ボヌッチに主将は任せないと断言のアッレグリ「どこかで買い、街中などでそれをつけてプレーするしかない」

2021.07.28 12:08 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、チームのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチにキャプテンを任せることはないと語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。

アッレグリ監督は2014年から2019年までユベントスで指揮を執り、セリエA5連覇と4度のコッパ・イタリア優勝を達成。クラブに黄金時代をもたらしていたが、チャンピオンズリーグ(CL)優勝を果たせなかったこともあり退任となった。しかし、その後ユベントスは思うような結果を出せず、今季から再びアッレグリ監督が指揮を執ることになっている。

27日に復帰後初となる記者会見を行ったアッレグリ監督は、インタビューの中でチームのキャプテン人事について言及。契約満了により退団したものの再契約が濃厚のDFジョルジョ・キエッリーニや、FWパウロ・ディバラへの信頼を語る一方、かつて確執も噂されたボヌッチに対してはキャプテンや副キャプテンを任せることはないと断言。2017年夏にミランへ移籍しているボヌッチは、クラブでのキャリアがリセットされていると強調した。

「ボヌッチはユベントスを一度去ってから戻ってきた。つまりユベントスでのキャリアという意味では、ゼロからのスタートになってしまっている。副キャプテンはディバラになるだろう。私は彼に多くを期待している。彼と話をしたが、やる気に満ち溢れているよ」

「キャプテンと副キャプテンは、チームでどれだけプレーしたかに応じて決める。ユベントスではキエッリーニが最も経験豊富であり、それにディバラが続く」

「ボヌッチは1シーズン抜けた期間があった。彼の決断によってね。だから、もし彼がキャプテンマークを欲するのであれば、自分でどこかで買い、街中などでそれをつけてプレーするしかないね。彼自身も、そのことは受け入れているよ」

「私が以前にユベントスで指揮を執った最後のシーズンでは、マリオ・マンジュキッチサミ・ケディラがボヌッチに先んじてキャプテンの腕章をつけていた。ただそれは、単に彼が序列で遅れをとっていたからだ」

関連ニュース
thumb

負傷のディバラが涙をこぼす…「申し訳ない」と謝罪

ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが涙を流した。 ユベントスは26日、セリエA第6節でサンプドリアと対戦。先発出場したディバラは10分に左足ボレーシュートを突き刺し、チームに先制点をマークした。 しかし、20分過ぎにアクシデント。ディバラが相手との接触を避けた際に足首を痛めて自ら交代を要求。涙を浮かべながらピッチを後にした。 ディバラは試合後、自身のツイッターを更新。「ピッチを離れることになってしまって申し訳ないが、勝てたことは嬉しい。明日検査を受けるが、もうすでにできるだけ早く復帰することを考えている」とコメントした。 ユベントスはスペイン代表FWアルバロ・モラタも負傷交代。試合は3-2で勝利したものの、9日に控えるチャンピオンズリーグのチェルシー戦に向けて、大きな懸念を残すことになった。 <span class="paragraph-title">【動画】ディバラの左足ボレーとピッチで人目をはばからず涙を流す対局的なシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/zLSlebT-Tro?start=7" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A sad sight to see as goalscorer Paulo Dybala is forced off through injury... <a href="https://t.co/ldsl7dr2FK">pic.twitter.com/ldsl7dr2FK</a></p>&mdash; Football on BT Sport (@btsportfootball) <a href="https://twitter.com/btsportfootball/status/1442081622317207555?ref_src=twsrc%5Etfw">September 26, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.27 13:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ指揮官アッレグリ、今季初の連勝も課題挙げる「失点しないようにしなければ」

ユベントスのマッシミリア―ノ・アッレグリ監督が、サンプドリア戦後に課題を挙げた。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは26日、セリエA第6節でサンプドリアと対戦した。試合は10分、パウロ・ディバラの鮮やかなミドルシュートで先制すると、43分にはレオナルド・ボヌッチがPKを決めてリードを広げる。 前半のうちに吉田麻也のゴールで1点を返されるも、57分にはMFマヌエル・ロカテッリの移籍後初ゴールも生まれ、リードを2点に。83分に失点するが3-2のまま逃げ切り、今シーズン初の連勝を記録した。 試合後、アッレグリ監督は勝利しながらも、2失点を喫した守備面を問題に挙げた。 「我々はハードワークしなければいけない。ゴールを守ること、ゴールを決めさせないことに喜びがあり、それはポゼッションすることと同じくらい、サッカーの一部となっている」 「多くのチャンスを逃したわけではない。課題は秩序ある守備で失点を少なくすることだと思う」 また、開幕4試合では白星がなかったが、徐々に勢いを取り戻しつつあるチームに満足感を示した。 「精神的にも肉体的にも疲れやすい時期だが、少しずつリーグでの順位を上げている」 「今日の勝利で、我々はスペツィア戦のように苦しまなければならないということを理解する必要がある。今は明確な勝利が必要であり、それが我々の自尊心をさらに高めることになるだろう」 さらに、センターバックのボヌッチが試合中にPKキッカーを務めたことについては「ボヌッチがPKを蹴ったのは、彼が責任を負うのは当然のことであるからだ。彼はシュートの打ち方を知っている」と説明した。 2021.09.27 12:12 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ、吉田麻也ゴールのサンプドリアに競り勝ち2連勝! ディバラ&モラタ負傷でチェルシー戦に懸念《セリエA》

セリエA第6節、ユベントスvsサンプドリアが26日に行われ、3-2でユベントスが勝利した。サンプドリアの吉田麻也はフル出場し、1ゴールを記録している。 アッレグリ政権復権後、ここまで苦しい状況が続くユベントス。前節のスペツィア戦でなんとか逆転に持ち込み、ようやくリーグ戦初白星を手にした。対するサンプドリアは、前々節のエンポリ戦で初勝利を挙げたものの、前節はナポリに4失点大敗を喫している。 互いに低空飛行の中迎えた今回の一戦。まずはアウェイのサンプドリアが攻め込んでCKのチャンスを得るが、ここは簡単に跳ね返される。一方のユベントスもディバラがパスワークでボックス右に侵入するが、ここはDFに対応されボールをロスト。 序盤から一進一退となった中、ユベントスは10分に左サイドのアレックス・サンドロからクロスが上がると、一度跳ね返されたボールをロカテッリがシュート。ここはDFにぶつけてしまうが、こぼれ球を横に繋いで最後はボックス手前右のディバラが左足ボレーシュートをゴール右下に突き刺した。 幸先よく先制したユベントスは、12分にもカウンターから決定機。中央のディバラからキエーザがボックス右で受け、フリーでシュートを放つが、DFが気になったかわずかに右に外してしまった。さらに14分には、再び速攻の形からモラタにゴールチャンスが訪れるも、ボックス左から流し込むように狙ったシュートはGKアウデーロに止められた。 追加点の雰囲気が漂うユベントスだが、20分過ぎにアクシデント。ディバラが相手との接触を避けた際に足首を痛めて自ら交代を要求。涙を浮かべながらピッチを後にした。代わりにクルゼフスキが投入されている。 その後はユベントスの勢力が衰えたことで試合は膠着状態に。だが、前半終了間際に大きく動く。43分、キエーザがボックス右から放ったシュートがムッルの腕に当たってユベントスがPKを獲得。これをボヌッチが決めてリードを広げる。 しかし、その直後の44分、サンプドリアがクアリアレッラのシュートで左CKを獲得すると、ショートコーナーからカンドレーバが右足でクロス。これをボヌッチに競り勝った吉田が頭で合わせて1点差に縮めた。吉田は第3節のインテル戦に続いて今季2ゴール目となった。 ユベントスの1点リードで迎えた後半。ボールは握るものの、なかなかシュート数が増えなかったが57分、左サイドでロカテッリの巧みなループパスを受けたキエーザがゴール前に侵入。ここはサンプドリアDFに止められてしまうものの、その後の不用意なパスをボックス左でクルゼフスキが奪取。マイナスの折り返しをロカテッリが押し込んで3点目を決めた。 その直後にサンプドリアは3枚替えを敢行し、主に中盤に変化を加える。対するユベントスは70分にラムジーとキエッリーニを投入し、3バックを敷いて守備固め。それでも74分にはベンタンクールが決定的なシュートを放つなど、隙あらば決着をつけにいく強かさも見せる。 80分過ぎにはモラタも追加点に迫ったが、その際のシュートで腿裏を負傷。ディバラに続いて先発した2トップがケガに見舞われる事態となった。 するとサンプドリアは83分、敵陣でのボール奪取から速攻を仕掛け、ボックス左にトールスビーが侵入。そのマイナスの折り返しをカンドレーバがボックス中央から流し込み、1点差に縮めた。 しかし、スコアはこれ以上は動かず試合終了。ユベントスはリーグ戦連勝を収めたものの、守備に課題を残す一戦に。また、29日に控えるチャンピオンズリーグのチェルシー戦に向けて、ディバラとモラタの負傷交代という懸念を残すことになった。一方のサンプドリアは連敗で3つの黒星がついた。 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】吉田麻也がユベントス相手にゴール!(1:30〜)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="4pBKe9V-kKY";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.09.26 21:45 Sun
twitterfacebook
thumb

カッサーノ氏が今季のユベントスを酷評「混乱している」「アイデアもない」

元イタリア代表のアントニオ・カッサーノ氏が、大不振に喘ぐユベントスを酷評した。 2020-21シーズンはアンドレア・ピルロ監督がシーズン前に突如指揮官に就任。初の監督キャリアでの大役となったが、チームななかなか思うように機能せず。10連覇を目指したセリエAでもインテルにスクデットを譲るなど4位に終わり、近年で最悪のシーズンとなった。 そのユベントスはマッシミリアーノ・アッレグリ監督を復帰させた中、エースであったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが開幕後にマンチェスター・ユナイテッドへと復帰。ケガ人などの影響で戦力が整わないと、今シーズンのセリエAでは開幕から勝利なし。22日に行われた第5節のスペツィア戦で初勝利を収め、12位に位置している。 そのスペツィア戦でも、先制しながら一時は逆転されるというお粗末な試合展開に。カッサーノ氏は、元イタリア代表のクリスティアン・ヴィエリ氏が配信しているTwitchの『ボボTV』に出演し、ユベントスを酷評した。 「ユベントスは腹立たしい試合をした。スペツィアはユベントスにプレッシャーをかけた。もし彼らが3-1にしていたら、それはゲームを終わらせていただろう」 「彼らはアッレグリのチームと比較して、50分の1の価値のチームだ」 「彼らがゴールを決めたのは、アッレグリが見ていないのに苦労し続けている2、3人の選手のおかげであり、混乱しているという印象を私に与えている」 「ユベントスのプレーの仕方がわからない。とても心配だ。彼らは彼らは勝ったが、このまま続けていてはトップ4に入るのは苦労するだろう」 「最も整ったチームであるが、今は10ポイント遅れている。プレーが悪く、受け身であり、常にボールの後ろにいるにも関わらず、多くの苦しみを味わっている」 「アイデアもない。個性が欠けている。以前は、ワンプレーで勝負を決められる王者がいた。(クリスティアーノ・)ロナウドは3年間で100ゴールを記録し、(ゴンサロ・)イグアインは多くのゴールを決めた。(パウロ・)ディバらは素晴らしいことをしている」 「今、彼らは混乱したチームであり、ごちゃごちゃしている。幸運にもスペツィアに勝っただけだ」 2021.09.25 19:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ようやくリーグ初勝利も…苦しむユベントスをイタリア代表OBが酷評 「アイデアも個性もない」

元イタリア代表FWのアントニオ・カッサーノ氏がユベントスを酷評した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ユベントスは昨シーズンのセリエAを4位で終え、10連覇を逃したことを受け、今夏に2014年から2019年までチームを率いたマッシミリアーノ・アッレグリ監督が再就任。新シーズンでの復権を目指していたものの、開幕からのリーグ戦4試合で2分け2敗とスタートダッシュに失敗した。 22日に行われたセリエA第5節スペツィア戦を3-2のスコアで終え、ようやく今季リーグ戦初白星を挙げたものの、一時は逆転を許すなど不安定なパフォーマンスは続いている。 こうした状況のユベントスに対して、『Twitch』の『Bobo TV』に出演したカッサーノ氏は辛辣に批判。スペツィア戦の勝利は幸運だっただけであり、依然としてチームには何の形もないと酷評した。 「ユベントスは不愉快な試合をした。スペツィアがユベントスにプレッシャーをかけ、3-1にしていたら試合は終わっただろう。彼らはアッレグリ監督のチームと比べて、50倍は価値で劣るチームなのにね」 「私はユベントスのプレーが理解できず、とても心配している。彼らは勝ちこそしたが、このままではトップ4に入るのも難しいだろう。もっとも設備の整ったチームのはずだが、すでに首位と10ポイントも差をつけられた。プレーは酷く、消極的であり、常に深く守っているにもかかわらず、とても苦しんでいる」 「アイデアも個性もない。以前はワンプレーで試合に勝つチャンピオンがいた。クリスティアーノ・ロナウドは3年間で100ゴールを決め、ゴンサロ・イグアインも多くのゴールを決めていた。そしてパオロ・ディバラは素晴らしい活躍をしていたね」 「今の彼らは、ただの混乱したチームに過ぎない。幸運にも、スペツィアには勝ったけどね」 2021.09.25 12:38 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly