7失点大敗のリーズ…ビエルサ監督は失望感隠さず 「評価できるものなど何もない」

2021.12.15 13:41 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーズ・ユナイテッドのマルセロ・ビエルサ監督が大敗への失望を隠さなかった。クラブ公式サイトが伝えている。

リーズは14日に行われたプレミアリーグ第17節でマンチェスター・シティと対戦した。MFカルヴァン・フィリップスやFWパトリック・バンフォードら多くの主力を欠くなかで迎えた首位チームとの一戦では、前半のうちに3失点と守備が崩壊。後半も立て直すことができずに失点を重ねると、最終的に7ゴールを許す大敗となった。

この結果、リーズはプレミアリーグで16位まで転落。ケガ人を多く抱えていることもあり、今シーズンは昨シーズンほどのパフォーマンスを発揮できない試合が続いている。

ビエルサ監督もこの結果には落胆。何一つとして評価できない試合だったとしつつ、責任はすべて自分にあると語った。

「我々のパフォーマンスから取り上げるべきポジティブなものは何もない。評価できるものなど、何も見つからなかった」

「当然のことではあるが、チームがうまく機能しなかったのは個性ではなく、指揮や組織の問題だ。私はこれを正当化することはできない」

「試合は我々が考えていたとおりの展開にはなったと思う。我々は起こったことすべてを避けられるよう、準備していたつもりだった」

「我々は何も思うように進められなかった。それはこのスコアラインにも表れているだろう。我々が避けたかったこと、克服しなければならなかったことが、すべて起こってしまったのだ」

「個人としても集団としても救い取るものが何もない以上、この種の敗北の責任を私が取るべきであることは必然だ。今日のようなパフォーマンスは、私にとっても初めてだった」


関連ニュース
thumb

「切迫感なし」ビハインドのリーズサポーターがスタンドインのボールを隠す珍行為

11日に行われたプレミアリーグ第33節延期分、リーズ・ユナイテッドvsチェルシーで不思議な事象が見られた。 チェルシー戦をホームに迎えたリーズは0-3でゲームを落とした。この試合、チェルシー2点リードの場面でボールはタッチを割り、ホームのリーズサポーターの待つスタンドへ飛び込んだところで、理解しがたい事象が起きた。 チェルシーのスローインで始まる場面だったが、ボールを手にした女性サポーターは抱え込んで返そうとしない。周囲も早く返せとはやし立ててはいるものの、笑いながらこの状況を楽しんでいるようだ。 マルコス・アロンソは苦笑いで事を見守り、気付いたハフィーニャの催促によってようやくボールはピッチへと返されることとなった。 イギリス『デイリー・スター』は「負けていることを忘れていた」との見出しでこの場面を紹介。笑いながらボールを隠した女性サポーターのキャプチャには「切迫感なし」とのキャプションを付けた。この事象で1分ほどの時間が浪費されたとしている。 この試合に敗れて3連敗を喫したリーズは、降格圏の18位に沈む。ダニエル・ジェームズが退場処分となっていたために1人少なかったリーズだが、サポーターは現状をあまり悲観していないのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】ビハインドの状況で"遅延行為"を行うリーズサポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This video is hilarious. <a href="https://t.co/uKXBTO4xfm">pic.twitter.com/uKXBTO4xfm</a></p>&mdash; Footy Limbs (@FootyLimbs) <a href="https://twitter.com/FootyLimbs/status/1524659373011832832?ref_src=twsrc%5Etfw">May 12, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.13 21:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「100%レッド」コバチッチへの危険タックルが物議醸す「フェアなタックル」

リーズ・ユナイテッドのウェールズ代表MFダニエル・ジェームズのタックルが波紋を呼んでいる。 降格圏に沈むリーズは11日、プレミアリーグ第33節の延期分でチェルシーと対戦し、0-3で敗れた。 ダニエル・ジェームズは1点のビハインドで迎えた24分、中盤でボールを受けたクロアチア代表MFマテオ・コバチッチに対して激しいスライディング。足裏がコバチッチの左足首に直撃する危険なタックルとなり、退場処分を受けた。コバチッチは一度プレーに復帰したものの、その後座り込み、30分にピッチを後にしている。 チェルシーにとっては、14日に行われるリバプールとのFAカップ決勝にも多大な影響を及ぼしそうなワンプレー。解説を務めたリバプールのレジェンドであるグレアム・スーネス氏も「危険極まりない」と、ジェームズのプレーを非難している。 「あれは無謀だね。まぁ、ボールにはいっているけれど、それ以上に選手を削っている。危険なタックルだし、レッドカードだろう」 「ボールには少し触れている。だが、コバチッチに対してはひどいものだ」 ダニエル・ジェームズは確かに先にボールには触れているように見えるが、明らかに過剰な力でチャレンジし、結果的にコバチッチの足首付近へスパイクの裏が入ってしまった。現行のルールではボールに先に触れたか否かだけではなく、結果的に相手選手を危険に晒してしまえば懲戒罰の対象となる。 だが、『スカイ・スポーツ』におけるスーネス氏に対しては「100%レッド」という声が上がる中で、一部のサポーターからは「フリーキックですらない」「フェアなタックル」とのコメントも寄せられている。 チェルシーのトーマス・トゥヘル監督は試合後、コバチッチの状態について「腫れがあって、痛みもある。これまでも痛めていた足首だし、良くなさそうだ」との言葉を残している。コバチッチが大事に至らないことを願うばかりだ。 <span class="paragraph-title">【動画】コバチッチを負傷退場に追いやったジェームズのタックル(1:30~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="1cb1xwW-uIg";var video_start = 87;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.12 21:55 Thu
twitterfacebook
thumb

降格圏リーズ、2試合連続の危険タックル退場に指揮官も嘆き「デジャヴだ」

リーズ・ユナイテッドのジェシー・マーシュ監督が、2試合連続の失態を悔やんだ。イギリス『BBC』が伝えた。 降格圏に沈むリーズは11日、プレミアリーグ第33節の延期分でチェルシーと対戦した。 マンチェスター・シティ、アーセナルと上位相手に連敗中のリーズは、同じく上位のチェルシーと対戦すると、4分にメイソン・マウントのゴールで失点してしまう。 さらに24分には、ダニエル・ジェームズがマテオ・コバチッチに対して危険なタックルを見舞ったことで一発退場に。後半には2失点を喫し、0-3で敗れた。 残留に向けて苦しい状況が続いているリーズだが、3日前の8日に行われたアーセナル戦と全く同じ失敗を繰り返してしまった。 アーセナル戦では、開始5分でエディ・エンケティアにゴールを奪われると、10分にもエンケティアにゴールを決められ2-0に。すると、27分はルーク・エイリングがガブリエウ・マルティネッリに危険なタックルを見舞い、退場となっていた。 2試合連続での立ち上がりの失点、前半のうちに退場者を出すという失態に、マーシュ監督がコメント。選手を責めるつもりはないとしながらも、学ばなければいけないとした。 「悔しい。序盤に失点し、また1人少なくなってしまった。デジャヴだ」 「このままでは、自分たちの力を試すことができず、さらに上を目指すこともできない。また1人、選手を失うこととなった」 「この2試合で2つのタックルが、わずかに一線を超え、チームを傷つけてしまった」 「選手たちを責めたり、非難したりするつもりはない。彼らは全力を尽くしてくれている」 「自分たちを危険に晒さないよう、境界線の中で止まらなければいけない」 なお、プレミアリーグの1シーズンにおいて、リーズはイエローカードとレッドカードを合わせて100枚もらう初めてのチームになるという不名誉な記録も作ってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】2試合連続、全く不必要な危険タックルで一発退場</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="1cb1xwW-uIg";var video_start = 87;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.12 19:07 Thu
twitterfacebook
thumb

快勝のトゥへル「コバチッチのケガがなければ完璧な夜」

チェルシーのトーマス・トゥへル監督が快勝を喜びつつ、ケガ人の状況を憂いた。 残り3試合のプレミアリーグで3位につけるものの、ここ数試合の足踏みにより、トップ4争いに片足を突っ込みつつあるチェルシー。今後も躓くようなら、いよいよトップ4争いに巻き込まれそうだったが、11日に敵地で行われた第33節延期分の17位リーズ・ユナイテッド戦を3-0の快勝で飾った。 今週末に行われるFAカップ決勝にも弾みをつける勝利だったが、クロアチア代表MFマテオ・コバチッチが左足首にウェールズ代表MFダニエル・ジェームズのレイトタックルを受けて交代。ドイツ人指揮官は試合後のイギリス『BBC』で、チームの出来に満足感を示しつつ、コバチッチの交代を嘆いた。 「マテオ・コバチッチの大きなケガがなければ、完璧な夜に近かったはず。スタートから非常に力強いパフォーマンスだった」 「フィジカル的なチームや、エモーショナルなスタジアムだったり、我々は直面するすべての障害を克服したんだ。我々は入りから強くあり、勝利にふさわしかったよ」 「集中力が途切れたりもなかった。攻撃を仕掛う展開を避ける上で、非常に統率がとれた状態を続けられたね。非常に高いレベルで自分たちがすべきことをやり遂げた」 そして、コバチッチの状態についても「腫れがあって、痛みもある。これまでも痛めていた足首だし、良くなさそうだ」とコメント。検査を前に見た感じの悪さを口にしている。 2022.05.12 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーが10人リーズに完勝でCL出場権獲得に王手! 週末のFA杯決勝に弾み《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第33節延期分、リーズ・ユナイテッドvsチェルシーが11日にエランド・ロードで行われ、アウェイのチェルシーが0-3で勝利した。 現在、3位のチェルシー(勝ち点67)は前節、トッド・ベーリー氏率いる新オーナーへの売却決定後初の一戦をルカクの2ゴールで先行しながらも、後半ラストプレーの失点によって2-2のドローで終えた。これにより、4位以下との勝ち点差が縮まっており、残り3試合へのプレッシャーが高まっている。 そういった中、残留圏内ギリギリの17位のリーズ(勝ち点34)のアウェイに乗り込んだこの一戦では3試合ぶりの白星を目指した。中3日での一戦に向け、トゥヘル監督は先発4人を変更。チアゴ・シウバ、アスピリクエタのベテランを外してチャロバー、クリステンセンをバックラインで起用し、ロフタス=チークとヴェルナーに代えてジョルジーニョとマウントを復帰させた。なお、ウルブス戦で指揮官との衝突が伝えられたマルコス・アロンソは引き続きスタメンを飾った。 ホームの大歓声を背に立ち上がりから果敢にハイプレスを仕掛けたリーズだが、チェルシーがそれを逆手に取ってまんまと開始早々にゴールをこじ開ける。 開始4分、ハーフウェイライン付近の左サイドでボールを受けたマルコス・アロンソが冷静に中央で浮いたルカクに横パスを通してプレス回避。そこからマウント、リース・ジェームズとスムーズに右サイドへ展開すると、ボックス右でタメを作ったリース・ジェームズからの短いマイナスの落としをマウントが高精度の右足ダイレクトシュートでゴール右上隅に突き刺した。 幸先よく先制に成功したチェルシーは、プレス回避に長けたコバチッチのドリブルの運び、ジョルジーニョの的確なボール捌きによってうまくワイド、前線の選手をフリーにして畳みかける攻めを見せていく。 一方、徐々に相手を押し返し始めたリーズだが、アーセナル戦同様に不用意な形で退場者を出してしまう。24分、中盤でボールを持ったコバチッチに対して、ダニエル・ジェームズがレイトタックル。足裏を見せた危険なタックルがコバチッチの左足首に直撃。これを間近で見ていた主審は迷うことなくレッドカードを掲示した。 1点リードに数的優位を手にしたチェルシーだが、前述のプレーでコバチッチが負傷。一度プレーに復帰したが、自らピッチに座り込んでしまい、30分にロフタス=チークのスクランブル投入を余儀なくされる。それでも、ピッチ内ではきっちり主導権を握り、オフサイドとなったものの、ルカクがゴールネットを揺らすシーンを作り出すなど、2点目に迫っていく。 その後、ハリソンの負傷でフィルポの投入を余儀なくされ、さらに苦しくなったホームチームを尻目に、危なげなく試合を進めるチェルシー。ただ、バランスを意識したこともあり、前半は割り切って守る形を取ったリーズを攻め切れず。1点リードでの折り返しとなった。 後半も試合展開に大きな変化はなし。前半に比べてルカクをターゲットにしたシンプルな攻めで相手を押し込むチェルシーは、前半同様に早い時間帯にスコアを動かす。 55分、右サイドへの展開からリース・ジェームズがマイナスに入れたパスを、ジョルジーニョがワンタッチでボックス中央のマウントの足元に差し込む。これをマウントが冷静に落とすと、フリーのプリシッチが正確な左足のシュートをゴール左下隅へ流し込んだ。 前節は2点差を追いつかれたものの、この試合では10人のリーズを相手に危なげなくゲームコントロールするチェルシー。なかなか3点目を奪うことができないが、相手に決定機を与えず。 その後、78分にはリース・ジェームズ、プリシッチを下げてアスピリクエタ、ツィエクの投入で試合を締めにかかる。すると、結果的にこの交代策が3点目をもたらす。 83分、マウントとロフタス=チークの連動したプレスで高い位置でボールを奪い、ショートカウンターを発動。ボックス右でロフタス=チークからパスを受けたツィエクが冷静に中央でフリーのルカクへのラストパスを選択すると、ルカクはDFとGKに囲まれながらも落ち着いて左足に持ち替えてゴール至近距離からのシュートを決め切り、2試合連続ゴールとした。 これで完全に勝利を決定づけたチェルシーはこのまま3-0のスコアで試合をクローズ。3試合ぶりの勝利でCL出場権獲得へ王手をかけると共に、14日に行われるFAカップ決勝のリバプール戦へ大きな弾みを付けた。 一方、2戦連続で前半に退場者を出して3連敗のリーズは降格圏の18位に転落した。 2022.05.12 05:32 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly