韓国代表FWソン・フンミンはまだ復帰できず…ECLに加えて週末チェルシー戦も不在か

2021.09.16 18:12 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンがヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)を欠場することとなった。

16日に初戦を迎えるECLは今シーズンから新設された第3のヨーロッパのカップ戦。トッテナムの初戦はアウェイでのスタッド・レンヌ戦となった。

プレミアリーグでは開幕3連勝と勢いに乗っていたトッテナムだが、11日に行われた第4節のクリスタル・パレス戦では3-0と惨敗。レンヌ戦ではバウンスバックが期待された。

しかし、ソン・フンミンは韓国代表として臨んでいたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の活動中に負傷。ふくらはぎを痛め、復帰できていなかった。

ヌーノ・エスピリト・サント監督は、レンヌ戦を前にした記者会見でソン・フンミンについて言及。クリスタル・パレス戦で負傷したDFエリック・ダイアーとともに週末のチェルシー戦も欠場の可能性があると示唆した。

「私はなんとも言えない。彼らは日に日に良くはなっているが、南米の選手たちと合わせて、まだチェックをしなければいけない」

「ステーフェン・ベルフワインはより良い状態だ。彼は我々とともにアウェイ戦へ行く。昨日トレーニングもした、そして今日はより良い」

なお、ソン・フンミン、ダイアーに加え、アルゼンチン代表としてプレーしたDFクリスティアン・ロメロとMFジオバニ・ロ・チェルソ、コロンビア代表DFダビンソン・サンチェスはまだクロアチアにいるため、18日まで合流できない状況となっている。

関連ニュース
thumb

PSVの逸材マドゥエケ、過去にPLライバルクラブ行きの可能性明かす

PSVに所属するU-21イングランド代表FWノニ・マドゥエケ(19)が、過去にマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーに移籍する可能性があったことを明かした。イギリス『BBC』が伝えている。 トッテナムのアカデミー出身で2018年にPSVのユースチームに加入したマドゥエケは、左利きのアタッカー。昨シーズンは右ウイングを主戦場に公式戦32試合9ゴール8アシストの数字を残し、飛躍の1年を過ごした。 また、クラブと2025年まで新契約を結んで臨んだ今シーズンも、ここまで公式戦16試合6ゴールと安定した数字を残している。 その逸材は、過去にPSV行きを選択する前にプレミアリーグのライバルクラブに移籍する可能性があったことを明かしている。 「当時はチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドなど、ヨーロッパの多くのクラブからオファーが届いていたんだ」 「だけど、一度だけここ(PSV)に来たことがあるんだけど、来てすぐに契約したいと思ったんだ。トッテナムからユナイテッドに行くのは、(出場機会という面で)ほとんど同じことだとわかっていたからね」 「僕が移籍を望んだのは、トップチームにできるだけ早く昇格するためだった。それにPSVはヨーロッパのトップクラブだからね。当時はとても意味のあることだったし、今も意味のあることだと思っているよ」 なお、PSVとU-21イングランド代表で印象的な活躍を見せるマドゥエケには、古巣トッテナムやレスター・シティなど依然として母国クラブが関心を示しており、将来的にはプレミアリーグでプレーする可能性が高いようだ。 2021.10.28 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ルーカス弾で競り勝ったスパーズが準々決勝進出! 公式戦3戦ぶり白星で週末のユナイテッド戦へ《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)4回戦、バーンリーvsトッテナムが27日にターフ・ムーアで行われ、0-1で勝利したトッテナムが準々決勝進出を決めた。 ウェストハムとのロンドン・ダービーに惜敗し、公式戦2連敗中のトッテナム。今週末に渦中のマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチを控える中、バーンリーとのプレミア勢対決で3試合ぶりの白星を目指した。 ヌーノ監督はデレ・アリとウィンクスをスタメンはおろか招集外とするなど、勝負にこだわった采配を見せた中、ケインやホイビュルク、ロメロ、スキップをスタメンで起用。前線はケインを1トップに置き、2列目にブライアン・ヒル、ロ・チェルソ、ベルフワインを並べた。 開始直後の3分にロ・チェルソからの絶妙なスルーパスに抜け出したケインにいきなり決定機が訪れるが、ボックス左に抜け出して放ったシュートは精度を欠く。 以降は予想通り、ボールを握って主導権を握っていくが、バーンリーのコンパクトな守備ブロックに手を焼きなかなかフィニッシュの数が増えていかない。さらに、20分過ぎには右のハムストリングを痛めたブライアン・ヒルがプレー続行不可能となり、ルーカス・モウラのスクランブル投入を余儀なくされる。 その後はバーンリーの守備が徐々に間延びし始めたことで、ルーカスを起点としたカウンターが機能し始める。だが、最後の局面で連携ミスやプレー精度を欠く場面が目立ち、シュート4本に枠内シュート0と開幕から続く攻撃面の課題を露呈する形で試合を折り返した。 後半に入っても膠着状態が続く中、先に動いたのはバーンリー。60分、ヴィドラとジェイ・ロドリゲスを下げてバーンズ、ウッドとレギュラー2トップを投入した。 一方、トッテナムは65分にこの試合最大の決定機を迎える。ケインのショートスルーパスに抜け出したロ・チェルソがGKと一対一となるが、チップキック気味に放ったシュートはポープの驚異的な反応にはじき出されてしまう。 その後、ベルフワインとスキップを下げてソン・フンミン、エンドンベレをピッチに送り出すと、この交代直後にゴールが生まれる。68分、相手陣内中央右でケイン、ロ・チェルソと繋いで右サイドでフリーのエメルソンが正確なクロスを供給。これを中央のルーカスがピッチへ強く叩きつけるヘディングで合わせ、ゴール左隅へ突き刺した。 公式戦3試合ぶりとなるゴールを挙げたトッテナムは、前がかるバーンリーに対してカウンターから追加点を狙う。72分にはぽっかりと空いた中央のスペースで持ち上がったルーカスが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKポープの好守に遭う。 その後、追加点を奪い切れぬまま試合終盤に突入したトッテナムは、バーンリー得意のパワープレーに晒されて守勢に回る。幾度か際どいクロスやゴール前の混戦からピンチを迎えるが、D・サンチェスを中心に守備陣が粘りを見せる。 試合終了間際にはロ・チェルソを下げてロドンを投入し、完全に逃げ切り態勢に入ると、何とかルーカスのリードを守り切って1-0の勝利。苦しみながらも公式戦の連敗をストップしたトッテナムが準々決勝進出。週末のユナイテッド戦を前に白星を取り戻している。 2021.10.28 05:48 Thu
twitterfacebook
thumb

週末にビッグマッチ控えるも…バーンリー戦に集中するスパーズ指揮官「この試合は負けたらそこで終わり」

トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督は、バーンリー戦への集中を強調した。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムは27日、カラバオカップ(EFLカップ)4回戦でバーンリーと対戦する。控えメンバー中心で臨んだ21日のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)第3節のフィテッセ戦で0-1と敗れると、24日に行われたプレミアリーグ第9節のウェストハム戦も0-1で落とし、公式戦連敗となったスパーズ。週末に控えるマンチェスター・ユナイテッド戦を前に、ここでしっかりと勝利を挙げて勢いを付けたいところだ。 試合を前に、ヌーノ監督はこの一戦も、厳しい展開になるだろうと予想。ビッグマッチを前にしても、目の前の相手に集中するべきだと強調した。 「バーンリーは良いチームなので、予想通りタフな試合になると思うが、EFLカップが我々にとって重要な大会であることを考えれば、チームが改善するための良い機会だと思う」 「我々は1試合1試合をこなしていかなければならず、そしてこの試合は負けたらそこで終わりだ。試合内容を改善し、いくつかの状況に対処しなければならないということを知っている。しかし、良い試合をするためのチャンスでもある」 「我々には出場時間が必要な選手、出場時間を与えるのに値する選手がいるが、競争力のあるチームを作ることが我々の目的であり、選手の状況を管理するのは我々次第だ」 「明日の試合だけに集中する。我々はタフな相手と対戦することになるからだ。彼らの特徴はわかっている。フィジカルとセットプレーが強く、攻撃的だ」 「しかし、同時に我々の試合内容も向上を見せている思う。ポゼッションもダイナミック性もはるかに良くなっているが、それはシーズン中でしか改善できない点だ。だからこそ、試合中に改善し、自分たちが望んでいること、準備していることを実行して、それをピッチで実践することが非常に重要だ」 2021.10.27 18:02 Wed
twitterfacebook
thumb

マトリックス風! スパーズ撃破の立役者、ウェストハムFWのゴールパフォーマンスが話題

ウェストハムのジャマイカ代表FWマイケル・アントニオが映画の主人公を模したゴールパフォーマンスを見せた。 ウェストハムは24日、プレミアリーグ第9節でトッテナムをホームに迎えた。7位のウェストハムと5位のトッテナム、1ポイント差で迎えたロンドン・ダービーはハマーズのエースが大仕事を成し遂げる。 ウェストハムはゴールレスで迎えた72分に左CKを得ると、DFアーロン・クレスウェルのクロスにアントニオ。ニアを抜けたボールを右足のワンタッチで流し込み、待望の先制点をもたらした。 ゴールを決めたストライカーはコーナーフラッグに向かって走り、セレブレーションを披露。倒れそうになるまで体を後方にそらすアクション、これはキアヌ・リーブス演じる映画『マトリックス』の主人公“ネオ”を模したパフォーマンスだった。 前節のエバートン戦でも相手との競り合いの際に同じような姿勢になっていたアントニオは、自身のインスタグラムにその時の写真を投稿していた。自身のアルファベットをもじった“MichailAntoNeo”のキャプションが添えられた一枚には「あなたのハムストリングが大好き」、「俺たちのストライカー」などの好意的な声が寄せられていた。 これが決勝点となり、ウェストハムは4位に浮上。今シーズン6ゴール目で得点ランキングでも単独3位となったアントニオの勢いは、まだまだ止まりそうにない。 <span class="paragraph-title">【動画】マトリックス風、アントニオのゴールパフォーマンス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">It just had to be him... <a href="https://t.co/h8k3L6wRZ3">pic.twitter.com/h8k3L6wRZ3</a></p>&mdash; West Ham United (@WestHam) <a href="https://twitter.com/WestHam/status/1452379369687719936?ref_src=twsrc%5Etfw">October 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.25 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ウェストハムに敗れたスパーズ、指揮官は課題を実感「チャンスはあったが…」

トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督が、ウェストハム戦で浮き彫りの課題を挙げた。クラブ公式サイトが伝えている。 24日に行われたプレミアリーグ第9節でウェストハムと対戦したトッテナム。前半から試合のペースを握り、FWハリー・ケインや、FWソン・フンミンがゴールに迫るも、先制点を挙げることはできない。 すると、72分には左CKのチャンスから相手FWマイケル・アントニオにゴールを許し、1点のビハインドに。0-1のまま逃げ切られ、アウェイの地でリーグ3戦ぶりの黒星となる今季4敗目を喫した。 試合後、ヌーノ監督は無得点に終わった一戦を振り返り、アタッキングサードでの正確性を課題に挙げた。 「前半にチャンスはあったが、これをもっと正確に決めなければならない。試合全体をコントロールできていたが、セットプレーの一瞬、集中力を欠いたかもしれない。その後は、最後まで自分たちにふさわしい形のゴールを目指していた」 「しかし、正直なところ、我々はゲーム全体をコントロールしていた。改善すべき点は、アタッキングサードでのアグレッシブさ、ラストパスの正確さだが、それは実現可能だろう」 また、敗戦後のドレッシングルームの雰囲気については「皆、ファンと同じようにがっかりしている。このような試合に負けるのはいつもつらい」とコメント。失望感を隠さなかった。 2021.10.25 16:40 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly