冨安が顔面を踏みつけられたシーンに元イングランド代表DFが見解「プロとして分かっているはず」、「彼はとても幸運」

2021.12.07 09:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルの日本代表DF冨安健洋を踏みつけたエバートンのイングランド代表DFベン・ゴッドフリーの行動が物議を醸している。

6日、プレミアリーグ第15節でエバートンとアーセナルが対戦した。

勝利から遠ざかっているエバートンと、前節はマンチェスター・ユナイテッドに敗れ、連敗を避けたいアーセナルの一戦。試合は、エバートンの守りを崩せなかったアーセナルだったが、前半アディショナルタイムにマルティン・ウーデゴールがネットを揺らし先制。しかし、エバートンの攻勢に対し、2度ネットを揺らされるもVARチェックの結果オフサイドで救われていたアーセナルだったが、終盤に失点すると、後半アディショナルタイムにもゴールを許し、2-1で敗れ連敗となっていた。

問題のシーンはこの試合の28分、自陣の右サイドで相手からボールを奪ったアーセナル。ルーズボールを競り合って処理しようとした冨安だったが、サイドライン上で倒れ込むことに。この際、ゴッドフリーの右足が冨安の顔面を踏みつけるプレー。冨安のアゴはスパイクの跡が残ることとなった。

レッドカードが出てもおかしくないようなプレーだったが、VARチェックの結果、このプレーはレッドカードはおろかイエローカードも出なかった。

明らかに顔面を踏みつけていることは間違いないが、踏んだ瞬間はゴッドフリーがボールに目を向けていることから故意ではないという判断になったと見られる。

一方で、踏む直前に冨安が倒れているのを見ているという指摘がSNS上で話題となり、主審のマイク・ディーン、VARのスチュワート・アトウェル氏の判断を問題視する声もあがっている。

このプレーについてイギリス『スカイ・スポーツ』の『Monday Night Football』に出演していた元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏がコメント。ゴッドフリーは分かっていたとの見解を示す一方で、レッドカードが出ないのも理解すると語った。

「我々は彼が絶対にこう言うと思っている。彼は自分のやったことに気がついており『ああ、見てください。これは事故なんです』と言うだろう」

「プロとして、間違いなく100%彼はそう言うのだが、VARが偶然だと言った理由はわかるし、我々はそれを証明できない。でも、プロとしてそれは分かっているはずだ」

「本人は本気で言っているだろう。そして、レッドカードにならない理由もわかる」

また、同じく出演した元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏は「彼はとても幸運だよ」とコメント。退場でもおかしくないプレーを見逃してもらったと暗に示していた。


1 2

関連ニュース
thumb

ユーベがヴラホビッチ獲得に迫る! 移籍金額はボーナス含みで96.4億円

ユベントスがフィオレンティーナからセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)の獲得に迫っているようだ。 公式戦37試合出場で21得点を記録したブレイクの昨季に続いて、今季もここまで24試合で20得点と躍動するヴラホビッチ。2023年6月までの現行契約を延長する意思がないのが判明して以降、今後の動向により注目を集める日々が続いている。 そんなヴラホビッチを巡ってはアーセナルの強い関心が噂される。だが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、同じく興味が囁かれたユベントスが個人条件を詰めるフェーズに入っているようだ。 ユベントスは同氏いわく、フィオレンティーナとボーナス含む移籍金7500万ユーロ(約96億4000万円)で合意。個人条件に関しても、年俸700万ユーロ(約9億円)で選手の代理人との話し合いを進めているという。 今季のユベントスは昨夏退団のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに代わる得点源を擁立できておらず、イタリア代表FWフェデリコ・キエーザも今季絶望の大ケガ。前半戦の遅れを取り戻す必要もあるチームにとって、点取り屋の獲得が急務だった。 2022.01.26 09:40 Wed
twitterfacebook
thumb

引く手数多のFWヴラホビッチに90億円超のオファー、フィオレンティーナは「ドアは全て開いている」も代理人に苦言「何を望んでいるのか」

今冬の移籍市場で注目を集めているフィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)だが、スポーツ・ディレクター(SD)を務めるダニエレ・プラデ氏が現状を明かした。 190cmの長身でありながら、万能型のストライカーであり、昨シーズンはセリエAで37試合に出場し21ゴールを記録し一気にブレイクしたヴラホビッチ。今シーズンも、ここまで21試合で17ゴールを記録し、去就が注目されている。 ヴラホビッチには、アーセナルとユベントスが熱心な関心を寄せている状況が続いており、今冬の移籍市場で仕留めたい両者は、多額の移籍金を払う準備ができている。 そんな中、プラデSDは『Sportitalia』に対して、ヴラホビッチの状況についてコメント。極めて重要なオファーが届いているとし、クラブとしてはオープンな状況であると主張した。 「市場は31日に終了するが、どうすれば終わったと言えるのだろうか。万が一の場合に備えている」 「我々には重要なスカウティング部門があり、ジョー・バローネによってとても良くマネジメントされている。我々は、自分たちの仕事のプログラムに満足している」 「我々は彼に向けた重要なオファーをいくつか受けた。とても充実したオファーだったが、彼の代理人からのフィードバックはなかった。我々では、常に大きな透明性があった」 「私はバローネが昨日言ったことを参照する。ドアは全て開いている」 一方で、代理人がこの状況を動かす気がないとプラデSDは指摘。2023年6月で契約満了を迎えることもあり、何を考えているのかが全く分からないため、今回オファーを明かしたとコメント。フリーでの移籍だけは避けたいと語った。 「彼が何を望んでいるのか、そして代理人が何を望んでいるのかを理解したいので、このことを発言する。また、契約更新のために席についてもらうこともできる」 「我々は彼をとても強気で売って欲しいというオファーを受けた。7500万ユーロ(約96億7200万円)を稼ぎ、貴重な資産を持つクラブが、彼をタダで失うわけにはいかないから発言している」 「我々は全てオープンだ。だから、代理人は我々に意図を言わなければならない」 「満足いくオファーであり全て有効だ。我々に合った支払い方法でも合った。選手の代理人との接触がなく、取引を進めることができなかった」 「重要な評価であり、7000万ユーロ(約90億2700万円)を超えている。何年にもわたって支払うことやトレードもない。会長は我々にそれを押し付けてきたんだ」 オファーはクラブとして十分と考えているフィオレンティーナ。代理人とヴラホビッチが何を望んでいるのか。今冬の移籍の実現もまだ可能性はありそうだ。 2022.01.25 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンFW岩渕真奈がPCR検査で陰性に…25日から女子アジア杯決勝T進出のチームに合流

日本サッカー協会(JFA)は25日、なでしこジャパンのFW岩渕真奈が新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査で陰性となったことを発表した。 現在インドで開催されているAFC女子アジアカップに臨んでいるなでしこジャパン。岩渕もメンバー入りしており、イギリスからインドへと入国していた。 しかし、18日の入国時に受けたPCR検査で新型コロナウイルスの陽性判定を受け、ホテルで隔離。大会に出場できないまま2試合が消化。チームは連勝スタートとなった。 その岩渕は24日に改めてPCR検査を実施し、陰性が確認。25日からチーム合流が認められることとなった。 なでしこジャパンは、ミャンマー女子代表、ベトナム女子代表相手に連勝し、すでに決勝トーナメント進出が決定。第3戦は27日に韓国女子代表と行われる。 2022.01.25 10:12 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルが解決策探るオーバメヤン、PSGら視線も給与ネックに?

アーセナルはガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(32)を手放すとなっても、選手の給与が問題になるかもしれない。 昨年12月上旬に規律違反で試合のメンバーから外され、主将の地位までも剥奪されてしまったオーバメヤン。若手の台頭も著しいアーセナルにもはや居場所なしの様相を呈しており、移籍が噂される。 イギリス『デイリー・メール』によると、アーセナルもオーバメヤンの処遇について解決策を探っているようで、パリ・サンジェルマン(PSG)をはじめ、欧州の複数クラブから関心があるという。 そのため、今冬中に解決する可能性も十分だが、オーバメヤンのサラリー面がネックに。現週給はアーセナルで最も高額な35万ポンド(約5300万円)といわれ、それが障害になる恐れもあるようだ。 こうした問題と裏腹にサウジアラビアのアル・ヒラルから給与全額負担を約束した今季終了までのレンタルオファーがアーセナルに舞い込んだようだが、オーバメヤンは受け入れそうにない模様だ。 オーバメヤンは2023年まで契約を残すアーセナルを今月中に離れることになれば、欧州トップリーグでのプレー続行を希望しているものとみられている。 2022.01.24 20:10 Mon
twitterfacebook
thumb

「誰かが火を」最下位相手に手痛いドローのアルテタ監督が嘆き「異なるレベルのクオリティが必要」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、バーンリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが発表した。 アーセナルは23日、プレミアリーグ第23節でバーンリーと対戦した。 最下位のバーンリーをホームに迎えたアーセナル。2022年に入り、FAカップやEFLカップ(カラバオカップ)を含めた公式戦4試合で1分け3敗と結果が出ていない状況だった。 試合はバーンリーがロングボールを主体に戦いペースを握ることに成功。守勢となるアーセナルだったが、徐々に盛り返すと、アレクサンドル・ラカゼット、マルティン・ウーデゴールらが決定機を迎えるがゴールを奪えない。 後半もバーンリーにペースを握られかけるが、徐々に盛り返すが、フィニッシュの精度を欠き、0-0のゴールレスドローに終わった。 トップ4入りを目指すチームとして、非常に大きな勝ち点2を失うこととなったアーセナル。アルテタ監督は試合を振り返り、 「試合の入り方が遅かった。前に出てプレーすることも少なく、緊迫感も足りなかった。おそらく、木曜日のせいで、それが理由の1つである可能性がある」 「その後、我々は試合を取り戻し、調子を上げ、確かに後半は全く別のものとなった」 「よりダイナミックで、よりボックスに入り、前に出てプレーし、背後のスペースやピッチの幅を使い、多くの場面でより良いポジションを取っていた」 「いくつかの場面では、シュートやクロスを見せていた。しかし、この試合に勝つには、異なるレベルのクオリティが必要であり、それが今日は欠けていた」 「あのような状況になってしまえば、トップに立ちたいと思うならば、誰かが火をつけて試合に勝たなければいけない」 2022.01.24 10:43 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly