レバークーゼンが首位通過!打ち合いに敗れたセルティックは3位でECLへ…《EL》

2021.11.26 04:56 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
古橋亨梧の所属するセルティックは25日、ヨーロッパリーグ(EL)グループG第5節でレバークーゼンと対戦し2-3で敗戦した。古橋は76分までプレーしている。

古橋の活躍でEL連勝を飾った3位セルティック(勝ち点6)が、首位レバークーゼン(勝ち点10)のホーム乗り込んだ一戦。前節1ゴール1アシストを記録した古橋は、[4-3-3]の最前線で先発に名を連ねた。

一方、今節の結果次第で決勝トーナメント進出の決まるレバークーゼンは、直近のボーフム戦から先発を4人変更。デミルバイやアミリらに替えてパウリーニョやパラシオスらが先発で起用された。

立ち上がりから劣勢の時間が続くセルティックは、16分に失点する。ヴィルツの右CKをニアに走り込んだアンドリッヒがヘディングシュートで合わせると、これがゴール左隅に突き刺さった。

先制を許したセルティックは38分、ジョタが供給した左クロスがターにクリアされるも、後方で走り込んでいた古橋が飛び出したGKと接触。VARの結果、GKフラデツキーのファウルが認められセルティックがPKを獲得。これをユラノビッチが決め、前半を1-1で終えた。

同点で後半を迎えたセルティックは、立ち上がりの53分にピンチ。スルーパスに反応したディアビにボックス左からシュートを許すと、GKハートが弾いたボールにアドリに詰められたが、ボールは素早く体勢を立て直したハートがキャッチした。

守護神のファインプレーに応えたいセルティックは56分、ボックス左手前から供給したビトンのパスがフリンポンにカットされるも、こぼれ球を素早く奪った古橋がラストパス。これをボックス左で受けたジョタがゴール右隅にシュートを突き刺した。

その後、レバークーゼンの猛攻を受けるセルティックは82分、ヴィルツの右クロスをファーサイドのアミリが落とすと、走り込んだアンドリッヒのダイレクトシュートがGKハートの股下を抜け、ゴールネットを揺らされた。

さらに87分には、ボックス左でパスを受けたヴィルツがマイナスへ浮き球のクロスを供給すると、ディアビのボレーシュートがゴールネットに突き刺さり、レバークーゼンが勝ち越しに成功した。

結局、これが決勝点となり2-3でセルティックは敗戦。勝利したレバークーゼンがグループ首位通過を決め、セルティックは3位でヨーロッパ・カファレンスリーグに回ることとなった。

また、伊東純也の所属するヘンクは、グループH第5節でディナモ・ザグレブとアウェイで対戦し1-1の引き分けに終わった。伊東は67分まで出場している。

プレーオフ進出へ負けられないヘンクは8分、右サイドでボールを受けた伊東が狙いすました右足のアーリークロスを供給するが、走り込んだボンゴンダのシュートは枠を捉え切れなかった。

その後は一進一退が続く中、ヘントはディナモ・ザグレブに先制を許す。35分、自陣最終ラインのテオフィル=カテリーヌがロングフィードを送ると、DFの裏に抜け出したメナロがゴール前まで持ち上がり冷静にシュートを流し込んだ。

このまま前半終了かと思われたが、ヘンクは45分に追いつく。右CKのセカンドボールをゴールエリア右でウグボが拾うと、反転から右足で放ったシュートはクロスバーに当たり、そのままゴールに吸い込まれた。

後半は膠着状態が続く中、ヘンクは67分に伊東とエイティングを下げてペイントシルとトルストベットを投入。しかし、互いに最後までゴールネットを揺らすことはできず。試合は1-1で終了した。

なお、同グループに所属する北川航也のラピド・ウィーンは、ウェストハムとホームで対戦し0-2で敗戦。この結果、ウェストハムの決勝トーナメント進出が決定、また当該成績で上回ったディナモ・ザグレブが2位で決勝トーナメントプレーオフ進出を決めている。

関連ニュース
thumb

前田のアシストから古橋ゴールで2戦連発! 前田は2Aの活躍でセルティック開幕3連勝《スコティッシュ・プレミアシップ》

14日、スコティッシュ・プレミアシップ第3節のキルマーノックvsセルティックが行われ、0-5でセルティックが勝利した。 開幕2連勝中のセルティックは、日本代表FW前田大然、FW古橋亨梧が先発出場。ケガのMF旗手怜央、MF井手口陽介はベンチ外となった。 3試合連続でスタメンとなった前田と古橋。古橋は2試合連続ゴール、前田は今季初ゴールが期待される中、いきなり結果を残す。 7分、スルーパスに抜けた前田がボックス内左でダイレクトで折り返すと、走り込んだ古橋がニアで合わせ、セルティックが先制。日本人ラインで先制点を奪った。 先制後も攻め込むセルティックは35分、浮き球のパスを相手がクリア。これを拾った前田がコントロールから横パスを出すと、ジョタがボックス手前から右足一閃。これがゴール左に決まり、セルティックが追加点を奪う。 さらに37分には、中央でパスを受けた古橋が右サイドへと展開。これをギリギリで抜け出したジョタがボックス内からシュート。しかし、GKにセーブされてしまう。 それでも前半アディショナルタイム、セルティックは右CKを獲得すると、こぼれ球をカラム・マクレガーがシュート。モリッツ・イェンツがトラップからバイシクルシュートを決めて、前半でリードを3点とする。 後半もセルティックペースで試合が進むと、48分に左サイドを仕掛けた前田が倒され、ボックス左でFKのチャンス。このFKからのクロスをボックス内で古橋がヘッド。しかし、これはクロスバーを叩いてゴールとはならない。 セルティックは55分にアクシデント。3点目を決めてイェンツが足を痛めて座り込み交代。カール・スターフェルトが代わりにピッチに立つ。 徐々にキルマーノックも攻め込む中、62分には相手の突破を止めた前田がイエローカードをもらうことに。すると66分には前田と古橋、デイビッド・ダーンブルが揃って下り、リエル・アバダ、アーロン・ムーイ、ギオルゴス・ギアクマキスを起用した。 するとセルティックは76分、右CKを獲得するとクロスをキャメロン・カーター=ビッカーズがヘッド、これはGKがセーブするが、こぼれをスターフェルトがシュート。1度はGKがセーブも、こぼれ球を再度蹴り込み、リードを4点とした。 さらに72分にはボックス右からアバダがクロス、これはDFがクリアするも、これが小さくなるとギアクマキスがバイシクルシュートを叩き込み、5点目を奪う。 終始危なげない戦いを続けたセルティックは、大量5ゴールを記録して開幕3連勝。古橋は2戦連発、前田は2アシストと活躍した。 キルマーノック 0-5 セルティック 【セルティック】 古橋亨梧(前7) ジョタ(前35) モリッツ・イェンツ(前46) カール・スターフェルト(後31) ギオルゴス・ギアクマキス(後37) 2022.08.14 21:54 Sun
twitterfacebook
thumb

セルティック旗手怜央、今週末も欠場へ…指揮官「もう1週間ほど様子を見よう」

セルティックの日本代表MF旗手怜央は今週末の試合も大事をとって欠場することがわかった。イギリス『Daily Record』が報じている。 昨季後半に川崎フロンターレから加わり、今季で2年目の旗手。先月末のスコティッシュ・プレミアシップ開幕戦こそ先発したが、その試合で負った打撲の影響で6日に行われたロス・カウンティとの第2節を欠場した。 1試合をスキップしたことで、今週末の復帰が期待された24歳だが、14日に予定するキルマーノックとの第3節も見送られるようだ。アンジェ・ポステコグルー監督が今週末の試合に先立っての会見で明らかにしている。 「レオは大丈夫だが、もう1週間ほど様子を見ようと思う。特に、人工芝(のピッチ)だと、もう1週間ほどトレーニングをやって、来週に間に合わせるのが最善だと考えている」 これを受けて、中盤センターの顔ぶれはロス・カウンティ戦に続いて、MFデイビッド・ターンブル、MFマット・オライリー、MFカラム・マクレガーになるものと推察されている。 2022.08.13 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

「怪我しなくて良かった」古橋亨梧の“膝スラ失敗”シーンが反響、ズッコケ仕草に「母性をくすぐる可愛らしさ」

セルティックの日本語版公式ツイッターが、日本代表FW古橋亨梧のゴールパフォーマンスを取り上げた。 5日、セルティックはスコティッシュ・プレミアシップ第2節でロス・カウンティと対戦。試合は1-3で勝利し、開幕2連勝を達成した。 古橋は3トップの中央で先発すると、0-0で迎えた48分にジョタの折り返しを詰め、先制点をマーク。嬉しいシーズン初ゴールを記録した。 ゴールを決めた古橋はその勢いのままスタンドの方へと駆け寄りヒザからスライディング。しかし、芝が乾いていたのか足を取られてしまい前のめりにズッコケてしまった。 セルティックのツイッターがこの場面を紹介すると、ファンも反応。「膝スラまではかっこいいのにかわいいな」、「なんて尊い」、「いつまでも母性をくすぐる可愛らしさであります」といった声が集まった。 また、「怪我しなくて良かった」、「怖くてできない」、「こういうシーン見るたびに痛くないのか?って思うんだけどどうなん?」など心配する声も寄せられている。 ピッチに倒れ込んだ古橋だったが、チームメイトたちから手荒い祝福を受けた後は、お笑い芸人・空気階段の水川かたまりが提案したという右手を回しながら「サイコゥ!サイコゥ!サイコゥ!」と叫ぶパフォーマンスも披露し、ファンを沸かせていた。 <span class="paragraph-title">【動画】古橋が“膝スラ失敗”で思い切りズッコケ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">今週のGIF画像はこちら!今季初ゴールを決めたキョーゴのずっこけシーンと集まるチームメイトたち <a href="https://t.co/rb8WJmUCBF">pic.twitter.com/rb8WJmUCBF</a></p>&mdash; Celtic FC Japan (@CelticFCJPN) <a href="https://twitter.com/CelticFCJPN/status/1556775511996526592?ref_src=twsrc%5Etfw">August 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】“膝スラ失敗”直後には「サイコゥ!サイコゥ!サイコゥ!」と叫ぶパフォーマンスも披露</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="1mOWkAOrvek";var video_start = 36;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.09 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「キョウゴーール!」古橋亨梧が今季第1号、キレキレのジョタとの連携から狭いコース撃ち抜く

セルティックの日本代表FW古橋亨梧がシーズン初ゴールを決めた。 5日、セルティックはスコティッシュ・プレミアシップ第2節でロス・カウンティと対戦。試合は1-3で勝利し、開幕2連勝を達成した。 この試合でも先発した古橋だったが、嬉しいシーズン初ゴールを記録した。 前田大然、ジョタとともに3トップを形成する古橋。前半も両サイドからの崩しを見せたが、ゴールを奪うことができなかった。 それでも、ゴールレスで迎えた48分にスコアを動かす。 左サイドでボールを拾ったジョタがカラム・マクレガーとのワンツーでボックス左に侵入。相手に寄せられる中で中央へ折り返すと、スペースで待ち構えた古橋がダイレクトで蹴り込み、狭いニアサイドを撃ち抜いた。 このゴールにはスタンドのファンも歓喜爆発。SNS上でも「キョウゴーール」の嵐に。昨季のチーム得点王の今季初ゴールに現地のファンも歓喜爆発した。 <span class="paragraph-title">【動画】ジョタとの連係から見事な今季初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="E_4ZDuCq00M";var video_start = 77;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.07 09:32 Sun
twitterfacebook
thumb

古橋の今季初ゴールなどで王者セルティックが開幕連勝!《スコティッシュ・プレミアシップ》

セルティックは6日、スコティッシュ・プレミアシップ第2節でロス・カウンティと対戦し3-1で勝利した。 7月31日に行われた開幕節を2-0で勝利したセルティックが、黒星スタートとなったロス・カウンティのホームに乗り込んだ一戦。セルティックの前田大然と古橋亨梧が2戦連続の先発となった中、旗手怜央と井手口陽介はケガのためベンチ外となった。 試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半、セルティックは前田を下げてアバダを投入。すると48分、C・マクレガーのパスでボックス左に抜け出したジョタの折り返しを古橋が流し込み、先制点を奪った。 58分にイアコビッティのゴールで同点に追いつかれたセルティックだったが、84分にボックス左から侵入したジョタのマイナスの折り返しからイェンツがコントロールショットをゴール右に突き刺し、勝ち越しに成功。 さらにセルティックは、試合終了間際の91分にもアバダがゴールネットを揺らし、3-1でタイムアップ。古橋の今季初ゴールなどで快勝したセルティックが、開幕連勝を飾っている。 ロス・カウンティ 1-3 セルティック 【ロス・カウンティ】 イアコビッティ(後13) 【セルティック】 古橋亨梧(後3) イェンツ(後39) アバダ(後46) 2022.08.07 02:57 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly