リヨン戦決勝点のバイエルン・熊谷紗希が古巣との一戦を回想「最高の舞台楽しめました!」

2021.11.19 22:04 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンのなでしこジャパンDF熊谷紗希が古巣戦での勝利を振り返った。

17日、女子チャンピオンズリーグ(WCL)グループD第4節でバイエルンはリヨンをホームに迎えた。10日に行われたアウェイでの試合は、1-2と逆転負けを喫していたため、この一戦では勝利が必須。古巣戦対戦となった熊谷も、アウェイ戦に引き続き先発出場を果たす。

前回対戦時とは異なり、バイエルンが押し込む展開を見せる中、均衡を破ったのは熊谷だった。ゴールレスで迎えた69分に右CKを獲得すると、キャロライン・サイモンのクロスに頭で合わせ、待望の先制点を奪取。これが決勝点となり、バイエルンに大一番での勝利をもたらした。

熊谷は自身のインスタグラムでゴールを祝福される写真を投稿し、チームの戦いぶりを称賛。古巣戦を大いに楽しめたと、以下のようなキャプションを添えた。

「昨夜のチームのパフォーマンスは素晴らしかったです。このチームの一員であることを誇りに思います」

「最高の舞台楽しめました!さぁ、連戦もあと1つ。またいい準備をして次に臨みたいと思います」

グループ2位のバイエルンは、この勝利で首位のリヨン(勝ち点9)に2ポイント差まで肉薄。21日にはリーグ戦でイェーナとの一戦を控えている。

19日に発表されたなでしこジャパンのメンバーにも選出された熊谷。日本代表として25日にはアイスランド女子代表戦、29日にはオランダ代表戦と対戦予定だ。

両国もすでにメンバーが発表されており、バイエルンのチームメイト、アイスランド代表DFグローディース・ヴィッゴースドッティルやオランダ代表FWリネト・ベーレンスタインらが選出されている。

池田太監督率いる新生なでしこジャパンでも守備の、そしてチームのリーダーとして大きな期待が寄せられている。



1 2

関連ニュース
thumb

レヴァンドフスキはすでに心ここにあらず? 代理人が明かす「クラブからは尊敬を感じない」

退団が噂されているバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)だが、すでに決意は固まっているようだ。 バイエルンとの契約が残り1年を切る今夏のタイミングで移籍が噂されているレヴァンドフスキ。特にバルセロナが強い関心を示しており、すでに3200万ユーロのオファーを送ったとも言われている。また、チャビ・エルナンデス監督も「オプションのひとつ」とコメントするなど、目の離せない状況が続いている。 そんな中、代理人であるビニ・ザハビ氏もドイツ『ビルト』のインタビューで注目のコメントを残した。れレヴァンドフスキは、すでにバイエルンから心は離れているようだ。 「もちろん、ロベルトは2023年まで契約があるため、もう1年引き留めることは可能だ。しかし、私はそれを勧めない」 「ロベルトも私も、ここでは誰もお金のことは気にしていない。彼はここ数カ月間、クラブの責任者たちから尊敬されていると感じることができていないのだ。それが真実だ」 「バイエルンはレヴァンドフスキという選手ではなく、ロベルトという人間を失ったのだ」 また、バイエルン側から契約延長のオファーがあったという噂については、「それはない」と否定している。 2022.05.23 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ノイアーがバイエルンと2024年まで契約延長!「まだまだ歴史を築いていきたい」

バイエルンは23日、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(36)と2024年6月まで契約を延長したことを発表した。 2011年夏にバイエルンに加入し、世界最高GKの一人として君臨し続けるノイアー。獲得したタイトルは10度のブンデスリーガ制覇や2度のチャンピオンズリーグ優勝など27個を数える。 また、個人賞に目を向けてもそのキャリアは輝かしく、FFHS世界最優秀GK賞は2013年の初受賞を含め5度受賞。2020年には世界と欧州のGKオブ・ザ・イヤーをダブル受賞した。また、2011年と2014年には、ドイツの年間最優秀選手賞にGKとして選ばれており、史上最も優れたGKと言っても過言ではない。 一時は世代交代の必要性を指摘されたこともあったが、自身の後継者として注目されたドイツ人GKアレクサンダー・ニューベルの加入後も卓越したパフォーマンスを継続し、その座を譲ることなくバイエルンのゴールマウスに強固な鍵を閉めている。 今季も公式戦39試合に出場し、ブンデスリーガを制覇。その中で1月に受けたドイツ『Sport1』のインタビューで「バイエルンは並外れたクラブだ。僕がここにいる間も歴史を築いてきた。今後も続けていきたい。もちろん、その一部になりたいと持っているよ」とコメントしていた。 2022.05.23 18:05 Mon
twitterfacebook
thumb

チャビがレヴァンドフスキ獲得への動き認める 「オプションのひとつ」

バルセロナを率いるチャビ・エルナンデス監督が、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを含め、今夏の補強に関して語った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 バルセロナは今夏の移籍市場で更なるスカッド刷新を目指しており、その補強の目玉が今シーズン限りでのバイエルン退団の意思を示したレヴァンドフスキだ。 22日にラ・リーガ最終節のビジャレアル戦を控える中、公式会見に出席したチャビ監督はクラブが世界屈指のストライカーの獲得に動いていることを認めた。 「レヴァンドフスキはオプションのひとつだ」 「彼はすでに退団したいと言っているし、交渉も行われているが、まだ所属クラブとの契約が残っている。バイエルンとの交渉は簡単なことではないが、オプションのひとつだ」 なお、チャビ監督の言葉通り、バルセロナはレヴァンドフスキ獲得に向け、選手間、クラブ間の交渉を進めている模様だが、相手側が求める移籍金の支払いに加え、バイエルンが後釜を確保しない限り売却に踏み切る可能性は低く、交渉は長期戦を強いられる見込みだ。 一方、先日にジョアン・ラポルタ会長が財政的な問題での売却に否定的な見解を示したものの、マンチェスター・ユナイテッドの獲得候補に挙がるオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングに関して、スペイン人指揮官は改めて残留を希望しながらも微妙な状況であることを認めている。 「私にとってフレンキーはビーストのようなプレーヤーだ。彼にもそう話している」 「彼はここで一時代を築けるクオリティを持っている。我々のように試合を支配することができるプレーヤーであり、とても気に入っている」 「だが、クラブの財政状況がどうなるかはこれからだ。また、お金の話になってしまったが、それはそれで仕方がない」 さらに、チャビ監督は今夏の放出が噂されるスペイン人MFリキ・プッチ、DFオスカル・ミンゲサ、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ、FWマルティン・ブラースヴァイトら数選手に関してはビジャレアル戦がバルセロナでの最後の試合なることを認めた。ただ、契約延長交渉中のフランス代表FWウスマーヌ・デンベレに関しては、デ・ヨング同様に残留を希望している。 「(ビジャレアル戦が)最後の試合になるかもしれないし、更新するかもしれない」 「私は彼が好きだ。そして、将来的に非常に重要になる可能性がある。しかし、我々は何が起こるか見守る必要がある」 「最終的には交渉次第だ。日曜日の試合が彼の最後の試合になるかもしれないし、そうではないかもしれない。ただ、それは彼だけでなく多くの他のプレーヤーも同様だ」 2022.05.21 23:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ノイアーを破る豪快ヘッド!ドログバがチェルシーに初のCL制覇をもたらした10年前の一撃

チェルシーが初めてチャンピオンズリーグ(CL)のタイトルを獲得してから10年が経った。 昨シーズンのCL王者チェルシーだが、初めての戴冠は2011-12シーズン。その立役者が元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバだった。 この年のチェルシーはアンドレ・ビラス=ボアス新監督の下でシーズンをスタートするもプレミアリーグではシーズン半ば以降に失速。2012年3月初旬にはビラス=ボアス監督が解任され、ロベルト・ディ・マッテオ氏が暫定指揮官に据えられた。 それでもCLではしぶとく勝ち残ると、ナポリ、ベンフィカ、バルセロナとの激闘を制し、バイエルンとの決勝に駒を進める。 2012年の5月19日に行われた決勝は、バイエルンのホームであるアリアンツ・アレーナでの開催ということもあり、バイエルン有利という下馬評。試合も序盤から防戦一方となるチェルシーは、猛攻を防ぎ続けたものの83分についに失点を喫する。 絶体絶命かと思われ、バイエルンが優勝すると思われた中、88分に劇的なゴールが誕生した。 この試合初めて得た右CKでキッカーのMFフアン・マタがアウトスイングのボールを入れると、ニアサイドに走り込んだドログバが豪快なヘディング。相手GKマヌエル・ノイアーの手を弾き、ゴールに突き刺さった。 土壇場で望みを繋ぐことに成功したチェルシーはPK戦まで持ち込むと、5人目のキッカーとなったドログバが優勝を決めるPKを決め、クラブ史上初となるCL優勝を果たした。 強靭なフィジカルとパワーを活かして多くのゴールを決めてきたドログバ氏。この試合を筆頭に数々のビッグゲームで重要なゴールを決めており、まさにエースと呼べる存在だった。 リバプールとレアル・マドリーによる今シーズンのCL決勝は28日に開催。今年も記憶に残るゴールが生まれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】PK戦ではノイアーがキッカーとして登場…!ドログバのCL制覇を手繰り寄せる豪快な一撃</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> 10年前の <a href="https://twitter.com/hashtag/UCLfinal?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCLfinal</a> :バイエルンチェルシー<a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> <a href="https://t.co/JWlcGWWLLN">pic.twitter.com/JWlcGWWLLN</a></p>&mdash; UEFAチャンピオンズリーグ (@UCLJapan) <a href="https://twitter.com/UCLJapan/status/1527294253017141250?ref_src=twsrc%5Etfw">May 19, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.20 19:45 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルンはデンベレ獲得に動かず? 一方でリバプールのマネへの関心は継続か

バイエルンはバルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(25)獲得に関心を抱いていないようだ。 今シーズンの公式戦31試合に出場して2ゴール13アシストを記録しているデンベレ。バルセロナとの現行契約が今季限りで満了となるにもかかわらず、今冬には契約更新を求めるクラブからの連絡を無視し続けたことにより、一時チームから追放されていた。 その後、チームに復帰したデンベレはリーグ戦4試合連続でアシストを記録するなど評価を高めたことから、改めて契約交渉の席が設けられている。それでも現時点で交渉は進展しておらず、フランス『レキップ』からはバイエルンが年俸1800万ユーロ(約24億4600万円)の4年契約というメガオファーを準備していると報じられた。 しかし、ドイツ『キッカー』はこうした報道を否定。バイエルンは現時点で、デンベレ獲得に関心を示していないという。現在のチームにはFWキングスレー・コマン(25)、FWセルジュ・ニャブリ(26)、FWレロイ・サネ(26)ら、デンベレと年齢の近い同ポジションの選手が揃っており、必要性を感じていないようだ。 一方で、『キッカー』によるとバイエルンはリバプールのセネガル代表FWサディオ・マネ(30)への関心は強めているという。前線ならどこでもプレーが可能なことに加えて、リバプールとの契約が2023年夏までなっており、交渉の余地があることから、今夏のターゲットの一人になる可能性はあるようだ。 バイエルンは絶対的エースとして君臨してきたポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)が退団を希望していることなどもあり、忙しい夏になるかもしれない。 2022.05.19 17:58 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly