なでしこジャパン高倉麻子監督が5年間で蒔いた種、開いた強豪国との差

2021.08.30 20:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
◆2019~2021年:世代は変わったが課題は克服し切れず

欧米勢との対戦ではスピードやフィジカルで劣り、主導権を握れずに勝ち切れないという課題を抱えたまま臨んだ2019年のフランス女子W杯。高倉ジャパンの中心であった阪口夢穂が負傷明けながら実戦経験のないまま帯同されたことが波紋を呼ぶ。結果的にほかにも負傷者が相次ぎ、予選は1勝1分け1敗と辛うじて突破したものの、ベスト16でオランダに惜敗してフランスを後にした。

この頃から、ヨーロッパ勢がフィジカルベースだけでなく、ポゼッションの技術や戦術的な戦い方を身に付けて進化していった一方で、なでしこジャパンの持ち味であったパスワークがもはや日本だけの特権ではないと、周囲にも認知され始めた。

国内での親善試合やアジアでの戦いでは、そういった課題に砂をまぶしながら勝利を手にすることができた。同年のEAFF 女子E-1サッカー選手権では全勝で優勝し、アジア3冠を手にするも、翌2020年3月のShe Believes Cupではスペイン女子代表、イングランド女子代表、アメリカ女子代表に3連敗。さらには、新型コロナウイルスが猛威を振るい、国際試合が組めないという事態もマイナスに働いてしまった。

一方で、なでしこチャレンジと称してトレーニングキャンプを実施し、なでしこジャパンへの門戸を広げもした。林穂之香北村菜々美らは、育成年代での活躍からなでしこチャレンジを経てA代表へ入っている。

そして迎えた2021年。親善試合では大勝を収めるも、東京オリンピック本番ではグループステージから苦しみ、決勝トーナメントではスウェーデン女子代表に敗れてベスト8止まり。戦前の予想を覆すことはできず、戦術性や応用力を欠いたまま自国大会を終えることになった。

なでしこジャパンが抱えている課題は明確だ。戦術面における先進国との開きは明らかで、もはや精神論では片づけられない。今後はフィジカルや技術、粘り強さだけを語るだけなく、頭の中を整理しながら戦えるようなチーム作りが必要となってくるだろう。

種はすでに蒔かれ、芽吹き始めてもいる。スウェーデン戦後に長谷川は「ヨーロッパのサッカーが変化している中で、理論的に立ち位置なども理解しながら、もっと突き詰めないといけない」と語った。その長谷川は今シーズンからイングランドのウェストハムでプレーする。世界トップの戦術を肌で吸収するまたとない機会だ。

若くしてすでに海外でのプレーを選択している林や宝田沙織も、ここからさらに伸びるだろう。同じように早くして海を渡った先輩、岩渕真奈熊谷紗希のように、なでしこの主軸へと進化できるかだ。

さらに、9月からはWEリーグも開幕する。高倉監督が裾野を広げたこともあり、代表入りを現実的な目標にできる環境も整いつつある。日の丸を経験した選手たちが個や組織でのプレー基準を上げていけば、国内サッカー全体のレベルアップ、ひいてはなでしこジャパンの復権に繋がっていくだろう。

《超ワールドサッカー編集部・江原正和》







関連ニュース
thumb

「可愛い笑顔、待ってました」カップ戦初代女王、浦和レディース塩越柚歩に多数のエール「トロフィー似合う」

三菱重工浦和レッズレディースのMF塩越柚歩が、リーグ戦と残り3カ月となった今年への気持ちを述べた。 浦和レディースは1日に行われたWEリーグカップ決勝、日テレ・東京ヴェルディベレーザ戦で0-3の圧倒的劣勢から赤い戦士の意地を見せて同点に追い付き、PK戦の末に勝利して初代チャンピオンの座についた。 塩越もダブルボランチの一角としてフル出場。2点目の契機となるシュートを放てば、PK戦でも2人目のキッカーとして登場し、きっちりとネットを揺らした。 試合直後にはチームでの集合写真を自身のインスタグラムへアップ。明けて3日にはトロフィーを手にしたソロショットやMF遠藤優との"ゆうゆずコンビ"で、優勝記念タオルマフラーを掲げた姿を公開した。 「気づいたら10月スタートしてました。いいスタートきれたはず。少し休んでリーグに向けてまたみんなでがんばります」 ⁡ 「今年も残り3ヶ月!たのしむぞー!!」 1つ目のタイトルを獲得し、リーグ戦へ向けても意気込む塩越には、「頑張れ柚歩」、「素敵な笑顔です」、「遠藤選手とのツーショットもよきです」、「初代女王。おめでとうございます」、「(リーグ戦と皇后杯)あと2つ取りたいですねっ」、「可愛い笑顔、待ってました」、「トロフィーが似合う」などのエールが送られている。 相方の遠藤も同じ写真を用いてメッセージを発信。グループステージでは全試合に出場しながら残念ながら決勝戦ではケガのためにベンチから外れていた。 「最後まで尽力できず悔しさもありますが、リーグ戦では必ず暴れてみせます!」 「2022-23 Yogibo WEリーグ」の開幕節は22日から23日にかけて行われる。浦和レディースは23日にAC長野パルセイロ・レディースと対戦。会場は埼玉スタジアム2002だ。 <span class="paragraph-title">【写真】トロフィーを持つ塩越と、1つのタオルマフラーを2人で手にするゆうゆずコンビ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CjP8nA_PneO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CjP8nA_PneO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CjP8nA_PneO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">塩越 柚歩(@yuzuho_shiokoshi19)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】WEリーグカップ決勝戦のハイライト</span> <span data-other-div="movie2"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/7VU1HUrxBkg" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.10.04 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

これぞストライカー! シカゴの元なでしこFW永里優季が鮮烈ゴールでチームを逆転PO進出へ導く

シカゴ・レッドスターズの元なでしこジャパンFW永里優季がストライカーの矜持を見せた。 アメリカ、ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)のレギュラーシーズン最終節、シカゴ・レッドスターズvsエンジェル・シティFCが現地時間2日にシートギーク・スタジアムで行われ、2-0でシカゴが勝利した。 シカゴの永里はフル出場して1得点をマーク。エンジェル・シティのFW遠藤純は先発出場して74分までプレーしている。 勝てばプレーオフ(PO)出場圏内の6位に滑り込めるシカゴは、前半のアディショナルタイムにFWサラ・ルーベルトの絶妙アシストからFWマロリー・ピューが流し込み、リードを奪って前半を終えた。 迎えた77分にはシンプルな攻撃で追加点を奪取。最終ラインからのフィードをMFヴァネッサ・ディベルナルドがフリックすると、永里がこれに合わせてオフサイドラインのギリギリで抜け出し、ボックス手前右まで持ち運ぶ。フェイントを交えて中へ切れ込みつつ、シュートコースを作ると、ペナルティアーク内から左足を振り抜き、強烈な一撃をゴールへと突き刺した。 永里の今季3得点目をNWSL公式ツイッターも「なんて一撃だ!」と紹介。アメリカ再挑戦後はFWだけでなく中盤でも起用されるなど、プレーの幅を広げている永里だが、最前線で起用されたこの日は見事に直接的な結果で応えて見せた。 このまま試合終了のホイッスルを迎えたシカゴは、ノースカロライナ・カレッジをかわして6位に浮上。最終節逆転でPO準々決勝ラウンド進出を決めた。POでは16日にサンディエゴ・ウエーブとアウェイで対戦し、勝利すればポートランド・ソーンズの待つ23日の準決勝へ進める。 進化し続ける35歳のストライカー。ノックアウトステージでもチームを勝利に導くゴールが期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】PO進出を手繰り寄せる、永里優季カットインから強烈な一撃!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Okayyyy <a href="https://twitter.com/Yuki_Ogimi?ref_src=twsrc%5Etfw">@Yuki_Ogimi</a> what a strike!! <a href="https://twitter.com/chicagoredstars?ref_src=twsrc%5Etfw">@chicagoredstars</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/MKOT?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MKOT</a> <a href="https://t.co/1u7vjcWiBv">pic.twitter.com/1u7vjcWiBv</a></p>&mdash; National Women’s Soccer League (@NWSL) <a href="https://twitter.com/NWSL/status/1576721108858015744?ref_src=twsrc%5Etfw">October 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.03 16:35 Mon
twitterfacebook
thumb

川澄が絶妙な今季初得点に杉田はPK奪取+2Aの活躍!新旧なでしこの直接対決は両者結果残すも痛み分け

NJ/NYゴッサムFCのMF川澄奈穂美とポートランド・ソーンズのMF杉田妃和が、直接対決で互いに意地を見せた。 アメリカ、ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)の最終節、ゴッサムFCvsポートランドが現地時間1日にレッドブル・アリーナで行われ、3-3の引き分けに終わった。 川澄は89分まで出場し、先制ゴールをマーク。杉田はフル出場し、PK奪取に2アシストと全3得点に絡んだ。 勝てばレギュラーシーズンの首位が確定するポートランドだったが、試合を動かしたのはすでに最下位が決まっているゴッサムFC。39分、ボックス右からのクロスがゴール前での混戦を誘発すると、こぼれ球に反応した川澄がここしかないという狭いコースへ右足で流し込んだ。 先手を取られたポートランドは杉田の仕掛けが同点弾につながる。44分、クリアボールをボックス左で拾って縦へ勝負すると、これが相手DFのトリッピングを誘発してPKを獲得。FWソフィア・スミスがきっちり沈めて同点とする。 勢いのままに2分後には杉田が逆転ゴールを演出。中央から右へ開く動きでフリーとなってスルーパスを引き出し、右足のダイレクトクロスでスミスの逆転弾をお膳立てした。 ポートランドリードで折り返しての53分には、再び杉田にアシストが記録される。ペナルティアーク左で縦パスを受け、タメを作って左の深い位置へ展開すると、FWモーガン・ウィーバーのクロスがそのままゴールへと吸い込まれた。 2点差としたポートランドだったが、3分後に1点を返されると、74分にも失点を喫して同点でタイムアップ。2日にOLレインが勝利したため、2位でレギュラーシーズンを終えることとなった。プレーオフでは準決勝から登場し、サンディエゴ・ウエーブvsシカゴ・レッドスターズの勝者と、23日に対戦する。 また、川澄はこの日の得点が今季初ゴールに。チームが選出するプレーヤー・オブ・ザ・マッチ(POTM)にも輝いていた。 INAC神戸レオネッサ時代に共闘した新旧なでしこジャパンの2名。最終節は痛み分けに終わったが、来季以降もチームの主軸としてピッチでの熱い戦いが期待される。 <span class="paragraph-title">【動画】絶妙なコースを突いた川澄奈穂美の今季初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">KAWASUMIIII!!!! <a href="https://twitter.com/NahoKawasumi_9?ref_src=twsrc%5Etfw">@NahoKawasumi_9</a> finds the back of the net to make it 1-0! <a href="https://twitter.com/hashtag/NJNYvPOR?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NJNYvPOR</a> | <a href="https://twitter.com/GothamFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@GothamFC</a> <a href="https://t.co/AYfwMeCBbj">pic.twitter.com/AYfwMeCBbj</a></p>&mdash; National Women’s Soccer League (@NWSL) <a href="https://twitter.com/NWSL/status/1576343911483772928?ref_src=twsrc%5Etfw">October 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】杉田がニアへのピンポイントクロスで逆転弾をアシスト</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> ANOTHA ONE! <a href="https://twitter.com/sophsssmith?ref_src=twsrc%5Etfw">@sophsssmith</a> adds one right before halftime! <a href="https://twitter.com/hashtag/NJNYvPOR?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NJNYvPOR</a> | <a href="https://twitter.com/ThornsFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@ThornsFC</a> <a href="https://t.co/AoYBzP6nUC">pic.twitter.com/AoYBzP6nUC</a></p>&mdash; National Women’s Soccer League (@NWSL) <a href="https://twitter.com/NWSL/status/1576345862011326464?ref_src=twsrc%5Etfw">October 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】川澄が先制弾に杉田がPK奪取+2アシスト、ゴッサムvsポートランドのハイライト</span> <span data-other-div="movie3"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Six Goals Highlights <a href="https://twitter.com/hashtag/NJNYvPOR?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NJNYvPOR</a> presented by <a href="https://twitter.com/Nationwide?ref_src=twsrc%5Etfw">@Nationwide</a> <a href="https://t.co/BrqizW3CvZ">pic.twitter.com/BrqizW3CvZ</a></p>&mdash; National Women’s Soccer League (@NWSL) <a href="https://twitter.com/NWSL/status/1576387476498907138?ref_src=twsrc%5Etfw">October 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.03 15:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマDF南萌華がCL予選で後方から飛び込みヘディング弾! 勝利後にはロッカールームで熱唱!

今夏、三菱重工浦和レッズレディースからローマへと移籍し、海外に挑戦しているなでしこジャパンのDF南萌華が再び結果を残した。 ローマの女子チームに加入した南。元日本代表MF中田英寿氏以来となる日本人選手の加入となると、加入当初からクラブのSNSで何度も登場するなど、すでに溶け込んでいた。 そのローマは、UEFA女子チャンピオンズリーグの(UWCL)予選を戦っており、29日には2次ラウンドの2ndレグとなったスパルタ・プラハ戦を戦った。 1stレグを2-1で勝利していたローマ。南は3バックの一角として先発出場する。 すると、チームは先制を許し2戦合計で追いつかれるも、すぐにゴールを決めて勝ち越しに成功。後半に1点を決めて迎えた70分にその時はくる。 ボックス手前からのクロスから、ボックス内で混戦となると浮き球に後方から走り込んで飛び込んだ南がヘッド。これがネットを揺らし、3-1、2線合計5-2と勝利を決定づけるゴールとなった。 なお、試合は4-1で勝利。2戦合計6-2とし、ローマはUWCLの本戦出場が決定。また、FW岩渕真奈が所属するアーセナルやDF熊谷紗希が所属するバイエルンも勝ち上がり、日本人3選手が出場することとなる。 <span class="paragraph-title">【動画】CL出場に貢献する南萌華のヘッド!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="nHkSjGUD0XY";var video_start = 135;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】南萌華がロッカールームでチームメイトと勝利を祝う熱唱!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/ASRomaFemminile?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRomaFemminile</a> <a href="https://t.co/pwcjTrl9lE">pic.twitter.com/pwcjTrl9lE</a></p>&mdash; AS Roma Femminile (@ASRomaFemminile) <a href="https://twitter.com/ASRomaFemminile/status/1575531882313400325?ref_src=twsrc%5Etfw">September 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.30 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

「ただただキュートだ」アーセナル岩渕真奈の笑顔に脚光「これもマナの魔法か」「フィールドで会いたい」

アーセナルに所属するなでしこジャパンFW岩渕真奈の笑顔がファンを魅了している。 16日に開幕したイングランドのFA女子スーパーリーグ(FAWSL)。岩渕にとってアーセナルでの2シーズン目がスタートした。 シーズンオフに両足首を手術した岩渕は、順調に回復したものの、チームのシステム変更や新戦力の活躍もあり、ここまで出場機会なしと苦しんでいる状況だ。 それでも決して腐ることなく練習に励んでいるようで、チームの公式SNSが27日の練習の様子を公開。あいにくの雨ながら、その中で岩渕が満面の笑みを見せていた。 その姿にはファンも「ただただキュートだ」、「私たちにマナの魔法が必要だ」、「彼女はいつプレーするの?」、「幸せな写真」、「マナ!」、「フィールドで会いたい」、「これもマナの魔法か」と反響は寄せられている。 29日に行われた女子チャンピオンズリーグ(UWCL)ラウンド2の2ndレグ、アヤックス戦ではベンチ入りしながらも出場はなかった岩渕。ポジション争いはし烈ながら、試合でこの笑顔を見られる日をファンも心待ちにしている。 <span class="paragraph-title">【写真】岩渕真奈の弾ける笑顔!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Training in the rain <a href="https://t.co/tuRC4t4Z1x">pic.twitter.com/tuRC4t4Z1x</a></p>&mdash; Arsenal Women (@ArsenalWFC) <a href="https://twitter.com/ArsenalWFC/status/1574816542251941888?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.30 19:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly