広島レジーナ退団の松原志歩がデンマークの強豪フォルトゥナ・イェリングへ!U17では長谷川唯らと世界一を経験

2023.08.18 15:12 Fri
U-20女子W杯出場時の松原志歩
Getty Images
U-20女子W杯出場時の松原志歩
サンフレッチェ広島レジーナは17日、海外挑戦のために退団を発表していた松原志歩(26)がデンマーク女子1部のフォルトゥナ・イェリングに加入することを発表した。大阪府出身の松原はセレッソ大阪堺レディース(現:セレッソ大阪ヤンマーレディース)の出身で、アルビレックス新潟レディースへ期限付き移籍を経て、WEリーグ発足年の2021年にS広島Rへと完全移籍で加入した。両サイドや中盤守備的な位置を主戦場とする。
年代別の日本代表にも名を連ね、2014年には高倉麻子監督率いるU-17女子日本代表で長谷川唯や長野風花らとともに、ホルヘ・ビルダ監督(現:スペイン女子代表監督)のU-17スペイン女子代表を下して世界一に輝いた実績を持つ。

なでしこリーグでは通算141試合32得点、WEリーグでは8試合に出場している。

フォルトゥナ・イェリングは国内リーグ11度の優勝を誇る強豪でUEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)にも度々出場しているが、この2年はHBキューゲが台頭。今季は3季ぶりの優勝を目指す。
初の海外挑戦へ向け、松原はS広島Rの公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「このたび、デンマーク1部のFORTUNA HJORRINGに移籍が決まりました。言葉や食事など大変なこともありますが、とにかく色んなことにチャレンジし大好きなサッカーを全力で楽しんで、大きな相手にも負けないように頑張ります。少し遠いですが応援していただけると嬉しいです。よろしくお願いします!」

1 2
関連ニュース

「評判が悪くて新天地も…」ベントナーが後悔と心の闇を告白「年齢を重ねてようやく過去を…」

元デンマーク代表FWニクラス・ベントナー氏(36)が本意ではない現役引退を振り返り、後悔と心の闇を打ち明けた。イギリス『サン』が伝えている。 良くも悪くも北欧デンマークを代表するフットボーラーとして名を馳せたベントナー氏。アーセナルやユベントスといった経歴以上に、飲酒運転・無免許運転・器物損壊・暴行といった数々の犯罪歴がクローズアップされる。 それでも、珍発言の数々や屈託のない笑顔で愛されキャラとして認知され、現在は母国で「ニクラスのイタズラ」という自身の名を冠したバラエティ番組の司会者として活躍中。一方ではデンマークのサッカーを議論するラジオ・ポッドキャスト番組にもレギュラー出演する。 そんななか、かつて自伝を共同制作したライターと再会し、自身の心の闇を打ち明けるドキュメンタリー番組への出演を了承。2021年6月の現役引退発表に至るまでの1年半を回想し、普段は明るく陽気な“ベントナー男爵”も、今回ばかりは神妙に「後悔」を打ち明けた。 「2019年限りでローゼンボリを退団したあと、いくつかのクラブから話があり、行きたいクラブもあったが、中国で始まったことにより、その選択肢はなくなった」 “中国で始まったこと”が指すのは、新型コロナウイルスの世界的蔓延。ローゼンボリ退団後に新天地を探したベントナー氏だが、結局どのクラブも自身の獲得にゴーサインを出さず。コロナによるクラブ財政逼迫の懸念と同時に、自らのパーソナリティが嫌われたと感じたようだ。 「(私の)評判は決して良くなかっただろうからね。いくつかのクラブのコーチから『私としてはキミを獲得したいが、上層部は動かない』と言われたよ。獲るか獲らないか…クラブが難しい決断を迫られたとき、私のような人間は有利にならないのだろう。キャリアを終えることにした」 結局、無所属が1年半続いた末、やるせなさを抱えたまま引退発表。今なお現役復帰を夢に見ると明かしつつ、それは叶わないとも語る。 「引退発表が正しい選択だったかどうかわからない。いや、じっくり考えての行動ではなかったんだ。そのせいだろうか。ここ2〜3年、復帰を考えなかった日なんかない。今日もそうだ。だが、はっきり言ってそれは妄想だ。もうフットボーラーのカラダには戻れない」 「私にとってフットボールは“愛”。心の底から愛してきた唯一のものであり、少年時代から私に自由な空間を与えてくれた唯一の場所だ。どんな闇を抱えていても、ピッチに入れば全てが吹き飛んだ。他に同じ“愛”を見つけるのは難しい」 「故意に誰かを傷つけたり、失望させようとしたことなんか一度もない。だが、自分の中に平穏を見つけるのに、私はあまりに長い時間を要してしまった…この少々難しい性格を今さら隠すつもりはない。年齢を重ねてここに座っている今、ようやく過去を冷静に振り返ることができる。そして、振り返れば振り返るほどに『後悔』が押し寄せてくる」 2024.02.09 18:25 Fri

デンマークがユーロ本大会へ! 指揮官も歓喜 「祝わないと」

デンマーク代表がユーロ2024本大会行きの切符を手にした。 グループH2位のデンマークは17日の第9節で同じく勝ち点19の首位スロベニア代表とホームで対戦。2-1と競り勝ち、首位突破を決めた。 『UEFA.com』によると、ベスト4の前回に続く2大会連続10度目の本戦出場を決めたカスパー・ヒュルマンド監督は「チーム全体に満足だ」と歓喜した。 「すべてに満足しているよ。選手たちは互いの目を見て、“見せてやろう!”と言い合っていたんだ」 「昼夜にわたってハードワークとプレッシャーがたくさんある。こうした夜は楽しい時間だし、祝わないとね」 「フットボーラーにとって、キャリアのなかでも大きな夜の1つだ。忘れられない夜になるだろうね」 また、勝ち越しゴールのトーマス・デラネイに「1.5人分の仕事をこなす選手だ。もうやれることがなくなるまで素晴らしいプレーをしてくれた」と評した。 2023.11.18 12:15 Sat

スロベニアとの上位対決制したデンマークが本大会行きを決定!【ユーロ2024予選】

ユーロ2024予選グループH第9節のデンマーク代表vsスロベニア代表が17日に行われ、ホームのデンマークが2-1で勝利した。 すでにプレーオフ圏内を確保し、勝ち点19で並ぶグループHの首位攻防戦。逆転での首位通過を狙う2位のデンマークは、マンチェスター・ユナイテッドに所属するエリクセンとホイルンドの攻撃の中心選手2人を負傷で欠くなかでホームでの勝利を狙った。ヒュルマンド監督はホイビュア、デラネイ、ノアゴーアの3セントラルMFにヴィンドとユスフ・ポウルセンを2トップ配した布陣で臨んだ。 立ち上がりからホームのデンマークが攻勢を仕掛けていく。9分にはメーレのミドルシュートで最初の枠内シュートを記録すると、以降はポウルセンとヴィンドの2トップをシンプルに使った攻撃で幾度か良いシーンを作り出す。 すると、前半半ば過ぎの26分には得意のサイドアタックからゴールをこじ開ける。右サイドを起点とした攻めからボックス左でルーズボールを回収したクリスティアンセンが浮き球のクロスを供給。中央のヴィンドには合わなかったが、ゴール右に飛び込んだメーレのダイレクトシュートがニア下に突き刺さり、両ウイングバックの攻撃参加からの先制点となった。 一方、守勢が続くなかで耐え切れずに失点したスロベニアだが直後に追いつく。30分、ボックス手前右の好位置で得たFKの場面でキッカーのヤンザが壁の上をギリギリで越える見事な左足のシュートを放つと、GKシュマイケルの手をはじいてゴールネットに吸い込まれた。 1-1のタイに戻った試合はここから球際でのバトルがより激しくなる。そのなかでホームのデンマークが引き続き優勢に試合を運んだが、決定機まで持ち込むまでには至らず。均衡が保たれたまま後半へと折り返した。 立ち上がりからポウルセンに2度の決定機が訪れるなど良い入りを見せたデンマークは、早い時間帯に勝ち越しに成功する。54分、左CKの二次攻撃からボックス手前左でイェンセンがゴール前に入れたボールをヴェステルゴーアが頭でフリック。ゴール右のデラネイが落ち着いたボールコントロールから左足のボレーシュートを流し込んだ。 前半の反省を活かしてリードを奪った後も相手に攻撃の機会を与えることなくスロベニア陣内でのプレーを継続するホームチーム。そして、押し込んだ流れで3点目に迫るシーンを作り出す。 一方、後半は決定機はおろかシュートまで持ち込めない苦境のスロベニアは積極的に交代カードを切って何とか流れを変えようと腐心する。だが、一連の交代も効果的な一手とはならなかった。 その後、ポウルセンの決定的なミドルシュートが相手守護神オブラクの意地のビッグセーブに阻まれるなど最後まで試合を決める3点目を奪えなかったデンマーク。それでも、試合を通してスロベニアに決定機を与えない堅守で危なげなく逃げ切った。 この結果、スロベニアとの上位対決を制したデンマークが首位に浮上し、最終節を残して本大会行きを決めた。 2023.11.18 06:49 Sat

エリクセンとホイルンドの離脱期間が判明…前者は約1カ月の離脱に

マンチェスター・ユナイテッドは13日、MFクリスティアン・エリクセンとFWラスムス・ホイルンドの負傷を報告した。 両選手は11日に行われたプレミアリーグ第12節のルートン・タウン戦(1-0で勝利)に先発出場。だが、前半にエリクセンが左ヒザ、後半にホイルンドが右ハムストリングの負傷でいずれも交代を余儀なくされた。 ユナイテッドはその2選手の状態に関して、エリクセンが約1カ月、ホイルンドが今月末まで離脱する見込みであることを明らかにした。 また、両選手は今回のインターナショナルマッチウィークにデンマーク代表に招集されていたが、このケガを理由に離脱が決定。代わってナポリのMFイェスパー・リンドストロームとトラブゾンスポルのDFイェンス・ストリガー・ラーセンが追加招集されている。 なお、今回のメディカルレポート通りの離脱期間となる場合、ホイルンドはインターナショナルブレーク明けのエバートン戦、ガラタサライ戦の2試合、エリクセンは加えてニューカッスル戦、チェルシー戦、バイエルン戦、リバプール戦といった重要な試合を欠場することになる。 2023.11.14 07:00 Tue

母国デンマークでCLに臨むエリクセン、馴染みの会場は「雰囲気が非常に特別」

マンチェスター・ユナイテッドのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが母国での試合について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 プレミアリーグは6勝5敗の8位、チャンピオンズリーグ(CL)は1勝2敗のグループA・3位と、思うように勝ち星を増やすことができていない今シーズンのユナイテッド。そんな中、8日には逆転でのグループ2位以内入りを目指してCLグループA第4節のアウェイ・コペンハーゲン戦に臨む。 エリク・テン・ハグ監督と共に前日記者会見に出席したエリクセンは、コペンハーゲンのホームスタジアムであるパルケン・スタディオンでのプレーについてコメント。デンマーク代表でのプレー経験から特別なスタジアムであることは理解しているというが、「夢の劇場」の愛称を持つユナイテッドの本拠地オールド・トラッフォードとの比較については明言を避けた。 「ここでコペンハーゲンと対戦したことは一度もない。代表チームの一員としてしかここに来たことがないが、雰囲気が非常に特別だということは知っている」 「特別な雰囲気が味わえることは期待しているが、(コペンハーゲンのヤコブ・ニーストラップ監督いわく)オールド・トラッフォードよりも100倍ドラマチックな劇場だって? それについてはわからない」 また、エリクセンはオーデンセBKユース時代のチームメイトである、コペンハーゲンの元デンマーク代表MFラスムス・ファルクとの対戦にも言及。オールド・トラッフォードで顔を合わせたグループA第3節を振り返りつつ、幼馴染への想いを語った。 「特別だった。なんとか彼を(試合から)追い出すこともできた!」 「彼に会えるのはいつだって特別なことだ。一緒にプレーしてから何年もずっと彼を追い続けてきた。対戦できるのは素敵なことだし、パルケンではより楽しいだろうね」 このコペンハーゲン戦がグループステージ突破に向け重要な一戦になるとも述べたエリクセン。ここまでグループA内で唯一勝利をあげている相手から再び勝ち点「3」を得るつもりだと意気込んだ。 「僕らにとって大事なのは勝ち点『3』だ。グループステージを突破するために勝ち点『3』を獲得する必要があることはわかっている」 「最初の2試合では多くの勝ち点を失ったから、明日は勝ち点3を得るためのチャンスだ」 2023.11.08 19:33 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly