C・ロナウドは「トップ5に入らない」、カッサーノ氏が最高のサッカー選手5名を挙げる

2021.10.19 12:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
いつの時代も議論が止まらないのが最高のサッカー選手。これまで数々のスター選手が活躍し、各々の主張がある。

現代サッカー界では長年にわたってトップを走り続けている、パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、そしてマンチェスター・ユナイテッドでプレーするFWクリスティアーノ・ロナウドの名前が挙げられるだろう。

そんな中、元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ氏が、元同僚のクリスティアン・ヴィエリ氏のTwitchチャンネル『BOBO TV』で言及したとスペイン『アス』が伝えた。C・ロナウドに対して辛辣な言葉を残した。

「彼はトップ5に入っていない。私にとって、メッシ、ペレ、マラドーナ、クライフ、“フェノメノ”ロナウドは別のレベルにある」

C・ロナウドは、ポルトガル代表でも182試合に出場し115ゴールと世界記録を保持。クラブレベルでも通算679ゴールを記録し、屈指のゴールスコアラーとして活躍。バロンドールも5度獲得し、チャンピオンズリーグで5度の優勝など多くのタイトルを獲得している。

しかし、カッサーノ氏にとってはC・ロナウドは眼中にない様子。サッカー史に名を残すペレ氏、ディエゴ・マラドーナ氏、ヨハン・クライフ氏に加え、ライバルのメッシ、そして元ブラジル代表FWロナウドと、数字以外の部分を大きく重視しているようだ。

また、この配信の中では新世代のゴールマシーンでもあるドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドについても言及。どこに移籍するのかについてカッサーノ氏はバイエルンを挙げた。

「気をつけろ。『バイエルンはハーランドとの契約を望んでいる』と言われたことがある。そしてまた、マドリーがレヴァンドフスキをここ2、3年欲しがっていることもある。それは私にとっては理に適っている」

一方で、ヴィエリ氏はレアル・マドリーに行くと聞いていると主張。何れにしても、この先のキャリアは注目を集めることになるだろう。

「とは言え、ハーランドはマドリーに100%行くと言われている。そう言われているけど、本当かどうかは分からないね」



1 2

関連ニュース
thumb

ユナイテッド暫定指揮のキャリック、逆転勝利を置き土産に退団…ラングニック新体制に残らず

マンチェスター・ユナイテッドが2日、アシスタントコーチを務めるマイケル・キャリック氏(40)の退団を発表した。 キャリック氏は現役時代の2006年夏にトッテナムから加わり、2017-18シーズン限りで引退。それからもユナイテッドにとどまり、指導者に転身すると、オーレ・グンナー・スールシャール前体制のコーチスタッフに入閣した。 今季もコーチとして従事したが、先月にスールシャール監督が解任され、暫定指揮官に。チャンピオンズリーグ(CL)のビジャレアル戦、プレミアリーグのチェルシー戦、そして2日のアーセナル戦と公式戦3試合で指揮を振るった。 チェルシー戦こそ1-1のドローに終わったが、続くアーセナル戦で3-2の逆転勝利。監督就任が決定済みのラルフ・ランゲニック氏もスタンド観戦するなか、大一番を制したキャリック氏だが、退団を決心しての指揮だったようだ。 労働許可書の取得を済ませ、次戦のクリスタル・パレス戦から指揮を執るラングニック新監督に良い流れでバトンを受け渡し、現役時代を含めて15年間を過ごしたユナイテッドを去る決断を下したキャリック氏。別れの挨拶をした。 「この偉大なクラブでの時間は私のキャリアにとっても常に最高の年月として位置づけられることだろう。15年以上も前に契約したとき、これほど多くのトロフィーを掲げられるなんて夢にも思っていなかった。選手としても、コーチとしても、このファンタスティックな思い出を決して忘れない」 「しかし、考えに考え抜いた結果、今こそがこのクラブを去るのに適したタイミングだと決断した。選手全員はもちろん、バックルームのスタッフにも感謝している。このような素晴らしいグループと長く仕事をともにするのは本当に楽しく、末永い友情も築けた」 「私は今も、そしてこれからもマンチェスター・ユナイテッドのファンであり、できる限り多くの試合を観戦したい。ラルフ、スタッフ、選手、そしてファンの今後の活躍を祈るとともに、いちファンとしてスタンドから彼らを応援することを楽しみにしている」 2021.12.03 09:10 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:マンチェスター・ユナイテッド 3-2 アーセナル《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第14節、マンチェスター・ユナイテッドvsアーセナルが2日にオールド・トラッフォードで行われ、ホームのユナイテッドが3-2で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽マンチェスター・ユナイテッド採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211203_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 デ・ヘア 5.5 1失点目は味方との交錯という珍しい形での失点に。複数失点を喫したが、後半に相手の決定的なシュートを冷静に防いだ   DF 20 ダロト 6.5 2点目の起点となるスルーパスを供給。ワン=ビサカの負傷で急遽出番を得た中、持ち味の推進力と攻撃センスに加え、守備でも気迫を見せた   2 リンデロフ 6.0 チームは2失点を喫したが、個人としてはチェルシー戦同様に要所を締める守備で最終ラインを締めた   5 マグワイア 6.0 サスペンション明けで気合の入ったパフォーマンスを披露。積極的に前に出る守備でチームのカウンタープレスを機能させた。要所で見せた対角上のフィードも良いアクセントに   27 テレス 6.0 攻撃ではなかなか良さを出し切れなかったが、キレ味を見せたマルティネッリに対して粘りの守備を見せた   MF 10 ラッシュフォード 6.0 不得手な右サイドでのプレーとなり、自身にとってやり易い試合ではなかったが、C・ロナウドのゴールをアシスト。守備でも新指揮官の前で求められた水準の仕事はこなした   (→リンガード 5.5) 試合の入りから強度を意識して逃げ切りに貢献   39 マクトミネイ 6.0 チェルシー戦に続きフレッジと共に強度の高い守備で相手に流れを渡さず。トーマスらとのデュエルをことごとく制した   18 ブルーノ・フェルナンデス 6.5 見事な決定力で貴重な時間帯に同点ゴールを記録。チェルシー戦からきっちり状態を上げてきて攻撃の起点として普段通りの存在感を示した   (→ファン・デ・ベーク -)   17 フレッジ 6.5 1失点目は不運な形でデ・ヘアを妨害してしまったが、それを補って余りある1アシストにPK奪取。ハードワークが光った守備に加え、ボックス内への飛び出しで攻撃のアクセントにもなった   25 サンチョ 5.5 チーム1点目とPK奪取の起点に。ただ、左サイド起用の弊害と冨安の一対一の強さに苦戦を強いられ、期待されたドリブルでの局面には至らず   FW 7 クリスティアーノ・ロナウド 7.0 キャリア通算800ゴールを含む2ゴールの活躍で勝利の立役者に。守備の強度を補って余りある攻撃面の貢献だった   (→マルシャル -)   監督 キャリック 6.5 今日の采配に関してどの程度ラングニックの影響があったかは不明だが、プレミアリーグ初勝利を手にしてクラブを旅立つことに   ▽アーセナル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211203_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 32 ラムズデール 5.5 幾度か好守を見せたが、厳しい3失点に。ただ、自身に失点の責任はなかった   DF 18 冨安健洋 5.5 サンチョとの一対一ではほぼパーフェクトな対応を見せたが、結果的には自身のサイドから2失点。攻撃はやや窮屈な場面もあったが、そつなし   4 ホワイト 5.5 攻撃面では持ち味を発揮した一方、守備では大きなミスはなかったが、細かな立ち位置、判断の問題が見受けられた   6 ガブリエウ 5.5 空中戦や一対一の対応では普段通りの安定感を見せたが、最終ラインの統率者として3失点は頂けない。相手エースの老獪なプレーに苦戦   20 ヌーノ・タヴァレス 5.5 攻撃ではチームに推進力を与えたが、2失点目は飛び出した自身の背後をうまく使われた   MF 35 マルティネッリ 6.5 今季リーグ初先発で1アシスト。キレ味鋭い仕掛けや抜け目ない動き出しで最も相手守備の脅威に   5 トーマス 5.0 2点目の起点となったが、マイボール時にミスが目立った。コンディションの問題か、球際の勝負でも劣勢に   8 ウーデゴール 5.5 見事な右足のフィニッシュで1ゴール。ただ、PK献上の場面は軽率な対応だった。攻守両面でもう少しインパクトがほしかった   (→エンケティア 5.0) 久々の出場ということもあり、決定機に絡めずノーインパクト   25 エルネニー 5.0 先制点をアシストする形となったが、トーマス同様に相手の圧力に晒されて中盤の劣勢を招いた   10 スミス・ロウ 6.0 先制点を奪取。勤続疲労かややキレを欠いたが、攻守両面で水準以上の働きを見せた   (→サカ 5.0) 負傷を抱えながらのプレーということもあり、攻撃を活性化させられず   FW 14 オーバメヤン 4.5 相手のエースに力の差を見せつけられる結果に。全体的に覇気のないプレーが目立ち、フィニッシュのフィーリングも欠いた   (→ラカゼット 5.0) 試合展開もあって効果的な攻撃への絡みは少なかった   監督 アルテタ 5.0 試合の入りは良かったが、そこから相手に流れを渡すと、交代策を含めて的確な修正ができなかった   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! クリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド) 新指揮官招へいの影響で立場危うしという状況の中、傑出した攻撃能力でチームを勝利に導く2ゴール。守備やプレスの強度を度外視にしても起用せざるを得ない存在感を発揮した。   マンチェスター・ユナイテッド 3-2 アーセナル 【マンチェスター・ユナイテッド】 ブルーノ・フェルナンデス(前44) C・ロナウド(後7) C・ロナウド(後25[PK]) 【アーセナル】 スミス・ロウ(前13) ウーデゴール(後9) 2021.12.03 08:19 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドの2ゴールでユナイテッドがシーソーゲーム制す! 冨安フル出場のアーセナルはリバプール戦に続くビッグマッチ敗戦…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第14節、マンチェスター・ユナイテッドvsアーセナルが2日にオールド・トラッフォードで行われ、ホームのユナイテッドが3-2で勝利した。   現在、トップ4圏内と5ポイント差の8位に付けるユナイテッド(勝ち点18)は前節、絶好調の首位チェルシーと敵地で対戦。終始劣勢を強いられながらも1-1のドローという悪くない結果を持ち帰った。そして、ラルフ・ラングニックの暫定監督就任が決定し、迎えた今節はその新指揮官がスタンドから見守る中、リーグ4戦ぶりの白星を目指した。   チェルシー戦からは先発3人を変更。バイリーに代わってサスペンション明けのマグワイアが復帰し、負傷でベンチ外のワン=ビサカ、マティッチに代わってダロトとクリスティアーノ・ロナウドが起用され、[4-3-1-2]から[4-2-3-1]に並びを戻した。   一方、5位に位置するアーセナル(勝ち点23)は、前々節リバプールに0-4の惨敗を喫し、リーグ戦9試合ぶりの敗戦。それでも、前節のニューカッスル戦では2-0の快勝を収めてきっちり大敗を払しょくした。今季初となるミッドウィーク開催のリーグ戦に向けては先発2人を変更。前節負傷交代のサカに代わってマルティネッリ、サンビ・ロコンガに代わってより守備的なエルネニーが入った。   立ち上がりから互いに相手のビルドアップに激しく圧力を掛け合う中、強度、連動性で勝るアーセナルが主導権を握る。相手を押し込んで連続でセットプレーを獲得してチャンスを窺いつつ、10分にはボックス内のオーバメヤンが枠の右隅を狙ったシュートを放つ。   すると、その流れの中で13分には非常に珍しい形からアウェイチームに先制点が生まれる。右CKの場面流れからゴール前でGKデ・ヘアが味方のフレッジに足を踏まれてピッチに倒れ込む。一方、そのままプレーを継続するアーセナルは相手のクリアをボックス手前のエルネニーが左のスミス・ロウに丁寧に落とすと、スミス・ロウが左足のダイレクトシュートを放つ。先ほどの交錯で倒れたままだったデ・ヘアは全く動くことができず、ボールがゴール左隅に決まった。   当初、主審はデ・ヘアが相手選手との交錯で倒れたとしてファウルによるノーゴールと判定したが、同選手の治療中にVARルームとコミュニケーションを取った結果、デ・ヘアへのファウル判定を覆してスミス・ロウのゴールを支持した。   やや不運な形から先制を許したユナイテッドだったが、ここからプレスの強度と全体の距離感を修正し、全体を押し上げた守備からリズムを掴み始める。これによりカウンタープレスが嵌ってマグワイアがボールを奪ってからフィニッシュに絡むなど、厚みのある攻撃でゴールの匂いをさせる。   すると、自分たちの流れで試合を進めるユナイテッドは前半終了間際にスコアをタイに戻す。44分、相手陣内左サイドの高い位置で相手のクリアを回収したマグワイアからパスを受けたサンチョがDF冨安をけん制しながらじりじりとボックス付近に運んで内を取ったフレッジにショートパス。ここでフレッジは冷静にゴール前で浮いたB・フェルナンデスへ流すと、右足のダイレクトシュートが決まった。   入りはアーセナル、半ば以降はユナイテッドと、主導権が入れ替わる形となった45分間を経て、1-1のイーブンで折り返した試合は後半の早い時間帯に大きく動く。   ガブリエウ、C・ロナウドと互いに決定機を作り合って迎えた52分、ユナイテッドはマグワイアの右サイドへの大きな展開からセカンドボールを奪ったダロトが背後のスペースに抜け出したラッシュフォードにスルーパスを通す。ややスピードを緩めてボックス内の味方の動き出しを確認したラッシュフォードは一瞬の動き出しでDFを外したC・ロナウドに絶妙なグラウンダーの折り返しを入れると、これを百戦錬磨のストライカーが右足ダイレクトでゴール左下隅へ流し込んだ。なお、このゴールはポルトガル代表FWにとってキャリア通算800点目のメモリアルゴールとなった。   エースのゴールで早々に試合を引っくり返したユナイテッドだが、アーセナルもすぐさま反撃を見せる。54分、左サイドでの繋ぎから中央で浮いたトーマスが右サイドのスペースに走り込むマルティネッリへ鋭いグラウンダーの斜めのパスを通すと、これをマルティネッリが意表を突いてダイレクトで折り返す。うまく中盤と最終ラインの間に入り込んだボックス中央のウーデゴールが利き足とは逆の右足のダイレクトシュートでゴール左隅に流し込んだ。   瞬く間に2-2のイーブンに戻った試合はここから一進一退の攻防を繰り広げていく。65分にはホワイトからの見事な縦パスに抜け出したオーバメヤンがボックス内に運んで右足を振り抜くが、これはGKデ・ヘアのビッグセーブに遭う。   一方、このピンチを凌いだユナイテッドは68分、1点目のゴールと似たような形から左サイド深くで溜めたサンチョからのショートパスに反応したフレッジが後方からウーデゴールにスライディングタックルを受けて倒れ込む。   主審は一度ノーファウルの判定を下したが、VAR担当からの助言を受けオンフィールドレビューを行うと、ユナイテッドにPKを与えた。そして、このプレッシャーがかかるPKを名手C・ロナウドが中央へ強烈なシュートで決め切り、70分の勝ち越しゴールとした。   これで苦しくなったアーセナルは失点直後にスミス・ロウを下げてサカ、79分にはオーバメヤンとウーデゴールを下げてラカゼット、エンケティアを同時投入。ボールを握ってホームチームを押し込んでいくと、86分にはタヴァレスの左からのクロスがボックス右でフリーのサカに繋がる。だが、利き足の左足に持ち替えて丁寧に打ちに行ったことが仇となり、フレッジの決死のシュートブロックに阻まれた。   一方、守勢が続くユナイテッドはラッシュフォード、C・ロナウド、B・フェルナンデスと得点に絡んだ主力を続けてベンチへ下げてリンガード、マルシャル、ファン・デ・ベークをピッチに送り込む。そして、最後まで身体を張った守備で相手の攻撃を撥ね返し続けたユナイテッドが、このまま3-2で試合をクローズした。   C・ロナウドの2ゴールの活躍で2018年4月以来、7戦ぶりにアーセナル戦を破ったユナイテッドが、キャリック暫定体制の有終の美を飾るリーグ4戦ぶりの白星とした。一方、敗れたアーセナルはリバプール戦に続きビッグマッチを落としてトップ4浮上のチャンスを逃した。 2021.12.03 07:24 Fri
twitterfacebook
thumb

カバーニが来夏のバルセロナ移籍を希望か?

マンチェスター・ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(34)が来夏のバルセロナ移籍を希望しているようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 昨夏、パリ・サンジェルマン(PSG)からフリートランスファーでユナイテッド入りしたカバーニ。加入初年度は徐々に存在感を高めていき、最終的に公式戦39試合の出場で17得点6アシストという数字を残した。 迎えた今シーズンはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(36)の加入や自身のコンディションの問題などもあり、ここまで公式戦8試合1ゴールの数字に留まっており、先発出場はわずかに2試合となっている。 オーレ・グンナー・スールシャール前体制では[3-5-2]へのシステム変更を図ったトッテナム戦で、スタートから共存したC・ロナウドと良い関係性を見せていたが、ラルフ・ラングニック新体制での起用法は不透明な状況だ。 また、来年2月に35歳となることもあり、今シーズン終了までの現行契約を新たに更新する可能性は限りなく低い。 そういった中、『タイムズ』によると、カバーニはユナイテッドとの契約が終了する来夏に、以前から憧れを感じていたバルセロナ行きを希望しているという。 これまでボカ・ジュニアーズや生まれ育った南米への帰還が取り沙汰されるエル・マタドールだが、あと2年はヨーロッパのトップレベルでプレー可能と考えており、新天地候補の一つとしてカタルーニャ行きを希望しているという。 ただ、現時点でバルセロナ行きを焦ってはおらず、ひとまずはラングニック新体制での自身の立ち位置を見極めたい考えのようだ。また、深刻な財政難に喘ぐバルセロナも、カバーニの移籍金と高額なサラリーを支払える余裕はなく、今冬のタイミングで獲得に動く可能性は低いようだ。 2021.12.03 00:58 Fri
twitterfacebook
thumb

ラングニックが労働許可証を取得! 5日のC・パレス戦がユナイテッド初陣に

マンチェスター・ユナイテッドは2日、ラルフ・ラングニック暫定監督(63)がイギリスの労働許可証を取得したことを発表した。 これにより、ラングニック監督は現地時間3日午前にユナイテッドの指揮官として初の公式会見に臨み、5日に本拠地オールド・トラッフォードで開催されるプレミアリーグ第15節のクリスタル・パレス戦で新天地での初采配を振るうことになる。 なお、2日にホームで行われる第14節のアーセナル戦は暫定指揮官のマイケル・キャリック氏が率いるチームをスタンドから見守ることになる。 ラングニック氏は、シュツットガルトやハノーファー、シャルケ、ホッフェンハイムの監督を歴任。2012年からは世界的な飲料メーカー『レッドブル』社がオーナーを務めるレッドブル・ザルツブルクとRBライプツィヒの統括SDに就任。 2015年からはライプツィヒの仕事に専念しSDと監督を兼任。2018-19シーズンは翌シーズンから新監督に内定していたホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督(現バイエルン)の繋ぎ役として、1シーズン限定でSD兼任監督に再任。チームを来季チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位フィニッシュさせる、さすがの手腕を発揮していた。 その後、ライプツィヒのアドバイザーを務める傍ら、『レッドブル・グループ』のスポーツ部門兼サッカー開発部門の責任者に就任。傘下のニューヨーク・レッドブルズ(アメリカ)、レッドブル・ブラガンチーノ(ブラジル)のアドバイザーを務めていた。 直近はロコモティフ・モスクワでスポーツ部門と開発部門の責任者を務めていたが、ロコモティフ・モスクワが退団で合意し、ユナイテッド行きが決定した。 ユナイテッドでは今シーズン終了まで暫定監督を務めた後、来シーズンからの2年間はコンサルタント契約を結びクラブのリクルートや開発部門に携わることになる。 2021.12.02 22:22 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly