スパーズ、ベルギーの新星デ・ケテラエルに関心

2021.11.14 01:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
トッテナムがクラブ・ブルージュに所属するベルギー代表FWチャールズ・デ・ケテラエル(20)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。

アントニオ・コンテ新監督の下、巻き返しを図るトッテナムは、イングランド代表FWハリー・ケインのバックアップを担う新ストライカーの獲得を目指している。

現時点ではフィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチの獲得の可能性が報じられているが、新たな候補の一人としてベルギーの新星に興味を示している模様だ。
ブルージュの下部組織出身のデ・ケテラエルは2019年にトップチームデビュー。昨シーズンに大幅に出場機会を増やしてブレイクを果たすと、今シーズンはここまで公式戦19試合に出場し、5ゴール4アシストを記録。さらに、昨年11月にデビューを飾ったベルギー代表では先月行われたUEFAネーションズリーグ・ファイナルズのイタリア代表との3位決定戦で初ゴールも挙げていた。

192cmのレフティーは、トップ下を主戦場にセンターフォワード、ウイングでもプレー可能な万能型アタッカーで、チェルシーのドイツ代表MFカイ・ハヴァーツに近いプレースタイルを持つ。

サイズを感じさせない敏捷性を生かした個での打開、正確なラストパスという司令塔としての特質。質の高いオフ・ザ・ボールの動き出し、懐深いボールキープとセンターフォワードとしての特質も兼ね備えており、課題の決定力に磨きをかければ、ストライカーとしての覚醒も期待される大器だ。

現時点ではナポリやミランといったセリエA勢に加え、マンチェスター・シティ、エバートン、ウェストハムといったプレミア勢からの関心も伝えられるが、トッテナム行きは実現するのか。

関連ニュース
thumb

イングランドが3選手不参加を明らかに…ポープの代わりにフォースターを追加招集

イングランドサッカー協会(FA)は20日、選手変更を発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)後もガレス・サウスゲイト政権継続が決まり、ユーロ2024の本戦出場を目指すイングランド。16日にメンバーを公表したが、ニューカッスル・ユナイテッドGKニック・ポープ、チェルシーMFメイソン・マウント、マンチェスター・ユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォードが負傷不参加の運びとなった。 チェルシーで欠場が続くマウントに関してもケガが理由だが、所属先でのリハビリ継続のため、代表合流を見送る形に。現時点で追加招集されたのは所属先のトッテナムで負傷離脱のGKウーゴ・ロリスに代わってゴールマウスを守るGKフレイザー・フォースターだけで、マウントとラッシュフォードの代替選手は現時点で呼ばれていない。 20日に23選手が集結したイングランドは23日にイタリア代表とのアウェイ戦に臨み、続く26日にウクライナ代表をホームに迎え撃つ。 2023.03.21 08:55 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナムが内部崩壊の危機に? 選手たちはコンテ監督解任を希望か

トッテナムの選手たちはアントニオ・コンテ監督(53)の解任を望んでいるようだ。 チャンピオンズリーグ(CL)はラウンド16で敗退し、プレミアリーグでもトップ4争いに巻き込まれるトッテナム。18日に行われたプレミアリーグ第28節のサウサンプトン戦でも敵地で2点をリードしながら守備が緩み、3-3のドローに終わった。 この試合後、コンテ監督の選手たちに対する不満が爆発。会見で「私欲のためだけにプレーしている」「プレッシャーに晒される状況を嫌がる選手ばかり」「常に言い訳ばかりでうんざりだ」などと怒りをぶちまけており、ファンやメディアを騒然とさせた。 こうした発言についてクラブ首脳陣がどのようなリアクションをとるか注目される中、イギリス『サン』によると、選手たちはコンテ監督に「NO」を突きつける構えのようだ。チームにはメディアの前で公然と自分たちに刃を向けてきた指揮官への失望が広がっており、クラブに対して毅然とした対応を望んでいるという。 選手たちの中には、このインターナショナルマッチウィーク中のコンテ解任を望む声もある模様。いずれにしても、今夏で満了を迎えるコンテ監督との契約延長は絶望的となり、エースであるハリー・ケインの去就も含めクラブを取り巻く環境は厳しさを増している。 2023.03.20 16:16 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ指揮官コンテ、怒りをぶちまける 「自分勝手な、助け合おうとしない、心なしの選手が目につく」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が選手、クラブに怒りをぶちまけた。イギリス『メトロ』が報じている。 18日のプレミアリーグ第28節でサウサンプトンとのアウェイ戦に臨み、3-3のドローに終わったトッテナム。後半早々に追いつかれてから、2点リードまで持っていったが、よもやの2失点で勝ち星を逃した。 勝てば暫定ながら3位浮上だったが、そのチャンスも逸して、代表ウィークに入る結果に。コンテ監督も最下位に沈む相手に勝てた試合を落とした憤りから、ここぞとばかりに根付くという悪い部分を咎めた。 「PKの議論するのは他の状況に目を背けるということになる。私からすると、あのPKはPKではなかった。最悪の状況はピッチ上で起こっていることだ。ここ数カ月で起きていること、私の2年目となるシーズンで起きていることだ」 「今が話すべきタイミングだ。あのパフォーマンスは私からして、容赦しがたいものだから。3-1でリードし、コントロールしているというのに、2失点してリスクを負った。しかも、フレイザーの素晴らしいセーブもあったのにだ」 「今が問題に踏み込むべきだと思う。チームになり切れていないのをまたも晒してしまったのだから。我々はピッチに立つ11人の選手なんだ。自分勝手な選手、助け合おうとしない選手、心がこもっていない選手が目につく」 「今日に至るまでこの状況を隠そうとし、話そうとし、言葉で精神や、状況を改善しようとした。だが、戦術も、技術は1つの状況にすぎない。強いチームになりたいなら、競争力を高めたいなら、勝つために戦いたいなら、最も大事なのは貪欲さと目や心にある炎だ」 「どんなときも、それを示し続ける必要がある。今季と昨季を比較するとしたら、その面は改善どころか、悪くなっていっている。チームになれない以上、あらゆる瞬間で何が起こるかわからない。今日はその最新状況だ」 「FAカップで若手で戦ったシェフィールド・ユナイテッドに負けたのも忘れてはならない。我々は強いチームで臨み、FAカップから脱落したんだ」 「多くの部分で改善がなっていない。戦術や技術の面で言っているのではなく、チームとしてのところだ。バッジのためにプレーしているのを理解する必要がある」 「ファンに胸を張ってもらえるようなプレーをしないと。貪欲さを示すためにプレーしないといけない。勝つために目を輝かせるんだ。であれば、FAカップで負けたりもなかったはず。今日だって勝てただろう」 「我々は長くこういう状況に浸かってしまっている。移籍市場の責任はクラブにあり、ここにいたすべての監督にもある。だが、選手はどうか」 「私の経験から言わせてもらうと、競争力を持ちたいなら、戦いたいなら、改めないといけない。そして、今、この瞬間、その点は非常に低い。私の目には私欲のためだけにプレーする11人の選手が映っている」 「(私の不確かな将来が影響?) そんなのアリバイ探しでしかない。もうひとつのアリバイをね。選手たちの言い訳をだ。それで結構だし、このまま言い訳を探し続ければ良い」 「言い訳、言い訳、言い訳ばかりだ。毎回、選手を守ろうとする。いい加減にしてくれ。我々はプロだ。私も、選手もクラブから多額をもらっている。言い訳を探し、精神を欠き、責任感を持たないのはダメだ」 「私からすれば、受け入れがたいもので、こんな状況もキャリアで初めてだ」 「(なぜこういう状況に? )選手がこういうのに慣れているからだ。彼らは大事なもののためにプレーしているわけではない。選手はプレッシャーに晒されてのプレーを嫌っている。そっちの方が楽だしね」 「そして、トッテナムのストーリーはこうだ。20年間もオーナーがいて、一度も優勝がない。なぜか? クラブだけが悪いのか、それともここにいたすべての監督が悪いのか?」 「私はトッテナムの歴代監督を目にしている。監督としての威厳を崩して、他の状況を守ろうとすると、あらゆる瞬間もリスクが孕むものだ」 「今までは公にしてこなかったが、今はもう違う。今日の光景は受け入れがたいものだから。ファンからしてもそうだ。彼らはチケットを勝ってまであんなパフォーマンスを見せられている。我々はこのこともよく考えないといけない」 「私は目や心の奥にある火を見たい。正しいスピリットね。トレーニングだけでなく、ピッチの上でも。違いを出さなければならないのに、見ていないのだから」 「今まではひた隠しにしようとしたが、もう10試合しか残っていないのに、まだやれると思っている人がいるようだから、言わせてもらう」 「あのような精神、あのような戦う姿勢、あのようなコミットメントで、何を目指して戦うのか? 7位か? 8位か? 私はこんな状況を経験したことがなく、非常に動揺している」 トッテナムとの契約が今季最終年という状況から、去就も注目されるなか、クラブのありとあらゆる方向に不満をぶつけたコンテ監督。途中解任も現実味を帯びそうな発言だが、クラブ首脳陣のリアクションやいかに。 2023.03.19 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズが最下位セインツに2度のリード守れず痛恨ドロー…ポロとペリシッチに初ゴールも土壇場PK被弾に《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第28節、サウサンプトンvsトッテナムが18日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、3-3のドローに終わった。 暫定ながら4位を維持するトッテナムは、最下位のサウサンプトン相手に連勝を狙った。約10日間でFAカップ、チャンピオンズリーグと2つのコンペティション敗退を経験したスパーズだが、前節はノッティンガム・フォレスト相手にケインとソン・フンミンの両エースのゴールで3-1と快勝。公式戦4試合ぶりの白星を手にした。 中6日と休養十分で敵地へ乗り込んだコンテのチームは前節と全く同じスタメンを採用。古巣初対戦のGKフォースター、前線はリシャルリソン、ケイン、ソン・フンミンのトリデンテとなった。 立ち上がりから主導権争いが続く中、互いに早い時間帯に決定機を作り合う。まずは2分、ペドロ・ポロからの絶妙なフィードに抜け出したソン・フンミンがボックス左からダイレクトシュートを狙うが、これは枠を捉え切れない。その直後にはセインツが左サイドを崩してスチュアート・アームストロング、ウォード=プラウズと連続シュートに持ち込むが、ゴール前でのブロックに阻まれる。 ここから一気に攻防が白熱するかに思われたが、両チームにアクシデントが発生。トッテナムはウォームアップ中から筋肉系に問題を抱えていたリシャルリソン、セインツは競り合いの場面で左肘を脱臼したか、ベラ=コチャプがプレー続行不可能となり、それぞれクルゼフスキ、サリスが試合開始10分経たないうちにスクランブル投入となった。 しばしの中断の後、仕切り直しとなった一戦は再び中盤での主導権争いが続く。トッテナムは右サイドで浮く場面が多いペドロ・ポロを起点に攻め手を窺う。そのポロがカットインからの左足シュート、クルゼフスキのボックス内への侵入などで良い形を作り出す。 その後、30分過ぎにはセインツのベドナレクが脇腹、トッテナムのベン・デイビスが右ハムストリングを痛めてプレー続行不可能に。これを受け、メイトランド=ナイルズ、ペリシッチがピッチへ送り出される。 一連のアクシデントで前半アディショナルタイムは7分の長丁場となると、終盤に押し込む形を作り出していたアウェイチームがゴールをこじ開けた。前半アディショナルタイム1分、相手陣内左のハーフスペースで縦パスを引き出したソン・フンミンがボックス右にフリーで走り込むポロへ絶妙な斜めのスルーパスを通すと、スペイン代表DFは強烈な右足シュートをニア天井に突き刺し、前節の初アシストに続き加入後初ゴールとした。 トッテナムの1点リードで折り返した試合だが、前半終盤に攻勢を仕掛けていたセインツが後半開始直後に追いつく。46分、ラヴィアからの縦パスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出した右サイドのウォルコットからの正確なグラウンダークロスに反応したアダムスがワンタッチで押し込んだ。 拙い後半の入りで追いつかれた上、以降もホームチームの勢いに晒されるトッテナム。だが、一旦試合を落ち着かせることに成功すると、カウンターの形から決定機まで持ち込んでいく。 すると、65分には右サイドでの繋ぎからカットインで左足に持ち替えたクルゼフスキが正確なクロスを供給。これを急造センターバックのメイトランド=ナイルズに難なく競り勝ったケインが左隅へヘディングシュートを流し込み、勝ち越しに成功した。 さらに、サウサンプトンが3枚替えを敢行して勝負に出た直後の74分には右CKの二次攻撃から再び右サイドのクルゼフスキが正確な左足のクロスを上げると、ファーで競り勝ったロメロが頭でマイナスに落とす。これをペリシッチがピッチへ叩きつける左足ボレーで合わせ、ポロに続いて待望の加入後初ゴールとした。 これで試合は完全に決着かに思われたが、失点直後の77分には右CKの二次攻撃からウォード=プラウズの右クロスをマーラが頭で折り返したボールをウォルコットが押し込んですぐさま点差を1点に縮めるセインツ。 その後、試合は一進一退の攻防のまま最終盤に突入する。逃げ切りを図るトッテナムは、クルゼフスキとポロを下げてパプ・サール、エメルソンと守備的な選手を投入するが、結果的にこの交代策が裏目に出た。 90分、セインツのセットプレーの流れからボックス内でルーズボールに反応したメイトランド=ナイルズをサールがアフターの形で蹴ってしまう。接触自体はかなり微妙ではあったものの、このプレーに対してPKが与えられる。これをキッカーのウォード=プラウズがゴール右上隅に蹴り込んだ。 a これで3-3のイーブンとなり、慌てて勝ち越しゴールを目指したトッテナムは試合終了間際にペリシッチのクロスからゴール前のラングレに決定機もダイビングヘッドは枠の左に外れた。 この結果、最下位セインツに粘られて2度のリードを守り切れなかったトッテナムは、暫定4位をキープしたものの、トップ4フィニッシュへ向けて痛恨の勝ち点逸となった。 2023.03.19 02:21 Sun
twitterfacebook
thumb

「可愛すぎ」「おめでとう」トッテナムFW岩渕真奈が30歳のバースデー、なでしこの先輩たちも反応「ぶっち30代。最高」

トッテナムのなでしこジャパンFW岩渕真奈が30歳の誕生日を報告した。 2011年に女子ワールドカップ(W杯)を制したメンバーの1人で、現在もなでしこジャパンでプレーする岩渕。アーセナルでプレーしていた中、出番が限られていたこともあり同じノースロンドンのトッテナムへとレンタル移籍している。 今シーズンのFA女子スーパーリーグ(FAWSL)では8試合で1アシストを記録。ただ、チーム状態は芳しくなく、9連敗の末にレハン・スキナー監督が13日に解任されていた。 そんな中、岩渕は3月18日にバースデー。30代の仲間入りを果たしたことをインスタグラムで報告した。 「ワオ!30歳になりました!みなさんありがとうございます」 「ちょうど30歳です。自分らしさを貫くだけです」 「30歳になりました」 W杯を制したのは19歳の時。そして30歳で再び女子W杯を迎える。 投稿された写真はボールに頭を乗せて満面の笑顔を見せている岩渕。30歳になっても、まだまだサッカーを楽しめそうだ。 この投稿には、なでしこジャパンでチームメイトだった川澄奈穂美(NJ/NY ゴッサム)が「ぶちお誕生日おめでとう」、近賀ゆかり(サンフレッチェ広島レジーナ)が「おめでとう。ぶっち30代。最高」と、かわいい後輩の誕生日を祝った。 国内外のファンからも「おめでとう」のコメントが集まり、投稿した写真にも「可愛すぎ」、「最高の1年になるように」、「応援している」とコメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】30歳になった岩渕真奈、ボールと共に満面の笑み</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cp7ZaVLPpwv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cp7ZaVLPpwv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cp7ZaVLPpwv/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">岩渕真奈/Mana Iwabuchi(@iwabuchi.m_jp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.03.18 21:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly