「2-0にすることはできたはず」シント=トロイデンの監督が鈴木優磨が逸した決定機を悔やむ

2021.09.21 14:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©STVV
シント=トロイデンのベルント・ホラーバッハ監督が、ヘンク戦の敗戦を悔やんだ。ベルギー『Voetbal Belgie』が伝えた。シント=トロイデンは19日、ジュピラー・プロ・リーグ第8節でヘンクとの“リンブルフ・ダービー”を戦った。

この試合では、シント=トロイデンのGKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、FW林大地、FW鈴木優磨が先発出場。またヘンクの伊東純也も先発。さらに、FW原大智、MF伊藤達哉が途中出場と、合計7名の日本人選手がピッチに立った試合となった。

試合はヘンクが押し気味に進める中で、シント=トロイデンもチャンスを作る展開に。すると前半アディショナルタイムに林、橋岡とつなぎ、最後は鈴木が橋岡のクロスをヘディングで合わせ先制。今夏移籍に揺れた鈴木の初ゴールでシント=トロイデンが先制する。

後半に入りヘンクが盛り返すと、73分にジョセフ・ペイントシルが決めて同点に。83分には伊東の折り返しをポール・オヌアチュが決めて、ヘンクが逆転勝利を収めていた。

この試合を振り返ったホラーバッハ監督は敗戦を悔やむと共に、ヘンクのクオリティの高さを評価した。

「彼らはより多くのボールポゼッションを見せていたが、我々も危険だった。林は得点のチャンスがあり、鈴木はハーフタイムの直前に得点した」

「後半になると彼らもあげてきて、さらにクオリティの高いプレーをすることは分かっていた。ヘンクはゴールを奪うために多くを要しない」

また、この試合では1-0で迎えた59分に鈴木が大チャンス。左からのクロスをフリーでヘディングしたが、叩けつきすぎるミスを犯しGKがセーブ。2-0とするチャンスを逸していた。

ホラーバッハ監督はそのシーンを指摘しながらも、選手たちのパフォーマンスを評価し、前を向くと語った。

「また、オヌアチュを守るのはとても難しい。ただ、鈴木が2-0にすることはできたはずだ」

「残念ながら我々は2失点をした。それは苦しい。しかし、全力を尽くした、選手たちはそれを目指した」

「一刻も早く背筋を伸ばし、仕事を続けなければいけない。順調に進んでおり、この3試合で一歩前進できた。新しい選手の適応も順調に進んでいる。努力を続ければ、すぐに勝利を確信することができるだろう」

1 2

関連ニュース
thumb

シント=トロイデン、シュート18本、ボール握るもコルトレイクとの日本人対決はドロー…それでも12戦無敗《ジュピラー・プロ・リーグ》

6日、ジュピラー・プロ・リーグ第3節のコルトレイクvsシント=トロイデンが行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 コルトレイクのDF渡辺剛は先発フル出場。シント=トロイデンのGKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、MF香川真司、FW林大地は揃って先発出場を果たした。 2試合で1勝1敗のコルトレイクと、いずれも1-1の引き分けに終わっているシント=トロイデンの一戦。シント=トロイデンとしては、今季初勝利が欲しい一戦となった。 立ち上がり1分、コルトレイクはロングボールに抜け出したパペ・グイエがGKと一対一になるが、これはウォーク・ヤンセンスが戻ってクリアする。 いきなりヒヤリとしたシント=トロイデンだったが、ボールを繋いでチャンスを窺っていく。13分には、左サイドでボールを持ったアミーン・アル・ダヒルがスルーパスを供給。林がボックス内で相手を背負いながら受けて折り返すも、これはクリアされる。 直後のCKからは、香川のクロスをモリー・コナテがヘッドで合わせるもゴールならず。19分にはボックス手前からの橋岡のクロスにジャンニ・ブルーノがヘッドで合わせるも、枠を超えていく。 ポゼッションは60%を超えるシント=トロイデンだが、決定力を欠いてゴールを奪えず。対するコルトレイクはカウンターからチャンスを作ると、33分には自陣からの裏へのパス一本でディラン・ムバヨがGKと一対一に。しかし、GKシュミット=ダニエルがなんとか足でセーブして得点を許さない。 後半もシント=トロイデンがボールを握って攻勢をかけるがゴールは生まれず。80分には波状攻撃を見せた中、ボックス左からカットインしたフランク・ボヤが右足シュート。鋭いシュートがゴールに飛ぶが、これはポストを直撃。18本のシュートも実らず、0-0のゴールレスドロー。それでもシント=トロイデンは昨季から続く無敗を「12」とした。 コルトレイク 0-0 シント=トロイデン 2022.08.07 09:50 Sun
twitterfacebook
thumb

香川真司がサウナでリフレッシュ!カルバン・クラインのパンツ1枚でシャワーを浴びる姿も「サービスショットありがとうございます」

シント=トロイデンのMF香川真司がリフレッシュしたようだ。 ベルギーでの2シーズン目を迎えている香川。すでに開幕を迎えているジュピラー・プロ・リーグではここまでの2試合に先発出場している。 その香川は1日にインスタグラムを更新。「Day off completed」と休日のオフショットをアップし、サングラス姿でご飯を楽しむ姿や、趣味のサウナを楽しむ様子を披露している。中にはパンツ一丁でシャワーを浴びるサウナ後と思われる大胆ショットまであった。 髪型もスッキリした香川の姿には、ファンからも「サービスショットもありがとうございます」、「髪の毛さっぱりー」、「リフレッシュ出来て良かったです」、「いつも元気もらってます!!」といった言葉が寄せられている。 香川はハッシュタグで「#refresh #sauna」とも綴っており、貴重なオフを満喫して英気を養ったようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】カルバン・クラインのパンツでシャワーを浴びるサービスショットも!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CguDVcIJgX4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CguDVcIJgX4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CguDVcIJgX4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Shinji Kagawa 香川真司(@sk23.10)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.02 21:01 Tue
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデン林大地が開幕2戦連発! 日本人4選手先発のヘント戦をドローに持ち込む《ジュピラー・プロ・リーグ》

ジュピラー・プロ・リーグ第2節が30日に行われ、シント=トロイデンはヘントのホームに乗り込んだ。 開幕戦で同じく引き分けスタートのヘンクと対戦するシント=トロイデン。シュミット・ダニエル、橋岡大樹、香川真司、林大地が揃って先発した。 開始4分に香川の縦パスから2試合連発を狙う林がさっそくフィニッシュの形を作り出すなか、12分に先制を許したシント=トロイデン。シュミッット・ダニエルの好守もあり、1点ビハインドで折り返す。 そのシント=トロイデンは83分に左CKから途中出場したデッセルのキックにボックス中央の林が頭で合わせると、これがゴールイン。林の2試合連続ゴールとなる今季2得点目で終盤に追いついてみせる。 結局、試合は1-1で終了のホイッスル。開幕から2試合連続ドローという結果に終わったシント=トロイデンだが、敵地で最低限の勝ち点1を手にしている。 なお、香川は82分までプレー。シュミット・ダニエル、橋岡、林はそれぞれフル出場している。 ヘント 1-1 シント=トロイデン 【ヘント】 カイパース(前12) 【シント=トロイデン】 林大地(後38) <span class="paragraph-title">【動画】2戦連発!林大地がCKから頭で決める!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9E%97%E5%A4%A7%E5%9C%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#林大地</a> 2戦連発<br>\<br><br>またしても頭で決めた<br>苦しい展開でチームを救う同点弾<br><br>ベルギーリーグ第2節<br>ヘント×シント=トロイデン<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中 <a href="https://t.co/x5e4Z6bz6d">pic.twitter.com/x5e4Z6bz6d</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1553595911158124545?ref_src=twsrc%5Etfw">July 31, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.31 09:05 Sun
twitterfacebook
thumb

アラベスでは放出候補の原大智はシント=トロイデンに? 監督も復帰を熱望…昨季はリーグ戦8ゴール

アラベスのFW原大智(23)だが、チームを去る可能性が高いようだ。スペイン『ノティシアス・デ・アラバ』が伝えた。 原はFC東京の下部組織出身で、2018年2月にトップチーム昇格。2021年2月にクロアチアのイストラへと完全移籍。オーナーが同じアラベスに2021年7月に完全移籍したが、直後にシント=トロイデンへとレンタル移籍した。 2021-22シーズンはシント=トロイデンで、ジュピラー・プロ・リーグ28試合に出場し8ゴール3アシストを記録。エースであった鈴木優磨が鹿島アントラーズに移籍したこともあり、チームにとっては大きな存在となっていた。 その原はレンタル期間が終わり、プレシーズンはアラベスで過ごしている。しかし、チームでのポジションが保証されていない状況。放出リストの上位に名前があるという。 しかし、直近のプレシーズンマッチでは2試合出番なし。チームとの契約は1年残っているが、構想に入っていないと見られている。 また、シント=トロイデンが原の復帰を熱望している状況。ベルント・ホラーバッハ監督も、昨季の原の活躍、さらに高さや強さを持った若いストライカーの帰還を望んでいると語っている。 セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で戦うことも可能だが、出場機会がなければ意味がない状況。一方で、シント=トロイデンであれば、チームにとっても大きな補強となり、昨シーズンのサッカーを理解しているだけに、馴染むのも早いだろう。 果たして原の去就はどうなるのか。地元メディアはシント=トロイデン行きが濃厚と見ているようだが、注目が集まる。 2022.07.30 13:24 Sat
twitterfacebook
thumb

「とても怒りを覚える」相手選手のラフプレーに香川真司が珍しく怒り「どこも折れてはいなかった」

シント=トロイデンのMF香川真司が怒りを露わにした。ベルギー『Het Belang van Limburg』が伝えた。 23日、ジュピラー・プロ・リーグの開幕戦でロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズと対戦したシント=トロイデン。昨シーズン途中に加入した香川はこの試合に先発出場を果たした。 GKシュミット・ダニエル、DF橋岡大樹、FW林大地と日本人4人が揃って先発。香川が滑り込みながらパスを橋岡へと繋いで林が先制ゴールを決めるなど、良い形でプレーしていたが、後半に追いつかれて1-1の引き分けに終わっていた。 香川は試合後に、昨シーズンの2位チームとの対戦を振り返り、良い戦いだったとコメント。また、先制ゴールが日本人で生み出せたことに満足感を示した。 「勝ち点3が欲しい試合でしたが、とても強い相手でした。最後のチャンスは入れるべきでしたが、それでもトップのチームを相手に負けなかったです」 「自分たちは良いゴールを決めました。まさにチームのゴールでした。日本人でやり遂げました。橋岡のラインのすぐ内側を使い、林が決めた。全ての選手が良い関係だということを示せました」 チームは開幕戦で勝ち点1を獲得したが、自身のプレーには不満の香川。まだまだやるべきことがあり、次節のヘント戦でもしっかり戦う必要があるとした。 「チームはうまく行っていたけど、僕はうまくできなかったです。ピッチの低い位置にいると、よりボールを感じ、自分のためにはそれが必要だと感じました」 「ラストパスをもっと出せるようにならないといけないです。ただ、そこにいられたことが良いことで、結果は後からついてくるもの。ヘントも強力な相手で、この形でいくしか無いです」 その香川だが、交代のタイミングでイエローカードをもらっていたが、それは相手選手のプレーへ腹が立ったことへの代償だった。 この試合では、DFクリスチャン・バージェスと対峙していた香川。しかし、試合中にやりあうと32分にはボールと関係ないところで顔面にヒジ打ちされ、イエローカードがバージェスに提示されていた。 その後もやりあうと、74分に香川がピッチを後にする時にはバージェスの首元に触れるシーンも。すると、香川にもイエローカードが提示されることとなった。 ピッチ上でやり合っていた中、相手のラフプレーについて香川はベルギー『Voetbal Nieuws』を通じて、「確かに顔には大きなヘコみがありました。幸い、どこも折れてはいなかったですが」とコメント。「バージェスにはとても怒りを覚えます」と、危険なプレーに怒りがおさまらない様子だった。 <span class="paragraph-title">【動画】香川→橋岡→林でシーズン初ゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="NLf6nvbrsxs";var video_start = 80;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.07.25 12:58 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly