アグエロがついに実戦デビュー! 3部との練習試合で1ゴール!

2021.10.13 22:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、バルセロナで実戦デビューを果たした。バルセロナは13日、ラ・リーガ再開に先駆けてリーグ3部のUEコルネジャとトレーニングマッチを行った。今回のインターナショナルブレイクで代表未招集だった選手が中心で、アグエロは初めてバルセロナのユニフォームを着て実戦に臨んだ。

ふくらはぎのケガで8月上旬から離脱が続いていたアグエロは、一時母国に戻るなど時間をかけて治療を続けていた。そして、今回のトレーニングマッチで先発出場を果たし、30分までプレー。1ゴールのお土産付きで、公式戦デビューに向けても弾みをつけた。

また、同試合ではMFフィリペ・コウチーニョもゴールを挙げたが、2-2の引き分けに終わっている。

一方、アグエロ同様に長期離脱が続いているFWウスマーヌ・デンベレは、トレーニングには復帰しているものの、このコルネジャ戦は見送っている。

バルセロナの今後の予定は、17日に行われるラ・リーガ第9節のバレンシア戦の後、チャンピオンズリーグのディナモ・キエフ戦を挟んで、24日には第10節でレアル・マドリーとのエル・クラシコが控えている。【写真】アグエロがバルサユニで実戦デビュー!

関連ニュース
thumb

元ブラジル代表オスカル、バルサ移籍の噂認める「交渉しているし、興味もある」

上海海港の元ブラジル代表MFオスカル(30)が、バルセロナと移籍交渉中であることを明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。 オスカルは2017年1月にチェルシーから上海海港へ移籍。ブラジル代表MFの20台半ばにしての中国行きはその当時、大きな話題を呼んだ。 上海海港では公式戦170試合に出場し、50得点101アシストという圧倒的なスタッツを記録。司令塔としての位置を確立しているものの、ここ最近各国メディアによってバルセロナへの移籍が取り沙汰されている。 そんなオスカルがブラジル『TNT Sports』のインタビューに応対。噂通り、バルセロナと移籍交渉中であることを認めた。 「交渉しているし、興味もある。バルサは困難な時期を迎えているね。しかし、彼らは選手登録に苦労しているから、難しい面もあるんだ。また、クラブとの話し合いも必要だ。シーズン後の方がいいかもしれないね」 オスカルのコメントの通り、財政難に苦しむバルセロナは現時点でサラリーキャップ制度によって選手登録が困難な状態。放出が噂されるフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(24)や、アメリカ代表DFセルジーニョ・デスト(21)といった選手を売却すれば、追加の登録が可能となるが果たして…。 2022.01.22 18:58 Sat
twitterfacebook
thumb

復帰間もないアンス・ファティがハムストリング負傷…2カ月程度離脱の見方も

バルセロナは21日、スペイン代表FWアンス・ファティの負傷を発表した。 ファティは20日に敵地で行われたコパ・デル・レイ4回戦のアスレティック・ビルバオ戦に61分から出場。だが、延長戦に入ってからの前半にスプリントした際に足を痛め、無念の交代を強いられた。 クラブによると、ファティは21日の検査で左足ハムストリング近位の腱損傷が判明。近日中に治療法が決まり、現時点で全治未公表だが、スペイン『マルカ』によれば、2カ月程度の離脱もあり得るという。 今季から背番号「10」を受け継いだファティだが、近年はケガが相次ぎ、チャビ・エルナンデス現体制が始動するタイミングでも左足大腿二頭筋を負傷。12日に行われたスーペル・コパのレアル・マドリー戦で復帰したばかりだった。 そうしたなかでも、今季のここまで公式戦10試合に出場して5得点1アシストと決定的な働きをしているファティ。この後半戦からさらなる巻き返しを期すバルセロナにとって、痛手となる。 2022.01.22 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

元神戸のフェルマーレンが現役引退を表明…ベルギー代表のコーチに

ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン(36)が現役引退を表明した。 フェルマーレンはアカデミーから過ごすアヤックスでプロデビュー後、RKC、アーセナル、バルセロナ、ローマでプレー。ケガも多かったが、バルセロナでは4度のラ・リーガ優勝を経験して、チャンピオンズリーグ(CL)も制した。 2019年7月からはヴィッセル神戸に電撃加入して、そのシーズンにクラブ初の主要タイトルとなる天皇杯優勝に貢献。昨季もクラブ最高位となる明治安田生命J1リーグ3位フィニッシュに貢献したが、契約満了による退団が決定した。 神戸を去ってのこれからが注目され、母国復帰の噂も取り沙汰されたフェルマーレンだが、21日に自身のインスタグラムで神戸での2シーズン半を最後にスパイクを脱ぐ決断を下したことを明かした。 「プロフットボールから退く決断をしました。フットボール界で最も素晴らしいクラブでプレーでき、非常に幸運でした。そのことを非常に感謝しています。キャリアを通じて、みなさんのサポートに感謝します」 そう綴った名手はまた、今後についても触れ、自身も通算85キャップ(2ゴール)を記録したベルギー代表でコーチに転身する旨を明らかに。コーチとしてカタール・ワールドカップ(W杯)優勝を目指すようだ。 「ベルギー代表のアシスタントコーチになるのを発表できるのを非常に誇りに思うと同時に、感謝しています。 私の人生におけるこの新しいステップと新しい挑戦を楽しみにしています」 2022.01.22 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第22節プレビュー】久保が古巣ビジャレアル戦! 上位陣は格下と対戦

コパ・デル・レイやスーペル・コパ開催の影響により変則開催となった第21節では、コパでのダービーで死闘を演じたセビージャの両雄に関して、ベティスが4-0の快勝を飾った一方、セビージャがバレンシア相手にドローと、明暗分かれる形となった。 インターナショナルマッチウィークの関係で1月最後の節となる第22節では、MF久保建英にとって古巣対戦となる16位のマジョルカ(勝ち点20)と、8位のビジャレアル(勝ち点29)の一戦に注目したい。 新型コロナウイルス感染者の影響もあり、直近のラ・リーガで3連敗中と苦境が続くマジョルカだが、直近のコパ・デル・レイ4回戦では久保の見事な直接FK弾を含むセットプレー2発でエスパニョールを破り、準々決勝進出を果たした。そのコパ勝利の勢いを生かしたい今回の一戦では、直近公式戦3試合未勝利も、中盤戦にかけて復調傾向にある難敵ビジャレアルと対戦する。この試合でもスタメン起用が見込まれる久保は、かつて苦難を味わったエスタディオ・デ・セラミカで躍動する姿を見せてほしいところだ。 スーペル・コパでバルセロナ、アスレティック・ビルバオを撃破してアンチェロッティ新体制で初タイトルを手にしたリーグ首位のレアル・マドリー(勝ち点49)は、トロフィーを引っ提げて初のホームゲームを戦う。その対戦相手は奇しくも直近のコパで対戦した15位のエルチェ(勝ち点22)。 守護神クルトワを始め、エースFWベンゼマらに完全休養を与えた上、一部主力を温存して臨んだ3日前の対戦では、0-0で延長戦まで持ち込まれた末、DFマルセロの退場にビハインドを背負う逆境に立たされるも、MFイスコ、FWアザールという伏兵2人のゴールで劇的逆転勝利に持ち込んだ。リーグ戦でのリターンマッチもタフな戦いが予想される中、休養明けのエースの爆発に期待だ。 スーペル・コパではその優勝チームとの接戦を落としたリーグ6位のバルセロナ(勝ち点32)は、トップ4圏内浮上に向けて降格圏の18位に沈むアラベス(勝ち点17)と対戦する。 スーペル・コパでは宿敵に屈辱の敗戦を喫し、コパ・デル・レイではアスレティック・ビルバオを相手に再び延長戦の末に2-3で敗れたチャビ率いるチーム。さらに、同試合では復帰したばかりのFWアンス・ファティ、MFペドリがいずれも負傷交代を強いられた点も気がかり。さらに、契約延長問題を抱えるFWデンベレとの関係が泥沼化するなど、チーム状況は決して良好とは言えない。そういった中、前回対戦でドローに終わった格下相手にきっちり勝ち切り、公式戦連敗の負の流れをストップできるか。 そのバルセロナと同様にスーペル・コパ準決勝で敗退となったリーグ4位のアトレティコ(勝ち点33)は、バウンスバックを図ったコパでもレアル・ソシエダに0-2と完敗し、公式戦3試合未勝利と苦しい状況が続く。公式戦4試合ぶりの白星を目指す今節は、直近の対戦でセビージャと引き分けた9位のバレンシア(勝ち点29)と対戦する。ソシエダ戦では攻撃の手詰まりに加え、守備の緩さを露呈する今季を象徴とする拙い試合運びを見せてしまっただけに、準備期間は短いが、闘将の下で攻守両面の立て直しが急務だ。 首位レアル・マドリーを追う2位のセビージャ(勝ち点45)と、3位のベティス(勝ち点37)は、それぞれ12位のセルタ(勝ち点26)と、11位のエスパニョール(勝ち点27)という中位の相手との対戦となる。 連勝がストップしたセビージャは守備のソリッドさは健在も、フィニッシュの精度に加え、ビルドアップの局面で苦戦が目立っており、今回のセルタ戦では攻撃面の修正が重要となる。 一方、コパのセビージャ戦での勝利を追い風に直近のアラベス戦も4-0の快勝を飾って勢いに乗るベティスは、プレー強度が高いエスパニョールに臆することなく球際できっちり戦いたい。 《ラ・リーガ第22節》 ▽1/21(金) 《29:00》 エスパニョール vs ベティス ▽1/22(土) 《22:00》 レバンテ vs カディス 《24:15》 ビジャレアル vs マジョルカ 《26:30》 セビージャ vs セルタ 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs バレンシア ▽1/23(日) 《22:00》 グラナダ vs オサスナ 《24:15》 レアル・マドリー vs エルチェ 《26:30》 ラージョ vs アスレティック・ビルバオ レアル・ソシエダ vs ヘタフェ 《29:00》 アラベス vs バルセロナ 2022.01.21 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アスレティックがバルサとの激戦制して8強入り マルセリーノ「魔法がかった夜」

アスレティック・ビルバオの監督がマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が歓喜した。 コパ・デル・レイ4回戦でバルセロナと対戦したアスレティックは開始2分にFWイケル・ムニアインのゴールで幸先よく先制したが、20分にFWフェラン・トーレスがバルセロナ移籍後初ゴール。86分に勝ち越してから後半アディショナルタイムにまたしても追いつかれたが、延長前半にムニアインがネットを揺らして、ベスト8に駒を進めた。 アスレティックの公式サイトによると、バルセロナとの120分にわたる激戦を制して、8強入りのマルセリーノ監督も試合後、喜びの感情を露わにした。 「サン・マメスでコパに臨む夜はいつだって特別だが、今夜は魔法がかったものだった」 「生きている限り、忘れることなどないだろうね。我々は素晴らしい相手に対して、試合のほとんどで優れていた」 MFペドリの後半アディショナルタイム弾にも下を向かず、諦めない姿勢が結実したマルセリーノ監督はまた、妥当な結果だとも主張している。 「開始早々にゴールを奪ってから追いつかれたが、自分たちに疑いなどなかった。ハーフタイムをリードして迎えるべきだったとも思う」 「そこから再びリードして、勝利まであと一歩のところで延長戦に持ち込まれたが、我々は立ち直った」 「ポゼッションを除くすべてのスタッツをみれば、我々の方が優れ、勝利に値したのを物語っている」 2022.01.21 15:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly