攻撃陣強化を進めるアストン・ビラ、60億円かかるレバークーゼンの快足ウィンガーに関心か

2021.07.22 13:14 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラがレバークーゼンのジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(23)の獲得に関心を抱いているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

アストン・ビラは今夏、アーセナルとの争奪戦を制してノリッジからアルゼンチン代表MFエミリアーノ・ブエンディア(24)をクラブレコードとなる3300万ポンド(約51億2000万円)の移籍金で獲得。攻撃陣の強化に成功していた。

しかし、チームの大黒柱であるイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)にマンチェスター・シティを始めとするビッグクラブが関心を示している事情もあり、アストン・ビラはさらなる攻撃陣強化に取り組んでいる。

ブエンディアに続くターゲットとなったのが、アーセナルのU-21イングランド代表MFエミール・スミス・ロウ(20)だ。昨シーズン、チームで印象的なパフォーマンスを見せていた若手に対して、移籍金2500万ポンド(約38億5000万円)のオファーを出している。しかし、アーセナルはこのオファーを拒否。3000万ポンド(約46億2000万円)に増額して2度目のオファーを出したが、これも拒否され、アーセナルからは非売品であると告げられている。

不調に終わった交渉を受け、アストン・ビラは次のターゲットとしてベイリーに注目しているようだ。ベイリーは2017年1月にヘンクからレバークーゼンに移籍して以降、公式戦156試合出場39ゴール26アシストを記録。快足ウィンガーに対してはビッグクラブから継続的に高い関心が寄せられているが、レバークーゼンが移籍金を4000万ポンド(約60億円)に設定していたこともあり、移籍は実現していない。

一方で、ベイリーとレバークーゼンの契約は2023年夏までとなっており、残り契約が2年となっていることから、移籍金が下がる可能性もある。アストン・ビラがスミス・ロウに提示した移籍金をそのままベイリーに注げば、移籍実現の可能性もあるかもしれない。

関連ニュース
thumb

ユナイテッドが今季リーグ初黒星…2人の負傷者に土壇場PK失敗とOTは“悪夢の劇場”に《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第6節、マンチェスター・ユナイテッドvsアストン・ビラが25日にオールド・トラッフォードで行われ、アウェイのビラが0-1で勝利した。 ユナイテッドは前節、ウェストハムとの接戦をリンガードの恩返し弾とGKデ・ヘアの土壇場PKストップによって競り勝ちリーグ3連勝を達成。その一方で、カップ戦ではチャンピオンズリーグ(CL)のヤング・ボーイズ戦に続き、直近のEFLカップではウェストハムにリベンジを許し、今季2度目の公式戦黒星を喫することになった。 29日に昨季ヨーロッパリーグ(EL)決勝のリベンジを狙うビジャレアル戦を控える中、今回のビラ戦ではリーグ前節と全く同じスタメンを採用。ただ、負傷明けのカバーニがベンチに戻ってきた。 試合は立ち上がりからEFLカップ敗戦からのバウンスバックを図るユナイテッドが、アグレッシブな入りを見せる。開始直後の2分には左サイドを突破したショーからの折り返しを、ボックス中央で受けたブルーノ・フェルナンデスが左足のシュートを放つが、これは惜しくも枠を捉え切れず。さらに、5分にはB・フェルナンデスの直接FK、11分にはクリスティアーノ・ロナウドのミドルシュートと、序盤から積極的に足を振っていく。 一方、立ち上がりから押し込まれて[3-5-2]の布陣が[5-3-2]と後ろに重い状況が続くビラだが、相手のミスを突いてビッグチャンスを創出。 まずは16分、GKマルティネスのロングボールをキッカケにキャッシュがDFショーの背後を2度連続で取ってボックス右から決定的なグラウンダーのクロスを供給。だが、ファーに詰めたターゲットの左足シュートは枠を捉え切れない。さらに、22分にはDFマグワイアからGKデ・ヘアへのバックパスの乱れからボックス中央でルーズボールを奪ったワトキンスに絶好機も、ここはデ・ヘアの好守に阻まれた。 以降はビラが前に出てきたことで、試合はよりオープンな展開に。ユナイテッドは序盤と異なり、グリーンウッドを起点としたカウンターで幾度か決定機を作り出すが、その流れの中でアクシデントが発生。筋肉系のトラブルか、ショーがプレー続行不可能となり、34分にダロトのスクランブル投入を余儀なくされた。 その後、試合終盤にかけて再び押し込む形を作り出したユナイテッドは、44分にマグワイア、アディショナルタイム2分にポグバといずれもセットプレーからのヘディングシュートで先制点に迫ったが、GKマルティネスの好守などに阻まれた。 0-0のイーブンで折り返した試合は、ビラペースで進んでいく。球際の強度、背後への意識に優れるアウェイチームは、要所で緩みが見えるユナイテッド相手に鋭い攻めを見せる。58分にはキャッシュの右クロスに反応したワトキンスがボックス内でDFに倒されるが、ここはノーファウルの判定。 一方、前半とは異なり、なかなか良い形で攻撃を見せられないユナイテッドは、再びアクシデントに見舞われる。左足を痛めたマグワイアが一度はプレーに復帰したが、67分にリンデロフとの交代でピッチを後にした。 試合は後半序盤のビラの優勢の流れから徐々にカウンターの応酬が続くオープンな展開に変化。69分にはロングカウンターから相手の背後に抜け出したワトキンスがボックス付近で右にカットインし、強烈なシュートを枠の左隅に飛ばすが、これはGKデ・ヘアの好守に遭う。 一方、ビラの運動量の低下によってカウンターチャンスは増えているものの、グリーンウッドの強引な仕掛けが目立って仕留め切れない状況が続くユナイテッド。82分にはマクトミネイを下げて切り札のカバーニをピッチへ送り出した。 しかし、一進一退の攻防を見せた試合終盤に先手を奪ったのはアウェイのビラだった。88分、左CKの場面でキッカーのドウグラス・ルイスが右足で入れた速いボールに対して、マーカーのカバーニを振り切ってニアに飛び込んだホースが巧みにコースを変えた見事なヘディングシュートを流し込んだ。 勝ち点1でも許されない中、ホームで勝ち点0の可能性が濃厚となったユナイテッドだったが、すぐさま絶好の同点機を得る。90分、右サイドでB・フェルナンデスが入れたクロスをカバーニが頭で合わせると、これがDFホースの腕に当たってPKを獲得。ここでキッカーは公式戦3試合連続ゴール中のC・ロナウドではなく正規のキッカーのB・フェルナンデスが務めるが、リーグ屈指の名手はここでシュートをクロスバーの大きく上に外してしまい、痛恨の失敗となった。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、今季リーグ初黒星にショーとマグワイアが負傷したオールド・トラッフォードでの一戦は、まさかの“悪夢の劇場”となった。 2021.09.25 22:39 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド戦控えるアストン・ビラ、前節初ゴールのMFベイリーが負傷離脱

アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリーがしばらく欠場することになるようだ。クラブ公式サイトが伝えた。 今夏レバークーゼンからアストン・ビラへと加入したベイリー。途中出場が続く中、18日に行われたプレミアリーグ第5節のエバートン戦では鋭い抜け出しから移籍後初ゴールを記録し、チームの勝利に貢献していた。 しかし、そのベイリーは太ももを痛めた模様。ディーン・スミス監督が、しばらく欠場することを明かした。 「レオンは張りがあり、インターナショナルブレイクが終わるまでは欠場することになるだろう」 「ウォルバーハンプトン戦に出場できることを期待しているが、近いうちに検査を行い、今後10日間は経過を見守る必要がある」 また、エバートン戦でフル出場を果たし、ケガから復帰したMFモルガン・サンソンもしばらく欠場することになるようだ。 「サンソンはハムストリングに痛みを感じていた。それが悪いものになるとは思わない。彼は実際に2、3分間プレーを続けた。そして私に悪いものじゃないことを証明した」 「彼は痛みを感じ、交代する時が来たと理解しただけだ」 「この3、4カ月はヒザのケガで欠場していた。完全な状態に戻るために一生懸命努力していた。彼は試合に出る時間を増やしていたので、本当に残念なことだが、ほんの少しだけ後退してしまった」 そのアストン・ビラは25日に第6節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】スピードスター!ベイリーの圧巻プレミア初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Welcome to Villa Park, <a href="https://twitter.com/leonbailey?ref_src=twsrc%5Etfw">@LeonBailey</a>! <a href="https://t.co/RpYKWe1bXM">pic.twitter.com/RpYKWe1bXM</a></p>&mdash; Aston Villa (@AVFCOfficial) <a href="https://twitter.com/AVFCOfficial/status/1439333480744292359?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.24 14:08 Fri
twitterfacebook
thumb

主力温存のチェルシーがアストン・ビラをPK戦の末に撃破、4回戦進出を決める!《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)3回戦のチェルシーvsアストン・ビラが22日に行われ、1-1で90分が終了。PK戦の末、4-3でチェルシーが勝利した。 先々週末にリーグ戦で3-0と快勝したアストン・ビラとの再戦となった3回戦。2015年ぶりの優勝を目指すチェルシーは、直近に行われたトッテナム戦の先発からGKケパ以外の10人変更。ハドソン=オドイ、ヴェルナー、ツィエクを3トップに並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだ。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、互いにアタッキングサードでの精彩を欠き、30分を過ぎても決定機はなく膠着状態が続く。そんな中、チェルシーは37分、ボックス右でパスを受けたツィエクがマイナスに切り込みながら左足を振り抜いたが、シュートは相手GKのセーブに阻まれた。 対するアストンビラは45分、右サイドのトラオレが供給したダイアゴナルパスを中央で受けたアーチャーが決定機を迎えたが、シュートはGKケパが弾く。さらにこぼれ球をエル・ガジが詰めたが、これはゴールカバーに戻ったR・ジェームズがライン手前でクリアした。 迎えた後半、チェルシーはカンテを下げてマウントを投入。すると54分、ツィエクのバックパスをバイタルエリア右で受けたR・ジェームズがクロスを上げると、ヴェルナーがヘディングシュートを叩き込んだ。 先制したチェルシーは56分にも、ツィエクのパスで抜け出したヴェルナーがチャンスを迎えたが、シュートはわずかに枠の左に逸れた。 早めに追加点が欲しいチェルシーだったが、アストン・ビラに一瞬の隙を突かれ同点を許す。64分、右サイドでパスを受けたキャッシュの正確なアーリークロスをゴール前に走り込んだアーチャーが頭で流し込んだ。 追いつかれたチェルシーは69分、ボックス中央でボールキープしたロフタス=チークのヒールパスからマウントに決定機が訪れたが、右足アウトで狙いすましたシュートはわずかにゴール右に外れた。 勝ち越しを狙うチェルシーは、76分にサウールとツィエクを下げてルカクとバークリーを投入。終盤はオープンな展開が続いてが、互いに追加点は生まれず、1-1で90分が終了。決着はPK戦に委ねられることになった。 そのPK戦では、2人目のヤングと3人目のナカンバが失敗したアストン・ビラに対し、チェルシーは4人目のチルウェルが失敗するも5人目のR・ジェームズがしっかりと決め、4-3で勝利した。 2021.09.23 06:01 Thu
twitterfacebook
thumb

コロナ感染で26歳で他界した友へ追悼のゴールパフォーマンス、アストン・ビラFWベイリーが圧巻初ゴール後にメッセージ

アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリーが亡き友人にゴールを捧げた。 アストン・ビラは18日、プレミアリーグ第5節でエバートンと対戦。前半こそゴールレスで終えたが、後半にDFマテュー・キャッシュのゴールで先制すると、3分後にオウンゴールで追加点を奪う。 さらに6分後、自陣からのロングフィードを独走して受けたベイリーはそのまま落ち着いてGKとの一対一を決めて3点目を奪取。チームは3-0でエバートンを下していた。 ベイリーの移籍後初ゴールにも注目が集まったが、ベイリーはそのゴール後にユニフォームを脱ぎ、メッセージ入りのアンダーシャツを見せる。 そこには、「Forever love Steffi Gregg(永遠にあなたを愛している。ステフィー・グレッグ)」と書かれていた。 このステフィー・グレッグさんは、ジャマイカのダンスホール・プロデューサーであるルヴシアン氏の姪で、父親と兄弟もレーシングドライバーという、ジャマイカでは有名なファミリーの一員だという。また、個人としては『Twitch』の有名ストリーマー、『Instagram』のインフルエンサーとしても知られていた人物だ。 しかし、以前から自己免疫疾患を患っていたステフィーさんは、8月31日にアメリカのマイアミで新型コロナウイルスの合併症により、26歳の若さで急逝していた。 グレッグさんの死には、2日、敵地で行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループI第4節、ハンガリー代表戦でゴールを決めたマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングもゴール後に同じメッセージを示していたことでも知られている。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】ベイリーの圧巻プレミア初ゴール&亡き友への追悼セレブレーション</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Welcome to Villa Park, <a href="https://twitter.com/leonbailey?ref_src=twsrc%5Etfw">@LeonBailey</a>! <a href="https://t.co/RpYKWe1bXM">pic.twitter.com/RpYKWe1bXM</a></p>&mdash; Aston Villa (@AVFCOfficial) <a href="https://twitter.com/AVFCOfficial/status/1439333480744292359?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CT-qkglMSz2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CT-qkglMSz2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CT-qkglMSz2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.19 18:25 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグ、代表参加敢行の南米勢が18日に帰国へ

先のインターナショナルマッチウィークにおいて、原則禁止されていた南米渡航を敢行したプレミアリーグの選手たちの復帰目処が立ったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 コロナ禍による入国時の規制を避けるため、9月上旬のインターナショナルマッチウィークでは南米を中心に所属選手の代表派遣を拒否する姿勢をとっていたプレミアリーグ。ところが、一部の選手がクラブに無断で代表に参加していた上、滞在歴に関して虚偽の申告をしたとして問題に挙げられていた。 その結果、5日に開催されたカタール・ワールドカップ南米予選のブラジル代表vsアルゼンチン代表が、開催地ブラジルの国家衛生監督庁の介入により、開始6分で中断する事態に陥っていた。 当該選手は、共にトッテナム所属のMFジオバニ・ロ・チェルソとDFクリスティアン・ロメロ、およびGKエミリアーノ・マルティネスとMFエミリアーノ・ブエンディアのアストン・ビラ所属2名を含む、アルゼンチン代表4名だ。 この4選手はブラジル戦が中止となった後、イギリス入国の際の隔離義務を避けるため、同国でグリーンリスト国に指定されているクロアチアを経由することに。ブラジルから直接イギリスに入国した場合、10日間のホテル隔離が必要となるが、クロアチアではイギリスほど強い規制を敷いていないため、バブル方式であればトレーニングも認められていた。 そして、『スカイ・スポーツ』によると、彼らは10日間のクロアチア滞在を終え、18日にイギリスへ戻る予定のようだ。上述のように、クロアチアはイギリスから見てグリーンリスト国のため、隔離措置を取ることなく直ちにチームに合流可能。週末のリーグ戦から出場できる見込みだ。 なお、代表参加を許可していたアストン・ビラと違い、トッテナムではコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスも含めた3名は無断での参加だったため、クラブから何らかの制裁が科せられる模様。D・サンチェスもまた、上記4名と共にクロアチアで10日間の隔離措置を受けている。 2021.09.17 21:55 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly