日テレ・ベレーザ一筋のDF宮川麻都がハンマルビーへ完全移籍! スウェーデンの名門、今季から天野紗も加入

2024.07.08 13:20 Mon
ベレーザ一筋でプレーしてきた宮川麻都
©WE LEAGUE
ベレーザ一筋でプレーしてきた宮川麻都
日テレ・東京ヴェルティベレーザは8日、DF宮川麻都(26)がダームアルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部リーグ)のハンマルビーに完全移籍することを発表した。

宮川は神奈川県出身で、2010年から日テレ・メニーナでプレー。2016年にベレーザに昇格し、クラブ一筋でプレーを続けてきた。
これまでなでしこリーグで60試合4得点、WEリーグで55試合3得点を記録。カップ戦などを含め、公式戦通算174試合9得点を記録していた。

宮川はクラブを通じてコメントしている。

「中学1年生の時から約14年間、お世話になりました。日本トップレベルのメニーナ、ベレーザでプレー出来たこと、素晴らしいチームメイトに出会えたこと、そして信頼出来る指導者の元でサッカーを学ぶことが出来たこと。全てが自分にとってかけがえのない財産で幸せでした」
「毎日、ヴェルディグランドに通い、勝負にこだわり、勝つ喜び、負ける悔しさを学びました。時には、怒られ涙する日もありましたが、どんな時も仲間と一緒に乗り越えてきました。そして日々のトレーニングで、サッカーの奥深さを知り、自分を強く成長させてももらいました」

「自分のサッカー人生の中で、夢だった海外でのプレー。常に仲間に助けられ、頼ってきた自分が、異国の地でどれだけやれるのか、挑戦してみたい気持ちが強く、今回移籍を決意しました。ベレーザの名に恥じないように、頑張ってきます」

「どんな時も背中を押し続け、声をあげて応援してくれたファン・サポーターの皆さん。支えて下さったホームタウン、パートナー企業のみなさん。ベレーザ、ヴェルディのクラブに関わる全てのみなさん。本当にありがとうございました。私はこれからも、ずっとこの緑のクラブが大好きです。緑のハート」

ハンマルビーには、今シーズンからINAC神戸レオネッサを退団したU-20日本女子代表MF天野紗(20)も加入しており、日本人2人がプレーすることになる。

宮川麻都の関連記事

日テレ・東京ヴェルディベレーザは27日、DF宮川麻都の負傷を発表した。 宮川は24日に行われた2023-24WEリーグ第12節のサンフレッチェ広島レジーナ戦に先発出場。しかし、60分にパスカットに行った宮川が中嶋淑乃と接触。その際に転倒すると左肩を強打し倒れ込んだ。 ドクターがピッチに入り治療を行うも、プレー続行不可能に。左肩を押さえた状態でしばらく中断。その後、63分に岩﨑心南と交代していた。 クラブの発表によると、宮川は左鎖骨骨折と診断されたとのこと。全治は3カ月とされている。 今シーズンの宮川は、リーグ戦では全12試合に出場。WEリーグカップでも4試合に出場していた。 2024.03.27 20:58 Wed
24日、2023-24 WEリーグ第12節の日テレ・東京ヴェルディベレーザvsサンフレッチェ広島レジーナが味の素フィールド西が丘で行われ、ホームの東京NBが2-1で勝利を収めた。 互いに前節は勝利を収め、連勝を期して臨んだ4位・東京NB(勝ち点19)と8位・S広島R(勝ち点12)。藤野あおばと中嶋淑乃、なでしこジャパンのアタッカーを擁する両チームの一戦は、序盤から東京NBがボールを握って押し込み続け、8分には縦パス2本で試合を動かす。 坂部幸菜がインターセプトから持ち上がり、下りてきた藤野へ預けると、続く縦パスを受けた北村菜々美がペナルティアーク右からコースを突いた右隅への一撃を沈め、東京NBがリードを奪った。 なおも攻勢続く東京NBは15分、右からのクロスに宮川麻都が飛び込むが、渾身のヘディングシュートはGK木稲瑠那にセーブされる。以降も怒涛の攻撃を見せた東京NBだったが、追加点を奪えずにいると、63分にはインターセプト後に中嶋の残り足に引っ掛かった宮川が、転倒時に左肩を負傷。プレー続行不可能となり、岩﨑心南との交代を余儀なくされ、不穏な空気が漂うと、76分に試合は振り出しに戻る。 S広島Rは右ポケットへ抜け出した上野真実がGK野田になに倒されてPKを獲得すると、これを短い助走から上野自らGKの逆を突いて沈めた。 追い付かれた東京NBは79分、神谷千菜に代えて鈴木陽を投入。この策が的中する。 88分、藤野が右へ散らして岩﨑がクロスを送ると、U20 AFC女子アジアカップ帰りの土方麻椰が胸トラップからのボレーシュート。GKがこぼしたボールに鈴木が頭から飛び込み、値千金の勝ち越しゴールをマークした。 今冬にオルカ鴨川から加入した昨季のなでしこリーグの最優秀選手、板橋区出身・鈴木のゴールで再びリードを奪った東京NB。2試合連続で途中出場選手が結果を残し、2連勝を飾っている。 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 2-1 サンフレッチェ広島レジーナ 【東京NB】 北村菜々美(8分) 鈴木陽(88分) 【S広島R】 上野真実(76分)[PK] <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】鈴木陽のWE初ゴールで東京NBがS広島Rに劇的勝利!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="bq-Q9IBbN5E";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.24 16:35 Sun
日本初の女子プロサッカーリーグとして、2021-22シーズンの幕開けから3年目を迎えたWEリーグ。11チーム編成での2シーズンを経て、今季からはセレッソ大阪ヤンマーレディースが新たに参入し、計12チームで行われている。 16日に行われた今季の第10節は、発足からちょうど50節目となり、開幕時からケガや出場停止なく出場し続けた皆勤賞の選手12名が、WEリーグ通算50試合出場の節目を迎えた。 20日の第11節も含めて、計20名がWEリーグ通算50試合出場を達成。今週末23日と24日の第12節でも、多数の記録達成者が見込まれている。 ◆WEリーグ通算50試合出場達成者 ()内は現所属 ▽第10節にて達成 伊藤美紀(三菱重工浦和レッズレディース) 清家貴子(三菱重工浦和レッズレディース) 井上綾香(大宮アルディージャVENTUS) 仲田歩夢(大宮アルディージャVENTUS) 岸みのり(ちふれASエルフェン埼玉) 園田悠奈(ちふれASエルフェン埼玉) 木下桃香(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 大賀理紗子(ノジマステラ神奈川相模原) 成宮唯(INAC神戸レオネッサ) 髙橋美夕紀(サンフレッチェ広島レジーナ) 中嶋淑乃(サンフレッチェ広島レジーナ) 松本茉奈加(サンフレッチェ広島レジーナ) ▽第11節にて達成 國武愛美(マイナビ仙台レディース) 中島依美(マイナビ仙台レディース) 吉田莉胡(ちふれASエルフェン埼玉) 宮川麻都(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 石田千尋(アルビレックス新潟レディース) 脇阪麗奈(セレッソ大阪ヤンマーレディース) 三宅史織(INAC神戸レオネッサ) 市瀬千里(サンフレッチェ広島レジーナ) 2024.03.21 16:30 Thu
20日、2023-24 WEリーグ第11節の大宮アルディージャVENTUS vs 日テレ・東京ヴェルディベレーザがNACKスタジアム大宮で行われ、アウェイの東京NBが1-0で勝利を収めた。 前節の勝利で5位まで浮上した大宮V(勝ち点14)と、2試合未勝利で4位に足踏みの東京NB(勝ち点16)。 大宮Vは勝てば順位をひっくり返せる一戦だったが、戦前の予想通り、ボール保持の時間が続くのは東京NB。新たな[3-5-2]をマイナーチェンジした[3-4-2-1]を採用した今節は、サイドにおける攻守の役割も明確となった。 前半も半ばを過ぎるとハーフコートゲームの様相を呈し、23分には細かいパスワークから、その1分後には宮川麻都のクロスから、2試合ぶりの先発となった鈴木陽に好機が訪れる。 大宮Vはコンパクトな守備ブロックで粘り強く対応し、時には前線2枚も下がるなど割り切ることで、カウンターの数は限られたが、無失点で前半を切り抜けた。 折り返しての後半も東京NBが主導権を握り、51分には木下桃香が左ポスト直撃のミドルシュート。欠けていた選択肢を提示する。 さらに選手交代も駆使して攻勢を強める東京NBは78分、ついに均衡を破る。右サイドでボールを持った藤野あおばが対峙相手をずらしてシンプルにクロスを送ると、途中出場の神谷千菜が乗松瑠華と競り合ながら体を倒しながらのヘディングシュート。難しい体勢ながらもきれいに合わせ、ネットを揺らした。 先制を許した大宮Vも87分、仲田歩夢のFKに途中出場の平井杏幸が頭で合わせるが、わずかに右へ逸れる。 東京NBは追加点こそ奪えなかったものの、クリーンシートでタイムアップを迎え、3試合ぶりの白星を手にして前半戦を折り返すこととなった。一方の大宮Vはトップ4入りの機会を逃し、4勝2分け5敗での折り返しとなった。 大宮アルディージャVENTUS 0-1 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 【東京NB】 神谷千菜(78分) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】神谷千菜の技ありヘディング弾で東京NBが大宮Vを下す!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="I55bhx_jAG4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.20 15:10 Wed
8日、2023-24 WEリーグの第7節、日テレ・東京ヴェルディベレーザ vs INAC神戸レオネッサが味の素フィールド西が丘で行われ、アウェイのI神戸が1-0で勝利を収めた。 6試合を終えて3勝3分けと無敗ながらも、2戦連続ドローで首位の座を明け渡した東京NB。対して、前節の結果を受けて順位表の最上段へ浮上した、4勝2分けと同じく無敗のI神戸。 前半は東京NBがボールを保持する時間が長く続き、8分には木下桃香が中央から切れ込んでの右足シュートを見せると、直後には藤野あおばがボックス手前右から狙う。 11分には坂部幸菜の攻撃参加からゴール正面でFKを獲得すると、藤野が直接狙うも、GK山下杏也加に弾き出された。 総じて主導権を握った東京NBだが、以降はフィニッシュから遠ざかり、折り返しての後半はI神戸が両ワイドの攻撃参加を生かして押し込む展開となる。 I神戸は65分、右CKから竹重杏歌理に決定機が訪れるも、6ヤードボックス内での右足シュートは枠を越えた。 交代カードも駆使して流れを変えたい東京NBだったが、73分にアクシデント。宮川麻都がクリア直後に右ヒザを抑えてうずくまり、一度は戻るも、再び座り込み、プレー続行不可能に。78分に担架でピッチを後にした。 両者無得点のまま推移したゲームは、試合終了間際の90分に動く。 I神戸は左サイドでの組み立てから北川ひかるが中央への横パスを送り、受けた松原優菜は即座に縦へ。大外から回り込み、ゴール前へ顔を出していて守屋都弥が冷静に流し込んで均衡を破った。 東京NBは松田紫野がマークに付いていたが、受け渡しをうまくできずに痛恨の失点。追い掛ける展開となり、追加タイム4分には藤野がFKを直接狙うも、枠を捉えられず。 無敗同士の上位対決は守屋の一撃が決勝点となり、I神戸が勝利。首位でウインターブレイクを迎えることとなった。 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 0-1 INAC神戸レオネッサ 【I神戸】 守屋都弥(90分) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】守屋都弥の今季初ゴールでI神戸が東京NBとの無敗対決を制す!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="c4mKrXgzTGM";var video_start = 3;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.01.08 16:25 Mon

記事をさがす

宮川麻都の人気記事ランキング

1

日テレ・ベレーザ一筋のDF宮川麻都がハンマルビーへ完全移籍! スウェーデンの名門、今季から天野紗も加入

日テレ・東京ヴェルティベレーザは8日、DF宮川麻都(26)がダームアルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部リーグ)のハンマルビーに完全移籍することを発表した。 宮川は神奈川県出身で、2010年から日テレ・メニーナでプレー。2016年にベレーザに昇格し、クラブ一筋でプレーを続けてきた。 これまでなでしこリーグで60試合4得点、WEリーグで55試合3得点を記録。カップ戦などを含め、公式戦通算174試合9得点を記録していた。 宮川はクラブを通じてコメントしている。 「中学1年生の時から約14年間、お世話になりました。日本トップレベルのメニーナ、ベレーザでプレー出来たこと、素晴らしいチームメイトに出会えたこと、そして信頼出来る指導者の元でサッカーを学ぶことが出来たこと。全てが自分にとってかけがえのない財産で幸せでした」 「毎日、ヴェルディグランドに通い、勝負にこだわり、勝つ喜び、負ける悔しさを学びました。時には、怒られ涙する日もありましたが、どんな時も仲間と一緒に乗り越えてきました。そして日々のトレーニングで、サッカーの奥深さを知り、自分を強く成長させてももらいました」 「自分のサッカー人生の中で、夢だった海外でのプレー。常に仲間に助けられ、頼ってきた自分が、異国の地でどれだけやれるのか、挑戦してみたい気持ちが強く、今回移籍を決意しました。ベレーザの名に恥じないように、頑張ってきます」 「どんな時も背中を押し続け、声をあげて応援してくれたファン・サポーターの皆さん。支えて下さったホームタウン、パートナー企業のみなさん。ベレーザ、ヴェルディのクラブに関わる全てのみなさん。本当にありがとうございました。私はこれからも、ずっとこの緑のクラブが大好きです。緑のハート」 ハンマルビーには、今シーズンからINAC神戸レオネッサを退団したU-20日本女子代表MF天野紗(20)も加入しており、日本人2人がプレーすることになる。 2024.07.08 13:20 Mon
thumb
2

田中達也の娘・聖愛が駒場で先制点演出も、浦和レディースが逆転で新潟レディースを下し今季初勝利《WEリーグ杯》

20日、2022-23 WEリーグカップ第2節の3試合が各地で行われた。 浦和駒場スタジアムでは三菱重工浦和レッズレディースとアルビレックス新潟レディースが対戦。互いの男子チームでプレーをした元日本代表FW田中達也氏の娘、2トップの一角で先発起用された16歳・新潟の田中聖愛に注目が集まった。 見せ場はいきなりやってきた。7分、上尾野辺めぐみからのパスを自陣中央右で受けた田中は相手を1枚剥がすと、そのままスピードに乗って独走。ボックス手前右まで運んでのラストパスは若干遠藤優に引っ掛かったが、中央でフリーの山谷瑠香が蹴り込み、新潟に先制点をもたらした。 対する浦和はボールポゼッションで勝り、中央を崩しての清家貴子の右足から安藤梢がお手本のようなファー詰めを決めて11分に振り出しに戻すと、20分には清家のファーへのクロスに今度は菅澤優衣香が頭で合わせて逆転に成功した。 自力に勝る浦和は後半も主導権を握ると、67分に菅澤がボックス内で塩越柚歩のパスのこぼれ球を収め、DFをかわして右足で流し込む。新潟は二種登録の選手、18歳の白沢百合恵や17歳の長崎咲弥をピッチに送り込むも、82分に浦和は猶本光にもゴールが生まれて勝負あり。昨年の皇后杯女王が地力を見せ付け、4-1と逆転勝ちを収めている。 長野Uスタジアムで行われたAC長野パルセイロ・レディースと大宮アルディージャVENTUSの前半は、大宮VENTUSがゴールに近づいた。CKのこぼれ球から仲田歩夢がミドルを放ち、GKが弾いたボールを大熊良奈が蹴り込むが、オフサイド。井上綾香のシュートは枠の左角に嫌われるなど、決定機を創出した。 対照的に後半は長野のゲームとなった。キックオフ直後から各選手が積極的に足を振っていき、稲村雪乃のシュートはクロスバー。怒涛の攻撃が実ったのは81分、伊藤めぐみのパスから瀧澤莉央がボックス左で左足を振ると、相手に当たってゴール前へこぼれると、伊藤が押し込んでネットを揺らした。これが決勝点となり、長野が田代久美子新監督に初勝利をプレゼントしている。 アメリカ遠征からの帰国後、国内での今季初戦を迎える日テレ・東京ヴェルディベレーザは、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースの敵地へ乗り込んだ。 フィード1本で千葉玲海菜に背後を取られた場面では岩清水梓が懸命のカバーを見せ、飲水タイム明け後には左サイドの崩しから植木理子にチャンスが到来したが、GK清水栞に阻まれた。 前半は互いにゴール前でのシーンを作ったが、後半は疲労からかベレーザが押し込まれる時間が続き、前線でもボールを収め切れない。ベンチ入りメンバーも5人という台所事情や、宮川麻都が戻りのスプリント時に足を痛めるなどのアクシデントもあった中で、ゼロに抑えてゴールレスドロー。苦しみながらも勝ち点「1」を拾っている。 ◆WEリーグカップ グループステージ 第2節 ▽8月27日 グループA <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">三菱重工浦和レッズレディース 4</span>-1 アルビレックス新潟レディース <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">AC長野パルセイロ・レディース 1</span>-0 大宮アルディージャVENTUS グループB ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 0-0 日テレ・東京ヴェルディベレーザ ▽8月28日 グループB ノジマステラ神奈川相模原 vs INAC神戸レオネッサ 2022.08.27 20:07 Sat

ハンマルビーの人気記事ランキング

1

日テレ・ベレーザ一筋のDF宮川麻都がハンマルビーへ完全移籍! スウェーデンの名門、今季から天野紗も加入

日テレ・東京ヴェルティベレーザは8日、DF宮川麻都(26)がダームアルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部リーグ)のハンマルビーに完全移籍することを発表した。 宮川は神奈川県出身で、2010年から日テレ・メニーナでプレー。2016年にベレーザに昇格し、クラブ一筋でプレーを続けてきた。 これまでなでしこリーグで60試合4得点、WEリーグで55試合3得点を記録。カップ戦などを含め、公式戦通算174試合9得点を記録していた。 宮川はクラブを通じてコメントしている。 「中学1年生の時から約14年間、お世話になりました。日本トップレベルのメニーナ、ベレーザでプレー出来たこと、素晴らしいチームメイトに出会えたこと、そして信頼出来る指導者の元でサッカーを学ぶことが出来たこと。全てが自分にとってかけがえのない財産で幸せでした」 「毎日、ヴェルディグランドに通い、勝負にこだわり、勝つ喜び、負ける悔しさを学びました。時には、怒られ涙する日もありましたが、どんな時も仲間と一緒に乗り越えてきました。そして日々のトレーニングで、サッカーの奥深さを知り、自分を強く成長させてももらいました」 「自分のサッカー人生の中で、夢だった海外でのプレー。常に仲間に助けられ、頼ってきた自分が、異国の地でどれだけやれるのか、挑戦してみたい気持ちが強く、今回移籍を決意しました。ベレーザの名に恥じないように、頑張ってきます」 「どんな時も背中を押し続け、声をあげて応援してくれたファン・サポーターの皆さん。支えて下さったホームタウン、パートナー企業のみなさん。ベレーザ、ヴェルディのクラブに関わる全てのみなさん。本当にありがとうございました。私はこれからも、ずっとこの緑のクラブが大好きです。緑のハート」 ハンマルビーには、今シーズンからINAC神戸レオネッサを退団したU-20日本女子代表MF天野紗(20)も加入しており、日本人2人がプレーすることになる。 2024.07.08 13:20 Mon
2

U-20日本女子代表のMF天野紗がハンマルビーに完全移籍! INAC神戸を昨季限りで退団し欧州に挑戦「とても楽しみです!」

スウェーデンのハンマルビーは26日、U-20日本女子代表MF天野紗(20)をINAC神戸レオネッサから完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2027シーズンまでの3年間となる。 天野はINAC神戸の下部組織で育ち、2022年にトップチーム昇格。WEリーグでは3シーズンプレーし、リーグ戦34試合、WEリーグカップ5試合、皇后杯7試合に出場していた。 2023-24シーズン限りでINAC神戸を退団していた中、ダームアルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部リーグ)のハンマルビーへと完全移籍した。 ハンマルビーには、天野と同世代でINAC神戸でもプレーしたなでしこジャパンFW浜野まいかがプレー。チェルシーからのレンタル移籍で半年間在籍していた。 天野はクラブを通じてコメント。浜野からもアドバイスがあったとした。 「とても楽しみです!このチームには私を選手として成長させてくれる質の高い選手がたくさんいますし、タイトルを獲得するために自分の資質を貢献していきたいと決意しています」 「私は中学生の頃から(浜野)まいかと一緒にプレーし、その後プロレベルでもプレーしました。彼女はチーム内やチームの周囲に素晴らしいグループが存在することについて私にたくさん話してくれましたし、以前から私がハンマルビーに来て一緒にプレーするべきだと主張していました」 <span class="paragraph-title">【動画】ハンマルビーに加入した天野紗</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="sv" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Bajen?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Bajen</a> <a href="https://t.co/XMZ8exwb8x">pic.twitter.com/XMZ8exwb8x</a></p>&mdash; Hammarby Fotboll (@hammarbyfotboll) <a href="https://twitter.com/hammarbyfotboll/status/1805934546392695197?ref_src=twsrc%5Etfw">June 26, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.06.27 19:10 Thu

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly