サルダール・アズムン SARDAR AZMOUN

ポジション FW
国籍 イラン
生年月日 1995年01月01日(29歳)
利き足
身長 187cm
体重 80kg
ニュース クラブ
ニュース一覧

オシムヘンは今夏のステップアップ希望も…有力候補チェルシーへの移籍はルカクの去就が影響

ナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(25)の将来は、ローマのベルギー代表FWロメル・ルカク(30)の去就にも左右されるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 度々移籍の噂が出る中、昨年12月にナポリとの契約を2026年6月まで延長したセリエA屈指のストライカー・オシムヘン。しかし、この契約には1億2000〜3000万ユーロ(約199億3000万〜215億9000万円) の契約解除条項が存在し、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長もその事実を認めている。 フランス代表FWキリアン・ムバッペ(25)の退団が有力なパリ・サンジェルマン(PSG)からの関心が盛んに報じられるが、以前オシムヘンはプレミアリーグでのプレー願望を公言。昨年12月にアフリカ年間最優秀選手賞を初受賞したこのストライカーは、急いで世界の頂点に上り詰めることを夢見ており、かねてから関心が取り沙汰されるチェルシーへの移籍を望んでいる模様だ。 一方、チェルシーはローマに貸し出し中のルカクの扱いがネックに。完全移籍での売却が希望してオファーを待っているというが、高年俸が障壁となる。 ルカクをレンタル中のローマは、チェルシーがもう1年貸し出してくれることを期待。それが無理ならイングランド代表FWタミー・エイブラハムに頼る構えだという。 また、レバークーゼンからレンタル中のイラン代表FWサルダール・アズムン(29)の1250万ユーロ(約20億9000万円)での買い取りを検討中とのこと。フリーでの獲得が可能な選手にも目をつけている。 なお、ナポリのデ・ラウレンティス会長もすでに新たな9番探しに着手。リールのカナダ代表FWジョナサン・デイビット(24)がかねてからの有力候補で、フェイエノールトのメキシコ代表FWサンティアゴ・ヒメネス(23)やジローナのウクライナ代表FWアルテム・ドフビク(26)が後に続いている。 2024.04.29 18:01 Mon

ナポリ相手に粘り強く勝ち点1奪取のローマ、デ・ロッシ監督は内容悔いる「もっとできるはずだった」

ローマのダニエレ・デ・ロッシ監督がナポリ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 チャンピオンズリーグ(CL)出場圏を争うボローニャとの直接対決は落としたものの、コートジボワール代表DFエヴァン・エンディカの緊急搬送によりラスト20分ほどが後日行われたセリエA第32節ウディネーゼ戦をぎりぎりで制したローマ。5位を死守した中、28日の第34節ではナポリとのデルビー・デル・ソーレに臨んだ。 セルビア代表GKミル・スヴィラールの活躍もあり、無失点で折り返したローマは、イラン代表FWサルダール・アズムンの獲得したPKをアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラがきっちり決めて58分に先制。しかし、64分にやや不運な形で同点弾を許すと、84分にはPKから逆転されてしまう。 それでも後半アディショナルタイム直前、左CKをニアでエンディカがそらすと、押し込んだのはイングランド代表FWタミー・エイブラハム。最後まで粘り強く戦ったローマはアウェイで勝ち点「1」を得ることに成功した。 しかし、デ・ロッシ監督は自チームのパフォーマンスに満足せず。内容だけで言えばボローニャ戦の方が良かったと述べている。 「順位表の上では1ポイントの価値しかないし、納得のいくパフォーマンスができなかったから、士気という点でもあまり価値がない」 「もう一度言うが、ボローニャ戦の出来は悪くなかった。何度かチャンスがあり、悪い方に転がる場面もあった。今日はボローニャ戦よりも多くの勝ち点を獲得できたが、強豪相手に及第点以下の試合をした」 「勝つには素晴らしいパフォーマンスを見せる必要があったが、このチーム相手にそれができなかったのは明らかだ。彼ら(ナポリ)はこの試合に備えて準備してきた。難しい局面にありながら、非常にタフな選手たちのチャンピオンとしてのプライドを引き出すことに成功した」 また、デ・ロッシ監督は「ボールをうまく保持できなかったと思う」ともコメント。課題を口にしている。 「彼らのテンポを乱し、ペナルティエリアに近づくチャンスを奪う必要がある。相手には質の高い選手がたくさんいるから、ボールを持たせれば危険になることはわかっていた」 「もっとできるはずだった。もっとうまくできたはずだ。我々のフォワードのパフォーマンスも、もっとポジティブなものになった可能性がある」 この後に控えるのはヨーロッパリーグ(EL)準決勝のレバークーゼン戦や、セリエA第35節ユベントス戦、さらには第36節アタランタ戦。厳しい戦いが続く中、デ・ロッシ監督はCL出場権確保とEL制覇に向け、自分たちの強さを引き出していくつもりだ。 「我々は3チームとのタフな試合へ向かうことになる。レバークーゼン、ユーベ、レバークーゼン、アタランタと対戦する。忘れてはならないその後のラスト2試合がヨーロッパリーグ決勝を挟むことも願っている」 「ハードだ。我々は自分たちにそう言い聞かせているし、それはわかっている。我々はチャンピオンズリーグ出場権の確保や、ヨーロッパリーグ優勝のため、必要な勝ち点を得るための強さを見つけなければならない」 2024.04.29 15:07 Mon

4位争いから一歩後退のローマ…デ・ロッシ監督「こうした試合もある」

ローマのダニエレ・デ・ロッシ監督が、セリエAでの敗北を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 22日、4位ボローニャとのセリエA第33節に臨んだ5位ローマ。4日前にはミランを破ってヨーロッパリーグ(EL)準決勝進出を決めたチームだったが、この日は14分に先制を許すとハーフタイム直前にも失点を喫する苦しい展開に。後半に入ると、56分にFWサルダール・アズムンのゴールで1点を返すも9分後に再び失点してしまい、そのまま3-1で試合を終えた。 セリエAで久々の敗北となりボローニャとの差が広がることになってしまったデ・ロッシ監督は、内容に満足できる点はあると強調しつつ改善の必要性を口にしている。 「今日の我々はいつものような鋭さがなかったかもしれないが、相手は良いフットボールをするチームだった。プレスをかけた際も彼らは体を張ってくるから、審判に悪い印象を与えてしまったと思う。それに、機動力あるチームを相手にして試合をクローズするのは簡単ではない」 「だが、こうした試合もあるだろう。ほぼすべてのチャンスをモノにして勝った試合もあったし、相手のシュート数のほうが多かった試合もあった。ボローニャは自分たちの役割を果たしていたが、データを見る限りではかなりの互角だったのだ。我々のほうが、相手より先に危険なプレーをしていたと思う」 「レアンドロ・パレデスへのイエローカードはフェアではなかった。そのせいで負けたわけではないが、あの判定とその直後に喫した失点で我々は少し調子を崩したと思う。それでも、選手たちは最後までパフォーマンスを続けてくれた」 「我々は大人であり、経験も備えている。長い間この仕事をしてきて、ポジティブな感情もネガティブな感情も扱いには慣れているはずだ。これまでの我々はライバルとの試合で常に良い結果を残しており、かなり過酷な試合の連続でもメンタル面はうまく対処できていた」 「(ELの勝利もあり)気が高ぶっていたかもしれないが、それはプレーに影響していないだろう。数字やパフォーマンスを見れば、我々は常に試合の中にいたと思う。いつものようにはいかなかったが、若者たちは決して諦めなかった」 「もちろん、完璧な試合をしたいのであれば、そして3カ月前に始まったこの好調を維持したいのであれば、さまざまな局面をうまく切り抜ける必要がある。経験豊富なチームなら44分に失点すべきではなく、1-2とした後に同点へと追いつく時間はあったと理解すべきだ。3点目を許したことで、風向きは変わってしまった」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】ローマvsボローニャ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="SI2nLCGDSuk";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.23 12:15 Tue

アズムンの状態は芳しくない? 離脱期間は1カ月程度か…

ローマのイラン代表FWサルダール・アズムンは1カ月程度の離脱となる見込みだ。 ダニエレ・デ・ロッシ新体制でプレータイムを増やしてきたアズムン。しかし、先月21日に行われた2026年北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のトルクメニスタン代表戦で負傷。一足早くイラン代表を離脱し、ローマに復帰していた。 イタリア『Il Messaggero』によると、左屈筋の筋損傷と診断されたアズムンは当初2~3週間の離脱が見込まれていたが、状態は芳しくなく、最終的には1カ月程度の離脱となるようだ。 残りシーズンでヨーロッパリーグ(EL)制覇、セリエAトップ4フィニッシュを目指すローマは、今月にミランとのEL準々決勝2試合、ラツィオ、ナポリとのデルビー、ボローニャとの上位対決と重要な試合が控えている。 長期離脱明けのイングランド代表FWタミー・エイブラハムがグループトレーニングに復帰しているが、前線のやり繰りはより厳しくなりそうだ。 2024.04.01 08:00 Mon

アズムンがローマに完全移籍へ…保有元レバークーゼンは買取OP値引きも容認

イラン代表FWサルダール・アズムン(29)がローマへ完全移籍する見通しだ。 メフディ・タレミ(ポルト)と並ぶイラン代表の2枚看板、サルダール・アズムン。代表通算81試合52得点を誇り、クラブキャリアではゼニト時代にロシア国内トップFWに。レバークーゼンへの移籍で失速し、今季はローマへと貸し出されている。 キャリア初となるセリエAではここまで17試合2得点。途中出場が多く、数字を残せていないが、イタリア『カルチョメルカート』いわく、ジョゼ・モウリーニョ前監督もダニエレ・デ・ロッシ現監督もアズムンの特性を高く評価。フィジカルや献身性といった部分だ。 どうやら保有元レバークーゼンはアズムンを構想に含めておらず、アズムン本人もローマへの完全移籍を希望。買い取りオプションは1200万ユーロ(約19億7000万円)だが、先方は800万〜900万ユーロ(約13億1000万〜14億8000万円)で売却に応じるとみられている。 なお、アズムン以外にも複数のローンプレーヤーを抱えるローマ。ベルギー代表FWロメル・ルカク(30)の買い取りにはチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保が必須、元ポルトガル代表MFレナト・サンチェス(26)は退団、U-19オランダ代表DFディーン・ハイセン(18)も退団するとのことだ。 2024.03.23 13:20 Sat

アズムン負傷でイラン代表離脱へ…ビッグマッチ多数控えるローマに新たな懸念

イラン代表からFWサルダール・アズムンが離脱だ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 イラン代表は21日、2026北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選第3節でトルクメニスタン代表と対戦。結果は5-0、格下相手に危なげなく勝利し、最終予選進出へ一歩前進した。 メフディ・タレミと並ぶ2枚看板のアズムンは13分に追加点。しかし前半終盤に筋肉系トラブルで負傷交代となり、トルクメニスタンとのリターンマッチを待たずしてチームを離脱するという。 どうやら所属するローマへ戻るようだが、ダニエレ・デ・ロッシ監督率いるローマはアタッカー陣の状態が気がかり。パウロ・ディバラが内転筋負傷で離脱、ベルギー代表に招集中のロメル・ルカクも鼠蹊部に張りがあり、24日の国際親善試合・アイルランド代表戦を回避する見通しだ。 代表ウィーク明けにシーズンラストまで重要なゲームが多いローマ。再開後2試合目(4月6日)はラツィオとのダービー、11日と18日にはヨーロッパリーグ(EL)準々決勝でミランと…セリエAでナポリとユベントスとの対戦も残している。 幸いディバラは代表ウィーク明けに復帰できそうだが、デ・ロッシ監督としてはアズムンを含めた各選手の状態が気がかりだろう。 2024.03.22 16:20 Fri

アズムンがゴール後の謝罪ジェスチャー説明…後輩ハイセンの非礼を詫びる

ローマのイラン代表FWサルダール・アズムンが、フロジノーネ戦後の謝罪ジェスチャーについて説明した。『romapress』が伝えている。 ローマは18日に敵地で行われたセリエA第25節のフロジノーネ戦に3-0の勝利を収めた。 前半は[4-2-3-1]の布陣変更が機能せず、ビルドアップの局面でもミスが目立って再三シュートを浴びる展開に。それでも、GKミル・スヴィラールの好守などで凌ぐと、前半終盤にはDFディーン・ハイセンのスーパーゴールで先制に成功。 後半は[4-3-3]への布陣変更や細かな修正で流れを引き寄せると、MFブライアン・クリスタンテのミドルシュートのこぼれ球に詰めたアズムンのゴール、MFレアンドロ・パレデスのPKによるゴールで一気に突き放し、最終的に3-0で勝利した。 ダニエレ・デ・ロッシ新体制で初スタメンを飾り、今季セリエA2点目を記録したアズムンは、同試合後のインタビューでゴール後にフロジノーネサポーターに向けた謝罪ジェスチャーについて説明。後輩ハイセンの非礼を詫びる意図があったことを明かした。 今冬の移籍市場でユベントスからローマに加入したハイセンだったが、その加入前にはフロジノーネへのレンタルでクラブ間合意。選手自身も当初はフロジノーネ行きに応じていたものの、ローマからのオファーによって翻意。不誠実な対応にフロジノーネのフロント陣から怒りの声が上がっていた。 そんな経緯もあり、今回の試合ではホームサポーターからブーイングや野次を浴びる形となっており、同選手はゴールを決めた直後にホームサポーターに向けて「黙れ」というジェスチャーを行い、主審からイエローカードを掲示されていた。 その行為に関しては試合後にデ・ロッシ監督、敵将エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の双方から苦言が呈されていた。 そういったなか、アズムンはすでに後退していた後輩に代わって謝罪を行ったことを明かした。 「なぜ僕がフロジノーネのファンに謝罪したのか? それはハイセンの最初のゴールの後、フロジノーネのファンは彼のセレブレーションに怒っていたからだ」 「フロジノーネのプレーヤーは僕らに理解を示してくれたけど、僕は謝罪したかった。フットボールにおいてリスペクトは最も重要なことだ。僕らは同僚であり、友人であり、ピッチ上では難しいことだけど、お互いを尊重するのは正しいことだ」 また、結果的に3-0の勝利も前半はかなり厳しい内容だった試合に関しては、「特に前半は厳しい試合だった。だけど、ドレッシングルームでスタッフと戦術を変更し、後半は良いプレーができた。ゴールするのが僕の仕事だし、勝利には満足しているよ」と謙虚に振り返っている。 過去の日本代表戦でのMF柴崎岳への張り手によって悪童のイメージが拭えないイランのエースだが、対戦相手やファンへのリスペクトを持つ紳士な部分も持ち合わせているようだ。 2024.02.19 07:45 Mon

アジア杯敗退の検証がおざなりでは/六川亨の日本サッカー見聞録

アジアカップ2023の決勝戦からまだ1週間も経っていないが、すでにずいぶんと昔のような感覚がある。これも日本がベスト8で姿を消したからだろうか。お隣の韓国ではユルゲン・クリンスマンの責任を問う声、解任を求める声が日増しに高くなっていると思っていたら、ソン・フンミンとイ・ガンインがヨルダン戦の前日に仲違いをしたとの報道があった。(※注:クリンスマン監督は16日に解任) 延長戦にもつれたラウンド16のサウジアラビア戦、準々決勝のオーストラリア戦とも2人の活躍があっての勝利だっただけに、チームマネジメントの難しさを改めて痛感させられる出来事だった。 さて日本である。JFAの技術委員会は2月8日に会合を開き、森保一監督の続投を決定した。カタールW杯から1年2ヶ月が経過し、その間の評価を下すにはちょうどいい頃合いだろう。ドイツとトルコには欧州での試合で勝ったし、代表Aマッチの連勝記録も更新した。アジアカップでは残念な結果に終わったものの、試合である以上、勝つときもあれば負けるときもある。森保監督の続投に「ケチ」をつけるつもりはない。 しかしながら、反町康治・技術委員長のズームによる報告だけでアジアカップの総括を済ませたことに違和感を覚える。というか、納得がいかないのだ。そんなに簡単に済ませていい、今回の敗退とは思えないからだ。 ここは森保監督と、山本昌邦TD(テクニカルダイレクター)出席のもと、ベトナム戦の苦戦やイラク戦とイラン戦の敗因などについて説明して欲しかった。 もともと日本はロングボール戦法を苦手とする。そんなことは20年以上前から指摘されていたし、サムライブルーだけでなく、なでしこジャパンの弱点でもある。それを熟知している韓国や、女子ではアメリカ、イングランド、ドイツといったヨーロッパ勢はポゼッション・スタイルではなくキック・アンド・ラッシュを仕掛けて来る。いまさら中東勢がロングボールを多用し、前線に屈強なFWがいてポストプレーを防げなかったのが敗因だとしたら、「何年日本のサッカーの、何を見て来たのか」と言いたくなる。 GK鈴木彩艶の身体能力の凄さは他のGKにはない魅力だし、将来性が豊かなのも理解できる。さらに4月にはカタールでパリ五輪のアジア最終予選もある。経験を積ませたいのはわかるが、それもイラク戦までではなかったか。チームの沈滞ムードを変え、守備陣の負担を軽減する意味でもインドネシア戦からは前川黛也をGKに起用すべきではなかったか。 そして、これも結果論になるが、エイメン・フセインのいるイラクやサルダール・アズムンのイランのように長身FWがいる相手には町田浩樹を含めて3BKを採用するプランはなかったのか。元々ケガを抱えていた板倉滉はイラク戦の終了間際に再び負傷し、インドネシア戦はメンバー外になっている。バーレーン戦まで中6日間あったとはいえ、彼を起用しなければならないほど町田や谷口彰悟、渡辺剛は信頼がおけなかったのか(彼らを起用して負ければ、それはそれで批判されるが)。 それ以外にも、様々な疑問を持った記者がいるだろう。そうした疑問に森保監督と山本TDには直接答えて欲しかったというのが正直な気持ちだし、それはファン・サポーターも同じではないだろうか。 3月にはW杯アジア2次予選が再開され、北朝鮮とのホーム&アウェー戦が控えている。もちろん2試合とも勝利を期待しているが、こうした疑問を抱えたままだと今ひとつスッキリしないというか、森保ジャパンに対して懐疑的な目を向けてしまいがちだ。 北朝鮮戦にGK大迫敬介は間に合うのか。監督批判をした守田英正は再招集されるのか。海外組でCLやEL出場組のコンディションはどうなのかなど、メンバー発表も気になるところである。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2024.02.16 18:35 Fri

3月以降の2026年北中米W杯アジア予選には、空中戦で競り勝てるこの男の起用を!/小川航基(NECナイメンヘン)【新しい景色へ導く期待の選手/vol.32】

ホスト国・カタールの連覇で幕を閉じたアジアカップ2023(カタール)。MVP&得点王に輝いたアクラム・アフィフ(アルサッド)らの華々しい活躍とは対照的に、8強止まりに終わった日本代表はベストイレブンに1人も入らず、停滞感ばかりが色濃く残る形となった。 5試合戦って3勝2敗という結果は森保一監督筆頭に誰もが納得できるはずがない。8失点という信じがたい数字は早急に改善すべき点。イラン戦に象徴される通り、ロングボールを蹴り込まれた時の対応は根本的に見直さないといけないだろう。 大会中に斉藤俊秀コーチが長いボールを蹴り、冨安健洋(アーセナル)や町田浩樹(サン=ジロワーズ)、渡辺剛(ヘンク)、毎熊晟矢(セレッソ大阪)らがヘッドで跳ね返すトレーニングを全体練習後に実施している光景を頻繁に目の当たりにしたが、そういった練習は代表に来て付け焼刃のようにやるべきことではない。日本サッカー界として空中戦対策は今一度、重視して取り組むべきだ。 それと同時に、クロスから確実にゴールを奪える点取屋の存在も重要性が高まったと言っていい。今大会は上田綺世(フェイエノールト)が4ゴールをマークし、エース街道を驀進したが、その彼でさえもイラン戦では屈強なDF陣に苦しんだ。後半開始直後に久保建英(レアル・ソシエダ)の左クロスにフリーで飛び込んだ決定機があり、あの一撃を決めていたら状況も変わっていたが、そういうプレーができるFWが上田1人というのはやはり心もとない。森保監督は人選含めて再考するべきではないか。 他国を見ても、イランのサルダール・アズムン(ローマ)、イラクのアイメン・フセイン(アル・クウワ・アル・ジャウウィーヤ)、韓国のチョ・ギュソン(ミッティラン)のように前線で競り勝てる迫力ある大型FWにハイボールを合わせる形が数多く見られた。韓国がサウジアラビアやオーストラリアに勝った試合では、終盤はまさにサイドからのクロスの応酬で、その迫力に相手も押されていた。つなぎやビルドアップを主体とする日本代表はそういった攻撃パターンは少ないが、イザという時のオプションは持っていたい。3月以降の2026年北中米ワールドカップ(W杯)アジア予選に向けて、高さで勝てるFWに目を向けることが肝要だ。 候補者として、国内でまず名前が挙がるのは大迫勇也(ヴィッセル神戸)。確かに彼ほどの傑出した1トップはそうそう見当たらない。ただ、今年5月に34歳になるうえ、2022年カタールW杯イヤーにケガを繰り返したのを見ると、やはりクラブと代表の掛け持ちは負担が大きい。W杯最終予選の重要局面でピンポイントで呼ぶのはありだが、今は別の人材をトライした方がよさそうだ。 そこでクローズアップされるのが、今季オランダ1部・2ケタゴールを達成した小川航基(NECナイメンヘン)。ご存じの通り、昨夏にようやく欧州移籍を果たし、すぐさまレギュラーを奪取。開幕からゴールを重ね、存在感を高めている大型FWだ。 「アンダー世代から森保さんの選考を見てきて、どういう基準で選ぶのかは分かっている。1試合よかったから呼ぶというのはたぶんない。結果を出し続ければ、いずれチャンスをもらえるのかなと思っています。他のFWには貯金があるし、それを崩すのは簡単なことじゃない。『自分を使いたい』『呼びたい』と思わせる活躍をするべきかなと考えています」 本人はシーズン序盤の9月頭にこうコメントしていたが、そこから継続的に結果を出しているのは間違いない。だからこそ、今の彼には代表入りの権利があるのだ。しかもアジアカップで空中戦に勝てるFWの不在が日本の弱点として浮き彫りになったのだから、このタイミングこそ小川の出番。同じリーグにいる上田よりはるかに数字を残しているのだから、森保監督も納得だろう。3月シリーズは満を持してこの男にお呼びがかかる可能性が高いと見ていい。 ご存じの通り、3月は北朝鮮とのホーム&アウェー2連戦。現時点では3月26日は平壌の金日成スタジアムが会場と決まっていて、相当に難易度の高い試合になるはずだ。2011年11月に同競技場で日本代表が戦った時には度重なる悪環境に苦労し、まさかの敗戦を強いられている。だからこそ、よりタフさと逞しさが求められてくる。 「今は代表に生き残るためなら何でもやる」というくらいの意気込みを持った人間がいなければ、その難局を乗り切れない。そういう意味でも2019年12月のE-1選手権(釜山)から日の丸を背負っていない小川はうってつけ。ガツガツと向かっていくに違いない。 そうやって荒々しい思いを出せる大型FWを森保監督もぜひ使ってほしい。アジアカップで勝てなかった日本代表が再起を図る意味でも、最前線に新たな活力をもたらせる人材は必要不可欠。ここは彼に賭けてみてほしいものである。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 <span class="paragraph-title">【動画】小川航基が海外DFに引けを取らない強烈ヘディング弾でオランダでの二桁達成</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">N.E.C. komt razendsnel op voorsprong! </p>&mdash; ESPN NL (@ESPNnl) <a href="https://twitter.com/ESPNnl/status/1754945530222817420?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.14 17:30 Wed

「イラン国民に謝罪したい」カタールとの打ち合いに敗れ敗退のイラン、指揮官は手のひら返しに「全てがコントロール下にあるわけではない」

イラン代表のアルデシル・アミール・ガレノエイ監督が、カタール代表戦の敗北を振り返った。アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトが伝えた。 日本代表を準々決勝で破ったイラン。最多4度目の優勝を目指して連覇を目指すカタールとの準決勝に臨んだ。 試合は開始4分にサルダール・アズムンのゴールでイランが先制。しかし、前半のうちに逆転を許す展開となってしまう。 後半に入りアリレザ・ジャハンバフシュがPKを決めて早々に追いつくと、逆転するチャンスもありながら攻めあぐね、最終的には失点。2-3で撃ち合いに敗れ、準決勝で敗退となった。 土壇場のPK弾で劇的な日本戦の勝利で優勝への期待が高まった中での敗戦。ガレノエイ監督は「イラン国民に謝罪したい。決勝に進むべきだったが、それはできなかった。選手たちには感謝したい。彼らはこの試合に全力を尽くしてくれた」と謝罪をしつつ、国民に謝罪した。 また、試合内容については悪くなかったが、チャンスを活かせなかったことが問題だったとし、強豪国が敗れていることと似ているとした。 「試合を通して多くのチャンスを逸していたが、後半のパフォーマンスは最高のものの1つだった。後半はCKが8本あったが、これはフットボール。チャンスから何も得ることができなければ、罰せられることになる。それが今日は我々に起きてしまった」 「技術的な面から見れば、とても競争力のある試合ができた。ただ、今大会ではサウジアラビア、韓国、日本など、複数のチームが予期せぬ敗退を経験している」 「この敗北の全責任は私にある。今日はこれまでの人生で経験した中で、最も厳しい日の1つとなった」 また、大きな期待を裏切ってしまったことで多くの批判を受けていることにも言及。ただ、選手たちは国のために全てを捧げたとした。 「4日前、我々が日本に勝ったときは誰もが喜んでいたが、このカタール戦での敗北後、今では誰もが我々を敵視している」 「日本戦と同じフォーメーションを採用し、2名を変更しただけだった。前半はチャンスを見極め、先制点を奪った後は、試合を決定づけるチャンスが何度もあった。ただ、我々はそうできなかった」 「我々の選手たちは海外に拠点を置いているが、彼らは皆、自分の国や国民を代表してトレーニングに専念していた。ただ、フットボールにおいては全てが自分たちのコントロールの範囲内にあるわけではない」 2024.02.08 17:20 Thu
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2024年6月30日 ローマ レバークーゼン レンタル移籍終了
2023年8月26日 レバークーゼン ローマ レンタル移籍
2022年1月30日 ゼニト レバークーゼン 完全移籍
2019年2月1日 ルビン・カザン ゼニト 完全移籍
2017年7月14日 ロストフ ルビン・カザン 完全移籍
2016年7月22日 ルビン・カザン ロストフ 完全移籍
2016年6月30日 ロストフ ルビン・カザン レンタル移籍終了
2015年7月25日 ルビン・カザン ロストフ レンタル移籍
2015年6月30日 ロストフ ルビン・カザン レンタル移籍終了
2015年2月26日 ルビン・カザン ロストフ レンタル移籍
2013年7月1日 Rubin Kazan II ルビン・カザン 完全移籍
2013年1月1日 Sepahan FC U19 Rubin Kazan II 完全移籍
2011年7月1日 Sepahan FC U17 Sepahan FC U19 完全移籍
2010年7月1日 Sepahan FC U17 完全移籍
今季の成績
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント 2 92’ 0 0 0
セリエA 22 549’ 3 4 0
合計 24 641’ 3 4 0
出場試合
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
プレーオフ第1戦 2024年2月15日 vs フェイエノールト ベンチ入り
1 - 1
プレーオフ第2戦 2024年2月22日 vs フェイエノールト ベンチ入り
1 - 1
ラウンド16・1stレグ 2024年3月7日 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン 2′ 0
4 - 0
ラウンド16・2ndレグ 2024年3月14日 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン 90′ 0
1 - 0
準々決勝1stレグ 2024年4月11日 vs ミラン メンバー外
0 - 1
準々決勝2ndレグ 2024年4月18日 vs ミラン ベンチ入り
2 - 1
準決勝1stレグ 2024年5月2日 vs レバークーゼン 11′ 0
0 - 2
準決勝2ndレグ 2024年5月9日 vs レバークーゼン 72′ 0
2 - 2
セリエA
第2節 2023年8月26日 vs ヴェローナ メンバー外
2 - 1
第3節 2023年9月1日 vs ミラン メンバー外
1 - 2
第4節 2023年9月17日 vs エンポリ 7′ 0
7 - 0
第5節 2023年9月24日 vs トリノ ベンチ入り
1 - 1
第6節 2023年9月28日 vs ジェノア 12′ 0
4 - 1
第7節 2023年10月1日 vs フロジノーネ 1′ 0
2 - 0
第8節 2023年10月8日 vs カリアリ ベンチ入り
1 - 4
第9節 2023年10月22日 vs モンツァ 27′ 0
1 - 0
第10節 2023年10月29日 vs インテル 1′ 0
1 - 0
第11節 2023年11月5日 vs レッチェ 17′ 1
2 - 1
第12節 2023年11月12日 vs ラツィオ 8′ 0 87′
0 - 0
第13節 2023年11月26日 vs ウディネーゼ 27′ 0
3 - 1
第14節 2023年12月3日 vs サッスオーロ 45′ 0
1 - 2
第15節 2023年12月10日 vs フィオレンティーナ 37′ 0
1 - 1
第16節 2023年12月17日 vs ボローニャ 27′ 0
2 - 0
第17節 2023年12月23日 vs ナポリ 19′ 0 95′
2 - 0
第18節 2023年12月30日 vs ユベントス 10′ 0
1 - 0
第19節 2024年1月7日 vs アタランタ ベンチ入り
1 - 1
第20節 2024年1月14日 vs ミラン メンバー外
3 - 1
第21節 2024年1月20日 vs ヴェローナ メンバー外
2 - 1
第22節 2024年1月29日 vs サレルニターナ メンバー外
1 - 2
第23節 2024年2月5日 vs カリアリ メンバー外
4 - 0
第24節 2024年2月10日 vs インテル 2′ 0
2 - 4
第25節 2024年2月18日 vs フロジノーネ 90′ 1 76′
0 - 3
第26節 2024年2月26日 vs トリノ 65′ 0
3 - 2
第27節 2024年3月2日 vs モンツァ ベンチ入り
1 - 4
第28節 2024年3月10日 vs フィオレンティーナ ベンチ入り
2 - 2
第29節 2024年3月17日 vs サッスオーロ 4′ 0 89′
1 - 0
第30節 2024年4月1日 vs レッチェ メンバー外
0 - 0
第31節 2024年4月6日 vs ラツィオ メンバー外
1 - 0
第33節 2024年4月22日 vs ボローニャ 38′ 1
1 - 3
第32節 2024年4月25日 vs ウディネーゼ 18′ 0
1 - 2
第34節 2024年4月28日 vs ナポリ 69′ 0
2 - 2
第35節 2024年5月5日 vs ユベントス 22′ 0
1 - 1
第36節 2024年5月12日 vs アタランタ 3′ 0
2 - 1
第37節 2024年5月19日 vs ジェノア ベンチ入り
1 - 0