リヨンが再びアズムン獲得に着手か...ジュニーニョSDも関心認める

2021.11.18 18:22 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リヨンがゼニトに所属するイラン代表FWサルダール・アズムン(26)の獲得を再び狙っているようだ。フランス『RMC Sport』が伝えている。

昨シーズンの公式戦29試合で19ゴール6アシストを記録したアズムン。今夏の移籍市場では5大リーグへの移籍が有力視されており、リヨンからオファーがあったもののゼニトが拒否したと伝えられていた。

そのリヨンは、来年の1月~2月にかけて行われるアフリカ・ネイションズカップにカメルーン代表FWカール・トコ・エカンビ、アルジェリア代表FWイスラム・スリマニ、ジンバブエ代表FWティノ・カデウェレが招集される見込みであることから、この冬に攻撃陣の補強を画策している模様。そこで、もう一度アズムンの獲得に乗り出す可能性があるようだ。
スポーツ・ディレクター(SD)を務めるジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏は、自身とピーター・ボス監督が関心を寄せていることを認めつつ、同選手の特徴を分析した。

「私とピーターはアズムンを気に入っている。彼はセンターフォワード寄りの選手だが、左サイドでも、トップ下でも、2トップの一角でもプレーしているのを見たことがあるよ。獲得できるかは分からないが、もちろん挑戦はするつもりだ」

仮にゼニトを退団する場合、タイミングは契約満了となる来夏と語っていたアズムンだが、果たして今冬の移籍は実現するのだろうか。

関連ニュース
thumb

チェルシーが逸材SBグスト獲得へ! オファー改善に加入時期譲歩でリヨン説得に成功

チェルシーが、リヨンのU-21フランス代表DFマロ・グスト(19)の獲得に成功したようだ。フランス『RMC Sport』が報じている。 手薄な右サイドバックの補強としてグストを獲得候補に定めたチェルシーは、先日に2000万ユーロ(約28億2000万円)のオファーを掲示。だが、これはリヨンサイドに拒否されていた。 その後、リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長、ローラン・ブラン監督が少なくとも今シーズン終了までの残留を明言したため、交渉は破談に終わったかに思われた。 しかし、あくまでグスト獲得にこだわるチェルシーは、新たに3000万~4000万ユーロ(約42億3000万~56億5000万円)と言われる2度目のオファーを掲示。さらに、今冬の即時加入を断念し、今季終了までのレンタルでリヨンに残留させるという譲歩を見せたことで、このタイミングでのクラブ間合意となったという。 2016年からリヨンのアカデミーに在籍しているグストは、キャリア初期は攻撃的MFやセントラルMFでプレーしていたが、数年前に右サイドバックへコンバート。2021年1月のサンテチェンヌ戦でトップチームデビューを飾ると、ピーター・ボス前監督の下ではキャプテンのDFレオ・デュボワとのポジション争いを制し、公式戦37試合5アシストの数字を残した。 179cmとサイズは平均的もフィジカル能力が高く、攻守両面で簡単に当たり負けしない対人能力に加え、中盤出身の選手らしい視野の広さ、パス精度を生かした組み立ての能力。アタッキングサードでの果敢な仕掛けや高精度のクロスと、19歳ながら総合力の高さが光る。ポジショニングや守備時の判断に磨きをかければ、レ・ブルー入りも十二分に可能なポテンシャルの持ち主だ。 2023.01.28 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ブライトンDFランプティが移籍か?リヨン、スポルティングが問い合わせ…ガーナ代表の右SB

ブライトン&ホーヴ・アルビオンのガーナ代表DFタリク・ランプティ(22)に関心が寄せられているようだ。イギリス『90min』が伝えた。 チェルシーの下部組織で育ったランプティは、ファーストチームに昇格せずに2020年1月にブライトンへと完全移籍した。 加入後すぐにポジションを掴むと、これまで公式戦71試合で2ゴール6アシストを記録。今シーズンも右サイドバックや右サイドハーフでプレーし公式戦20試合で1ゴールを記録。ただ、途中出場がメインとなっている。 世代別のイングランド代表を経験したランプティは、カタール・ワールドカップ(W杯)にガーナ代表として出場。ただ、チームではポジションを掴みきれていない状況となっている。 そのランプティには、リヨンやスポルティングCPが関心を持っており、ブライトンに移籍が可能かどうかを問い合わせている状況とのこと。ランプティは定期的な試合出場を求めており、移籍を検討しているという。 リヨンはU-21フランス代表DFマロ・グスト(19)がチェルシー、スポルティングはスペイン代表DFペドロ・ポロ(23)がトッテナムへ移籍すると見られていた中、グストに関してはリヨンのジャン=ミシェル・オラス会長が否定していた。 いずれにしても問い合わせはしているが、ポジションを掴みきれていないランプティはどうするのか注目だ。 2023.01.27 15:05 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、フランスの逸材獲得が不可に…リヨン会長が「夏まで残留」と明言

チェルシーが獲得を目指しているとされたリヨンのU-21フランス代表DFマロ・グスト(19)だが、今冬の移籍は無くなったようだ。 2016年からリヨンのアカデミーで育ち、2021年1月にトップチームデビューしたティーンの逸材。キャリア初期は攻撃的MFやセントラルMFでプレーしていたが、数年前に右サイドバックへコンバートされ、ピーター・ボス前監督の下ではキャプテンのDFレオ・デュボワとのポジション争いを制し、公式戦37試合5アシストの数字を残していた。 フィジカル能力が高く、攻守両面で簡単に当たり負けしない対人能力に加え、中盤出身の選手らしい視野の広さ、パス精度を生かした組み立ての能力。アタッキングサードでの果敢な仕掛けや高精度のクロスと、19歳ながら総合力の高さが光る逸材。将来のフランス代表入りも期待されている。 チェルシーは選手との個人合意を果たしているとされているものの、リヨンは2000万ユーロ(約28億2000万円)のオファーを拒否。チェルシーは再オファーを出す見込みとされていた。 しかし、リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長がフランス『レキップ』の記事を投稿してこの件に言及。夏までリヨンに残ると明言した。 「私はヴァンサン・ブルーノ・ローランと共に、この偉大な冬の移籍市場に積極的に参加している」 「リヨンの大望でもあるマロ(・グスト)が、少なくとも2023年6月30日まではリヨンでプレーし続けることをここに明記する」 長期契約で年間の諸経費を分散させ、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)を回避するという斬新な方法は、UEFAのFFP規約を変える影響を及ぼし今年の夏から施行予定。その前の獲得は事実上無くなってしまったようだ。 2023.01.27 11:40 Fri
twitterfacebook
thumb

レンヌがレンヌからトコ・エカンビをレンタル! 長期離脱テリエの穴埋め補強に

スタッド・レンヌは26日、リヨンからカメルーン代表FWカール・トコ・エカンビ(30)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、今回のレンタルは買い取りオプションが含まれないドライローンとなる。 トコ・エカンビは、パリFCやソショー、アンジェなどでプレーし、2018年7月にビジャレアルへと完全移籍。在籍1年半で公式戦62試合24ゴール10アシストの数字を残すと、2020年冬に買い取りオプション付きのレンタル移籍でリヨンへ加入。 その翌シーズンに完全移籍へ移行すると、直近2シーズン連続でリーグ戦2桁ゴールを記録し、今シーズンもリーグ戦19試合4ゴール2アシストと主力としてプレーしていた。 また、カメルーン代表ではここまで55試合に出場し、12ゴールを記録。先のカタール・ワールドカップにも出場していた。 レンヌではチーム最多の9ゴールを挙げていたフランス人FWマルタン・テリエが前十字じん帯断裂の重傷で今季絶望となっており、トコ・エカンビがその穴埋めを担う。 2023.01.27 00:44 Fri
twitterfacebook
thumb

リヨン会長が決意表明! 生え抜き19歳シェルキをPSGから守り抜く覚悟「行かせるつもりはない」

リヨンの会長は、下部組織育ちの逸材であるU-21フランス代表FWラヤン・シェルキ(19)のパリ・サンジェルマン(PSG)移籍を認めない方針だ。 シェルキはアルジェリアにルーツを持つリヨン生え抜きのアタッカーで、2020年1月のトップチーム昇格後、今季は大幅にプレータイムが増加。メインは途中出場だが、公式戦18試合出場で1得点3アシストを記録している。 そんな19歳の逸材に目をつけたのがPSGというわけだが、この動きに対してリヨンのジャン・ミシェル・オラス会長は毅然とした態度で立ち向かう模様。自身のツイッターに、ライバルクラブから生え抜きタレントを守り抜く決意を綴った。 「クラブ、サポーター、スタッフ、選手… 誰もが同意することがたった1つあるとするなら、それはラヤン(・シェルキ)のように才能豊かな者をリヨンが守り抜くということだ」 「家(リヨン)でのように己を表現することはできないだろう。そんなクラブのベンチに彼を送り込むつもりはない!」 念頭にあるのはもちろんPSGからの触手だが、「移籍したところでベンチが定位置になる」といった意味合いだろう。 この投稿にはサポーターから「早くも心配いらないな」というホッとしたコメントが寄せられる一方、「どうせそのうち…」など、いずれ根負けするだろうという神経質な反応も寄せられている。 2023.01.26 21:29 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly