U-20日本女子代表のMF天野紗がハンマルビーに完全移籍! INAC神戸を昨季限りで退団し欧州に挑戦「とても楽しみです!」

2024.06.27 19:10 Thu
INAC神戸でプレーしていた天野紗
©超ワールドサッカー
INAC神戸でプレーしていた天野紗
スウェーデンのハンマルビーは26日、U-20日本女子代表MF天野紗(20)をINAC神戸レオネッサから完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027シーズンまでの3年間となる。
天野はINAC神戸の下部組織で育ち、2022年にトップチーム昇格。WEリーグでは3シーズンプレーし、リーグ戦34試合、WEリーグカップ5試合、皇后杯7試合に出場していた。

2023-24シーズン限りでINAC神戸を退団していた中、ダームアルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部リーグ)のハンマルビーへと完全移籍した。

ハンマルビーには、天野と同世代でINAC神戸でもプレーしたなでしこジャパンFW浜野まいかがプレー。チェルシーからのレンタル移籍で半年間在籍していた。
天野はクラブを通じてコメント。浜野からもアドバイスがあったとした。

「とても楽しみです!このチームには私を選手として成長させてくれる質の高い選手がたくさんいますし、タイトルを獲得するために自分の資質を貢献していきたいと決意しています」

「私は中学生の頃から(浜野)まいかと一緒にプレーし、その後プロレベルでもプレーしました。彼女はチーム内やチームの周囲に素晴らしいグループが存在することについて私にたくさん話してくれましたし、以前から私がハンマルビーに来て一緒にプレーするべきだと主張していました」

1 2

天野紗の関連記事

日テレ・東京ヴェルティベレーザは8日、DF宮川麻都(26)がダームアルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部リーグ)のハンマルビーに完全移籍することを発表した。 宮川は神奈川県出身で、2010年から日テレ・メニーナでプレー。2016年にベレーザに昇格し、クラブ一筋でプレーを続けてきた。 これまでなでしこリーグで60試合4得点、WEリーグで55試合3得点を記録。カップ戦などを含め、公式戦通算174試合9得点を記録していた。 宮川はクラブを通じてコメントしている。 「中学1年生の時から約14年間、お世話になりました。日本トップレベルのメニーナ、ベレーザでプレー出来たこと、素晴らしいチームメイトに出会えたこと、そして信頼出来る指導者の元でサッカーを学ぶことが出来たこと。全てが自分にとってかけがえのない財産で幸せでした」 「毎日、ヴェルディグランドに通い、勝負にこだわり、勝つ喜び、負ける悔しさを学びました。時には、怒られ涙する日もありましたが、どんな時も仲間と一緒に乗り越えてきました。そして日々のトレーニングで、サッカーの奥深さを知り、自分を強く成長させてももらいました」 「自分のサッカー人生の中で、夢だった海外でのプレー。常に仲間に助けられ、頼ってきた自分が、異国の地でどれだけやれるのか、挑戦してみたい気持ちが強く、今回移籍を決意しました。ベレーザの名に恥じないように、頑張ってきます」 「どんな時も背中を押し続け、声をあげて応援してくれたファン・サポーターの皆さん。支えて下さったホームタウン、パートナー企業のみなさん。ベレーザ、ヴェルディのクラブに関わる全てのみなさん。本当にありがとうございました。私はこれからも、ずっとこの緑のクラブが大好きです。緑のハート」 ハンマルビーには、今シーズンからINAC神戸レオネッサを退団したU-20日本女子代表MF天野紗(20)も加入しており、日本人2人がプレーすることになる。 2024.07.08 13:20 Mon
日本サッカー協会(JFA)は20日、フランスで行われるSUD Ladies Cup 2024に参加する、U-20日本女子代表メンバーを発表した。 狩野倫久監督は、今回のメンバーに大学からは早稲田大学の大山愛笑、アメリカのサンタクララ大学の林愛花が招集された。 また、海外組では、ノースカロライナ・カレッジの松窪真心、ユールゴーデンの小山史乃観が招集されている。 大会は27日から6月6日までフランスのアヴィニョンで開催。日本はグループAに入り、U-20コロンビア女子代表(5/29)、U-20メキシコ女子代表(6/1)と対戦。その後4日に順位決定戦を戦う。 今年は8月から9月にかけてコロンビアでU-20女子ワールドカップが開催日本もアジア王者として参加することとなり、重要なテストマッチの大会となる。 今回発表された_U-20日本女子代表は以下の通り。 ◆U-20日本女子代表メンバー GK 18.大熊茜(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 21.鹿島彩莉(ちふれASエルフェン埼玉) 1.岩崎有波(ノジマステラ神奈川相模原) FP 10.天野紗(INAC神戸レオネッサ) 6.白沢百合恵(アルビレックス新潟レディース) 9.土方麻椰(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 2.柏村菜那(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 13.松窪真心(ノースカロライナ・カレッジ/アメリカ) 5.林愛花(サンタクララ大学/アメリカ) 3.佐々木里緒(マイナビ仙台レディース) 8.大山愛笑(早稲田大学) 4.米田博美(セレッソ大阪ヤンマーレディース) 19.笹井一愛(ノジマステラ神奈川相模原) 7.角田楓佳(三菱重工浦和レッズレディース) 14.小山史乃観(ユールゴーデンIF/スウェーデン) 12.久保田真生(INAC神戸レオネッサ) 17.岡村來佳(三菱重工浦和レッズレディース) 15.樋渡百花(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 16.白垣うの(セレッソ大阪ヤンマーレディース) 20.松永未夢(日テレ・東京ヴェルディメニーナ) 11.板村真央(JFAアカデミー福島) 2024.05.20 20:25 Mon
U-20日本女子代表は16日、AFC U20女子アジアカップの決勝でU-20北朝鮮女子代表と対戦し、1-2で敗戦。勝利した北朝鮮が7大会ぶり2度目の優勝を飾った。 13日に行われたU-20オーストラリア女子代表との準決勝では、5-1の快勝を収めた日本。グループステージで敗れた北朝鮮とのリベンジマッチへ向け、狩野倫久監督は準決勝からのスタメン変更を1人にとどめ、林愛花に代わって大山愛笑が[4-2-3-1]のダブルボランチの一角を務めた。 新型コロナウイルスの影響で中止となった2022年を除くと、3大会連続で同じ顔合わせとなった決勝戦。日本は中2日での連戦ながらも、コンディションの良さを感じさせ、試合を動かす。 相手のゴールキックを中盤で跳ね返し、久保田真生がDFと入れ替わって右のスペースを使うと、土方麻椰が右サイドの深い位置から高い軌道のソフトなクロスを供給。GKを越えて先で辻澤亜唯が頭で合わせた。 互いにクリーンな中盤でのせめぎ合いが続くなかで、日本は32分、辻澤の粘りからゴール正面やや左でFKを獲得すると、U-20中国女子代表戦では鮮やかな巻いた直接FKを沈めた天野紗が、ここは低い弾道で狙うが、壁に当たってしまう。 ロングスローやCKと、セットプレーに迫力を持つ北朝鮮の攻撃をしのいでいた日本だが、前半の終了間際に失点を喫する。44分、北朝鮮は短いスローインを起点に、チェ・ウニョンが当たりの強さを見せつけたドリブルからクロスを入れると、ジョン・リョンジョンが小山史乃観に競り勝ってヘディングシュートを決めた。 追い付かれた後半を迎えた日本は、ハーフタイムに2枚替えを決行。久保田と土方を下げ、樋渡百花と笹井一愛、スピードに優れた2枚のアタッカーを投入する。 後半頭は日本の時間となり、左サイドハーフに回った樋渡が持ち味を生かした突破を披露する場面も見られたが、北朝鮮も徐々に対応。プレスの圧力向上とともにセカンドボール争いでも徐々に天秤が傾き、63分にはファン・ユヨン、68分にはキム・ソンギョンと、ミドル攻勢を受けると、76分にはCKからキム・ガンミンにあわやのヘディングを浴びたが、日本はGK鹿島彩莉のファインセーブでこの難を逃れた。 押し返せずにいた日本は86分、ついにゴールを破られてしまう。ジョン・クムに日本の左サイドを突破され、フリーで飛び込んだジョン・リョンジョンにネットを揺らされた。 後がなくなった日本は後半のアディショナルタイム、ロングスローのこぼれ球に反応した佐々木里緒が左足で狙うも、枠を捉えられずに試合終了。日本は4大会連続7度目の優勝とはならなかった。 また、決勝に先立って行われた3位決定戦では、79分に挙げたララ・グーチのゴールが決勝点となり、U-20オーストラリア女子代表がU-20韓国女子代表に勝利。3位入賞を果たしている。 U-20日本女子代表 1-2 U-20北朝鮮女子代表 【得点者】 1-0:20分 辻澤亜唯(日本) 1-1:44分 ジョン・リョンジョン(北朝鮮) 1-2:86分 ジョン・リョンジョン(北朝鮮) ◆U-20日本女子代表 GK:鹿島彩莉[EL埼玉] DF:小山史乃観[ユールゴーデン]、白垣うの[C大阪]、米田博美[C大阪]、佐々木里緒[マイ仙台] MF:大山愛笑[早稲田大](→77分 大島暖菜[大宮V])、角田楓佳[浦和]、久保田真生[I神戸](→HT 樋渡百花[東京NB])、天野紗[I神戸]、 辻澤亜唯[I神戸] FW:土方麻椰[東京NB](→HT 笹井一愛[N相模原]) <span class="paragraph-title">【動画】日本は辻澤亜唯が見事な先制点を挙げたが…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>アジアの頂点へ<br>北朝鮮から先制‼<br>\<br><br>土方麻椰のクロスを辻澤亜唯がヘッドで合わせて日本が先制<br><br>AFC U20女子アジアカップ ウズベキスタン2024<br>日本×北朝鮮<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中 <a href="https://t.co/f9DVjeyyBn">pic.twitter.com/f9DVjeyyBn</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1768993184133046752?ref_src=twsrc%5Etfw">March 16, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】日本は終盤に北朝鮮に逆転ゴールを許す</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>ヤングなでしこ<br>終盤に痛い失点...<br>\<br><br>北朝鮮が86分に勝ち越し弾<br><br>またもやジョン・リョンジョンに<br>この日2点目を叩き込まれる...<br><br>AFC U20女子アジアカップ ウズベキスタン2024 決勝<br>日本×北朝鮮<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中 <a href="https://t.co/f9XSpV0ZLY">pic.twitter.com/f9XSpV0ZLY</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1769013051339014586?ref_src=twsrc%5Etfw">March 16, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.16 23:58 Sat
U-20日本女子代表は13日、AFC U20女子アジアカップの準決勝でU-20オーストラリア女子代表と対戦し、5-1で勝利。4大会連続7度目の優勝へ向け、決勝進出を決めた。 日本はグループBを2勝1敗(ベトナム戦10〇0、中国戦2〇0、北朝鮮戦0●1)の2位で通過。ベスト4入りと、コロンビアで開催されるU-20女子ワールドカップ(W杯)の出場権を獲得した。 10番の松窪真心(ノースカロライナ・カレッジ)が所属クラブの事情で離脱となった中で、オーストラリア戦は[4-2-3-1]でスタート。GKには鹿島彩莉、最終ラインは右から小山史乃観、白垣うの、米田博美、佐々木里緒と並ぶ。ダブルボランチにキャプテンの林愛花と角田楓佳、中盤2列目は右から久保田真生、天野紗、辻澤亜唯、1トップは土方麻椰が務めた。 対してオーストラリアはグループAを3連勝の首位通過(韓国戦2〇1、ウズベキスタン戦2〇0、チャイニーズ・タイペイ戦3〇0)。中盤をダイヤモンドにした[4-4-2]を敷いた。 開始2分に林が左足のミドルを披露した日本は、直後に久保田のクロスで得た右CKから早々に試合を動かす。3分、天野のストレート性のキックをGKクロエ・リンカーンがパンチングしながら後逸すると、米田が頭で押し込んだ。 幸先よく先制に成功した日本は、6分に佐々木のクロスに天野のヘッド、9分には辻澤が一対一と、立て続けに好機を迎えたが、いずれも決め切れず。すると、オーストラリアがワンチャンスを生かして同点に追い付く。 FKから窮地をしのぎ、2トップの一角・唯一の海外組でもあるミリー・ボートンが中盤でのキープから白垣のチャレンジしたタイミングでサイドバックとの間へスルーパスを通す。裏を取ったペタ・トリミスが一対一を制し、今大会3得点目を挙げる。 追い付かれた日本だが、セカンドボール争いで上回り、以降も主導権を掌握。21分には土方のスルーパスから久保田が右ポケットから狙えば、林や佐々木も積極的に足を振り、相手を押し込んだまま前半を終えた。 日本はハーフタイムで2枚替えを行い、林に代えて大山愛笑、久保田に代わって松永未夢を投入。後半は前からプレスに来たオーストラリアの圧をかわし、最終ラインもオフサイドの網に掛ける。 攻撃陣も、右に回った辻澤が56分にゴールライン際をえぐり、マイナスの折り返しに天野。ここは空振りに終わるも、60分には天野の右CKからニアで白垣が合わせる。だが、これはクロスバーを越えた。 それでも日本はその3分後に勝ち越しに成功。天野のストレート性左CKからニアで再び白垣が合わせると、オーストラリアDF2人にディフレクトし、ゴールに吸い込まれた。 再びのリードを奪った日本はその後もオーストラリア陣地でゲームを進め、83分には波状攻撃からこぼれ球に反応した土方が今大会4点目となる右上隅へのコントロールショットを沈めて点差を広げる。 さらに88分には左ポケット最深部まで侵入した土方の折り返しから途中出場の笹井一愛がネットを揺らし、その1分後には松永のクロスが相手のオウンゴールを誘発。一気呵成の連続得点で勝負を決めた。 また、先立って行われていた、グループBを首位抜けしたU-20北朝鮮女子代表と、グループAを2位で通過したU-20韓国女子代表の一戦は、3-0で北朝鮮が勝利を収めた。 前半終了間際にチェ・イルソンのゴールで試合を動かすと、前半スクランブル投入されたジョン・クムが折り返しての51分に追加点を奪取。78分にはファン・ユヨンのクロスがそのままゴールに吸い込まれ、点差を広げての無失点勝ちで決勝進出を果たしている。 北朝鮮との再戦となる決勝戦は16日にJARスタジアムで開催され、キックオフは22:00予定となっている。 U-20オーストラリア女子代表 1-5 U-20日本女子代表 【得点者】 0-1:3分 米田博美(日本) 1-1:13分 ペタ・トリミス(オーストラリア) 1-2:63分 白垣うの(日本) 1-3:83分 土方麻椰(日本) 1-4:88分 笹井一愛(日本) 1-5:89分 オウンゴール(日本) ◆U-20日本女子代表 GK:鹿島彩莉[EL埼玉] DF:小山史乃観[ユールゴーデン]、白垣うの[C大阪]、米田博美[C大阪]、佐々木里緒[マイ仙台] MF:林愛花[サンタクララ大](→HT 大山愛笑[早稲田大])、角田楓佳[浦和]、久保田真生[I神戸](→HT 松永未夢[メニーナ])、天野紗[I神戸](→73分 笹井一愛[N相模原])、 辻澤亜唯[I神戸](→89分 中谷莉奈[C大阪]) FW:土方麻椰[東京NB](→90+2分 樋渡百花[東京NB]) <span class="paragraph-title">【動画】日本、白垣うのがCKからオーストラリア相手に勝ち越しゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>勝ち越し弾もCKから<br>\<br><br>天野紗のCKを、白垣うのがニアで合わせる<br>またもや得意のセットプレーから日本が勝ち越しに成功<br><br>AFC U20女子アジアカップ ウズベキスタン2024<br>豪州×日本<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中 <a href="https://t.co/IBQWmYlc2r">pic.twitter.com/IBQWmYlc2r</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1767890377275486337?ref_src=twsrc%5Etfw">March 13, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.13 21:59 Wed
U-20日本女子代表は10日、AFC U20女子アジアカップのグループB第3節でU-20北朝鮮女子代表と対戦し、0-1で敗れた。 第1節、第2節の連勝により、すでにノックアウトステージ進出と、コロンビアで開催されるU-20女子ワールドカップ(W杯)への出場権を手にしている日本。大会4連覇を目指す狩野倫久監督は前節に続いてターンオーバーを選択した。 システムは2トップが縦並びの[4-4-2]を採用し、GKは鹿島彩莉に変更。最終ラインは右から岡村來佳、白垣うの、米田博美、佐々木里緒、中盤は右から松窪真心、白沢百合恵、天野紗、樋渡百花と並び、前線は小山史乃観と笹井一愛のコンビとなった。 序盤から中盤での激しい攻防が繰り広げられた中、3分には右サイドの松窪のクロスからゴール前に入ってきた樋渡がヘディングシュート。これはゴール左に外れる。 両チームともになかなか決定機に至らない時間が続くが、日本は22分にミスから失点。GK鹿島のパスをチェ・ウニョンに狙われ、北朝鮮にリードを許した。 その後もやや北朝鮮の勢いに押され気味の日本。狩野監督は36分に左サイドバックの岡村を下げる決断を下し、土方麻椰を投入。土方がトップに入り、松窪がトップ下、笹井が右サイド、小山が右サイドバックに移った。 この変化によりギアが上がったが、42分には再びピンチ。相手選手に最終ラインの裏へ抜け出されると、飛び出したGK鹿島がボックス内で倒してしまう。決定機の阻止とも捉えられたが、幸いにもファウルは取られず、難を逃れた。 1点ビハインドで迎えた後半、狩野監督はさらに2枚替え。白沢と樋渡を下げ、大山愛笑と辻澤亜唯をピッチに送り出す。大山が天野とダブルボランチを組み、辻澤が左サイドハーフに入った。 するとこの交代が功を奏し、54分に久々に北朝鮮ゴールに迫る。笹井の右サイドからのクロスをゴール前へ入ってきた辻澤が胸で押し込むが、ゴール右に外れてしまった。 61分には笹井を下げて松永未夢をピッチに送り出した狩野監督。松永は左サイドで積極的に仕掛け、局面打開を図っていく。 日本がポゼッション率を高める中、68分にはロングボールからチャンス到来。天野がゴール前の土方へ浮き球を送ると、相手DFのクリアボールに小山が反応し、左足でダイレクトボレー。これは惜しくもGKの正面に飛んでしまった。 主導権を握りながらもゴールが遠い日本。85分には天野を下げて角田楓佳を投入し、最後の勝負に出る。 後半アディショナルタイムにはボックス内で松窪がチャンスを迎えるが、右足のシュートはバーの上。その後、今度は北朝鮮に決定機が訪れるが、GK鹿島が好反応を見せた。 結局0-1からスコアは動かず試合終了。2勝1敗の日本はグループBを2位通過となり、グループA首位のオーストラリアとノックアウトステージの準決勝で対戦する。 U-20日本女子代表 0-1 U-20北朝鮮女子代表 【得点者】 0-1:22分 チェ・ウニョン(北朝鮮) ◆スタメン GK:鹿島彩莉[EL埼玉] DF:岡村來佳[浦和](→36分 土方麻椰[東京NB])、白垣うの[C大阪]、米田博美[C大阪]、佐々木里緒[マイ仙台] MF:松窪真心[ノースカロライナ・カレッジ]、白沢百合恵[新潟L](→46分 大山愛笑[早稲田大])、天野紗[I神戸] (→85分 角田楓佳[浦和])、樋渡百花[東京NB](→46分 辻澤亜唯[I神戸]) FW:笹井一愛[N相模原](→61分 松永未夢[メニーナ])、小山史乃観[ユールゴーデン] 2024.03.10 19:31 Sun

ハンマルビーの関連記事

日テレ・東京ヴェルティベレーザは8日、DF宮川麻都(26)がダームアルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部リーグ)のハンマルビーに完全移籍することを発表した。 宮川は神奈川県出身で、2010年から日テレ・メニーナでプレー。2016年にベレーザに昇格し、クラブ一筋でプレーを続けてきた。 これまでなでしこリーグで60試合4得点、WEリーグで55試合3得点を記録。カップ戦などを含め、公式戦通算174試合9得点を記録していた。 宮川はクラブを通じてコメントしている。 「中学1年生の時から約14年間、お世話になりました。日本トップレベルのメニーナ、ベレーザでプレー出来たこと、素晴らしいチームメイトに出会えたこと、そして信頼出来る指導者の元でサッカーを学ぶことが出来たこと。全てが自分にとってかけがえのない財産で幸せでした」 「毎日、ヴェルディグランドに通い、勝負にこだわり、勝つ喜び、負ける悔しさを学びました。時には、怒られ涙する日もありましたが、どんな時も仲間と一緒に乗り越えてきました。そして日々のトレーニングで、サッカーの奥深さを知り、自分を強く成長させてももらいました」 「自分のサッカー人生の中で、夢だった海外でのプレー。常に仲間に助けられ、頼ってきた自分が、異国の地でどれだけやれるのか、挑戦してみたい気持ちが強く、今回移籍を決意しました。ベレーザの名に恥じないように、頑張ってきます」 「どんな時も背中を押し続け、声をあげて応援してくれたファン・サポーターの皆さん。支えて下さったホームタウン、パートナー企業のみなさん。ベレーザ、ヴェルディのクラブに関わる全てのみなさん。本当にありがとうございました。私はこれからも、ずっとこの緑のクラブが大好きです。緑のハート」 ハンマルビーには、今シーズンからINAC神戸レオネッサを退団したU-20日本女子代表MF天野紗(20)も加入しており、日本人2人がプレーすることになる。 2024.07.08 13:20 Mon

ダームアルスヴェンスカンの関連記事

日テレ・東京ヴェルティベレーザは8日、DF宮川麻都(26)がダームアルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部リーグ)のハンマルビーに完全移籍することを発表した。 宮川は神奈川県出身で、2010年から日テレ・メニーナでプレー。2016年にベレーザに昇格し、クラブ一筋でプレーを続けてきた。 これまでなでしこリーグで60試合4得点、WEリーグで55試合3得点を記録。カップ戦などを含め、公式戦通算174試合9得点を記録していた。 宮川はクラブを通じてコメントしている。 「中学1年生の時から約14年間、お世話になりました。日本トップレベルのメニーナ、ベレーザでプレー出来たこと、素晴らしいチームメイトに出会えたこと、そして信頼出来る指導者の元でサッカーを学ぶことが出来たこと。全てが自分にとってかけがえのない財産で幸せでした」 「毎日、ヴェルディグランドに通い、勝負にこだわり、勝つ喜び、負ける悔しさを学びました。時には、怒られ涙する日もありましたが、どんな時も仲間と一緒に乗り越えてきました。そして日々のトレーニングで、サッカーの奥深さを知り、自分を強く成長させてももらいました」 「自分のサッカー人生の中で、夢だった海外でのプレー。常に仲間に助けられ、頼ってきた自分が、異国の地でどれだけやれるのか、挑戦してみたい気持ちが強く、今回移籍を決意しました。ベレーザの名に恥じないように、頑張ってきます」 「どんな時も背中を押し続け、声をあげて応援してくれたファン・サポーターの皆さん。支えて下さったホームタウン、パートナー企業のみなさん。ベレーザ、ヴェルディのクラブに関わる全てのみなさん。本当にありがとうございました。私はこれからも、ずっとこの緑のクラブが大好きです。緑のハート」 ハンマルビーには、今シーズンからINAC神戸レオネッサを退団したU-20日本女子代表MF天野紗(20)も加入しており、日本人2人がプレーすることになる。 2024.07.08 13:20 Mon

記事をさがす

天野紗の人気記事ランキング

1

日テレ・ベレーザ一筋のDF宮川麻都がハンマルビーへ完全移籍! スウェーデンの名門、今季から天野紗も加入

日テレ・東京ヴェルティベレーザは8日、DF宮川麻都(26)がダームアルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部リーグ)のハンマルビーに完全移籍することを発表した。 宮川は神奈川県出身で、2010年から日テレ・メニーナでプレー。2016年にベレーザに昇格し、クラブ一筋でプレーを続けてきた。 これまでなでしこリーグで60試合4得点、WEリーグで55試合3得点を記録。カップ戦などを含め、公式戦通算174試合9得点を記録していた。 宮川はクラブを通じてコメントしている。 「中学1年生の時から約14年間、お世話になりました。日本トップレベルのメニーナ、ベレーザでプレー出来たこと、素晴らしいチームメイトに出会えたこと、そして信頼出来る指導者の元でサッカーを学ぶことが出来たこと。全てが自分にとってかけがえのない財産で幸せでした」 「毎日、ヴェルディグランドに通い、勝負にこだわり、勝つ喜び、負ける悔しさを学びました。時には、怒られ涙する日もありましたが、どんな時も仲間と一緒に乗り越えてきました。そして日々のトレーニングで、サッカーの奥深さを知り、自分を強く成長させてももらいました」 「自分のサッカー人生の中で、夢だった海外でのプレー。常に仲間に助けられ、頼ってきた自分が、異国の地でどれだけやれるのか、挑戦してみたい気持ちが強く、今回移籍を決意しました。ベレーザの名に恥じないように、頑張ってきます」 「どんな時も背中を押し続け、声をあげて応援してくれたファン・サポーターの皆さん。支えて下さったホームタウン、パートナー企業のみなさん。ベレーザ、ヴェルディのクラブに関わる全てのみなさん。本当にありがとうございました。私はこれからも、ずっとこの緑のクラブが大好きです。緑のハート」 ハンマルビーには、今シーズンからINAC神戸レオネッサを退団したU-20日本女子代表MF天野紗(20)も加入しており、日本人2人がプレーすることになる。 2024.07.08 13:20 Mon
2

U-20日本女子代表のMF天野紗がハンマルビーに完全移籍! INAC神戸を昨季限りで退団し欧州に挑戦「とても楽しみです!」

スウェーデンのハンマルビーは26日、U-20日本女子代表MF天野紗(20)をINAC神戸レオネッサから完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2027シーズンまでの3年間となる。 天野はINAC神戸の下部組織で育ち、2022年にトップチーム昇格。WEリーグでは3シーズンプレーし、リーグ戦34試合、WEリーグカップ5試合、皇后杯7試合に出場していた。 2023-24シーズン限りでINAC神戸を退団していた中、ダームアルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部リーグ)のハンマルビーへと完全移籍した。 ハンマルビーには、天野と同世代でINAC神戸でもプレーしたなでしこジャパンFW浜野まいかがプレー。チェルシーからのレンタル移籍で半年間在籍していた。 天野はクラブを通じてコメント。浜野からもアドバイスがあったとした。 「とても楽しみです!このチームには私を選手として成長させてくれる質の高い選手がたくさんいますし、タイトルを獲得するために自分の資質を貢献していきたいと決意しています」 「私は中学生の頃から(浜野)まいかと一緒にプレーし、その後プロレベルでもプレーしました。彼女はチーム内やチームの周囲に素晴らしいグループが存在することについて私にたくさん話してくれましたし、以前から私がハンマルビーに来て一緒にプレーするべきだと主張していました」 <span class="paragraph-title">【動画】ハンマルビーに加入した天野紗</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="sv" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Bajen?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Bajen</a> <a href="https://t.co/XMZ8exwb8x">pic.twitter.com/XMZ8exwb8x</a></p>&mdash; Hammarby Fotboll (@hammarbyfotboll) <a href="https://twitter.com/hammarbyfotboll/status/1805934546392695197?ref_src=twsrc%5Etfw">June 26, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.06.27 19:10 Thu
3

フランスで大会に参加するU-20女子代表が発表! 海外組は松窪真心&小山史乃観の2人、大学からも2人が参加

日本サッカー協会(JFA)は20日、フランスで行われるSUD Ladies Cup 2024に参加する、U-20日本女子代表メンバーを発表した。 狩野倫久監督は、今回のメンバーに大学からは早稲田大学の大山愛笑、アメリカのサンタクララ大学の林愛花が招集された。 また、海外組では、ノースカロライナ・カレッジの松窪真心、ユールゴーデンの小山史乃観が招集されている。 大会は27日から6月6日までフランスのアヴィニョンで開催。日本はグループAに入り、U-20コロンビア女子代表(5/29)、U-20メキシコ女子代表(6/1)と対戦。その後4日に順位決定戦を戦う。 今年は8月から9月にかけてコロンビアでU-20女子ワールドカップが開催日本もアジア王者として参加することとなり、重要なテストマッチの大会となる。 今回発表された_U-20日本女子代表は以下の通り。 ◆U-20日本女子代表メンバー GK 18.大熊茜(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 21.鹿島彩莉(ちふれASエルフェン埼玉) 1.岩崎有波(ノジマステラ神奈川相模原) FP 10.天野紗(INAC神戸レオネッサ) 6.白沢百合恵(アルビレックス新潟レディース) 9.土方麻椰(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 2.柏村菜那(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 13.松窪真心(ノースカロライナ・カレッジ/アメリカ) 5.林愛花(サンタクララ大学/アメリカ) 3.佐々木里緒(マイナビ仙台レディース) 8.大山愛笑(早稲田大学) 4.米田博美(セレッソ大阪ヤンマーレディース) 19.笹井一愛(ノジマステラ神奈川相模原) 7.角田楓佳(三菱重工浦和レッズレディース) 14.小山史乃観(ユールゴーデンIF/スウェーデン) 12.久保田真生(INAC神戸レオネッサ) 17.岡村來佳(三菱重工浦和レッズレディース) 15.樋渡百花(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 16.白垣うの(セレッソ大阪ヤンマーレディース) 20.松永未夢(日テレ・東京ヴェルディメニーナ) 11.板村真央(JFAアカデミー福島) 2024.05.20 20:25 Mon
4

日本はまたも北朝鮮に敗れ準優勝、交代生かせず終盤被弾で4連覇逃す【U20女子アジアカップ】

U-20日本女子代表は16日、AFC U20女子アジアカップの決勝でU-20北朝鮮女子代表と対戦し、1-2で敗戦。勝利した北朝鮮が7大会ぶり2度目の優勝を飾った。 13日に行われたU-20オーストラリア女子代表との準決勝では、5-1の快勝を収めた日本。グループステージで敗れた北朝鮮とのリベンジマッチへ向け、狩野倫久監督は準決勝からのスタメン変更を1人にとどめ、林愛花に代わって大山愛笑が[4-2-3-1]のダブルボランチの一角を務めた。 新型コロナウイルスの影響で中止となった2022年を除くと、3大会連続で同じ顔合わせとなった決勝戦。日本は中2日での連戦ながらも、コンディションの良さを感じさせ、試合を動かす。 相手のゴールキックを中盤で跳ね返し、久保田真生がDFと入れ替わって右のスペースを使うと、土方麻椰が右サイドの深い位置から高い軌道のソフトなクロスを供給。GKを越えて先で辻澤亜唯が頭で合わせた。 互いにクリーンな中盤でのせめぎ合いが続くなかで、日本は32分、辻澤の粘りからゴール正面やや左でFKを獲得すると、U-20中国女子代表戦では鮮やかな巻いた直接FKを沈めた天野紗が、ここは低い弾道で狙うが、壁に当たってしまう。 ロングスローやCKと、セットプレーに迫力を持つ北朝鮮の攻撃をしのいでいた日本だが、前半の終了間際に失点を喫する。44分、北朝鮮は短いスローインを起点に、チェ・ウニョンが当たりの強さを見せつけたドリブルからクロスを入れると、ジョン・リョンジョンが小山史乃観に競り勝ってヘディングシュートを決めた。 追い付かれた後半を迎えた日本は、ハーフタイムに2枚替えを決行。久保田と土方を下げ、樋渡百花と笹井一愛、スピードに優れた2枚のアタッカーを投入する。 後半頭は日本の時間となり、左サイドハーフに回った樋渡が持ち味を生かした突破を披露する場面も見られたが、北朝鮮も徐々に対応。プレスの圧力向上とともにセカンドボール争いでも徐々に天秤が傾き、63分にはファン・ユヨン、68分にはキム・ソンギョンと、ミドル攻勢を受けると、76分にはCKからキム・ガンミンにあわやのヘディングを浴びたが、日本はGK鹿島彩莉のファインセーブでこの難を逃れた。 押し返せずにいた日本は86分、ついにゴールを破られてしまう。ジョン・クムに日本の左サイドを突破され、フリーで飛び込んだジョン・リョンジョンにネットを揺らされた。 後がなくなった日本は後半のアディショナルタイム、ロングスローのこぼれ球に反応した佐々木里緒が左足で狙うも、枠を捉えられずに試合終了。日本は4大会連続7度目の優勝とはならなかった。 また、決勝に先立って行われた3位決定戦では、79分に挙げたララ・グーチのゴールが決勝点となり、U-20オーストラリア女子代表がU-20韓国女子代表に勝利。3位入賞を果たしている。 U-20日本女子代表 1-2 U-20北朝鮮女子代表 【得点者】 1-0:20分 辻澤亜唯(日本) 1-1:44分 ジョン・リョンジョン(北朝鮮) 1-2:86分 ジョン・リョンジョン(北朝鮮) ◆U-20日本女子代表 GK:鹿島彩莉[EL埼玉] DF:小山史乃観[ユールゴーデン]、白垣うの[C大阪]、米田博美[C大阪]、佐々木里緒[マイ仙台] MF:大山愛笑[早稲田大](→77分 大島暖菜[大宮V])、角田楓佳[浦和]、久保田真生[I神戸](→HT 樋渡百花[東京NB])、天野紗[I神戸]、 辻澤亜唯[I神戸] FW:土方麻椰[東京NB](→HT 笹井一愛[N相模原]) <span class="paragraph-title">【動画】日本は辻澤亜唯が見事な先制点を挙げたが…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>アジアの頂点へ<br>北朝鮮から先制‼<br>\<br><br>土方麻椰のクロスを辻澤亜唯がヘッドで合わせて日本が先制<br><br>AFC U20女子アジアカップ ウズベキスタン2024<br>日本×北朝鮮<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中 <a href="https://t.co/f9DVjeyyBn">pic.twitter.com/f9DVjeyyBn</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1768993184133046752?ref_src=twsrc%5Etfw">March 16, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】日本は終盤に北朝鮮に逆転ゴールを許す</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>ヤングなでしこ<br>終盤に痛い失点...<br>\<br><br>北朝鮮が86分に勝ち越し弾<br><br>またもやジョン・リョンジョンに<br>この日2点目を叩き込まれる...<br><br>AFC U20女子アジアカップ ウズベキスタン2024 決勝<br>日本×北朝鮮<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中 <a href="https://t.co/f9XSpV0ZLY">pic.twitter.com/f9XSpV0ZLY</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1769013051339014586?ref_src=twsrc%5Etfw">March 16, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.16 23:58 Sat
5

トレーニングキャンプに臨むU-20日本女子代表メンバーが発表! 3月にU20アジアカップが開催

日本サッカー協会(JFA)は25日、トレーニングキャンプに臨むU-20日本女子代表候補メンバーを発表した。 1月29日から2月1日にかけて行われるトレーニングキャンプ。狩野倫久監督が率いるチームは、23名の選手が招集を受けた。 3月にウズベキスタンで行われるAFC U20アジアカップに向けたトレーニングには、高校女子サッカー選手権で連覇を達成した藤枝順心高校から久保田真生、辻澤亜唯が招集。また、INAC神戸レオネッサからサンタクララ大学へ進学した林愛花と早稲田大学の大山愛笑が招集を受けた。 その他はWEリーグを戦う選手が中心となっている。 ◆U-20日本女子代表候補メンバー GK 大熊茜(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 鹿島彩莉(JFAアカデミー福島) 岩崎有波(ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ) FP 天野紗(INAC神戸レオネッサ) 白沢百合恵(アルビレックス新潟レディース) 土方麻椰(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 根府桃子(ノジマステラ神奈川相模原) 和田麻希(セレッソ大阪ヤンマーレディース) 林愛花(サンタクララ大学/アメリカ) 大山愛笑(早稲田大学) 米田博美(セレッソ大阪ヤンマーレディース) 笹井一愛(ノジマステラ神奈川相模原) 角田楓佳(三菱重工浦和レッズレディース) 大島暖菜(大宮アルディージャVENTUS) 中谷莉奈(セレッソ大阪ヤンマーレディース) 久保田真生(藤枝順心高校) 遠藤ゆめ(マイナビ仙台レディースユース) 吉岡心(JFAアカデミー福島) 岡村來佳(三菱重工浦和レッズレディースユース) 樋渡百花(日テレ・東京ヴェルディメニーナ) 白垣うの(セレッソ大阪ヤンマーレディース) 辻澤亜唯(藤枝順心高校) 松永未夢(日テレ・東京ヴェルディメニーナ) 2024.01.25 20:40 Thu

ハンマルビーの人気記事ランキング

1

日テレ・ベレーザ一筋のDF宮川麻都がハンマルビーへ完全移籍! スウェーデンの名門、今季から天野紗も加入

日テレ・東京ヴェルティベレーザは8日、DF宮川麻都(26)がダームアルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部リーグ)のハンマルビーに完全移籍することを発表した。 宮川は神奈川県出身で、2010年から日テレ・メニーナでプレー。2016年にベレーザに昇格し、クラブ一筋でプレーを続けてきた。 これまでなでしこリーグで60試合4得点、WEリーグで55試合3得点を記録。カップ戦などを含め、公式戦通算174試合9得点を記録していた。 宮川はクラブを通じてコメントしている。 「中学1年生の時から約14年間、お世話になりました。日本トップレベルのメニーナ、ベレーザでプレー出来たこと、素晴らしいチームメイトに出会えたこと、そして信頼出来る指導者の元でサッカーを学ぶことが出来たこと。全てが自分にとってかけがえのない財産で幸せでした」 「毎日、ヴェルディグランドに通い、勝負にこだわり、勝つ喜び、負ける悔しさを学びました。時には、怒られ涙する日もありましたが、どんな時も仲間と一緒に乗り越えてきました。そして日々のトレーニングで、サッカーの奥深さを知り、自分を強く成長させてももらいました」 「自分のサッカー人生の中で、夢だった海外でのプレー。常に仲間に助けられ、頼ってきた自分が、異国の地でどれだけやれるのか、挑戦してみたい気持ちが強く、今回移籍を決意しました。ベレーザの名に恥じないように、頑張ってきます」 「どんな時も背中を押し続け、声をあげて応援してくれたファン・サポーターの皆さん。支えて下さったホームタウン、パートナー企業のみなさん。ベレーザ、ヴェルディのクラブに関わる全てのみなさん。本当にありがとうございました。私はこれからも、ずっとこの緑のクラブが大好きです。緑のハート」 ハンマルビーには、今シーズンからINAC神戸レオネッサを退団したU-20日本女子代表MF天野紗(20)も加入しており、日本人2人がプレーすることになる。 2024.07.08 13:20 Mon
2

U-20日本女子代表のMF天野紗がハンマルビーに完全移籍! INAC神戸を昨季限りで退団し欧州に挑戦「とても楽しみです!」

スウェーデンのハンマルビーは26日、U-20日本女子代表MF天野紗(20)をINAC神戸レオネッサから完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2027シーズンまでの3年間となる。 天野はINAC神戸の下部組織で育ち、2022年にトップチーム昇格。WEリーグでは3シーズンプレーし、リーグ戦34試合、WEリーグカップ5試合、皇后杯7試合に出場していた。 2023-24シーズン限りでINAC神戸を退団していた中、ダームアルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部リーグ)のハンマルビーへと完全移籍した。 ハンマルビーには、天野と同世代でINAC神戸でもプレーしたなでしこジャパンFW浜野まいかがプレー。チェルシーからのレンタル移籍で半年間在籍していた。 天野はクラブを通じてコメント。浜野からもアドバイスがあったとした。 「とても楽しみです!このチームには私を選手として成長させてくれる質の高い選手がたくさんいますし、タイトルを獲得するために自分の資質を貢献していきたいと決意しています」 「私は中学生の頃から(浜野)まいかと一緒にプレーし、その後プロレベルでもプレーしました。彼女はチーム内やチームの周囲に素晴らしいグループが存在することについて私にたくさん話してくれましたし、以前から私がハンマルビーに来て一緒にプレーするべきだと主張していました」 <span class="paragraph-title">【動画】ハンマルビーに加入した天野紗</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="sv" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Bajen?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Bajen</a> <a href="https://t.co/XMZ8exwb8x">pic.twitter.com/XMZ8exwb8x</a></p>&mdash; Hammarby Fotboll (@hammarbyfotboll) <a href="https://twitter.com/hammarbyfotboll/status/1805934546392695197?ref_src=twsrc%5Etfw">June 26, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.06.27 19:10 Thu

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly