PK戦で勝利のトッテナム、古巣に苦戦のヌーノ監督はPK戦を評価「PKは運ではない」

2021.09.23 14:42 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督が、古巣のウォルバーハンプトン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

トッテナムは22日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でウォルバーハンプトンと対戦。ヌーノ監督にとっては、今シーズン2度目の古巣対決となった。

リーグ戦では第2節で対戦し、0-1で勝利したトッテナム。同じアウェイゲームとなったが、14分にタンギ・エンドンベレのゴールで先制すると、23分にはハリー・ケインがネットを揺らし、0-2とリードを広げる。

しかし、38分にレアンデル・デンドンケルのゴールで1点諭されると、ダニエウ・ポデンセにもゴールを許し2-2の同点に。そのままPK戦へと突入したが、2-3で勝利を収め4回戦へと駒を進めた。

ヌーノ監督は難しい試合となったなか、PK戦でしっかりと勝てたことに満足。しっかりと選手たちがトレーニングしていたと語り、GKピエルルイジ・ゴッリーニも評価した。

「PKは運ではない。PKは我々が取り組む必要のあるものであり、選手たちは本当に練習している。彼らはとても上手くやり、ゴリーニはよかった」

「これは試合の一部だから、取り組む必要がある。もちろん、PKについてはGKコーチの(ルイ・)バルボサの意見を聞き、ゴリーニに情報を与えた。それも役立った」

「良い試合で、よくプレーしていた。我々はとてもよくスタートし、本当に上手くプレーし、2つの美しいゴールを決め、明確なチャンスを作った」

「またこのような状況では、セットプレーの問題を解決し、改善しなければいけない。同じミスを繰り返してはいけない」

「学び、成長するためには、このようなミスを避け、最小限に抑える必要がある。なぜなら、それが試合を難しくするからだ」

「正直なところ、我々が試合をコントロールしていたため、失点するまでは何も許さなかった。その後、また少しコントロールを失ってしまった」

「後半は好調にスタートし、得点のチャンスもあったが、ホームのウルブスはタフなので、守りに徹し、最後にはPKとなってしまった」

ジョン・ラディはハリー(・ケイン)のヘディングを見事にセーブした。我々はチャンスを作ったが、彼らは粘り強く戦った。モリノーではいつも厳しい戦いになる」



1 2
関連ニュース
thumb

韓国代表FWソン・フンミンが、昏倒したファンを心配「彼が無事であることを願っている」

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが、試合中に倒れた男性を改めて心配した。 17日に行われたプレミアリーグ第8節のニューカッスルvsトッテナムの一戦。立ち上がりから攻め立てるトッテナムは、タンギ・エンドンベレ、ハリー・ケインの2ゴールでリードを広げる。 しかし迎えた40分、東側スタンドのファンが大きくざわつくことに。ファンの1人が心臓発作により昏倒。心停止の状態となっていた。 ざわつくスタンドの状況に気が付いたDFセルヒオ・レギロンがアンドレ・マリナー主審に状況を伝えると、緊急事態を把握した主審が試合の一時中断を決断。さらに、DFエリック・ダイアーはベンチサイドに走って行き運営スタッフに対して、AEDを持っていくことを指示するなど、迅速な対応を見せていた。 スタンドで試合を観戦していた医師たち、そしてニューカッスルのメディカルスタッフらが駆け付けた結果、男性は一命を取り留め、状態は安定しているようだ。なお、試合は2-3でトッテナムが勝利した。 多くの選手らも心配した中、この試合で決勝ゴールを決めたソン・フンミンが自身のインスタグラムを更新。改めて、健康であることの重要性を語った。 「昨日、僕たちが目にしたことを最初に言わせてもらえば、体調が悪い人にとっては、サッカーは重要ではないということだ」 「僕たちは皆、彼が無事であることを願っている。早く元気になり、素晴らしいチームワークを見せて欲しい!」 「いつものような素晴らしいサポートをありがとう!」 <span class="paragraph-title">【写真】ソン・フンミンが倒れた男性へメッセージ</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CVKSKlXqXZ1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CVKSKlXqXZ1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CVKSKlXqXZ1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Son HeungMin(손흥민) 2021.10.19 10:11 Tue
twitterfacebook
thumb

スタンドで昏倒したファンの命を助けた医師が回想…一般の方にも有事の際の対応呼びかけ「胸骨圧迫とCPRをすぐに」

試合中にファンの男性がスタンドで昏倒し、試合が一時中断したニューカッスルvsトッテナムの一戦。その現場に立ち会った医師が一部始終を語った。イギリス『BBC』が報じた。 事故は17日に行われたプレミアリーグ第8節のニューカッスルvsトッテナムの一戦。新オーナーが買収し、初陣を迎えたニューカッスルは多くのファン・サポーターがスタンドに駆けつけ、新オーナーもスタンドでチームを応援した。 熱気に包まれたスタジアムだったが、事件は40分に訪れる。トッテナムのセルヒオ・レギロンが何かに気が付きアンドレ・マリナー主審に状況を伝えると、緊急事態を把握した主審が試合の一時中断を決断。DFエリック・ダイアーはベンチサイドに走って行き運営スタッフに対して、AEDを持っていくことを指示するなど、迅速な対応を見せていた。 この年配の男性サポーターはその後病院に運ばれて一命を取り留めたが、救護に当たったノースティーズ大学病院で働くトム・プリチャード医師が現場の状況を明かした。 「それはとても素早く起きていた。私はガロウゲート・エンドに座っていたが、何が起きているのかが分かった。ファンがスチュワードと救護隊を呼び、誰かにCPR(心肺蘇生)をしている女性がいた」 「A&E(救急医療)の医師として、私は自分が何か手伝えないかと思い、手を差し伸べに行った」 「セントジョーンズは、かなり素早くCPRをを引き継ぎ、私の別の友人も助けに来た」 「我々は除細動器を通して男性にショックを与えた。そして彼はとても幸運だった。なぜなら、集中治療医がすぐに到着し、心臓専門医が到着し、我々は彼を蘇生することができたからだ」 レギロンの気が付きや、ダイアーがAED(除細動器)を素早く準備したこともあり、一命を取り留めた男性。プリチャードさんは、救護に集中しており、試合が中断していたことも気がついていなかったとのこと。しかし、その行動は、多くのサポーターから称賛の拍手を浴びることとなった。 「私はオーバードライブに入り、純粋に手元にある問題に集中した。席に戻った時、試合が止まっていたことに気がついた。まだ前半だったんだ」 「私だけではない。別の医師の友人が私を助けてくれた。セントジョーンズは素晴らしく、ニューカッスルのクラブドクターが助けてくれた。私だけではなかった」 「ただ、私が席に戻り、1万人のファンが私に「ヒーロー」と歌った時、それは人生で最高の瞬間の1つになった」 医師としては当然の行動かもしれないが、とっさの判断で動けるのさすが。そのぷリチャードさんは、何かが起きた時のために、一般の人にも応急処置を学んでもらいたいとした。 「早期のCPR、早期の胸骨圧迫、早期の除細動の重要性を強調したい」 「それがこの男性の命を救った。だから、一般の人が誰かにこのようなことが起きた場合、胸骨圧迫とCPRをすぐに行う必要がある」 <span class="paragraph-title">【動画】男性の命を救い、ファンから盛大な拍手が送られるプリチャードさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">One of our very own Dr Prichard, north tees A&amp;E reg saving a life at the Newcastle game today <a href="https://twitter.com/NTeesHpoolNHSFT?ref_src=twsrc%5Etfw">@NTeesHpoolNHSFT</a> <a href="https://t.co/EfDQKiWmTV">pic.twitter.com/EfDQKiWmTV</a></p>&mdash; Emma J Francis (@Jayne88475330) <a href="https://twitter.com/Jayne88475330/status/1449847832345817088?ref_src=twsrc%5Etfw">October 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.18 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「何かがおかしいと思った」選手が気が付き主審に試合中断を要請…話題のニューカッスル初陣でファンが心停止のアクシデント

チーム買収後、初陣となったニューカッスル。トッテナムをホームに迎えたメモリアルな試合となったが、事件が起きていた。 セント・ジェームズ・パークで行われた一戦。トッテナムが17分にタンギ・エンドンベレ、22分にハリー・ケインのゴールで2点を先行する。 しかし40分、東側スタンドのファンが大きくざわつくことに。ファンの1人が心臓発作により昏倒していた。 ざわつくスタンドの状況に気が付いたDFセルヒオ・レギロンがアンドレ・マリナー主審に状況を伝えると、緊急事態を把握した主審が試合の一時中断を決断。選手たちはピッチを後にすることとなった。 さらに、DFエリック・ダイアーはベンチサイドに走って行き運営スタッフに対して、AEDを持っていくことを指示するなど、迅速な対応を見せていた。 ニューカッスルはクラブを通じてファンについての声明を発表。男性は病院に運ばれ、容態は安定しているという。 「警報を発するなど、迅速な行動に対してファンに感謝します。即時の心臓マッサージを行った人々を称賛するとともに、事件の近くにある除細動器を使用し、緊急の治療を行った医療専門家に感謝しています」 「ニューカッスル・ユナイテッドのクラブドクターであるポール・キャターソン氏もこの事件に加わり、追加の除細動器でサポートしました」 「皆さんの健康を祈ります。そして、1日も早い回復を心よりお祈り申し上げます」 この件でいち早く異変に気がついたレギロンはイギリス『BBC』で、その状況を語った。 「ファンが手を振っているのを見て、男性が横になっているのを見た。何かがおかしいと思った。僕は男性を見て、試合を止めた。今は全てOKで、100%幸せだと思っている」 「とても奇妙だった。ドレッシングルームに行き、男性が横たわっているのを見ていた。そういうのは見るのは好きじゃないし、緊張していたよ」 ニューカッスルのFWカラム・ウィルソンも、当時の状況について説明している。 「観客が素晴らしく、みんなが知らせてくれた。ファンが口笛を吹き、叫んだりしているのが聞こえてきて、彼が心肺蘇生を受けているのをハッキリとみた。どれほど深刻なのかを理解した」 「彼がそのような状態になっているのを見て、不安になった。1日も早く回復することを祈っている」 トッテナムのケインも試合後のインタビューに応じ、ファンの無事を祈っていた。 「まずスタンドにいた人にお大事にと伝えたい。見ていて気持ちも良いものではなかった」 「今は安定しているかもしれないと聞いている。メディカルチームや心肺蘇生を行っていたファンに感謝する」 「彼が無事であることを祈り、トッテナムの全ての選手が、彼の幸せを祈っている」 なお、この件についてはトッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督もコメント。助けるために動いたレギロンとダイアーの行動を評価した。 「エリック(・ダイアー)と、レギロンは気付くことができたし、レフェリーの判断も正しかった。人の命より大切なものはない。ファンが安定しているというニュースが、今日の一番の収穫だ」 <span class="paragraph-title">【動画】スタンドの異変を主審に伝えるレギロン&AEDを取りに行くダイアー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Huge respect to Sergio Reguilón and Eric Dier for their quick and decisive actions at St James&#39; Park today <a href="https://t.co/z2fNW3wwn2">pic.twitter.com/z2fNW3wwn2</a></p>&mdash; Soccer AM (@SoccerAM) <a href="https://twitter.com/SoccerAM/status/1449799996598112263?ref_src=twsrc%5Etfw">October 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.18 11:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルに競り勝ったスパーズ、指揮官はパフォーマンスを称賛「ニューカッスルに何もさせなかった」

トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督が、ニューカッスル戦で見せた選手たちの勇気ある行動を称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムは17日、プレミアリーグ第8節でニューカッスルと対戦。2分に先制点を許し、早々にリードを奪われるも、17分にMFタンギ・エンドンベレのゴールで同点に追いつくと、22分にはFWハリー・ケインが待望の今季プレミアリーグ初得点を決め、逆転に成功した。前半アディショナルタイムにはFWソン・フンミンが3点目を挙げ、2点にリードを広げると、後半は大きなチャンスを作らせず。89分にDFエリック・ダイアーのオウンゴールで1点を献上するも、アウェイの地で3-2と競り勝った。 試合後、ヌーノ監督は「良い感じだったが、スタートはあまり上手くいかなかった。ポゼッションがあまりできず、ニューカッスルに雰囲気を利用されてしまった」と、開始早々の失点で出鼻を挫かれたことを認めつつも、その後のパフォーマンスを称賛した。 「我々はしっかりとリアクションができていたし、悪い点を改善できた。我々はとても上手くプレーをしたし、本当に素晴らしいサッカーを見せることができた」 「前半のチャンスや、崩し方、後半のポゼッション、ボールを持っていない状態でのハードワーク、ニューカッスルに何もさせなかった。残念ながら、最後は何もなかったところから失点を許してしまったが、ゲームをコントロールする方法や、仕事ぶりは本当に良かったと思う」 2021.10.18 11:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ケイン&ソン初揃い踏みのスパーズが新生ニューカッスル撃破! 昏倒の観客救ったレギロンとダイアーにも賛辞《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第8節、ニューカッスルvsトッテナムが17日にセント・ジェームズ・パークで行われ、アウェイのトッテナムが2-3で逆転勝利した。   トッテナムはインターナショナルマッチウィーク前に行われた前節のアストン・ビラ戦を2-1で競り勝ち、連敗を「3」でストップ。トップ4圏内浮上も可能な8位に順位を上げている。連勝を目指す今節は7日にサウジアラビア政府系ファンドの買収が決定し、世界的な注目を集める19位のニューカッスルのホームに乗り込んだ。   なお、15日に匿名の2選手の新型コロナウイルス陽性判定が報じられたトッテナムだったが、試合直前に2選手が偽陽性であることを公表。カタールW杯南米予選帰りの選手たちも無事メンバー入りし、ビラ戦と全く同じスタメンを採用。最前線にケイン、2列目にルーカス・モウラ、エンドンベレ、ソン・フンミンが並ぶ[4-2-3-1]を継続した。   新オーナーのお披露目にブルース監督のキャリア1000試合目と高いモチベーションで臨んだホームチームが、キックオフ直後から驚異的なプレー強度でアウェイチームに襲い掛かった。そして、開始2分には左サイドでルーズボールを拾ったジョエリントンからウィロック、サン=マクシマンと右サイドへボールを展開。果敢なオーバーラップからマンキージョがボックス右で上げた高速クロスを、DFロメロの死角からゴール前に飛び込んだウィルソンがダイビングヘッドで叩き込んだ。   新生マグパイズの勢いと、球際の激しいプレーを流す傾向のあるレフェリングの影響もあり、以降数分に渡ってバタつく状況が続くトッテナム。それでも、10分を過ぎた辺りからニューカッスルの勢いが止まり始めたこともあり押し返していく。   そして、13分にホイビュルクが最初の枠内シュートを放つと、17分にはダイアーからのロングフィードを左サイド深くで収めたレギロンが中央でフリーのエンドンベレの足元へすかさず繋ぐ。ここでうまく身体を右へ倒しながらシュートコースを作ったフランス代表MFの強烈な右足のシュートがゴール右隅の完璧なコースを射抜いた。   早い時間帯に追いついたトッテナムはさらに畳みかける。22分、ハーフウェイライン付近でフリーとなったホイビュルクが動き直して背後を狙うケインへ絶妙な浮き球のパスを供給、ボックス内に侵攻したケインはGKダーローの寸前で右足アウトを使ったロブシュートを無人のゴールへ流し込んだ。当初、このプレーはオフサイドと判断されたが、VARのレビューの結果、右サイドバックのマンキージョがわずかに残っていたとの判断からゴールが支持された。   ケイン待望の今季リーグ戦初ゴールによってスタジアムの空気を一変させたトッテナムは、気落ちするニューカッスルを相手にようやくゲームの主導権を掌握。サン=マクシマン、ウィルソンを起点に要所で鋭い仕掛けを見せるニューカッスルの攻撃に晒されるものの、スキップやレギロンらの好守で2失点目は許さず。逆に、39分には序盤から良いフィーリングを見せていたセットプレーの場面でルーカスがクロスバー直撃のヘディングシュートで3点目にも迫った。   そういった流れの中で思わぬアクシデントが発生。セント・ジェームズ・パークの東スタンドで観客が心臓発作を起こしたか昏倒。ざわつくスタンドの状況に気が付いたレギロンがマリナー主審に状況を伝えると、緊急事態を把握した主審が試合の一時中断を決断。さらに、ダイアーはベンチサイドに走って行き運営スタッフに対して、AEDを持っていくことを指示した。   その2選手の機転や医療スタッフ、スチュワードらの尽力もあり、応急処置を受けた観客は安定した状態で無事近くの病院に緊急搬送され、試合は10数分の中断を経て無事に再開となった。   アディショナルタイム7分をプレーする形で試合が再開された中、トッテナムがさらに一歩前に出る。前半アディショナルタイム4分、右サイドでホイビュルク、エンドンベレ、ルーカスと細かく繋ぎ、ボックス右に走り込むケインへスルーパスが通る。ここでケインは冷静にファーへ走り込む味方への折り返しを選択すると、ソン・フンミンがワンタッチで流し込んだ。   多くのトピックがあった前半を経て試合はトッテナムの2点リードで後半に突入する。ホームチームがエンジン全開の入りを見せた前半とは打って変わって、後半はトッテナムがボールを保持してゲームをコントロールしていく。   立ち上がりから相手ボックス付近で積極的にシュートを放っていくトッテナムは60分に決定機。ボックス左で細かな仕掛けを見せたエンドンベレが右足を振り抜くが、これは惜しくも枠を外れる。   その後、ホームで何とか勝ち点を拾いたいニューカッスルがシェルヴェイ、フレイザー、マーフィーと早い段階で3枚のカードを使い切る。だが、サン=マクシマンの個人技以外になかなか攻め手を見いだせない。さらに、83分にはレギロンのカウンターチャンスをファウルで止めたシェルヴェイが20分ちょっとのプレータイムで2枚目のカードをもらい、痛恨の退場となった。   2点のリードに加えて数的優位まで手にしたトッテナムは、選手交代を行うことなく試合をクローズにかかる。その中で89分にはニューカッスルのFKの場面でボックス内でのクリアを試みたダイアーが頭に当てられずヒザに当たったボールが自軍ゴールネットを揺らし、痛恨のオウンゴールを献上。   これにより、再びニューカッスルに戦うエネルギーを与えてしまったものの、1点差を維持して逃げ切った。そして、新生マグパイズを敵地で退けたトッテナムがリーグ2連勝を飾った。 2021.10.18 02:52 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly