ヴェローナがディ・フランチェスコ監督を解任! 今季就任もリーグ開幕3連敗…

2021.09.14 22:26 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エラス・ヴェローナは14日、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督(51)の解任を発表した。

ヴェローナは今夏、トリノの新監督に就任したイバン・ユリッチ前監督の後任として、かつてサッスオーロやローマなどを率いたディ・フランチェスコ監督を2年契約で招へい。

初陣となったコッパ・イタリア1回戦ではカタンザーロに3-0の快勝を収めたものの、セリエAではサッスオーロ、インテル、ボローニャを相手に開幕3連敗を喫していた。

ボローニャ以外の対戦相手を考えれば、連敗止む無しかに思われたが、同監督は今年2月に解任された前所属先のカリアリ時代から数えてセリエA19戦未勝利という状況もあり、このタイミングでの解任となった。

なお、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えるところによれば、ディ・フランチェスコ監督の後任は、これまでハイドゥク・スプリト、ガラタサライ、ウディネーゼなどの指揮官を歴任してきたクロアチア人指揮官のイゴール・トゥドール氏(43)となる見込みだ。

同氏は昨シーズンまでアンドレア・ピルロ監督の副官を務めており、ユベントスの契約が残っていたが、ヴェローナの指揮官就任に向けて契約を解除した模様だ。


関連ニュース
thumb

韓国代表FWイ・スンウ、水原FCで再起! 地元クラブでKリーグ初挑戦

水原FCは3日、韓国代表FWイ・スンウ(23)の獲得を正式発表した。 マジョルカの韓国代表MFイ・ガンインと並び、韓国の将来を背負って立つ存在として、10代の頃から注目されるイ・スンウ。マジョルカの日本代表MF久保建英と同じくバルセロナのカンテラ出身だが、なかなか才能を輝かし切れずにいる。 ヴェローナでもいまいちに終わると、2019年8月にシント=トロイデン入り。今年2月にシーズンローンでポルティモネンセに移り、今季からシント=トロイデンに戻ったが、ジュピラー・プロ・リーグ3試合でベンチ入りしたのみだった。 そうしたなか、先月23日に契約を解除。新天地として、にわかにJリーグの可能性なども浮上したが、最終的に地元クラブの水原FCで再起を期す決断を下した格好だ。キャリア初の母国でのプレー決定を受け、クラブで意気込みを語った。 「水原FCを通じて初めてKリーグのファンと会えると考えると感慨深い。チームに早く適応して、来季に水原FCが名門クラブとなれるよう最善を尽くす」 2021.12.03 12:59 Fri
twitterfacebook
thumb

緊急出動の吉田が失点関与もカンドレーバ躍動のサンプドリアが逆転で今季初の連勝!《セリエA》

セリエA第14節、サンプドリアvsエラス・ヴェローナが27日にルイジ・フェラーリスで行われ、ホームのサンプドリアが3-1で逆転勝利した。なお、サンプドリアのDF吉田麻也は35分から途中出場した。 前節、サレルニターナ相手に2-0の勝利を収めて連敗をストップした16位のサンプドリア(勝ち点12)は、9位のヴェローナ(勝ち点19)とのホームゲームで今季初の連勝を狙った。なお、前節ヒザのケガで負傷欠場となった吉田はベンチスタートとなった。 立ち上がりから相手にボールを握られて押し込まれる展開が続くサンプドリア。それでも、粘り強く守りながら要所でカウンターを繰り出していく。 徐々に試合が拮抗した中、サンプドリアにアクシデント発生。接触プレーで足を痛めたフェラーリがプレー続行不可能となると、35分に吉田がスクランブル投入される。 すると、結果的にこの選手交代が試合を動かすことに。37分、ヴェローナのロングボールを使った攻めからゴール前の吉田が相手の折り返しをはじき出すと、ペナルティアーク付近でこのクリアに反応したタメゼが右足のミドルシュート。このシュートに対して吉田、GKアウデーロがしっかりと反応していたものの、吉田の左足の内側に当たって大きくコースが変わったボールが左隅へ決まった。 吉田のクリアミスとも言える形で失点を喫したサンプドリアはすぐさま反撃を開始。45分にはカウンターの形からボックス左でカンドレーバのラストパスを受けたカプートに決定機も、ニア下を狙ったシュートはGKモンティポの足を使ったファインセーブに遭う。さらに、前半アディショナルタイムにはセットプレーから波状攻撃を仕掛けたが、ゴールをこじ開けることはできず。 それでも、後半も立ち上がりから攻勢を仕掛けるサンプドリアは51分、左サイドでヴェッレが正確なクロスを供給すると、ボックス中央のカプートが冷静に胸を使ってファーへ流す。これに反応したカンドレーバがピッチへ叩きつける右足のボレーシュートを左サイドネットへ突き刺し、2試合連続ゴールとした。 1-1のタイに戻った試合はここからよりオープンな展開に。59分にはボックス手前で仕掛けたシメオネが鋭い右足のシュートを枠の左下隅へ飛ばすが、ここはGKアウデーロがビッグセーブで阻む。 その後、互いに交代カードを切りながら勝ち越しゴールを目指して一進一退の攻防を繰り広げる。すると77分、サンプドリアは相手陣内右サイドで得たFKの場面で味方がズラしたボールをカンドレーバがゴール前に正確なボールを入れる。これに反応したエクダルがわずかにコースを変えたボールがゴール左隅に決まった。 カンドレーバの活躍で試合を引っくり返したホームチームは、86分にカプートとクアリアレッラの2トップを下げて守備的なカードを切り逃げ切り態勢に入る。88分にはボックス内でファラオーニに決定的なシュートを打たれるが、これはGKアウデーロの好守で凌ぐ。 すると、90分には自陣左サイドでのボール奪取からカウンターを発動すると、最後はボックス左でガッビアディーニのシュートのこぼれ球に反応したムッルが見事な左足のグラウンダーシュートを対角上のサイドネットへ突き刺し、直前に投入された2選手の絡みから決定的な3点目を奪った。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、後半の3ゴールで逆転したサンプドリアが今季初の連勝を飾った。 2021.11.28 01:11 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ、今季主力定着のDFカサレと新契約締結!

エラス・ヴェローナは10日、イタリア人DFニコロ・カサレ(23)と2026年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ヴェローナのプリマヴェーラ出身のカサレは191cmの右利きのセンターバック。レンタル先のペルージャでプロデビューを飾ると、以降はヴェネツィアなど国内下部カテゴリーのクラブへの武者修行を経験。昨シーズンはセリエBのエンポリにレンタル加入すると、リーグ戦24試合に出場。同クラブのセリエB優勝とセリエA昇格に大きく貢献した。 そして、今季はヴェローナにレンタルバックすると、セリエA開幕節のサッスオーロ戦で待望のトップチームデビュー。以降は3バックの一角と左右のウイングバックのポジションを主戦場に、リーグ戦11試合で起用されている。 2021.11.11 01:44 Thu
twitterfacebook
thumb

絶好調ウェストハム、ヴェローナで再び脚光のシメオネJr獲得を画策か

ウェストハムがヴェローナから元アルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネ(26)の獲得を再考しているようだ。 アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が父親ということもあり、若くして存在が注目されるジョバンニ。母国を飛び出して以降、ジェノアやフィオレンティーナ、カリアリを渡り歩き、イタリアのみでのキャリアを過ごしている。 そして、今夏には買い取りオプション付きのレンタルでヴェローナ入りすると、ここまでセリエA11試合の出場で得点ランキング2位の9ゴール。先のユベントス戦でも2得点と大活躍して、自身4度目のセリエA二桁到達に早くも王手をかける。 一時の伸び悩みを吹き飛ばす活躍を披露するそんなシメオネJrに目を光らせるのが今季のプレミアリーグでも上位に割って入り、躍進を続けるウェストハム。イギリス『エクスプレス』によると、今年1月と今夏に続いて、注視しているという。 そのウェストハムはジャマイカ代表FWマイケル・アントニオがセンターFWの一番手に君臨しているが、ヨーロッパリーグ(EL)などのカップ戦を平行して戦うなかで、競争を促すという面からも新たなストライカーの必要性を感じている模様だ。 なお、ヴェローナは今夏のシメオネJr獲得に際して、レンタル料として100万ユーロ(約1億3000万円)をカリアリに支払い、買い取りオプション額は1200万ユーロ(約15億6000万円)とみられる。 2021.11.10 14:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ヴェローナに勝ち切れず連勝が「3」でストップ…指揮官は「常に完璧な結果を出すことは容易ではない」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が、ヴェローナ戦を振り返った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 セリエAで首位に立つナポリは7日、第12節でヴェローナとホームで対戦。13分に先制を許したが、5分後にDFジオバニ・ディ・ロレンツォのゴールで追いつく。その後も攻め続け、相手は終了間際に2人の退場者を出したものの、追加点を奪えずに1-1で試合終了。公式戦の連勝は「3」でストップした。 スパレッティ監督は、攻撃面で課題の残る試合だったと回想。それでもチームには競争力があり、シーズン最後まで戦える力があることを強調した。 「もっと上手く振る舞えたはずだが、ヴェローナを称賛しなければならない。我々はより優れたクオリティと具体性を持ってプレーする必要があった」 「今回のような相手は対戦するのがとても難しい。攻撃面でもっと速くプレーし、ワンツーでスピードを出す必要があった」 「特にサポーターには、勝てなかったことを申し訳なく思う。だが、常に完璧な結果を出すことは容易ではない。サッカーはパフォーマンスによって解釈されなければならないのだ。今夜は何かが足りなかったが、我々のプレーは常に脅威であり、チームは常にまとまっていることを示してきた」 「この引き分けを受け入れる必要がある。しかし同時に、私たちは競争力のあるチームで、注目を浴びているのだ。シーズンの終わりまで、主人公でいるために必要な全てを持っていることを認識しなければならない」 2021.11.08 15:01 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly