レスターがPSVの逸材マドゥエケに関心! スパーズ育ちのU-21イングランド代表FW

2021.07.26 15:56 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティがPSVに所属するU-21イングランド代表FWノニ・マドゥエケ(19)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『レスター・マーキュリー』が伝えている。

トッテナムのアカデミー出身で2018年にPSVのユースチームに加入したマドゥエケは、左利きのアタッカー。利き足は異なるものの、クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ、ニューカッスルのフランス人FWアラン・サン=マクシマンらを彷彿とさせる、爆発的なスピードとトリッキーな仕掛けを特長とする右ウイングは2019–20シーズンにエールディビジデビューを飾った。

そして、昨シーズンは右ウイングを主戦場に公式戦32試合9ゴール8アシストの数字を残し、飛躍の1年を過ごした。

また、182cmとサイズにも恵まれるマドゥエケは、U-19チームで監督を務めていた元オランダ代表FWのルート・ファン・ニステルローイ氏からストライカーとしての英才教育を受けており、現チームのエースでドルトムント移籍が迫るオランダ代表FWドニエル・マレン同様に将来的にはストライカーへの本格コンバートも期待されている逸材だ。

そのマドゥエケに関してはレスター、クリスタル・パレスといったプレミア勢が関心を示しているという。ただ、移籍金に関しては現時点で2000万ポンド(約30億3000万円)程度が必要ということもあり、両クラブはまだ具体的な動きを見せていないようだ。

関連ニュース
thumb

レスター応援のために仕事を辞めたリネカー、ELも家族と生観戦

16日に開幕した2021-22シーズンのヨーロッパリーグ。昨シーズンのプレミアリーグを5位で終えたレスター・シティは、グループC第1節でナポリをキングパワー・スタジアムに迎えた。 グループ内のライバル同士が激突する開幕節屈指の好カードだったが、クラブOBもしっかりと観戦に訪れていたようだ。 OBとは、元イングランド代表で名古屋グランパスでもプレーしたギャリー・リネカー氏。リネカー氏は、レスターで生まれ育ち、幼少期にレスターでサッカーをスタート。1984-85シーズンにはレスターで得点王も獲得するなど、幼少期から愛するクラブだ。 解説者としても人気を博すリネカー氏だが、『BTスポーツ』の欧州サッカー担当の仕事を昨シーズン限りで辞任。その理由をこう語っていた。 「私は世界最高の大会で最高のクラブの試合を中継するのが大好きで、この6年間、画期的な報道に参加できたことを誇りに思っている」 「寛大な契約更新のオファーをくれた『BTスポーツ』は感謝したいしたいが、よく考えた末にこの日に決めた」 「私はいつも約束してきたことをする時が来たと感じている。例えば、ヨーロッパの大会に出場するレスターを息子たちと一緒に応援するとかね(あと何回チャンスがあるかな?)」 リネカー氏は、その言葉通りナポリ戦に3人の息子たちと一緒に観戦に訪れた。自身のツイッターでは「子供たちやレスターの仲間たちと一緒にスタジアムに戻るのは素晴らしいことだ」と笑顔を見せている。 2015-16シーズンにレスターがプレミアリーグを優勝した際には、イギリス『BBC』にレスターのエンブレムがプリントされたパンツ一丁の姿で出演したリネカー氏。古巣への愛は今も溢れんばかりのようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】リネカーが3人の息子と笑顔でレスターを応援!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Great to be back in a football ground with the boys and fellow Foxes, <a href="https://twitter.com/harry_lineker?ref_src=twsrc%5Etfw">@harry_lineker</a> <a href="https://twitter.com/angus_lineker?ref_src=twsrc%5Etfw">@angus_lineker</a> <a href="https://twitter.com/LinekerTobias?ref_src=twsrc%5Etfw">@LinekerTobias</a> <a href="https://t.co/QlanDbp7qk">pic.twitter.com/QlanDbp7qk</a></p>&mdash; Gary Lineker (@GaryLineker) <a href="https://twitter.com/GaryLineker/status/1438617963809198080?ref_src=twsrc%5Etfw">September 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.18 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

白熱した試合の裏で…レスターvsナポリの好カードで両サポーターが衝突

ヨーロッパリーグ(EL)のレスター・シティvsナポリで、サポーター同士が小競り合いを起こしていたようだ。イギリス『サン』が伝えている。 16日に行われたEL・グループC第1節の同試合。優勝候補が激突する開幕節屈指の好カードは、ホームのレスターが2点先行する展開となるものの、ナポリはFWビクター・オシムヘンの2ゴールで引き分けに持ち込み、セリエAで開幕3連勝と好調の意地を見せる結果となった。 だが、そんな白熱した試合の裏で、両クラブのサポーターが衝突していたようだ。『サン』によると、試合終了直後、2点差を追いついたナポリのファンがレスターを嘲笑するような態度をとっていたようで、それが引き金となり小競り合いが勃発。ボトルなど様々な物が投げ込まれ、ある者はベルトを武器に使っていたという。 およそ100人の警官と警備員が動員され、事態の収拾を図ったが、沈静化するまでに30分以上を擁したとのこと。中には殴られた警備員もいたようだ。 状況が急速にエスカレートした原因については警察による調査が行われる模様。今後、両クラブに対してUEFAから何らかの制裁があると予想されている。 2021.09.17 16:37 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリとの初戦ドローのレスター、指揮官は「エキサイティングな試合だった」とチーム称賛

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督がドローに終わったチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 レスターは16日に行われたヨーロッパリーグ(EL) グループC第1節でナポリと対戦した。立ち上がりにFWアジョセ・ペレスのゴールで先制すると、64分にFWハーヴェイ・バーンズの得点で追加点に成功。しかし、その後にナポリのFWビクター・オシムヘンに2ゴールを許し、試合は2-2のドローに終わった。 試合後のインタビューに応じたロジャーズ監督は結果を悔やみつつ、試合内容を称賛。そのうえで、改善点についても口にしている。 「エキサイティングな試合だった。もちろん、勝てなかったことは残念だ。素晴らしいポジションにいたが、経験豊富なチームとの対戦であり、最後までやり遂げることができなかった。これを教訓にしていきたい」 「試合が終わってから選手たちには話したよ。この試合には良いところがたくさんあったとはいえ、もう少しボールをキープする必要があるとね。なぜなら、終盤になってボールをあまり持っていない状態が続くと、疲労が出てきてしまう」 「今日は今シーズン初めて90分プレーした選手もいた。そして我々は、7000万ポンドの大物ストライカー(オシムヘン)に2ゴールを決められたね。彼のクオリティについてはしっかり確認できたよ」 「全体的には良い位置にいたと思うが、勝てないのであれば負けないようにする必要がある。この勝ち点は我々にとってのスタートラインだ。これから9か10のポイントが求められるだろう」 また、ロジャーズ監督は今夏に加入し、この試合で先発出場となったMFブバカリ・スマレとFWパトソン・ダカを称賛。どちらも着実にチームにフィットしてきていると語った。 「ブーバ(スマレ)はこの試合で素晴らしい活躍をしたと思う。後半の初めに少し崩れたが、その後試合に戻ってきた。彼は素晴らしかったよ。このチームで初めて70分プレーできたことも嬉しいね」 「パトソンは常にゴールを狙える選手だ。(VARで取り消された)ゴールは素晴らしいものだったから残念だが、彼らは若い選手であり、我々のやり方をしっかり学んでいる」 2021.09.17 11:25 Fri
twitterfacebook
thumb

レスターが“150億円”を投じた新トレーニングセンターの様子を公開、巨大すぎる敷地には21個のピッチを完備

レスター・シティが新しいトレーニングセンターの様子を公開した。 2019年春に着工した新たな施設は昨年末に完成した。1億ポンド(約150億円)を投じて建設されたとされる複合施設は、広さ185エーカー(約75万㎡)で14個のフルサイズピッチを含む、21個のコートを完備。全天候型と思われるピッチは透明なドーム状の屋根で覆われ、採光性も考えられている。 メインの投光照明付きのショーピッチもあり、少数ながら一般市民と訪問メディア用に座席も用意されている。 周囲の環境にも配慮すべく、雨水を制御し、動植物をサポートするために新しく4つの減衰池を設置。豊富な自然の野生生物を助けるために、敷地全体には2万本を超える新しい木や針葉樹が植えられた。 2015-16年にはプレミアリーグを制覇し、昨季はFAカップのタイトルを手にしたレスター・シティ。今季のプレミアリーグでは、ここまで第4節を終えて2勝2敗で9位につけている。 また、16日にはヨーロッパリーグ(EL)グループC第1節でナポリをホームに迎える。施設面での充実を初の国際タイトル獲得に向けて追い風にしたいところだ。 https://www.lcfc.com/news/1950709/leicester-citys-spectacular-new-training-ground-the-numbers <span class="paragraph-title">【動画】大きすぎるレスターの新トレーニングセンター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="tiktok-embed" cite="https://www.tiktok.com/@lcfc/video/7007369153514310918" data-video-id="7007369153514310918" style="max-width: 605px;min-width: 325px;" > <section> <a target="_blank" title="@lcfc" href="https://www.tiktok.com/@lcfc">@lcfc</a> <p>Welcome to our training ground </p> <a target="_blank" title=" CITY OF ANGELS 24KGoldn Funk Remix - LLusion" href="https://www.tiktok.com/music/CITY-OF-ANGELS-24KGoldn-Funk-Remix-6783833309634988806"> CITY OF ANGELS 24KGoldn Funk Remix - LLusion</a> </section> </blockquote> <script async src="https://www.tiktok.com/embed.js"></script> 2021.09.17 07:35 Fri
twitterfacebook
thumb

【EL第1節まとめ】優勝候補対決は白熱のドロー決着!ウェストハム、レバークーゼン、リヨンは順当に白星発進

2021-22シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第1節が16日にヨーロッパ各地で行われた。 グループC第1節では共に優勝候補に挙がるレスター・シティvsナポリのビッグマッチが行われ2-2の引き分けに終わった。 試合が動いたのは立ち上がりの9分、ダカとのワンツーで左サイドを突破したバーンズのクロスをファーサイドに走りこんだアジョセ・ペレスが右足ボレーで流し込み、レスターが先制した。 先制を許したナポリは37分、ボックス右深くから侵入したオシムヘンの折り返しをジエリンスキがシュート。さらに45分にはインシーニェの右クロスからロサーノが頭で合わせたが、共にシュートはGKシュマイケルの好セーブに防がれた。 迎えた後半、再びゴールネットを揺らしたのはレスターだった。54分、敵陣での細かなパスワークからダカがゴールネットを揺らしたが、わずかにオフサイドラインを出ており、VARの末にオフサイドを取られた。 それでもレスターは64分、中盤でボールをカットしたイヘアナチョが右サイドからダイアゴナルパスを送ると、バイタルエリア左で受けたバーンズがボックス左からシュートを流し込んだ。 2失点を喫したナポリだが、すぐに反撃を開始。すると69分、相手ボックス付近でワンタッチパスを繰り返すと、ファビアン・ルイスのパスをボックス内で受けたオシムヘンがトラップで前を向くと飛び出したGKの上を越すループシュートを流し込んだ。 さらにナポリは、87分にもポリターノの右クロスからオシムヘンがヘディングシュートを突き刺し、土壇場で同点に。結局、試合はそのまま2-2のドローで終了した。 また、グループH初戦でディナモ・ザグレブのホームに乗り込んだウェストハムは、22分にランシーニのプレッシャーでカテリーヌのGKへのバックパスを誘うと、これを狙っていたアントニオがボックス左でボールをカット。飛び出したGKをかわし無人のゴールにシュートを流し込んだ。 先制したウェストハムは、後半開始早々の50分にも左サイドを突破したしたライスがボックス左から相手GKの股下を抜くシュートを決め、2-0で勝利した。 その他の強豪チームでは、レバークーゼンがパラシオスとヴィルツのゴールなどでフェレンツヴァーロシュに逆転勝利。リヨンもエカンビとスリマリのゴールでレンジャーズに2-0で快勝。一方、ラツィオはガラタサライにアウェイで0-1の敗戦となった。 ■ELグループステージ第1節結果 ◆グループA ブレンビー 0-0 スパルタ・プラハ レンジャーズ 0-2 リヨン ◆グループB モナコ 1-0 シュトゥルム・グラーツ PSV 2-2 レアル・ソシエダ ◆グループC レスター・シティ 2-2 ナポリ スパルタク・モスクワ 0-1 レギア・ワルシャワ ◆グループD フランクフルト 1-1 フェネルバフチェ オリンピアコス 2-1 アントワープ ◆グループE ロコモティフ・モスクワ 1-1 マルセイユ ガラタサライ 1-0 ラツィオ ◆グループF ツルヴェナ・ズヴェズダ 2-1 ブラガ ミッティラン 1-1 ルドゴレツ ◆グループG ベティス 4-3 セルティック レバークーゼン 2-1 フェレンツヴァーロシュ ◆グループH ラピド・ウィーン 0-1 ヘンク ディナモ・ザグレブ 0-2 ウェストハム 2021.09.17 06:50 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly