韓国代表FWが南野拓実のライバルになる可能性? リバプール&シティが注目

2021.11.15 13:33 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウォルバーハンプトンに所属する韓国代表FWファン・ヒチャン(25)の評価が急上昇しているようだ。

今夏RBライプツィヒからレンタル移籍でウォルバーハンプトンへと加入したファン・ヒチャン。初のプレミアリーグ挑戦となったが、ここまで8試合に出場し4ゴールを記録するなど、いきなり結果を残している。

RBライプツィヒでは、公式戦29試合で3ゴール4アシスト。ブンデスリーガでは20試合でノーゴールに終わるなど、ドイツでは輝かなかったが、プレミアでは持ち味を発揮。ウォルバーハンプトンは、来年1月にも完全移籍での獲得を目論んでいるとされている。

しかし、そのファン・ヒチャンに対してはビッグクラブも注目。イギリス『ミラー』によると、リバプールとマンチェスター・シティが関心を示しているようだ。

持ち味の馬力あるプレーはFWとしてだけでなくウイングや中盤でも発揮され、そのパフォーマンスが大きな注目を集める要因となったようだ。

リバプールは、モハメド・サラーサディオ・マネロベルト・フィルミノジオゴ・ジョタと磐石の4名の攻撃陣が控えているが、カバーできる人員であり、競争をもたらせられると関心を寄せているとのこと。シティのジョゼップ・グアルディオラ監督も同様のようだ。

一方で、ウォルバーハンプトンは買い取りオプションが契約についており、来夏ではなくシーズン途中にも前倒しで完全移籍させようとしているようだ。

ファン・ヒチャンといえば、かつてはザルツブルクに在籍し、リバプールに所属する日本代表MF南野拓実と共に攻撃陣を牽引していた。仮にリバプールに来るとなれば、再びチームメイトになるが、南野にとっても競争が激化することとなる。

一時は今冬の放出も噂された南野だが、このところは中盤で途中出場する機会を得ており、ユルゲン・クロップ監督も高く評価していることは間違いない。冬にライバルが到着するかどうか。ファン・ヒチャンの動向にも注目が集まる。


関連ニュース
thumb

「すべてはあの男のおかげ」4冠に挑むリバプール、OBはクロップ監督の功績を絶賛

リバプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏が、古巣を率いるユルゲン・クロップ監督を称賛した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2月にEFLカップ(カラバオカップ)優勝を成し遂げたリバプールは、先週末に行われたチェルシーとのFAカップ決勝を制して2冠目を達成。さらに、その決勝から中2日の17日に行われたプレミアリーグ第37節のサウサンプトン戦では、多くのメンバーを入れ替えながら日本代表FW南野拓実らの活躍もあり2-1での勝利を収めた。これにより、首位マンチェスター・シティと1ポイント差で最終節に望みを繋げることになった。 今月末にはレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝も控えるなど、イギリスのクラブ史上初となる4冠達成の可能性を残すリバプール。キャラガー氏はこうしたチームを作り上げたクロップ監督を絶賛しており、巧みなマネジメント手腕を称えた。 「このチームにはクロップが作り上げた何かがあり、それはスタメンの選手が優れていることだけではない。主力たちはサウサンプトン戦でプレーしなかった。だが、クラブに特別なものがあれば、どんな選手を使っても同じようにプレーしてくれると思えるんだ」 「そうした思いは、リバプールがFAカップをほぼ23歳以下のチームで戦いながら、エバートンを破った数年前から持っている。どんなメンバーであろうと、クラブに一貫しているメンタリティのようなものがある」 「サウサンプトン戦のメンバーも良い選手であるのは理解しているが、彼らが普段試合に出られないのは主軸より劣っているからだ。それでも、クロップがこのクラブで作り上げたものは、彼の期待する水準やメンタリティを備えた選手たちだ」 「言い訳ではないが、昨シーズンは一つのポジションに負傷者が集中してしまい、彼にとって本当に厳しいシーズンだったと思う。さらには新型コロナウイルスで母親を亡くしており、人生で一番辛いシーズンだったと彼は言っていた」 「その後、リバプールは夏に一人の選手(イブラヒマ・コナテ)と契約して、その選手は今夜も先週末も信じられないような活躍をしていた。だからこそ、これまでにないことができるこのポジションにいる」 「リバプールの選手たちは、信じられないほどの称賛に値するだろう。だが、すべてはあの男のおかげなのだ。リバプールは、とてもとても特別な男がクラブの先頭に立っている」 2022.05.18 15:59 Wed
twitterfacebook
thumb

「葬式かと思った」南野拓実のゴール実況にリバプールファン怒り、「アグエロォォォ」でお馴染みの実況者のテンションが話題

リバプールのファンがテレビの実況に激怒している。 17日、リバプールはプレミアリーグ第37節でサウサンプトンと対戦。逆転優勝に望みを繋ぐためには勝利が必要な一戦。負ければ、マンチェスター・シティの優勝が決まるという大一番で、日本代表MF南野拓実は先発出場を果たした。 リバプールの選手としては2020年12月以来、およそ1年半ぶりのリーグ戦先発となった南野。1-0でリードを許した27分に、ジオゴ・ジョタのパスからニアサイドを豪快に撃ち抜くゴールを決めて、同点に追いついた。 FAカップ決勝で120分を戦ってから中2日での一戦に、リバプールはターンオーバーして臨んだ中、12試合ぶりにリーグ戦に出場した南野が決めたゴールに、日本人だけでなく、現地のファンも大きく喜んだ。 しかし、試合の中継をしていたイギリス『スカイ・スポーツ』の名物実況者でもあるマーティン・タイラー氏のテンションに、ファンが怒りを露わにしている。 リーグ優勝の行方も懸かっている大事な試合の担当していたタイラー氏だが、リバプールが追いついた南野のゴール時の実況は「葬式風」と揶揄されるほどテンションの低いものだった。 「1-1、南野は昨シーズンレンタルでプレーしたセント・メリーズに戻り、とても上手い同点ゴールを決めた。南野は喜びを爆発させていません」 負ければ終わるリバプールの同点弾、久々に起用された南野のゴール、さらに古巣相手のゴールということを加味しても、テンションを上げて良さそうなものだが、至って冷静だったという。 一方で、解説を務めたジェイミー・キャラガー氏は「素晴らしい」と叫び、熱量を示したという。 この実況に対してはSNS上でリバプールファンの不満が爆発。「サウサンプトンのゴールとリバプールのゴールの間に、誰かがタイラーを動揺させた?」、「マーティン・タイラーはなぜそんなに落ち込んでいたの?」、「マーティン・タイラーが南野拓実の葬式で朗読しているのかと思ったよ」、「『スカイ・スポーツ』さん、マーティン・タイラーの声を聞かなくて済むように、もっとお金を払ってもいいかい?」と、全く盛り上がらない実況に苛立ちを隠さなかった。 さらに、ドミノピザの公式アカウントも「マーティン・タイラーを少しでも元気づけるために、ピザを届けるにはどうしたらいいだろうか?」と投稿。あまりにものテンションの低さに思わず反応してしまったようだ。 ちなみにこのマーティン・タイラー氏は、10年前にセルヒオ・アグエロの奇跡のゴールでマンチェスター・シティがプレミアリーグで優勝した際の実況を担当しており、「アグエロォォォォォォォ!」と叫んだことで話題となった人物。その点もあり、リバプールファンは許せなかったようだ。 なお、試合はジョエル・マティプのゴールでリバプールが逆転勝利。逆転優勝に望みを繋いだ。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実の圧巻ゴールも「葬式」と揶揄された実況のテンション</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="tiktok-embed" cite="https://www.tiktok.com/@upthefkinreds/video/7098831151862648070" data-video-id="7098831151862648070" style="max-width: 605px;min-width: 325px;" > <section> <a target="_blank" title="@upthefkinreds" href="https://www.tiktok.com/@upthefkinreds">@upthefkinreds</a> <a title="lfc" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/lfc">#lfc</a> <a title="liverpoolfc" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/liverpoolfc">#liverpoolfc</a> <a title="liverpool" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/liverpool">#liverpool</a> <a title="minamino" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/minamino">#minamino</a> <a title="japan" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/japan">#japan</a> <a title="fyp" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/fyp">#fyp</a> <a title="fypシ" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/fyp%E3%82%B7">#fypシ</a> <a target="_blank" title=" original sound - Up The Reds" href="https://www.tiktok.com/music/original-sound-7098831147681598214"> original sound - Up The Reds</a> </section> </blockquote> <script async src="https://www.tiktok.com/embed.js"></script> 2022.05.18 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「力強いフィニッシュ」同点弾の南野拓実に現地も高評価!「チームメイトの邪魔をしたことも一度や二度ではなかった」と注文も忘れず

リバプールの日本代表FW南野拓実に現地メディアも高評価を与えている。 リバプールは17日、プレミアリーグ第37節でサウサンプトンと対戦。先週末に行われたチェルシーとのFAカップ決勝をPK戦の末に勝ち切ったチームは、逆転でのリーグ優勝に望みを繋ぐべく、メンバーを大きく変更してこの一戦に臨んだ。 南野は3トップの一角で先発出場。リバプールの選手としては、2020年12月19日以来、およそ1年半ぶりのプレミアリーグでの先発となった。 試合は、サウサンプトンに先制を許す苦しい展開になるも、1-0とビハインドで迎えた27分、右サイドからジョー・ゴメスがアーリークロス。これをジオゴ・ジョタがボックス内で収め、動き出した南野へパス。ボックス内右で受けた南野が持ち出して右足一閃。これがGKのニアサイドを打ち抜き、同点ゴールを決めた。 なお、試合はその後にジョエル・マティプもゴールを決め、1-2でリバプールが逆転勝利を収めた。 首位マンチェスター・シティとの勝ち点差を1ポイントに縮めたリバプールの選手には軒並み高評価が与えられるなか、イギリス『リバプール・エコー』は南野に7点(10点満点)の評価。「同点に追いつきたい一心で、力強いフィニッシュを決めた」と評価したものの「チームメイトの邪魔をしたことも一度や二度ではなかった」とポジショニングについては改善を要求した。 また、イギリス『90min』も7点(10点満点)の採点とともに「前半は力強くフィニッシュ。常にハードワークし、何度もいいタッチをしていた」と評価した。 この得点で今シーズンのゴール数を「10」まで伸ばし、二桁に到達させた南野。限られた出場機会の中でしっかりと結果を残している。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実の強烈フィニッシュをもう一度…!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="jJTirxFriW4";var video_start = 229;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.18 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

「決勝にさえ行けてない」クラブOBが限られた出番での南野拓実の活躍に賛辞「クラブのためにしっかりとやってくれている」

かつてリバプールでプレーしたOBのジョン・オルドリッジ氏が、日本代表MF南野拓実の貢献を称賛した。 今シーズンはここまで公式戦24試合に出場し10ゴール1アシストを記録している南野。プレミアリーグでは17日のサウサンプトン戦に12試合ぶりに出場すると、値千金の同点ゴールを記録。チームの勝利に貢献していた。 その南野は、主にカップ戦要員としてプレー。EFLカップ(カラバオカップ)では、5試合に出場し4ゴール1アシストを記録。しかし、タイトルがかかった決勝戦ではベンチ入りも起用されずに終わり、チームは優勝を果たしていた。 さらにFAカップでも4試合に出場し3ゴールを記録していた南野だったが、準決勝のマンチェスター・シティ戦以降はメンバー外。チームはカップ2冠を達成したが、その瞬間に南野は立ち会えなかった。 FAカップ優勝後、イギリス『リバプール・エコー』のコラムにて、オルドリッジ氏は南野について言及。最後に出番を得られなかったものの、南野の働きがなければタイトル獲得は有り得なかったとした。 「南野拓実も言及に値する。彼は今シーズンに大きく関与している。彼がいなければ、リバプールはおそらくFAカップ決勝にすら出場できなかっただろう。彼はメダルに値する」 「ただ、彼は決勝には出場しなかった。でも、彼がいなければ、我々はそこに辿り着くことさえできなかったはずだ」 「彼がシーズンの終わりに残るのか、出ていくかに関わらず、クラブのためにしっかりとやってくれている」 オルドリッジ氏の指摘通り、EFLカップではリバプールは準々決勝のレスター・シティ戦で95分に南野のゴールデなんとか追いつき、PK戦で勝ち上がっている。FAカップでも、5回戦ののリッジ・シティ戦では南野の2ゴールがあり、2-1で勝利している状況だった。 ユルゲン・クロップ監督もFAカップのメダルを挙げるためにイングランドサッカー協会(FA)へかけあうとしていたが、逆転優勝を目指すプレミアリーグでも、久々の試合出場ながら大事なゴールを決めてチームを救っている南野。残り契約は2年ある中で、今夏の移籍が取り沙汰されているが、勝負強さ、大事な試合で結果を残すところは、多くのリバプール関係者に伝わっているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】カップ戦に続いてリーグ戦でもチームを救った南野拓実の圧巻ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="jJTirxFriW4";var video_start = 229;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.18 11:35 Wed
twitterfacebook
thumb

副将ミルナー、チーム力を誇る 「全員がどれだけ準備できているかわかる」

リバプールの元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーがチーム力を誇った。クラブ公式サイトが伝えている。 先週末に行われたFAカップ決勝をPK戦の末に制したリバプール。17日に行われたプレミアリーグ第37節のサウサンプトン戦ではFAカップ決勝から中2日とだけあって先発9人を入れ替えての一戦だったが、13分に先制点を許した展開からFW南野拓実の豪快なシュートで前半のうちに追いつくと、後半にセットプレーからDFジョエル・マティプのゴールで逆転し、2-1で勝利した。 首位のマンチェスター・シティとの勝ち点差を「1」に縮め、最終節での逆転優勝に望みをつないだ一戦にアンカーから右サイドバックにポジションを移すなどして勝利に大きく貢献したミルナーはチームを称賛。多くの選手がサブメンバーでありながら、求められるパフォーマンスを発揮したと誇った。 「選手たちは信じられないほど素晴らしいよ。普段あまりプレーしていない選手たちだが、毎日のトレーニングを見て欲しいね。レベルの高さに驚くはずだ。そして彼らはステップアップが必要なら、それができるのはわかってもらえただろう。ここにあるのは特別な選手たちであり、特別なクラブなんだ」 「(今日の結果は)多くを物語っている。たとえプレー時間が短くても、皆がどれだけ準備できているかわかる。毎日のトレーニングでの強度と意欲は特別なものだ。そしてそれは、監督や選手たちの姿勢など、トップから始まっているものでもある」 「週末に味わった感情やどれだけエネルギーを注いだか考えれば、直後にここへ来て1点差で負けたとしても言い訳は簡単だったと思う。でもチームは言い訳せず、ただひたすらプッシュし続けた」 「正直に言って、(サイドバックへのポジション移動は)世界一好きなことではない。でも、必要だった。ジョーは足首を痛め、プレーを続けられなかったからね。ジョーは今シーズンも素晴らしいプレーを見せてくれたから、無事を願っている。今日は出場した選手全員が、またも素晴らしいチームパフォーマンスを見せてくれた」 また、ミルナーは最終節まで続くことになったタイトル争いにも言及。自力優勝の可能性はない以上、最後まで首位シティにプレッシャーをかけるしかないと語った。 「自分たちの試合に勝つこと、それしかない、1月に、シティに大きく離されたとき精神的にリセットしたんだ。それ以来、僕たちは本当にプッシュしている。今季何が起ころうと、誇りに思えるチームだ。シティのようなトップチームを相手にするのだから、僕らにできることは試合に勝つこと、最後までプレッシャーをかけ続けることだね」 2022.05.18 10:58 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly