イタリア代表でメンバー変更! ザッパコスタが追加招集

2021.11.14 01:17 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリアサッカー連盟(FIGC)は13日、15日の北アイルランド代表戦に向け、イタリア代表のメンバー変更を発表した。

今回発表されたリリースによると、DFダビデ・カラブリア(ミラン)が右ふくらはぎの負傷、DFクリスティアン・ビラギ(フィオレンティーナ)が個人的な理由で代表を離脱。代わってDFダビデ・ザッパコスタ(アタランタ)が追加招集となっている。

また、同試合に向けては筋肉疲労を理由にDFアレッサンドロ・バストーニ(インテル)がすでに離脱しており、DFジャン・マルコ・フェッラーリ(サッスオーロ)が追加招集されている。

カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選でグループCに属するイタリアは、直近の2位スイス代表との首位攻防戦を1-1のドローで終えて首位キープに成功。そして、15日の最終戦では本大会出場を懸けて北アイルランドとアウェイで対戦する。


関連ニュース
thumb

ケアンがPSMでまたも規律違反、ユーベは買い取り即転売を望むも…

ユベントスがイタリア代表FWモイゼ・ケアン(22)の売却を望んでいるようだ。イタリア『トゥット・スポルト』が伝えている。 ユベントス下部組織出身のケアンは、昨夏にエバートンから買い取り義務付きの2年レンタルで復帰。ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの穴埋めが期待されたが、公式戦44試合の出場でわずか6得点にとどまった。 加えて素行にも問題が。過去にもイタリア代表やエバートンで遅刻を繰り返し、各監督から大目玉を喰らっていたケアンは、7日に開催されたプレシーズンマッチのアトレティコ・マドリー戦にも遅刻し、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は試合に出場させなかった。 現状ではもはや不良債権と化してしまっているケアンだが、上述したようにユベントスは来夏、2800万ユーロ(約39億円)で買い取らなければならない。新シーズンに活躍してくれればそれに越したことはないが、『トゥット・スポルト』は今夏中に買い取って売却先を見つけることが理想的なシナリオだと主張している。 しかし、今のところ獲得に興味を示すクラブは現れていないという。先日のバルセロナ戦では2ゴールの活躍を見せた22歳だが、今後の去就はいかに。 2022.08.10 17:09 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリの伊代表GKメレト、スペツィアへのレンタル移籍が目前に

ナポリのイタリア代表GKアレックス・メレト(25)が、スペツィアへのレンタル移籍まであと一歩となっているようだ。 2018年夏にウディネーゼからナポリへ加入したメレト。コロンビア代表GKダビド・オスピナとポジション争いを繰り広げ、イタリア代表に定着するまでに成長を遂げた。しかし、昨季はオスピナに定位置を譲り、自身はナポリで自己最低となるセリエA7試合の出場にとどまった。 今夏はオスピナが契約満了で退団。メレトが1番手に昇格ではとも目されたが、その一方で、ナポリはチェルシーからスペイン代表GKケパ・アリサバラガ(27)のレンタル獲得が近づいていると報じられている。 そんななか、イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、ナポリとスペツィアはここ数日の間に交渉を加速。ナポリは、メレトとの契約を2024年まで1年延長した上で、スペツィアへの1年レンタルを許可したとみられている。 一方のスペツィアは、昨季のセリエA31試合でゴールマウスを守った元U-21イタリア代表GKイバン・プロベデル(28)が、ラツィオへの移籍に接近。新たな守護神としてメレトを迎え入れるようだ。 なお、ナポリはセリエBに降格したジェノアからイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(35)の獲得を目指していたが、同選手はフェネルバフチェへの移籍に近づいているとのことだ。 2022.08.04 14:33 Thu
twitterfacebook
thumb

アタランタ行き濃厚のインテルFWピナモンティ、サッスオーロが急襲か

インテルのイタリア代表FWアンドレア・ピナモンティ(23)にサッスオーロ移籍の可能性が浮上しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ピナモンティはインテル下部組織出身のストライカー。フロジノーネやジェノアへのレンタル移籍を経て、昨季はエンポリで1年間プレー。セリエA36試合に出場し、13得点2アシストを記録した。 今夏はインテルに復帰も売却が既定路線。昇格組モンツァやサレルニターナなどが獲得に名乗りを挙げるなか、選手本人はアタランタ行きを希望し、その他のクラブへの移籍は視野に入れていないとみられている。 しかし、ここにきてサッスオーロが移籍先候補として急浮上。同クラブは昨季セリエA16得点のエース、イタリア代表FWジャンルカ・スカマッカ(23)をウェストハムに売却し、同代表FWジャコモ・ラスパドーリ(22)にもユベントスやナポリから触手が伸びている状況だ。 サッスオーロは、そのラスパドーリを手放した場合の代役の1人としてピナモンティをリストアップ。インテルが要求する2000万ユーロ(約27億円)は、2選手の売却による捻出が見込まれている。なお、買い戻しオプションの付帯は許可しない姿勢のようだ。 一方のアタランタの提示額は、ボーナスを含めて最大1500万ユーロ(約20億2000万円)。獲得には自信を持っているとのことだが、今後の動向次第ではサッスオーロが逆転する可能性もあり得ると考えられている。 2022.08.03 14:37 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ本命の伊代表FWラスパドーリ、ユーベも争奪戦に名乗りか

サッスオーロのイタリア代表FWジャコモ・ラスパドーリ(22)を巡り、ナポリとユベントスによる争奪戦が展開されるかもしれない。イタリア『TuttoMercatoWeb』などが伝えている。 ラスパドーリはサッスオーロの下部組織出身。ファーストチーム昇格後は着実に序列を高め、2021-22シーズンはセリエA36試合に出場し、10得点6アシストを記録。才能溢れる若きタレントが多いチームの中でも、際立った存在感を見せつけた。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ナポリはラスパドーリ本人との合意を取りつけており、あとはクラブ間合意を残すのみとのこと。サッスオーロに対して2500~3000万ユーロ(約33億8000万~40億円)+アドオンのオファーを提示したとみられている。 だが、ここにきてユベントスも参戦するとの見方が浮上。ユベントスは現アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(29)を返却したことで、新たな選択肢の1人として、ラスパドーリを検討しているようだ。 ラスパドーリはナポリにとって本命のアタッカー。ユベントスの急襲を防ぐために、一刻もはやくクラブ間合意まで漕ぎ着けたいところだ。 2022.08.01 15:10 Mon
twitterfacebook
thumb

アヤックスがクラブ史上初のイタリア人獲得へ、201cmの超大型FWルッカ

アヤックスが、ピサのU-21イタリア代表FWロレンツォ・ルッカ(21)獲得に近づいているようだ。実現すれば、クラブ史上初のイタリア人選手となる。 ルッカは身長201cmを誇る超大型ストライカー。2020-21シーズンにセリエCのパレルモで頭角を表すと、昨夏にピサへと加入し、セリエBで30試合6得点4アシストを記録した。 イタリア『スカイ・スポーツ』によると、ボローニャ行きが既定路線だったルッカだが、ここ数日でアヤックスが逆転。ボーナス込み1200万ユーロ(約16億3000万円)の買い取りオプションが付帯した1年レンタルで合意に至ったと見られている。 過去にエールディビジ(オランダ1部)でプレーしたイタリア人選手は12人しかおらず、著名な選手では、フェイエノールトで脅威的なペースで得点を量産した元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレや、先日ウェストハムに移籍したイタリア代表FWジャンルカ・スカマッカなどが挙げられる。 だが、イタリア人がアヤックスでプレーした前例はないとのことで、ルッカの去就は歴史的な意味でも注目されている。 2022.07.29 22:13 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly