点3アシストと一定の結果を残している。

だが、昨年末からバルセロナへの移籍の噂が急浮上。スペイン『アス』の最新の情報によれば、すでに交渉はほぼ完了しており、残すは細かな条件の調整のみのようだ。また、2023年までの契約を結ぶ所属元のアトレティコとも、将来的な買い取りオプションを条項に含めることで合意に達したという。

今後、モラタはバルセロナへと移動して、メディカルチェック済ませ次第、2年半以上の契約を結ぶ模様。4日に行われるコパ・デル・レイ3回戦のリナレス戦後の公式発表が見込まれている。

なお、バルセロナのチャビ・エルナンデス監督は、12日に行われるスーペルコパのレアル・マドリー戦からモラタの起用を考えているようだが、現時点ではサラリーキャップ制度によって選手登録が不可能な状態。制限をクリアするため、クラブは高額の給与を受け取っているDFサミュエル・ユムティティ(28)とMFフィリペ・コウチーニョ(29)の売却を一刻も早く行いたいようだ。

関連ニュース
thumb

昇格レッチェ、ユーベからDFフラボッタをレンタル

レッチェは27日、ユベントスからイタリア人DFジャンルカ・フラボッタ(23)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、今回の契約ではレッチェが買い取りオプションを有している一方、そのオプションを行使した場合、ユベントス側に買い戻しオプションが与えられる条項が盛り込まれているようだ。 ボローニャの下部組織育ちのフラボッタは、レナーテ、ポルデノーネへの武者修行を経て、2019年にU-23ユベントスに完全移籍で加入。そして、2020年8月のセリエAのローマ戦でトップチームデビューを飾った。 2020-21シーズンはアンドレア・ピルロ前監督の信頼を獲得し、シーズン序盤戦は左サイドバック、サイドハーフを主戦場に準主力として起用され、公式戦17試合に出場した。 しかし、昨夏に買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入したエラス・ヴェローナでは、度重なる負傷に苦しみ、今シーズンはわずかにセリエA2試合の途中出場と失望の1年となった。 今シーズンのセリエBを制して久々のセリエA参戦となるレッチェでは、キャリア再生のシーズンに挑む。 2022.06.27 18:53 Mon
twitterfacebook
thumb

ザニオーロはやはり移籍?ローマが今夏の延長交渉を見送りへ

ローマはイタリア代表FWニコロ・ザニオーロ(22)との契約延長交渉を、当面の間行わないと決めたようだ。 左ヒザの大ケガから復帰を果たした今季は、公式戦42試合の出場で8得点9アシストという成績を残し主力として活躍したザニオーロ。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では決勝のフェイエノールト戦で得点を決め、優勝に大きく貢献した。 一方で、イタリア『カルチョ・メルカート』によれば、2024年6月までとなっているローマとの契約延長交渉は難航中。ザニオーロは契約延長に対して消極的であり、大幅な昇給を望むなどクラブに対して不誠実な姿勢を示している模様。フロントはこれに怒りを露わにしており、少なくとも今夏の移籍市場がクローズする9月までは、交渉を行わないと決定したようだ。 ザニオーロ獲得にはユベントス、トッテナム、ミランといったクラブからの関心が伝えられており、中でもユベントスはすでに交渉が開始しているという報道も。ただし、ローマは低額のオファーを受け入れるつもりはなく、最低でも6000万ユーロ(約85億7700万円)を求める姿勢。今すぐに売り出すこともないようだが、どうなるだろうか。 2022.06.27 18:36 Mon
twitterfacebook
thumb

ラムジー、ピルロ追ってのトルコ行きは叶わず

ウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(31)のトルコ行きは叶わなさそうだ。 アーセナルをフリーで飛び出し、ユベントス入りして早3年のラムジー。年俸700万ユーロ(約9億9000万円)の好条件を手にしてのイタリア挑戦だったが、フィジカルコンディションに苦しみ続け、戦力になり切れずにここまできてしまっている。 今年1月からは再起を図ろうとレンジャーズに半年ローンで加わったが、スコットランドでもケガに見舞われ、さらなる苦難に。ヨーロッパリーグ決勝に何とか間に合わせたが、PK戦で唯一の失敗と悪目立ちし、チームも準優勝に終わってしまった。 そうした状況からレンジャーズも買い取りに動かず、ひとまずユベントス帰還が既定路線となるなか、ユベントスの監督を辞してからフリーのアンドレア・ピルロ氏を新指揮官として招へいしたファティ・カラギュムリュク行きが取り沙汰されている。 ピルロ新監督が望み、獲得に乗り出しているといわれるカラギュムリュクだが、イタリア『トゥットスポルト』によると、同クラブのスレイマン・ハルマン会長は「ラムジーとは話をし、合意を目指したが、もう諦めた」と撤退を明かしたという。 ユベントスは高額な給与の支払いを浮かせようと来季まで残る契約の解消を求め、ラムジーと交渉。今年11月のカタール・ワールドカップに向けて定期的な出番を求むラムジー側も移籍を望むが、違約金を巡って両者に開きがあり、未合意とされる。 2022.06.27 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

暗礁に乗り上げたと思われたディ・マリア獲得、ユベントスが合意間近に

バルセロナかユベントスか、移籍先が決まらないアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(34)だが、どうやらユベントスに行くことになるようだ。イタリア『La Stampa』が報じた。 2021-22シーズンを最後に、7年間過ごしたパリ・サンジェルマン(PSG)を退団したディ・マリア。今夏の移籍先が注目を集めていた。 マンチェスター・ユナイテッドで失意のシーズンを過ごしたディ・マリアだったが、PSGでは主軸としてチームを支え、公式戦295試合で93ゴール119アシストを記録。キャリアの最後を母国で過ごしたい意思のあるディ・マリアだが、その前にヨーロッパでもう一花咲かせることとなった。 ユベントスがすぐに手を挙げた中、バルセロナも興味を示し、ディ・マリアはバルセロナに気持ちが傾いていた。しかし、クラブの財政的な問題とその他の獲得候補との兼ね合いで、今夏のバルセロナの動きは非常に鈍い。 一方で、一時は獲得が困難と見られていたユベントスだったが、ディ・マリアとの合意に近づいているとのこと。契約内容の詳細を話し合っている段階だという。 すでにユナイテッドを退団したフランス代表MFポール・ポグバの加入で合意に達したユベントスは、ディ・マリアもほぼ確保。1年契約で1年間の延長オプション付き、ボーナス込みの年俸700万ユーロ(約10億円)で契約するようだ。 2022.06.27 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベがジェノアのU-21イタリア代表DFカンビアソ獲得へ本腰か

ユベントスがジェノアのU-21イタリア代表DFアンドレア・カンビアソ(22)獲得へ本腰を入れているようだ。 カンビアソはジェノアの下部組織で育った両利きのサイドバック。今シーズンは本職である左のサイドバックやウイングバックのみならず、右サイドやセントラルハーフでもプレーし、セリエA26試合1得点4アシストを記録。ファーストチームでのデビューシーズンにも関わらず、優れたパフォーマンスを見せていた。 クラブは残念ながらセリエB降格となり、カンビアソ自身は2023年6月まで現行契約を残しているものの、今夏のステップアップが濃厚とみられており、これまでにイタリア国内から多くの関心が寄せられてきた。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、現時点でカンビアソの獲得を模索しているのはインテル、ユベントス、アタランタ、ボローニャとのこと。以前にはインテルが争奪戦のポールポジションに立っていると報じられたが、ユベントスも負けじと対抗してきたようだ。 ジェノアはカンビアソ獲得を望むクラブに対して移籍金1000万ユーロ(約14億2000万円)を要求しており、これに対して財政難にあえぐユベントスは若手選手の譲渡を含めることで支出の削減を図りたい考え。 今シーズンをセリエBのヴィチェンツァで過ごしたU-21イタリア代表MFフィリッポ・ラノッキア(21)か、レンタル先のサレルニターナでセリエA20試合に出場したU-21ルーマニア代表DFラドゥ・ドラグシン(20)が交渉に含まれるとみられ、獲得に成功した場合はブラジル代表DFアレックス・サンドロ(31)に代わる同ポジションの新たな主力選手として据えたい思惑のようだ。 2022.06.26 18:29 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly