英2部降格ノリッジ、ゴッドフリーにも欧州複数クラブの視線

2020.08.04 13:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノリッジ・シティのイングランド人DFベン・ゴッドフリー(22)に対して、国外から視線が注がれているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。ゴッドフリーは2016年にヨーク・シティからノリッジ入りした183cmのセンターバック。昨季のチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で最終ラインの主軸としてチームを優勝に導き、プレミアリーグ昇格の今季も公式戦33試合に出場した。

しかし、ノリッジはプレミアリーグ最下位に終わり、1年でのチャンピオンシップ降格が決定。U-21イングランド代表DFマックス・アーロンズを巡り、バイエルンの関心が取り沙汰されるなど、有望株に相次いで今夏移籍の憶測が浮上している。

そのなか、ゴッドフリーにも国外複数クラブの関心がああり、ドルトムントやRBライプツィヒに続いて、レバークーゼンとミランも加わっての争奪戦に発展する可能性。ミランは先週末のセリエA最終節前に先んじて選手代理人と会談した模様だ。

一方で、ノリッジはゴッドフリーに関して、評価額を3000万ポンド(約41億6000万円)程度に設定。将来的にイングランド代表のレギュラーを射止めるだけのポテンシャルを秘めた選手だと確信しており、その額の要求を譲らない姿勢だという。

昨夏にマンチェスター・ユナイテッドOBの元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏が古巣に獲得を進言したことでも知られるゴッドフリー。ノリッジとは2023年まで契約を残しているが、果たして…。
コメント
関連ニュース
thumb

エバートン、CBの補強にノリッジのゴッドフリーを確保!

エバートンは5日、ノリッジからイングランド人DFベン・ゴッドフリー(22)を獲得したことを発表した。契約は2025年まで。 186㎝のセンターバックのゴッドフリー。ノリッジでは公式戦通算78試合に出場しており、昨季はプレミアリーグで30試合に出場。昨年11月のエバートン戦では、グディソン・パークで無失点に抑え勝利に貢献している。 センターバックの補強を目指していたエバートンでは、チェルシーのイングランド代表DFフィカヨ・トモリのレンタルに動いていたが、チェルシー内部の事情もあり交渉は難航していた。 その代替案として白羽の矢が立ったゴッドフリーは、MFハメス・ロドリゲスやMFアランらに続く今夏5人目の補強。プレミアでは開幕4連勝で暫定首位に立つトフィーズ加入に「光栄に思う」と、喜びのコメントを残している。 「エバートンと契約し、ビッグクラブの一員となることを光栄に思う。この機会をくれたことにとても感謝しているよ。スタートが待ちきれない」 「エバートンでの目標は試合に勝ってトロフィーを獲得すること。勝つことが好きなんだよ。僕はユニフォームの袖に誇りをかけてプレーする。気遣いの出来る情熱的な若者だよ」 「ファンの皆には110%のプレーを保証する」 「偉大な歴史を持つこのクラブにはワールドクラスの選手たちが揃っている。彼らは僕を上のレベルへ連れて行ってくれるだろう。一緒にピッチに立てるのが楽しみだよ。そして、エバートンで最高の時を過ごせるといいね」 なお、移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によると2000万ポンド(約27億3000万円)となっている。 2020.10.05 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

セメドがウルブス移籍濃厚のバルサ、DFアーロンズ獲得に向けてノリッジと交渉中か

バルセロナがノリッジ・シティでプレーするU-21イングランド代表DFマックス・アーロンズ(20)の獲得に動いているようだ。 ポルトガル代表DFネウソン・セメド(26)のウォルバーハンプトン移籍が決定的となっていることから右サイドバックの補強に動いているバルセロナ。後釜候補の1人として、アヤックスのアメリカ代表DFセルジニョ・デスト(19)に関心を示しているものの、資金力で上回るバイエルンも関心を示しており、一部メディアではドイツ行きが間近との情報も噴出している。 イギリス『ガーディアン』によれば、バルセロナはその他の候補として、複数クラブから視線を注がれているアーロンズに関心を示しており、ノリッジと交渉中だという。バルセロナは先週末にレンタルでのオファーを打診したが、ノリッジ側に拒否されたとのことだ。 ただ、交渉は進行しており、ノリッジ側は移籍金2000万ポンド(約26億7000万円)が発生する買い取り義務付きのレンタル移籍であれば、受け入れる構えを見せているようだ。 2018年8月にノリッジでトップチームデビューを飾ったアーロンズは、優れたテクニック、パスセンス、アジリティを武器とする右サイドバック。2019-20シーズンは初挑戦となったプレミアリーグで36試合2アシストの数字を残すなど、最下位で降格したクラブのなかで、印象的な活躍をしていた。 2020.09.23 12:25 Wed
twitterfacebook
thumb

積極補強のニューカッスル、リバプール移籍破談のノリッジDFジャマル・ルイスを獲得!

ニューカッスルは8日、ノリッジの北アイルランド代表DFジャマル・ルイス(22)の獲得を発表した。契約期間は2025年6月までの5年間で、移籍金はイギリス『スカイ・スポーツ』によれば1500万ポンド(約20億7000万円)とのことだ。 ルイスは、北アイルランド出身でノリッジの下部組織で育った左サイドバック。2018年1月にファーストチームに昇格すると、2018-19シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で42試合に出場し4アシスト。チームのプレミアリーグ昇格に貢献していた。 2019-20シーズンはプレミアリーグで28試合に出場し高いパフォーマンスを披露。リバプールは、勤続疲労が懸念されるスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのバックアッパーとして、ルイスの獲得を望んでいたが、移籍金で折り合いが付かず破談に終わっていた。 積極補強を行っているニューカッスルではボーンマスからイングランド代表FWカラム・ウィルソン(28)を、同じくボーンマスを退団していたスコットランド代表MFライアン・フレイザーを、バーンリーを退団していたアイルランド代表MFジェフ・ヘンドリックらを獲得している。 2020.09.09 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ、逸材MFスキップがノリッジへ1年間のレンタル移籍

トッテナムは17日、U-21イングランド代表MFオリヴァー・スキップ(19)がチャンピオンシップ(イングランド2部)のノリッジ・シティにレンタル移籍することを発表した。移籍期間は2020-21シーズンの1年間となる。 トッテナムのアカデミー出身のスキップは2018年10月に17歳でトップチームデビュー。過去にデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンから絶賛を浴びたことでも知られる逸材MFは、豊富な運動量と機動力を生かした守備、パスセンスにも優れる攻守両面で貢献可能なセントラルMFだ。 今シーズンは公式戦11試合に出場し、ジョゼ・モウリーニョ監督からの評価も上々で、先月半ばには2024年までの新契約を結んだばかりだった。 ただ、クラブは今後の更なる成長を促すため、ノリッジへ武者修行に出すという決断に至った。なお、スキップにとってはこれがキャリア初の移籍となる。 2020.08.19 13:37 Wed
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルの左SBキンティージャ、降格ノリッジに買い取りOP付きレンタル

ビジャレアルは18日、スペイン人DFシャビ・キンティージャ(23)がチャンピオンシップ(イングランド2部)のノリッジに買い取りオプション付きのレンタルで移籍することを発表した。 バルセロナの下部組織出身である左サイドバックのキンティージャは、2017年夏にビジャレアルに加入。2018年11月にトップチームデビューを果たし、今季は公式戦23試合に出場していた。 移籍先のノリッジは2019-20シーズンをプレミアリーグで戦ったが、最下位に終わって1年でチャンピオンシップに降格していた。 2020.08.19 01:40 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly