後半逆転勝利のリバプール、ミラン撃破をクロップ監督が喜ぶ「これがこのチームのクオリティの高さ」

2021.09.16 10:52 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ミラン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

リバプールは15日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節でミランをホームに迎えた。

試合は9分にオウンゴールで先制したリバプールだったが、42分にアンテ・レビッチ、44分にブラヒム・ディアスが連続ゴール。前半のうちに逆転を許してしまう。

しかし、49分にモハメド・サラーがゴールを決めて追いつくと、69分にはジョーダン・ヘンダーソンが逆転ゴール。3-2で逆転勝利を収めた。

チームの素晴らしい反応に対してクロップ監督がコメント。良い試合ができたと振り返り、重要な勝利だと語った。

「もちろん、ほぼ100%だった。素晴らしい試合で、とてもエキサイティングで、とても面白いものだった。しかし、10分、15分と、ちょっとした隙を突かれてしまった」

「コンパクトさに欠け、自分たちのサッカーに夢中になってしまった。ポゼッションするときに難しくなった」

「最終ラインが少し深すぎて、中盤がギャップを埋められなくなってしまった。そこを彼らは通り抜けることができたので、彼らは2つのゴールを決めた。このような時は、明らかに試合が決定するが、今夜はそうではなかった。ハーフタイムで調整できたからだ」

「本当に良いサッカーをして、素晴らしい2つのゴールを決めて、試合に勝つことができた。以前から誰もがわかっていたが、今ではおそらく誰もが知っているだろう。これがこのチームのクオリティの高さだ」

「このグループを勝ち抜くためには、当然ながらそれぞれのポイントが必要だ。今夜の試合に勝てたことは本当に良かった」

関連ニュース
thumb

「サラーは鍛えすぎた」リバプールOBが不調の要因を解説「スピードが落ちた」

かつてリバプールでプレーしたスペイン人DFホセ・エンリケ氏がエジプト代表FWモハメド・サラーの不調の要因を分析している。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 今夏にリバプールと新たに3年契約を結んだサラーだが、今シーズンはここまでプレミアリーグ7試合で2ゴール3アシスト。十分な結果にも見えるが、チームの不調も相まって得点ペースの鈍化や調子の悪さが指摘されている。 エンリケ氏はサラーの不調は1月からだと主張。フィジカルを鍛えたことで持ち前のスピードが失われているとしている。 「サラーはAFCON(アフリカ・ネーションズカップ)から戻ってきた1月以来、本来の選手ではなくなってしまった」 「それ以降の彼の得点力は、いつもの基準からすると本当に乏しい。私のような選手にとっては素晴らしいが、サラーにとっては十分とは言えない」 「まず、問題は競争力の欠如だ。多くの試合で彼は十分な力を発揮できていない。今のところ彼はフィジカルが強すぎるし、スピードが少し落ちているのがわかる」 「彼がこの1年で衰えたわけではない。しかし、(ダルウィン・)ヌニェスやルイス・ディアスのような、完璧な体型の選手を見るべきだ。今の彼は強すぎるし、1対1の場面で相手に勝つ能力を失っている」 オフシーズンにも脂肪をつけず、筋骨隆々な肉体を披露していたサラーだが、エンリケ氏はその強すぎるフィジカルが仇になっていると考えているようだ。 4日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節のレンジャーズ戦では[4-2-3-1]の2列目の右に入ったサラー。PKでゴールは決めたが、ここから昨シーズンのようなゴール量産となるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】筋肉をつけすぎた?サラーのバキバキな体</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfrHZl1j4zx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfrHZl1j4zx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfrHZl1j4zx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Mohamed Salah(@mosalah)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.10.05 19:40 Wed
twitterfacebook
thumb

CLでFK弾のTAAは「最高の右SBとして名を残すだろう」 イングランド代表OBは称賛惜しまず

元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏が、リバプールの同代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドを称賛した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今季開幕からパフォーマンスが安定せず、1日に行われた第9節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦でも守備の軽さが露呈して複数失点に絡んだアレクサンダー=アーノルド。試合後には辛辣な批判が数多く寄せられたが、4日のチャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節のレンジャーズ戦では直接FKを叩き込み、3日前とは裏腹にチームを勝利に導く働きを見せた。 イギリス『BT Sport』に出演したファーディナンド氏は、久しぶりに輝きを放ったアレクサンダー=アーノルドのキック精度を称賛。課題こそあるものの、イングランドフットボールの歴史に名を残す選手になるだろうと期待した。 「ボールを持っているときの彼は、まるでマジシャンだ。ここ数シーズン、彼が記録してきた数字は、この国のサイドバックにおいてこれまで見たことのないものだね。確かに、集中力に欠けるところはあるが、私は選手の良いところを見るのが好きなんだ。それにこのチームは、攻撃面で彼の良さを引き出すよう作られている」 「クロップはトレントの最高の特性を引き出せるチームを選んでいると思う。そしてもし、これからトレントが守備でもしっかり守れるようなチームを作れるなら、それは素晴らしいことだね」 「トレントはイングランドでプレーした最高の右サイドバックの一人として名を残すだろう。そして、サイドバックとしてのアシストやゴール記録も塗り替えるはずだ。彼と(チェルシーの)リース・ジェームズは、そうしたキャリアに近づいていくと思う」 「今のトレントに欠けているのは、キャラクターとパーソナリティだろう。それでも、彼はベストを尽くしたいと思っていて、正しい質問ばかりしてくるんだ。彼はリバプールで勝利の味を知り、それを手放すことはないだろう」 2022.10.05 18:06 Wed
twitterfacebook
thumb

「本当に彼が好き」クロップ、今週末対戦のアーセナルの主将・ウーデゴールへの想いを語る「ドルトムントでプレーして欲しかった」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、アーセナルのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(23)について語った。ノルウェー『TV2』が伝えた。 若くしてノルウェーでは大きな注目を集め、15歳でノルウェー代表デビュー。ヨーロッパ中で大きな注目を集めるようになると、16歳でレアル・マドリー・カスティージャに加入した。 2017年1月、18歳でファーストチームへと昇格するも、そこからは苦労の連続。へーフェンレーン、フィテッセ、レアル・ソシエダとレンタル移籍を繰り返すと、2021年1月にアーセナルへとレンタル移籍。そして同8月に完全移籍を果たした。 武者修行が続き、マドリーでは結局11試合しかプレーしなかったウーデゴール。しかし、アーセナルではそれまでの燻りがウソのような活躍を見せると、今シーズンはキャプテンにも就任。プレミアリーグですでに3ゴールを記録し、通算でも68試合で12ゴール7アシストを記録している。 すっかりアーセナルの顔になっているウーデゴールだが、昨シーズンのリバプール戦後には、クロップ監督がピッチ上で握手する姿が。そのリバプールはアーセナルと今週末に対戦するが、クロップ監督が『TV2』のインタビューでウーデゴールへの想いを語り、ドルトムント時代に獲得に動き、その後も動向を追いかけていたことを明かした。 「私は本当に彼が好きだ。レアル・マドリーにいたキャリアの最初の頃は、難しそうだった。その時は彼の思い通りにならないように思えた」 「彼がとても若かった頃、ドルトムントでプレーして欲しかった」 「彼がまだ少年だった時、我々は彼の父親と一緒に長い間話をした。最終的に彼はマドリーに決めた」 「それはそれで良かったが、これが私が彼を追いかけてきた理由だ」 「期待通りの選手になってくれて本当に嬉しい。実際には、期待より優れている。彼は信じられないほど強力で、アーセナルのチームで大きな役割を果たしている」 「彼はまだ若く、頭脳明晰で、とても影響力がある。正直なところ、彼について否定的なことは言えない。本当にトッププレーヤーだ」 15歳当時にすでに惚れ込んでいたというクロップ監督。ただ、ウーデゴールはマドリーを選んで移籍をしていた。 その決断は理解できたとしたクロップ監督だが、その後の苦戦ぶりは心配したとも。ただ、今素晴らしいキャリアを送っていることを喜び、苦しんだ期間も成長に繋がったはずだとした。 「とても印象的だった。この業界でかなり長い期間、どれだけの才能、大きな才能、クレイジーな才能を見てきたか、想像できない。当時、マルティンは15歳で、すでにノルウェーのエリテセリエン(ノルウェー1部)でプレーしていた。全世界が狂乱していた」 「よくわからないし、彼に尋ねなければわからないが、その時は正直すぎたのかもしれない」 「私は彼に、まだ少年であり、まだ学校に通っているといった。彼が成長できる環境を作りたかった」 「ドルトムントとマドリーを比較すれば、おそらく同じ判断をするだろう。でも、あの時、彼がサインしてくれたら良かったと思う。ただ、それはうまくいった。今は重要ではない」 「15歳までは苦労したことはなかったと思う。その後、多くのことが彼に向かってきた。それが、今の人間にし、今の男にし、今の選手に成長させた」 そのクロップ監督は、9日にプレミアリーグ第10節でアウェイに乗り込みアーセナルと対戦。首位チーム相手にここ数シーズン見せていた強さを発揮できるのか、注目が集まる。 2022.10.05 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

批判浴びるなか直接FK弾のアレクサンダー=アーノルド「何があっても常にポジティブに」

リバプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが、復調の兆しが見えた勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールはホームで4日に行われたCLグループA第3節でレンジャーズと対戦した。この試合に先発したアレクサンダー=アーノルドは7分にボックス手前左からのFKを直接決めて先制点を記録。その後も精度の高いキックで相手守備を脅かし、2-0での勝利に貢献した。 今季は開幕から低調なパフォーマンスが続き、批判の的となっていたアレクサンダー=アーノルド。試合後には自身やチームのパフォーマンスを喜び、これが復調のきっかけになることを願った。 「今日の選手たちのパフォーマンスは素晴らしかったと思う。(3-3で引き分けた)ブライトン戦後は本当にがっかりしていた。でも、今日の試合はまったく逆だったね。僕らは良いスタートを切り、試合を通して続けられた。後半、相手のペースになる場面もあったけど、全体的には素晴らしいプレーだったと思う」 「あの位置からFKを決めたことはないんだけどね。いつもは反対側の位置から決めるんだ。でも、僕にとってはとにかくゴールに入れることが大事だった。そのために集中して、練習してきたよ」 「何があっても、常にポジティブに考えるようにしている。人はいろいろと言うけれど、現場でチームのためにパフォーマンスをすることが大事だ。僕にとってはタフなシーズンのスタートだったけど、残りのシーズンが楽しみだよ」 「今日は基本的な[4-4-2]となり、とても良いプレーができた。ピッチをうまく動かしてコンパクトにしたから、相手は僕らの間をすり抜けられなかったね。ロングボールも多用してきたけど、セカンドボールは僕らが奪っていた。戦術の変更は間違いなく今日の勝利に繋がったと思うから、今後どうなっていくか見ていきたい」 「今季はとても激しいシーズンになりそうだ。ただ、僕らにとっては週に3試合とか、そういうのは慣れっこだよ。だから、言い訳はできない。試合がどんどんやってくるのはとてもエキサイティングだ」 2022.10.05 13:36 Wed
twitterfacebook
thumb

レンジャーズ戦快勝のクロップ「まさしく我々が必要としたもの。スーパーだった」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がコメントした。 4日のチャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節でレンジャーズをホームに迎え撃ったリバプール。[4-2-3-1]の布陣で臨み、7分にDFトレント・アレクサンダー=アーノルドの直接FKで先制すると、後半にFWモハメド・サラーが加点して勝利した。 直近のプレミアリーグでも3失点したりとここ公式戦3試合で8失点の守りもクリーンシートでやり抜き、CLではこれで2連勝。今節を落としたアヤックスを抜いて、2位浮上に成功している。 1トップに入ったFWダルウィン・ヌニェスの後ろにサラー、FWジオゴ・ジョタ、FWルイス・ディアスを並べる新たな試みも奏功したクロップ監督はイギリス『BT Sport』で喜びの心境を語った。 「まさしく我々が必要としたものだった。スーパーだったよ。新フォーメーション下でのソリッドなパフォーマンス、最高のディフェンス、みんなのコミットメント。ときには物事を変えないといけない。レンジャーズからして、我々のやり方はちょっとしたサプライズだったはず。2-0の結果は何よりも嬉しいね」 「レンジャーズは非常に慎重な姿勢だったが、我々はゴールを決めたかったし、試合を通じて多くのチャンスがあった。初めて一緒にプレーした4人のFWが非常に良いプレーをしてくれたよ。2-0という手堅い結果には本当に満足だが、これからも頑張り続けないとね」 「新システムでは1回だけセッションをした。選手にどういうふうにセットアップするかを伝達しただけだったが、よくやってくれたよ。攻撃面ではアンラッキーな場面もあったが、ラスト数分を除いたら、守備面はソリッドだった」 2022.10.05 09:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly