ニコ・コバチ解任決定的なモナコ、ベルギーの名将と前ライプツィヒ指揮官が後任候補に

2022.01.01 08:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニコ・コバチ監督(50)の解任が決定的となったモナコは、2人の指揮官を後任としてリストアップしているようだ。『ESPN』が報じている。

モナコ就任2年目のコバチ監督だが、8勝5分け6敗の6位という戦績、キャプテンを務めるフランス代表FWウィサム・ベン・イェデルら一部主力との関係悪化によって、一両日中の解任が迫っている。

そして、スポーツ・ディレクターを務めるポール・ミッチェル氏は、クロアチア人指揮官の後任として2人の指揮官をリストアップしているようだ。

現時点でトップターゲットに挙がっているのは、クラブ・ブルージュを率いるフィリップ・クレメント監督(47)。これまでワースラント=ベフェレン、ヘンクを指揮し、2019年から選手、コーチとして在籍した古巣の正指揮官に就任したクレメント監督は、ヘンク時代を含め3シーズン連続でジュピラー・プロ・リーグを制したベルギー屈指の名将だ。

同監督はベルギーを離れ、自身初の国外挑戦に前向きな姿勢を見せているようだが、シーズン途中の指揮官退任を望まないクラブ・ブルージュサイドとクラブ間での交渉が必要になるようだ。

また、もう一人の候補は、先月にRBライプツィヒを解任されたアメリカ人指揮官ジェシー・マーシュ氏(48)。

レッドブル・ザルツブルクでの指揮を経て、同じくレッドブル傘下のライプツィヒを今季から率いることになったマーシュ氏だが、チャンピオンズリーグ敗退とリーグ戦の不振を理由に、わずか半年あまりでクラブを去ることになった。

なお、ミッチェル氏とマーシュ氏はレッドブルで共に仕事をした経験があり、その良好な関係性とフリーという状況によって、クレメント監督の招へいに失敗した場合の次善策として招へいが有力視されているようだ。


関連ニュース
thumb

マルセイユがモナコに逆転でCLストレートイン! ボルドー&メスが自動降格…ムバッペが史上初の得点王&アシスト王ダブル受賞《リーグ・アン》

2021-22シーズンのリーグ・アン最終節が21日に行われた。 パリ・サンジェルマン(PSG)が早々に優勝を決定した今季のリーグ・アンだが、チャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)の欧州出場権争い、残留争いは最終節までもつれ込む大混戦となった。 2位のモナコ(勝ち点68)、3位のマルセイユ(勝ち点68)、4位のスタッド・レンヌ(勝ち点65)の3クラブが出場2枠を争うCL出場権争いを制したのは、マルセイユとモナコ。 ストラスブールとホームで最終節を戦ったマルセイユは、ジェルソンの2ゴール、ジェンギズ・ウンデル、バカンブのゴールによって4-0の快勝を収めた。 一方、モナコはRCランスとのアウェイゲームに臨み、2-1で試合最終盤までリードを維持したが、後半ラストプレーのセットプレーの流れから痛恨の失点を喫し、2-2のドローに終わった。 この結果、マルセイユが逆転で2位に浮上し、CLストレートインを確定。一方、土壇場で逃げ切りに失敗のモナコはCL予選からの参戦となった。 EL出場権争いではクープ・ドゥ・フランス優勝のナントと共に、レンヌが出場権を獲得。レンヌは前回王者リール相手に後半アディショナルタイムの同点ゴールによって貴重な勝ち点1を積んだことで、勝ち点で並ばれた5位のニースを得失点差で振り切り、最低限の目標達成となった。 ただ、5位のニースは前節終了時点で6位だったものの、スタッド・ランス戦の後半終盤にドゥロールのハットトリックで2点差を引っくり返して3-2の勝利を収めたことで、マルセイユに敗れたストラスブールを抜いてヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)行きを決める結果となった。 18位のメス(勝ち点31)、19位のサンテチェンヌ(勝ち点31)、最下位のボルドー(勝ち点28)の3チームの争いとなった残留争いでは、ボルドーとメスが自動降格。サンテチェンヌがリーグ・ドゥの昇格プレーオフを制したオセールとの昇格・降格プレーオフに回ることになった。 また、個人賞ではPSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペがメスとの最終戦で2025年までの契約延長を自ら祝うハットトリックの活躍によって28ゴールで4シーズン連続の得点王を獲得。さらに、17アシストでアシスト王にも輝き、史上初のダブル受賞となった。 2022.05.22 06:26 Sun
twitterfacebook
thumb

ムバッペがリーグ・アン年間MVP受賞! イブラヒモビッチに並ぶ最多3度目

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが2021-22シーズンのリーグ・アン年間最優秀選手賞に輝いた。 フランス・全国プロサッカー選手連合(UNFP)は15日、2021-22シーズンのトロフェ・UNFP・デュ・フットボールの各受賞者を発表。 そして、ムバッペがスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチに並ぶ歴代最多3度目のリーグ・アン年間最優秀選手賞を受賞した。 ムバッペは今シーズンここまでのリーグ・アンで34試合に出場し、いずれもリーグトップの25アシスト15アシストを記録し、PSGの2シーズンぶりの優勝に大きく貢献。 フランス代表FWウィサム・ベン・イェデル(モナコ)、元フランス代表MFディミトリ・パイエ(マルセイユ)、フランス人FWマルタン・テリエ(レンヌ)、ブラジル代表MFルーカス・パケタ(リヨン)といったその他の受賞候補に大差を付けての受賞となった。 また、最優秀若手選手賞はマルセイユのディフェンスラインを支えたフランス代表DFウィリアム・サリバ、最優秀GK賞はPSGのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、最優秀監督賞にはレンヌのブルーノ・ジェネジオ監督がいずれも初受賞を果たした。 さらに、海外で活躍する年間最優秀フランス人選手賞には、レアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマが3年連続(コロナ禍の2020年は不開催)で受賞している。 リーグ・アン年間ベストイレブンは、優勝のPSGから前述のムバッペ、ドンナルンマ、ブラジル代表DFマルキーニョス、ポルトガル代表DFヌーノ・メンデスの4人が最多選出となった。 今回発表されたトロフェ・UNFP・デュ・フットボールの各受賞者は以下の通り。 ◆UNFP年間最優秀選手 キリアン・ムバッペ(PSG) ◆UNFP年間最優秀若手選手 ウィリアム・サリバ(マルセイユ) ◆UNFP年間最優秀GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(PSG) ◆UNFP年間最優秀監督 ブルーノ・ジェネジオ(レンヌ) ◆年間最優秀フランス人選手(海外) カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/スペイン) ◆UNFP年間ベストイレブン GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(PSG) DF ジョナタン・クラウス(RCランス) マルキーニョス(PSG) ウィリアム・サリバ(マルセイユ) ヌーノ・メンデス(PSG) MF セコ・フォファナ(RCランス) オーレリアン・チュアメニ(モナコ) ディミトリ・パイエ(マルセイユ) FW マルタン・テリエ(レンヌ) ウィサム・ベン・イェデル(モナコ) キリアン・ムバッペ(PSG) 2022.05.16 06:45 Mon
twitterfacebook
thumb

セスク、今季終了後にモナコ退団へ…引退の可能性は否定

モナコに所属する元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(35)が今季終了後に退団するようだ。 2019年1月にチェルシーからモナコに移籍したセスク。昨季までの2シーズン半で公式戦63試合に出場していたが、今季はハムストリングのケガやコロナ感染による体調不良で、ここまで出場はわずか5試合のみにとどまっていた。 そのセスクは、フランス『So Foot』のインタビューで今後の去就について「モナコとの関係は間違いなく今季で終わるだろう。6月に契約が切れるから別のクラブで新たなスタートを切りたいと思っているよ」と、コメント。 また、一部報道で伝えられた引退については「正直なところ、この2週間で2、3回以前に仕事をした監督からコーチへの打診を受けたが、僕はそれを断った。今シーズンがあまりにもひどかったから、このまま選手生活を終わらせたくなかったんだ。まだ終わったという実感はない。ただ、自分のサッカーを楽しみ、ある程度のレベルで競争し続けたいんだ」と否定した。 2022.05.14 01:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目のフランス代表MFチュアメニ、今夏の移籍に前向き?「多くのことが起こる可能性が」

ビッグクラブが獲得を狙っているとされるモナコのフランス代表MFオーレリアン・チュアメニ(22)が自身の去就に言及した。フランス『RMC Sport』が伝えた。 ボルドーの下部組織で育ったチュアメニは2018年7月にファーストチームへ昇格。2020年1月にモナコへと完全移籍した。 22歳ながらすでにリーグ・アンで95試合に出場し3ゴール6アシストを記録。今シーズンもモナコの中心選手として公式戦46試合で3ゴール2アシストを記録している。 身長190cmに迫るサイズとボックス・トゥ・ボックスの動きが魅力的なセントラルミッドフィルダーは、パリ・サンジェルマン(PSG)やリバプール、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリーなどが獲得に興味を示している。 チュアメニ自身はフランス国外でのプレーを希望しているという報道もある中、リール戦に向けた記者会見で去就についての質問に言及。契約があるとしながらも、夏に何が起こるかは分からないと含みを持たせた。 「僕は2024年まで契約を結んでいると思う。そして2025年までのオプションがある。将来がどうなるか見ていこう」 「移籍期間中に多くのことが起こる可能性がある。最も重要なことは、何が起こるかということではなく、リール戦(6日)だ」 「みんなが休み入ったら、再開するときに誰がそこにいるのかを確認するだろう」 チュアメニの移籍金については、モナコが8000万ユーロから1億ユーロ(約102億7000万〜128億4000万円)の価格を設定しているとも報じられており、簡単に獲得できる値段ではない。 「(昨年の)敗退は僕のノドに引っかかっている。モナコでチャンピオンズリーグを戦うことは、決して嫌なことではない」 この言葉通り、本人は高みを目指しており、チャンピオンズリーグ(CL)での戦いも望んでいるとのこと。モナコは来季のCL出場にわずかな望みはあるが、本人は移籍も検討していることが伺える。果たしてどこのクラブに行くことになるだろうか。 2022.05.06 10:58 Fri
twitterfacebook
thumb

モナコが強豪関心のMFママドゥ・クリバリとプロ契約締結! 煽り要素満載のSNS動画も話題

モナコは5日、フランス人MFママドゥ・クリバリ(18)とプロ契約を締結したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年となる。 パリ生まれのクリバリは2019年夏にモナコのユースチームに加入した左利きのセントラルMF。過去にU-16フランス代表のトレーニングにも参加している逸材はトップチームデビューは果たしていないものの、モナコのU-19チームで印象的なパフォーマンスを披露している。 優れたアスリート能力を武器にボール奪取能力、機動力を生かした守備、左足の正確な配球と攻守両面で存在感を示す18歳MFに関しては、ミランを始め、アトレティコ・マドリー、マンチェスター・シティといった国内外のビッグクラブがこぞって関心を示してきた。 だが、最終的にモナコでのキャリア継続を選択したクリバリは、今夏のステップアップが有力視されるフランス代表MFオーレリアン・チュアメニ(22)の後釜として来シーズンのモナコの中盤を支えることになるかもしれない。 なお、逸材確保に興奮するモナコの公式『ツイッター』はクリバリとのプロ契約締結を知らせる一連の投稿の際に、同選手が前述の3クラブからの連絡を断り、モナコの連絡にだけ出るという凝った動画を作成している。 <span class="paragraph-title">【動画】他クラブからの連絡を拒絶する凝った動画でプロ契約を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/Atleti?ref_src=twsrc%5Etfw">@Atleti</a> <br> <a href="https://twitter.com/ManCity?ref_src=twsrc%5Etfw">@ManCity</a> <br> <a href="https://twitter.com/acmilan?ref_src=twsrc%5Etfw">@acmilan</a> <br><br> <a href="https://twitter.com/AS_Monaco?ref_src=twsrc%5Etfw">@AS_Monaco</a> (OUI Mamadou !) <br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/MadeInLaDiagonale?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MadeInLaDiagonale</a> <a href="https://t.co/PUpLend57D">pic.twitter.com/PUpLend57D</a></p>&mdash; AS Monaco (@AS_Monaco) <a href="https://twitter.com/AS_Monaco/status/1522142478018748416?ref_src=twsrc%5Etfw">May 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.05.05 23:26 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly