清水MF松岡大起がケガのためU-20日本代表候補合宿に不参加、5名が追加招集

2021.08.30 15:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
日本サッカー協会(JFA)は30日、U-20日本代表候補トレーニングキャンプに関して、メンバーの入れ替えを発表した。

30日より行われるトレーニングキャンプには、清水エスパルスのMF松岡大起がケガにより不参加となる。

また、DFチェイス・アンリ(尚志高校)、MF吉田温紀(名古屋グランパスU-18)、MF中村仁郎(ガンバ大阪ユース)、MF甲田英將(名古屋グランパスU-18)、FW千葉寛汰(清水エスパルスユース)が追加招集される。

◆U-20日本代表候補メンバー
GK
藤田和輝(アルビレックス新潟)
小畑裕馬(ベガルタ仙台)
田川知樹(横浜F・マリノス)

DF
馬場晴也(東京ヴェルディ)
半田陸(モンテディオ山形)
畑大雅(湘南ベルマーレ)
奈良坂巧(FC町田ゼルビア)
大嶽拓馬(柏レイソル)
鈴木海音(ジュビロ磐田)
中野伸哉(サガン鳥栖)
チェイス・アンリ(尚志高校)※追加招集

MF
松岡大起(清水エスパルス)※ケガのため不参加
鈴木唯人(清水エスパルス)
山内翔(筑波大学)
藤田譲瑠チマ(徳島ヴォルティス)
田村蒼生(筑波大学)
櫻井辰徳(ヴィッセル神戸)
田中聡(湘南ベルマーレ)
樺山諒乃介(モンテディオ山形)
三戸舜介(アルビレックス新潟)
吉田温紀(名古屋グランパスU-18)※追加招集
中村仁郎(ガンバ大阪ユース)※追加招集
甲田英將(名古屋グランパスU-18)※追加招集

FW
細谷真大(柏レイソル)
千葉寛汰(清水エスパルスユース)※追加招集


関連ニュース
thumb

U-20日本女子代表候補メンバーが発表! WEリーガーに加え、アメリカの大学から4名招集《トレーニングキャンプ》

日本サッカー協会(JFA)は18日、トレーニングキャンプに臨むU-20日本女子代表候補メンバーを発表した。 なでしこジャパンも指揮する池田太監督が率いるU-20日本女子代表。8月にコスタリカで開催されるU-20女子ワールドカップ(W杯)に臨むこととなる。 6月、7月に国内でトレーニングキャンプを行うU-20日本女子代表だが、今回は26名が召集された。 今回のメンバーにはアメリカの大学から3名が招集。また、WEリーグでプレーする選手が大半を占めている。 なお、トレーニングキャンプ中には、東日本国際大学附属昌平高校とのトレーニングマッチが予定されている。 今回発表されたU-20日本女子代表候補メンバーは以下の通り。 ◆U-20日本女子代表候補メンバー GK 石田心菜(早稲田大学) 福田史織(三菱重工浦和レッズレディース) 大場朱羽(イーストテネシー州立大学/アメリカ) 野田にな(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) DF 西野朱音(マイナビ仙台レディース) 長江伊吹(INAC神戸レオネッサ) 岩井蘭(フロリダ州立大学/アメリカ) 田畑晴菜(セレッソ大阪堺レディース) 杉澤海星(大宮アルディージャVENTUS) 竹重杏歌理(INAC神戸レオネッサ) 石川璃音(三菱重工浦和レッズレディース) 小山史乃観(セレッソ大阪堺レディース) MF 森田美紗希(日体大SMG横浜) 中尾萌々(メンフィス大学/アメリカ) 吉田莉胡(ちふれASエルフェン埼玉) 岩﨑心南(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 天野紗(INAC神戸レオネッサ) 大山愛笑(日テレ・東京ヴェルディメニーナ) FW 島田芽依(三菱重工浦和レッズレディース) 柳瀬楓菜(サンフレッチェ広島レジーナ) 山本柚月(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 西尾葉音(三菱重工浦和レッズレディース) 藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 土方麻椰(日テレ・東京ヴェルディメニーナ) 浜野まいか(INAC神戸レオネッサ) 松窪真心(JFAアカデミー福島) 2022.05.18 18:50 Wed
twitterfacebook
thumb

U-20女子W杯、オランダ、ガーナ、アメリカと対戦が決定…池田太監督「簡単な試合などひとつもない」

日本サッカー協会(JFA)は5日、U-20女子ワールドカップ(W杯)コスタリカ2022の組み合わせ抽選結果を発表した。 U-20女子代表はグループDに入り、U-20オランダ代表、U-20ガーナ代表、U-20アメリカ代表と同居した。 U-20女子W杯は今年8月10日に開幕し、8月28日まで開催される。日本は8月11日の予選でオランダと対戦し、14日の第2戦でガーナ、17日の第3戦でアメリカと対戦する。 なでしこジャパンと兼任している池田太監督は、今回の組み合わせ決定にコメントしている。 「まずはこのFIFA U-20女子ワールドカップコスタリカ2022の舞台を準備してくださった関係者の皆様に感謝します。2020年大会は残念ながら中止となってしまいましたが、この若い世代の選手がこのような国際舞台で真剣勝負を戦うことは非常に重要な経験です」 「グループステージで対戦するチームはどこも強豪です。初戦のオランダはヨーロッパの中でも指折りの力を持っているチームです。第2戦のガーナは6大会連続で出場する安定的な力を持っているチームで、第3戦のアメリカはこれまで3度の優勝を誇る、説明不要の強さを持ったチームです」 「ワールドカップになれば簡単な試合などひとつもありません。この大きな意味と意義を持った試合をチャレンジャー精神と共に戦い、大会を通しチームとして成長し、トロフィーを目指します」 2022.05.06 10:07 Fri
twitterfacebook
thumb

来年開催のU-20&U-17女子W杯に日本の出場が決定…予選中止でAFCが過去大会の成績で決定

アジアサッカー連盟(AFC)は14日、2022年にコスタリカで行われるU-20女子ワールドカップ(W杯)と、インドで行われるU-17女子W杯の出場国を発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、両大会に向けてのアジア予選に当たる、2022年のU-20女子アジアカップ、U-17女子アジアカップが中止となっていた。 AFCは、代替案として、2019年に行われたAFC U-19女子選手権、U-16女子選手権を予選とみなし、上位チームに出場権を与えることを決定。日本はどちらの大会にも出場することが決定した。 U-20女子W杯は、2018年に日本が優勝。2020年は大会が中止となっていた。なでしこジャパンの新監督に就任した池田太監督が率いて優勝し、今大会も池田監督が率いて連覇に挑むことになる。 また、U-17女子W杯は2014年に優勝しており、2016年は準優勝、2018年はベスト8の成績を残していた。 なお、U-20女子W杯には日本の他に、北朝鮮と韓国が出場。U-17女子W杯には、北朝鮮とホスト国のインドが出場する。 今回の決定を受け、U-19日本女子代表の池田監督とU-16日本女子代表の狩野倫久監督が、日本サッカー協会(JFA)を通じてコメントしている。 ◆池田太監督(U-19日本女子代表) 「ワールドカップの出場が決定し嬉しく思います。2020年大会がコロナウイルスの影響で中止となり4年ぶりの世界大会でのチャレンジとなります」 「チームの立ち上げからワールドカップで戦うことをイメージして成長を続けている選手達とともに来年8月の開催に向かって準備を進めていきたいと思います」 ◆狩野倫久監督(U-16日本女子代表) 「今までの日本の女子サッカーの活躍、U-16・U-17日本女子代表チームの過去大会の成績により今回のFIFA U-17女子ワールドカップの出場が決定したことは、今までの育成年代の日本女子代表の成果の賜物であることに、まずは感謝の気持ちです」 「2021年4月に立ち上げたこのチームは強く・逞しく、そして、アグレッシブに世界の舞台で躍動し、世界チャンピオンになるべく、そこに向け、最も成長するチーム、選手・スタッフとなるよう、日々全力で挑戦していきます」 2021.10.15 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

U-20日本代表候補合宿に清水MF松岡大起ら招集 内田篤人氏も帯同見込み《トレーニングキャンプ》

日本サッカー協会(JFA)は27日、U-20日本代表候補トレーニングキャンプメンバーを発表した。 30日から9月5日にかけて予定する今回は今夏に電撃的な清水エスパルス入りを果たしたMF松岡大起が招集。清水からMF鈴木唯人も呼ばれ、サガン鳥栖のDF中野伸哉、徳島ヴォルティスのMF藤田譲瑠チマ、MF田中聡らもメンバー入りした。 元日本代表DFの内田篤人氏もロールモデルコーチとして9月1日までトレーニングに帯同する見込みだ。 ◆招集メンバー一覧 GK 藤田和輝(アルビレックス新潟) 小畑裕馬(ベガルタ仙台) 田川知樹(横浜F・マリノス) DF 馬場晴也(東京ヴェルディ) 半田陸(モンテディオ山形) 畑大雅(湘南ベルマーレ) 奈良坂巧(FC町田ゼルビア) 大嶽拓馬(柏レイソル) 鈴木海音(ジュビロ磐田) 中野伸哉(サガン鳥栖) MF 松岡大起(清水エスパルス) 鈴木唯人(清水エスパルス) 山内翔(筑波大学) 藤田譲瑠チマ(徳島ヴォルティス) 田村蒼生(筑波大学) 櫻井辰徳(ヴィッセル神戸) 田中聡(湘南ベルマーレ) 樺山諒乃介(モンテディオ山形) 三戸舜介(アルビレックス新潟) FW 細谷真大(柏レイソル) 2021.08.27 16:55 Fri
twitterfacebook
thumb

2022年開催のU-17、U-20の女子アジアカップが中止に…コロナ禍で開催困難

日本サッカー協会(JFA)は6日、AFC U-17女子アジアカップ、AFC U-20女子アジアカップの中止を発表した。 この決定はアジアサッカー連盟(AFC)が5日に行ったもの。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大が続いており、すべての利害関係者、特に若手プレーヤーの健康と安全を優先することの重要性を考えての判断とのことだ。 両大会は、2022年にそれぞれインドネシアとウズベキスタンで開催される予定だった。 これを受け、U-19日本女子代表の池田太監督、U-16日本女子代表の狩野倫久監督、今井純子女子委員長がコメントしている。 【今井純子女子委員長】 今回、育成年代ということもあり、アジア各地での新型コロナウイルス感染拡大の様々な状況、1次予選、2次予選を実施して上位ラウンドへと進行していくことが非常に困難ということで、残念ながら育成年代の女子アジアカップ全体が中止と なってしまいました。 育成年代代表の目標は、1つでも多くの良い経験を積み上げて将来に向けて成長することです。その中でも国際経験、プレッシャーの掛かる大会の経験は何物にも代えがたい貴重な経験の場であり、非常に残念です。 ワールドカップへどのような方法でアジアからの出場チームを決定するかはまだ不明ですが、出場できることを想定し、そこに向けて両代表の強化活動を変わらず継続していきます。まだ国際経験が困難な時期が続きますが、状況を見ながらできる限りの良い経験が積めるよう進めていきたいと思います。 【U-19 日本女子代表 池田太監督】 選手達が大きく逞しく成長できる大会が中止となり本当に残念です。しかし健康や安全が大切なことは間違いありません。 アジア各国との戦いは選手達の成長や経験値を上げることと共ににワールドカップ予選という次へのステージがかかっている緊張感や達成できた時の自信などを得られる機会と考えていました。今後の活動で海外のチームとの対戦も調整して継続的に強化していかなければならないと感じています。 アジアの出場枠がどのように決定されるのかはまだ分かりませんが、2022年8月にコスタリカで予定されているワールドカップに向けて引き続き選手達と成長の歩みを止めず、進んでいきます。 【U-16 日本女子代表 狩野倫久監督】 U-16日本女子代表は、今年の4月に新チームとして立ち上げ、AFCU-17女子アジアカップ優勝をひとつの目標にし、そこからFIFAU-17女子ワールドカップインド大会での躍進を大きな目標に掲げていました。前回のFIFAU-17女子ワールドカップに続き、AFCの大会が中止になったことで国際経験を体験できないことは残念ではありますが、今後の目標や選手たちの目指すべきところ「世界のなでしこになる」は変わることはなく歩みを止めてはいけません。 今回の中止を更なるステップアップ、今後の成長を更に加速させるきっかけになるよう、今後の目標に対し、今一度内省し今後への歩むべき道筋を立て、未来に向かい今まで以上に日々全力で迷うことなくチャレンジして欲しいと思います。 我々スタッフ一同、これからも育成年代の強化・育成、レベルアップのために、より一層尽力していきます。まだまだ大変な状況下にありコロナウイルスによる影響は今後も続くかもしれませんが、皆さんと共に、この状況を乗り越えていきたいと思います。 2021.07.06 18:13 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly