EL王者アタランタ、エバートンDFゴッドフリーを完全移籍で獲得

2024.06.29 07:00 Sat
Getty Images
アタランタは28日、エバートンの元イングランド代表DFベン・ゴッドフリー(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。イタリア『スカイ』によると移籍金は最大で1200万ユーロ(約20億7000万円)になるとのこと。

イングランド代表として2試合の出場歴があるセンターバックを主戦場に、右サイドバック、ボランチでもプレー可能なゴッドフリーは、2020年10月にノリッジ・シティからエバートンに加入。
エバートンでは公式戦93試合に出場、2023-24シーズンは後半戦に出場機会を増やし、プレミアリーグ15試合に出場して15位と苦戦したチームの中で残留に貢献していた。

ベン・ゴッドフリーの関連記事

セルティックのデンマーク代表MFマット・オライリー(23)にアタランタの動きがあったようだ。 セルティックでは日本代表MF旗手怜央とともに、中盤の主力に数えられ、昨季も公式戦49試合で19得点18アシストの活躍を披露したオライリー。ユーロ2024の代表から落選したのは驚きだったが、今年1月にアトレティコ・マドリーの関心が囁かれ、今夏も去就が注目される。 イタリア『スカイ』によると、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(25)と元イングランド代表DFベン・ゴッドフリー(26)に続いて、フロジノーネからイタリア人MFマルコ・ブレシャニーニ(24)の獲得に迫るアタランタがオライリーにも注目し、最初のオファーを出したという。 アタランタの提示額はおよそ1500万ユーロ(約25億9000万円)とされるが、セルティックの要求額とは差があり、より高い金額を提示する必要があるそうだ。 アタランタではオランダ代表MFトゥン・コープマイネルス(26)の将来が懸念事項。オライリーを巡る動きもコープマイネルスの状況を考えてのものとみられるようだが、いかに。 2024.07.12 11:05 Fri
トッテナムがエバートンの元イングランド代表DFベン・ゴッドフリー(25)獲得を見据えているようだ。 身長183cmとセンターバックとしては小柄な部類に入るゴッドフリー。持ち前のスピードを活かして両サイドバックにも対応可能な25歳は、前所属のノリッジ・シティで注目を集めると、2020-21シーズンからエバートンへ移籍し、加入4年目の現在に至る。 ただ、迎えた今季は序列が急降下。ケガをしているわけではなく、開幕から常に遠征メンバー入りしているものの、リーグ戦でのプレータイムはなんと1試合1分間のみ…唯一のフル出場はEFLカップ2回戦のドンカスター戦(2◯1)のみとなっている。 イギリス『90min』によると、来年1月のセンターバック層拡充を見据えるトッテナムがゴッドフリーにも照準。ゴッドフリーはアンジェ・ポステコグルー監督が欲する「機動力に長けたセンターバック」というタイプに一致する。 また、獲得に必要な移籍金は2000万ポンド(約36億4000万円)+アドオンとのこと。ゴッドフリー自身はショーン・ダイチ監督体制下で出番が回復する見込みはないと判断しているとみられている。 なお、トッテナムはエバートンでゴッドフリーから定位置を奪ったU-21イングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイト(21)にも熱視線。こちらの1月獲得は非現実的で、より長期的なターゲットとして捉えているとのことだ。 2023.12.07 21:15 Thu
日本代表DF町田浩樹(26)に対して、トッテナムが獲得を検討しているようだ。イギリス『90min』が伝えている。 ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズでプレーする町田。2022年1月に鹿島アントラーズからレンタル移籍で加入すると、2023年7月に完全移籍へと切り替わった。 昨シーズンはケガの影響もあり出番が限られていたが、今シーズンはジュピラー・プロ・リーグで11試合に出場。ヨーロッパリーグ(EL)でも3試合に出場し、チームの守備を支えている。 日本代表にも招集を受けるようになり、10月、11月と続けて出場。4試合連続で起用されるなど、徐々に期待に応えている。 その町田に対してアンジェ・ポステコグルー監督が率いるトッテナムが関心を寄せているとのこと。最終ラインの選手層の厚さに不満を持っているという。 今シーズンは好スタートを切っていたトッテナムだったが、ケガ人が続出。特に最終ラインが野戦病院状態であり、全く出番がなかったDFエリック・ダイアーを起用しなければいけないほどだ。 そのトッテナムは1月の移籍市場でディフェンダーとの契約を求めているとのこと。ボーンマスの元U-21イングランド代表DFロイド・ケリー(25)、エバートンのイングランド代表DFベン・ゴッドフリーが候補だが、その中に町田も加わっているという。 ポステコグルー監督は横浜F・マリノス時代に町田をJリーグでも知っており、ベルギーに来てからも追いかけていたとのこと。その町田には、サン=ジロワーズの兄弟チームでもあるブライトン&ホーヴ・アルビオンも獲得を目指していたとされている。 セルティック時代にはJリーグから有望な日本人選手を獲得し、リーグ連覇や国内3冠を達成。トッテナムの監督に就任した際もFW古橋亨梧やMF旗手怜央らを連れてくる可能性も指摘されたが、それは実現しなかった。 現実的に最終ラインが手薄なトッテナム。町田のプレミアリーグ挑戦は実現するだろうか。 2023.11.22 22:15 Wed
エバートンのコロンビア代表DFジェリー・ミナがしばらく離脱することになるようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 ミナは6日に行われたプレミアリーグ開幕戦のチェルシー戦に出場。しかし70分に負傷交代していた。 13日に行われたアストン・ビラ戦は欠場したミナだが、足首を負傷し、8週間の離脱になるようだ。 フランク・ランパード監督にとって、大きな痛手となり、同じチェルシー戦ではイングランド代表DFベン・ゴッドフリーが右足首を骨折。3カ月の離脱になるとされている。 ミナは昨年10月に大腿部を負傷して離脱。今年1月に復帰も、すぐに再負傷で離脱となっていた。 エバートンはウォルバーハンプトンからイングランド代表DFコナー・コーディ(30)を緊急でレンタル移籍させたが、ミナも離脱となり、センターバックのやりくりが必要となりそうだ。 2022.08.15 18:35 Mon
エバートンは8日、ウォルバーハンプトンからイングランド代表DFコナー・コーディ(30)のシーズンローンを発表した。背番号「30」をつける。 マージサイドで生まれ、リバプールでプロデビューのコーディ。シェフィールド・ユナイテッドやハダースフィールドで経験を積み、2015年夏にウォルバーハンプトン入りした。 そのウォルバーハンプトンでキャリアが開花。公式戦通算317試合の出場数を誇るセンターバックはDFリーダーに君臨し、2020年にはイングランド代表デビューにまで漕ぎ着けた。 ウォルバーハンプトンでは昨季もプレミアリーグ全試合に先発したほか、主将としても信頼を掴む存在だったが、先のプレミアリーグ開幕節ではベンチメンバーに甘んじていた。 エバートンではプレミアリーグ開幕節でDFベン・ゴッドフリーとDFジェリー・ミナが揃って負傷交代。両選手ともしばらくの離脱が見込まれており、補強の必要性が生じていた。 なお、エバートンにとって、コーディはDFジェームズ・タルコウスキ、DFルベン・ヴィナグレ、MFドワイト・マクニールに続く4人目の新戦力となる。 2022.08.09 09:45 Tue

記事をさがす

ベン・ゴッドフリーの人気記事ランキング

1

セルティックの要求額とは差も…アタランタがオライリー獲得オファー、中盤ながら昨季19ゴール

セルティックのデンマーク代表MFマット・オライリー(23)にアタランタの動きがあったようだ。 セルティックでは日本代表MF旗手怜央とともに、中盤の主力に数えられ、昨季も公式戦49試合で19得点18アシストの活躍を披露したオライリー。ユーロ2024の代表から落選したのは驚きだったが、今年1月にアトレティコ・マドリーの関心が囁かれ、今夏も去就が注目される。 イタリア『スカイ』によると、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(25)と元イングランド代表DFベン・ゴッドフリー(26)に続いて、フロジノーネからイタリア人MFマルコ・ブレシャニーニ(24)の獲得に迫るアタランタがオライリーにも注目し、最初のオファーを出したという。 アタランタの提示額はおよそ1500万ユーロ(約25億9000万円)とされるが、セルティックの要求額とは差があり、より高い金額を提示する必要があるそうだ。 アタランタではオランダ代表MFトゥン・コープマイネルス(26)の将来が懸念事項。オライリーを巡る動きもコープマイネルスの状況を考えてのものとみられるようだが、いかに。 2024.07.12 11:05 Fri
2

EL王者アタランタ、エバートンDFゴッドフリーを完全移籍で獲得

アタランタは28日、エバートンの元イングランド代表DFベン・ゴッドフリー(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。イタリア『スカイ』によると移籍金は最大で1200万ユーロ(約20億7000万円)になるとのこと。 イングランド代表として2試合の出場歴があるセンターバックを主戦場に、右サイドバック、ボランチでもプレー可能なゴッドフリーは、2020年10月にノリッジ・シティからエバートンに加入。 エバートンでは公式戦93試合に出場、2023-24シーズンは後半戦に出場機会を増やし、プレミアリーグ15試合に出場して15位と苦戦したチームの中で残留に貢献していた。 2024.06.29 07:00 Sat

アタランタの人気記事ランキング

1

サーレマーケルスにプレミア3クラブも関心…低コストで獲得可能な優良銘柄

プレミアリーグの3クラブが、ミランのベルギー代表MFアレクシス・サーレマーケルス(25)に関心を寄せているという。 得点関与に課題がある故、ミランで重要な存在になりきれず、昨季ボローニャへレンタル放出されたサーレマーケルス。CL切符に貢献してミラノへ帰ってきたが、パウロ・フォンセカ新体制に居場所を確保するのは難しいとされる。 ともあれ年俸が高くなく、獲得コストも低いと見積もられているため、チアゴ・モッタ新監督のユベントス、またアタランタから関心が。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ここにきてイングランドからノッティンガム・フォレスト、レスター・シティ、イプスウィッチ・タウンもサーレマーケルスに興味。 同選手は現在ミランで練習再開も、ミランは各クラブとの意見交換を積極的に進めているとのこと。売却益を1000万〜1500万ユーロ(約17.2億〜25.9億円)と見込みつつ、1200万ユーロを超えることはまずないとされている。 2024.07.17 13:40 Wed
2

ボローニャがFWカンビアギを獲得、昨季まではレンタル先のエンポリでプレー

ボローニャは12日、アタランタのイタリア人FWニコロ・カンビアギ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月までの5年間。移籍金は1000万ユーロ(約17億2000万円)とのことだ。 アタランタの下部組織出身である走力に長けたセカンドストライカーのカンビアギは、2022年夏からエンポリにレンタル。在籍2シーズンで公式戦66試合出場8ゴール7アシストを記録していた。 ラツィオやジェノアも獲得に興味を示していたようだが、チャンピオンズリーグに出場するボローニャが獲得を決めた。 2024.07.13 08:00 Sat
3

セルティックの要求額とは差も…アタランタがオライリー獲得オファー、中盤ながら昨季19ゴール

セルティックのデンマーク代表MFマット・オライリー(23)にアタランタの動きがあったようだ。 セルティックでは日本代表MF旗手怜央とともに、中盤の主力に数えられ、昨季も公式戦49試合で19得点18アシストの活躍を披露したオライリー。ユーロ2024の代表から落選したのは驚きだったが、今年1月にアトレティコ・マドリーの関心が囁かれ、今夏も去就が注目される。 イタリア『スカイ』によると、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(25)と元イングランド代表DFベン・ゴッドフリー(26)に続いて、フロジノーネからイタリア人MFマルコ・ブレシャニーニ(24)の獲得に迫るアタランタがオライリーにも注目し、最初のオファーを出したという。 アタランタの提示額はおよそ1500万ユーロ(約25億9000万円)とされるが、セルティックの要求額とは差があり、より高い金額を提示する必要があるそうだ。 アタランタではオランダ代表MFトゥン・コープマイネルス(26)の将来が懸念事項。オライリーを巡る動きもコープマイネルスの状況を考えてのものとみられるようだが、いかに。 2024.07.12 11:05 Fri
4

アタランタがオライリー獲得のため3度目のオファー計画、ユベントスなどからも関心か

アタランタはセルティックのデンマーク代表MFマット・オライリー(23)に対して、3度目のオファーを計画しているようだ。 昨シーズンはクラブ史上初のヨーロッパリーグ(EL)優勝を成し遂げるなど、充実のシーズンを送ったアタランタ。一方で、今夏の移籍市場ではオランダ代表MFトゥン・コープマイネルス(26)やブラジル代表MFエデルソン(25)にビッグクラブが関心を示しており、クラブとしては主力流出に備えた中盤補強を模索している。 そんな中で、クラブが注目したのがセルティックで中盤の主力に定着し、昨季も公式戦49試合19得点18アシストの成績を残したオライリー。すでに2度のオファーを送り、最初の提示額は1500万ユーロ(約25億9000万円)だったが、より高額を望むセルティックに拒否されていた。 しかし、移籍市場に精通するジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、アタランタは諦めず3度目のオファーを計画中とのこと。提示額についても、増額する構えのようだ。 オライリー自身はすでにアタランタとの長期契約で合意している模様。ただし、選手にはユベントスなどからの接近もあり、アタランタが交渉を急ぐことが予想されている。 2024.07.16 10:40 Tue
5

ユベントスの2番手GKペリン、年俸2倍オファー含めた7つもの打診を全て拒否か

ユベントスの元イタリア代表GKマッティア・ペリン(31)が、手元に届いた打診全てを拒否したようだ。 ユベントスの2番手GKペリン。 時折、正GKヴォイチェフ・シュチェスニーとのローテーションで起用される元イタリア代表の実力者だが、そんななかでも今季は加入後最少となるセリエA出場3試合にとどまった。 そのためか、31歳とまだまだ若いペリンには各クラブが熱視線。イタリア『トゥット・スポルト』によると、アタランタ、モンツァ、フィオレンティーナ、コモ、パルマ、古巣ジェノアがユベントスに照会を依頼したという。 また、スュペル・リグ(トルコ1部)の強豪、ジョゼ・モウリーニョ新監督のフェネルバフチェは、年俸純額300万ユーロ(約5.1億円)をペリン側に提示。現年俸の2倍とされる額だ。 ただ、契約をあと1年残すペリンは全ての打診にお断り。ユベントスはクリスティアーノ・ジュントリSDが2年延長+オプション1年を調整しており、ペリンは今後のキャリアをこちらに一本化しているとのことだ。 2024.06.24 20:55 Mon

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly