遠藤航、シュツットガルトの新キャプテンに! 指揮官の指名理由は…?

2021.07.24 08:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF遠藤航がシュツットガルトのキャプテンに就任した。

昨季までキャプテンを務めた元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロだが、今夏に契約切れとなり、退団。ペッレグリノ・マタラッツォ監督は23日に行われ、5-2で勝利したビーレフェルトとのプレシーズンマッチ後、U-24日本代表の一員として東京オリンピックに参戦中の28歳守備的MFを新キャプテンに指名した。

「私にとって、大事なのはキャプテンがみんなを先導したり、我々が求める価値観を体現したりして、模範的な存在であるということ。ワタルを選んだのは他の選手のためにも責任を負える存在だからだ」

遠藤は湘南ベルマーレでプロデビュー後、浦和レッズ、シント=トロイデンを経て、2019年夏にシュツットガルト入り。昨季はブンデスリーガでのデュエル勝利数でトップとなり、屈指の守備的MFとして評価を高めた。

ブンデスリーガでプレーする日本人選手の正式なキャプテン就任はハンブルガーSV時代の元日本代表DF酒井高徳(現・ヴィッセル神戸)に続く2人目。マタラッツォ監督は遠藤不在時のキャプテンとして、ドイツ人DFヴァルデマール・アントンを託す方針を示している。

過去に湘南やリオ・デ・ジャネイロ オリンピックの代表でも主将を務め、リーダーとしての実績も十分な遠藤。これまでピッチ上でのデュエル・キングとして存在感を放った遠藤だが、来る新シーズンは主将としての振る舞いにも注目が集まる。

関連ニュース
thumb

浅野途中出場、遠藤航フル出場の日本人対決はゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第6節、ボーフムvsシュツットガルトが26日に行われ、0-0で引き分けた。ボーフムのFW浅野拓磨は71分からプレー。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場、MF伊藤洋輝はベンチ入りも出場しなかった。 ボーフムは前節バイエルンに0-7と粉砕され、3連敗で1勝4敗スタート。そんな中、負傷で4試合欠場していた浅野がベンチ入りした。 一方、シュツットガルトは前節レバークーゼンに1-3と敗戦し3敗目。1勝1分け3敗スタートとなった中、遠藤が[3-6-1]の中盤アンカーの位置で先発し、前節初スタメンの伊藤はベンチスタートとなった。 ボーフムが良い入りを見せた中、18分に先制のチャンス。アントウィ=アジェイのダイレクトパスを受けたボックス左のレーヴェンがGK強襲のシュートを浴びせた。 さらに26分、ホルトマンが左サイドのスペースを突いてクロスを送り、ポルターがシュート。だが、ここもGKにセーブされた。前半半ば以降は互いにゴールに迫れず、0-0で前半を終えた。 劣勢を強いられたシュツットガルトは迎えた後半、トミーとヒューリッヒを投入。開始2分にピンチを迎えたが、アントウィ=アジェイの枠内シュートをGKミュラーが凌ぐと55分に先制しかける。 左サイドからのソサのFKをヒューリッヒが頭で折り返し、マヴロパノスがシュートを蹴り込んだが、VARの末にハンドがあったとしてノーゴールに。 さらに61分にもチャンス。ヒューリッヒのスルーパスからボックス右マーモウシュが決定的なシュートを浴びせた。 劣勢のボーフムは71分に浅野を右サイドに投入したものの、シュツットガルトは83分、遠藤がミドルシュートでオンターゲットを記録。後半はシュツットガルトがペースを握ったが、ゴールを割るには至らず0-0で終了。勝ち点1を分け合っている。 2021.09.27 00:33 Mon
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト選手のゲームでの能力値に独紙が疑問、わずか「62」の“日本の宝石”は「不思議なほど低い」

10月1日に発売されるサッカーゲーム『FIFA 22』。現役のサッカー選手の間でも多くの人がプレーする人気ゲームで、度々選手本人から能力値にクレームが入ることがあるが、今回はドイツ『ビルト』がシュツットガルトの選手たちの能力に疑問を呈した。 『FIFA 22』では、各選手にペース(スピード)、シュート、パス、ドリブル、ディフェンス、フィジカルの能力値が設定されており、その数値をもとにレーティング(総合能力値)が置かれている。 シュツットガルトで最もレーティングが高いのは、日本代表MF遠藤航の「78」だ。ただ、昨シーズンのブンデスリーガでリーグトップのデュエル勝利数を記録したことを引き合いに出し、「より良い評価が最適」とした。 さらに、『ビルト』は今夏クラブに加入したDF伊藤洋輝についても言及。「日本の宝石:伊藤洋輝はシュツットガルトに来てすぐに我々を納得させている。特に彼の左足はビルドアップで素晴らしい。『FIFA』はそのロングパスを不思議なほど低い『58』と評価している。レーティング『62』は、DFの評価を正当に表していない」と強く訴えた。 つい3カ月前までは明治安田生命J2リーグでプレーしていたため、伊藤の評価が低いのは致し方ない気もするが、移籍以降着実に信頼を掴み、出場機会も得ている伊藤の低評価には現地の記者もやや納得がいかないようだ。 2021.09.25 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

遠藤航、シュツットガルトの相棒に一目置かれる「改善できるところを見つけ、見習っていきたい」

シュツットガルトのドイツ人MFアタカン・カラソルが、相棒である日本代表MF遠藤航について語った。 カラソルはボーフムの下部組織で育ち、その後ドルトムントのセカンドチームに加入。2017年7月からホルシュタイン・キールでプレーすると、2019年7月にシュツットガルトへと加入した。 時を同じくしてシント=トロイデンから加入した遠藤とはボランチというポジションが重なることもあったが、遠藤がポジションを掴んだことで3バックの一角にポジションを下げていた。 昨シーズンはケガなどの影響もあり、出場機会が限られたが、今シーズンはボランチとして起用されることに。遠藤とダブルボランチを組むこととなっている。 2020-21シーズンのブンデスリーガのデュエル勝利数1位の遠藤とのコンビを組むカラソルは、ドイツ『ビルト』のインタビューで遠藤について言及している。 「ワタ(遠藤航)と一緒にプレーすることは、僕にとって大きなことなんだ」 「僕は6番(ボランチ)の選手だったけど、彼に先発のポジションを奪われてしまった」 「今はワタのプレーを見て、自分の改善できるところを見つけ、見習っていきたいと思う」 チームのキャプテンにまで就任した遠藤。ボランチでコンビを組む相棒からも一目置かれる存在だが、今季のチームはここまで苦しい状況に。カラソルとのコンビで相手の攻撃を封じ、チームに勝利をもたらせられるだろうか。 2021.09.24 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ブンデス初先発のDF伊藤洋輝にシュツットガルト指揮官「上手くプレーした」、早々の交代は戦術的なものと説明

シュツットガルトのペッレグリノ・マタラッツォ監督が、ブンデスリーガで初先発したDF伊藤洋輝について言及した。ドイツ『Liga Insider』が伝えた。 シュツットガルトは19日、ブンデスリーガ第5節でホームにレバークーゼンを迎えた。 開幕戦でグロイター・フュルトに5-1で快勝したシュツットガルトだったが、その後の3試合では1分け2敗。開幕戦以来の勝利を目指した。 しかし、立ち上がりから2失点を喫すると、そのまま1-3で敗戦。4試合勝利から見放されている。 初先発となった伊藤は60分に交代。3試合連続の出場となったものの、チームは勝利を収められず。マタラッツォ監督は伊藤のプレーについて評価した。 「早い段階でパスゲームに緊張感を感じていたと思う。しかし、その後、彼は自分自身を安定させ、守備的に上手くプレーした」 一方で、60分と早い時間帯に伊藤を交代させたことについてはパフォーマンスとは関係ないと明言。相手を考えた戦術的な変更による交代だと語った。 「ムサ・ディアビのようなスピードのあるプレーヤーと、最終ラインの戦いになる」 「彼は優れたビルドアップができ、相手の裏に浮き球のパスを送るなど、試合を加速させることもできる」 「伊藤洋輝に対する決定ではなく、ディアビとパスカル・シュテンツェル対して、コンスタンティノス・マヴロパノスをピッチに立たせるという判断だった」 決してパフォーマンスの悪さからの交代ではないとしたマタラッツォ監督。今後も高いパフォーマンスを見せ、信頼を得られるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】伊藤洋輝が初先発のシュツットガルトvsレバークーゼン</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="gRyvbtdQoUI";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.09.21 12:17 Tue
twitterfacebook
thumb

遠藤&伊藤が先発のシュツットガルト、10人のレバークーゼンに敗れ4試合勝利なし…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第5節のシュツットガルトvsレバークーゼンが19日に行われ、1-3でレバークーゼンが勝利した。シュツットガルトの遠藤航はフル出場、伊藤洋輝は60分までプレーした。 リーグ戦3試合勝利の無い12位シュツットガルトが、前節初黒星を喫した7位レバークーゼンをホームに迎えた一戦。シュツットガルトの遠藤が[3-4-2-1]のボランチで5試合連続の先発出場。また、伊藤も3バックの一角でリーグ戦初先発を飾った。 シュツットガルトは開始早々の2分に失点する。中盤でのボール奪取からショートカウンターを許すと、ボックス左でボールキープしたシックの落としから左サイドを駆け上がったバッカーがダイレクトクロス。最後はゴール前で競り合ったアンドリッヒがヘディングシュートを流し込んだ。 先制したレバークーゼンは19分にも、右サイドを突破したヴィルツがボックス右まで持ち上がると、折り返しをゴール前に抜け出したシックが冷静に流し込み、追加点を奪った。 2失点を喫したシュツットガルトだったが30分、T・クリバリがアンドリッヒから左足直撃の危険なタックルを見舞われると、これがVARの末にイエローカードから一発退場となり数的優位となった。 するとシュツットガルトは38分、ボックス右横で獲得したFKからマーモウシュがクロスを入れるとマヴロパノスがヘディングシュート。これはGKフラデツキーの好セーブに弾かれたが、こぼれ球をマンガラが押し込んだ。 1-2で迎えた後半は数的優位のシュツットガルトが主導権を握る。51分には左サイドを抜け出したソサのクロスからニアに走り込んだT・クリバリがヘディングシュートを放ったが、これは相手GKに弾かれた。 対するレバークーゼンは60分、ヴィルツのスルーパスで抜け出したディアビがボックス右まで持ち上がりシュートを放ったが、伊藤の寄せもありシュートは枠の右に外れた。シュツットガルトは直後に伊藤をお役御免とし、シュテンツェルをピッチに送り出した。 その後も膠着状態が続く中、再びスコアを動かしたのはレバークーゼン。70分、中盤でパスカットしたヴィルツがドリブルで独走。そのままボックス内まで侵入するとGKとの一対一を冷静に決めきった。 終盤にかけてはシュツットガルトが猛攻を仕掛けるが、5バックで構えるレバークーゼンの牙城を最後まで崩すことができず。試合はそのまま1-3でタイムアップ。 10人のレバークーゼンに敗れたシュツットガルトは、これでリーグ戦4試合勝利なしとなった。 2021.09.20 00:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly