今年のプスカシュ賞は誰の手に?最終候補にラメラのラボーナやUEFA最優秀ゴールもノミネート

2021.11.30 21:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)は29日、2021年のFIFAプスカシュ賞の候補11名のゴールを発表した。

FIFAの年間最優秀ゴール賞にあたるプスカシュ賞は、1950年代から1960年代までハンガリー代表やレアル・マドリーなどで活躍した伝説的なプレーヤーのフェレンツ・プスカシュ氏の栄誉を称賛するため、2009年から同氏の名前を冠している。

2020年はトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが70メートル近い距離をドリブルで運んで記録した圧巻のソロゴールが受賞していたが、今年は2020-21シーズンのプレミア年間最優秀ゴールとなったエリク・ラメラ(当時トッテナム)のノース・ロンドン・ダービーでのラボーナや、2020-21シーズンの欧州サッカー連盟(UEFA)最優秀ゴールであるメフディ・タレミ(ポルト)のバイシクルシュートなどが選出されている。



1 2

関連ニュース
thumb

FIFA会長が世界での戦争、紛争ストップへ訴え「最悪の敵とさえ、対話してほしい」

国際サッカー連盟(FIFA)は3月31日、カタールのドーハで第72回の総会を行った。 1日にカタール・ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選会を前にして行われた総会。各サッカー連盟、サッカー協会が参加した。 この総会には、世界的に厳しい立場にあるロシアサッカー連合(RFU)も参加。一方で、攻撃を受けているウクライナサッカー協会(FFU)はオンラインでの参加となった。 その中で、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長がスピーチを行い、FIFA加盟の人々へ向けて、世界で起きている戦争や紛争を食い止める為に対話をして欲しいと訴えた。 「我々は攻撃的な世界、分断された世界に住んでいるが、私は人々を結びつけ、文化の境界を越えるサッカーの力を大いに信じている」 「ネルソン・マンデラは、スポーツには世界を変える力があると言った。サッカーは世界のスポーツだ。我々はサッカーが世界の問題を解決できると信じているほどナイーブではない」 「この恐ろしい紛争が終わり、世界中の他の全ての紛争も同様に、願わくばすぐにでもサッカーは人間関係を再構築し、平和と理解を確立するために小さな役割を果たすことができると思っている。我々はその最前線にいるつもりだ」 「この世界である程度の権力を持っている全ての人々、世界で重要な政治的立場にある全ての人々への願いは、紛争と戦争を止めて欲しいということだ」 「我々の子供たちの為に、我々の未来のために。最悪の敵とさえ、対話してほしい。一緒になってみて欲しい」 「そしてサッカーがそこにあり、平和のために手助けすることになるだろう。我々は生きる為に再び学ぶ必要があるからだ。一緒に生きていくことの意味を、もう一度学ばなければならない」 2022.04.01 11:40 Fri
twitterfacebook
thumb

W杯組み合わせ抽選に影響する最新FIFAランキング発表! 日本は23位で変動なし

国際サッカー連盟(FIFA)は31日、最新のFIFAランキングを発表した。 今回発表されたFIFAランキングは、4月1日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)の抽選会においてのポット分けに影響する。 最新ランキングでは、ブラジルが首位に浮上。首位のベルギーが2位に転落した。その他の順位ではW杯予選があったために大きく変動している。 ◆全体上位(カッコ内は前回順位) ★はカタールW杯出場決定国 1.ブラジル(2↑)★ 2.ベルギー(1↓)★ 3.フランス(3)★ 4.アルゼンチン(4)★ 5.イングランド(5)★ 6.イタリア(6) 7.スペイン(7)★ 8.ポルトガル(8)★ 9.メキシコ(12↑)★ 10.オランダ(10)★ 11.デンマーク(9↓)★ 12.ドイツ(11↓)★ 13.ウルグアイ(16↑)★ 14.スイス(14)★ 15.アメリカ(13↓)★ 16.クロアチア(15↓)★ 17.コロンビア(19↑) 18.ウェールズ(20↑) 19.スウェーデン(17↓) 20.セネガル(18↓)★ 21.イラン(21)★ 22.ペルー(22) 23.日本(23)★ 24.モロッコ(24)★ 25.セルビア(25)★ 26.ポーランド(28↑)★ 27.ウクライナ(27) 28.チリ(26↓) 29.韓国(29)★ 30.ナイジェリア(32↑) 31.コスタリカ(42↑) 32.エジプト(34↑) 33.チェコ(31↓) 34.オーストリア(30↓) 35.チュニジア(36↑)★ 36.ロシア(35↓) 37.カメルーン(38↑)★ 38.カナダ(33↓)★ 39.スコットランド(40↑) 40.ハンガリー(41↑) 41.ノルウェー(45↑) 42.オーストラリア(30↓) 43.トルコ(39↓) 44.アルジェリア(43↓) 45.スロバキア(46↑) 46.エクアドル(44↓)★ 47.アイルランド(49↑) 48.ルーマニア(47↓) 49.サウジアラビア(53↑)★ 50.パラグアイ(50) 51.カタール(52↑)★ 52.マリ(48↓) 53.コートジボワール(51↓) 54.北アイルランド(54) 55.ギリシャ(55) 56.ブルキナファソ(56) 57.フィンランド(57) 58.ベネズエラ(58) 59.ボスニア・ヘルツェゴビナ(59) 60.ガーナ(61↑)★ ◆アジア内トップ10(カッコ内は前回順位) 21.イラン(21) 23.日本(23) 29.韓国(29) 42.オーストラリア(47↓) 49.サウジアラビア(53↑) 51.カタール(52↑) 68.UAE(69↑) 72.イラク(74↑) 75.オマーン(79↑) 77.中国(75↓) 2022.03.31 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ロシア代表とクラブのFIFA大会出場資格停止が正式決定、CASが訴えを棄却

スポーツ仲裁裁判所(CAS)は18日、ロシアサッカー連合(RFU)の訴えを棄却することを発表した。 今回棄却した訴えは、3日にRFUが訴えたもの。国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)の制裁に異議申し立てていた。 RFUが訴えたのは、FIFAによるロシア代表の、UEFAによるロシアクラブの大会締め出しという制裁だが、15日の時点でUEFAの制裁に対する訴えは棄却されていた。 今回裁定が下されたのは、ロシア代表を含めたロシアクラブがFIFAの大会に出場できないというもの。ロシア代表はカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフに進出していたが、今回の制裁により不戦敗が決定。また、ヨーロッパリーグ(EL)に出場していたスパルタク・モスクワも敗退となっていた。 RFUは「FIFAとUEFAによるロシアチームの出場停止処分に法的根拠がなかったと信じている。それは大会参加の資格を含め、両連盟の会員であるRFUの基本的権利を害するものだ」と声明を発表し、異議申し立てを行っていた。 CASはこの異議申し立てを棄却。FIFAの決定に関して有効であるとし、ロシア代表とクラブチームは継続してFIFAの大会に出場することはできない。 なお、仲裁手続きは継続されるとのことだ。 2022.03.19 14:28 Sat
twitterfacebook
thumb

FIFAとUEFAがロシア代表及びクラブチームの国際大会参加禁止する制裁措置を発表

国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)は2月28日、ロシア代表及びロシアリーグに所属するクラブチームの国際大会参加を一時停止する制裁措置を発表した。 ロシアのウクライナ侵攻を受けてFIFAは27日、ロシア領土で国際大会を開催禁止やロシアフットボール連合(RFU)への名称変更などの最初の制裁措置を発表。しかし、この制裁に対し世論では「対応が弱い」との批判が上がっていた。 そんな中、28日に国際オリンピック委員会(IOC)はロシアとベラルーシの選手のスポーツイベントの参加を禁止する声明を発表。イギリス『BBC』によれば、これを受けてFIFA理事会とUEFA執行委員会はロシアへの追加制裁についての緊急会合を実施。 そして両者は同日に「代表チーム、クラブチームを問わず、すべてのロシアチームをFIFAとUEFAの両大会への参加を追って通知するまで停止する」との追加制裁の声明を発表した。 なお、今回の制裁によってロシアはカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフに参加できなったため、W杯出場の可能性が消滅。また、ヨーロッパリーグ(EL)で決勝トーナメント進出を決めているスパルタク・モスクワも敗退が決定した。 2022.03.01 04:00 Tue
twitterfacebook
thumb

FIFAがロシアに制裁措置…他国からは対応緩いと不支持の声も

国際サッカー連盟(FIFA)がロシアに対する制裁措置を講じた。 24日、隣国ウクライナに軍事侵攻を開始したロシア。世界中で緊張感が高まるなか、チャンピオンズリーグ決勝の舞台がロシアからフランスに変更されるなど、フットボール界でも様々な形で影響が出始めている。 さらに、来月3月のカタール・ワールドカップ(W杯)欧州プレーオフでロシアと対峙するポーランド代表が対戦を拒否。勝ち進めば、ロシアと対戦する可能性があるスウェーデン代表とチェコ代表もボイコットを表明した。 そうしたなか、FIFAが27日、ロシアに対する対応を声明で発表。国際オリンピック委員会(IOC)などと下記内容の措置を講じることで全会一致したという。 ・「ロシア領土で国際大会を開催しない。ホーム戦は中立地で無観客にて行う」 ・「いかなる大会でも『ロシア』ではなく、『ロシアフットボール連合(RFU)』の名称で参加する」 ・「RFUが参加する試合ではロシアの国旗や国歌を使用しない」 ただ、上記内容は一次措置であり、今後もIOCらとの協議を継続。状況が改善されなければ、競技会からの除外など、さらなる制裁措置に動く可能性もあるようだ。 また、FIFAはポーランド、スウェーデン、チェコのカタールW杯欧州プレーオフ参加拒否に理解を示した上で、各協会と対話。今後も協議を続け、解決策を探るという。 しかしながら、3カ国はFIFAの対応に納得がいっていない様子。イギリス『BBC』によると、ポーランドサッカー協会のツェザリ・クレシャ会長はバッサリと斬り捨てた。 「まったく受け入れられない。我々は試合に参加する興味がない。スタンスは変わらない。ポーランド代表はチーム名が何であれ、ロシアと対戦しない」 2022.02.28 10:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly