横浜FMが浦和FW杉本健勇を期限付き移籍で獲得! 海外移籍のオナイウ阿道の代役に期待

2021.07.23 09:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
横浜F・マリノスは23日、浦和レッズの元日本代表FW杉本健勇(28)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。

期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。今季の浦和との公式戦には出場できない。背番号は「41」。

杉本はセレッソ大阪の下部組織出身で、2010年6月にプロ契約を結美、同年7月にトップチーム昇格を果たす。

2011年にトップチームデビューを果たすと、初ゴールはなんと横浜FM戦。2012年には、ロンドン・オリンピックの候補メンバーだったものの、出場機会を確保するために東京ヴェルディへと期限付き移籍。4カ月間という短期契約だったが、18試合に出場し5得点3アシストを記録すると、1チーム3人までという招集制限の結果、MF清武弘嗣、MF山口蛍、MF扇原貴宏と4名の選出となることも回避でき、東京Vの選手としてオリンピック出場を果たした。

その後C大阪に戻るも、2015年には川崎フロンターレへと完全移籍。しかし、1年でC大阪へと復帰すると、2019年に浦和へと完全移籍していた。

浦和では2シーズン半分で明治安田J1通算70試合に出場し6得点と、期待された得点での貢献はあまりできていなかった。また日本代表としても、2017年、2018年に8試合に出場し1得点を記録している。

杉本は両クラブを通じてコメントしている。

◆横浜F・マリノス
「このたび、期限付き移籍で加入することとなりました、杉本健勇です。F・マリノスの掲げる目標を達成できるよう、チームに貢献したいと思います。ファン・サポーターの皆さんと、スタジアムでお会いできるのを楽しみにしています」

◆浦和レッズ
「このたび、横浜F・マリノスに期限付き移籍することとなりました。2年半の期間でなかなか結果を出すことができずに本当に残念でした。この時期に移籍することについて考えましたが、自分の中でチャレンジしたいという気持ちが強かったので、今回この決断をしました。マリノスが掲げる目標に少しでも貢献できるようにがんばってきます」

横浜FMはここまで12得点の日本代表FWオナイウ阿道がリーグ・ドゥ(フランス2部)のトゥールーズへと完全移籍していた。なお、今夏は杉本の他、元日本代表FW宮市亮を獲得している。

関連ニュース
thumb

「こんな飛び道具まで…」横浜FMレオ・セアラの弾丸FKにファン驚愕「9月の月間ベストゴール確定演出」

横浜F・マリノスのブラジル人FWレオ・セアラが強烈なFKをお見舞いした。 横浜FMは11日、明治安田生命J1リーグ第28節でサンフレッチェ広島と対戦。チームは前節、鹿島アントラーズ戦に敗れ、4連勝がストップするとともに、リーグ戦14試合ぶりの黒星を喫していた。 首位・川崎フロンターレを追走するためにも3ポイントが必須の一戦にはレオ・セアラも先発出場。8月は6ゴールを奪い、月間MVPにも輝いた俊英にこの日も期待がかかった。 立ち上がりに先制された横浜FMだったが、FW前田大然、DF實藤友紀のゴールで逆転に成功。2-1と、試合をひっくり返して迎えた60分、レオ・セアラに大きな見せ場がやってきた。 ゴール正面約30mの位置でFKを獲得すると、長めの助走から右足を一閃。強烈な弾丸ライナーをゴール右上の完璧なコースに突き刺さした。 目の覚めるようなスーパーゴールにはファンも驚愕。「ゴラッソ中のゴラッソ」、「こんな飛び道具を持っていたとは」、「9月の月間ベストゴール確定演出」などのコメントが寄せられた。 レオ・セアラの鮮やかな一撃を含めた3発で、3-1の勝利を収めた横浜FMは、川崎Fと1ポイント差に。終盤戦へと入っていくJ1。横浜FMの逆転優勝のためには、この男の活躍が不可欠だ。 <span class="paragraph-title">【動画】目の覚めるような横浜FMレオ・セアラの弾丸FK</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> ゴール動画 <br> 明治安田生命J1リーグ 第28節<br> 広島vs横浜FM<br> 1-3<br> 60分<br>レオ セアラ(横浜FM)<a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A7%E5%BA%83%E5%B3%B6vs%E6%A8%AA%E6%B5%9C%EF%BC%A6%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サンフレッチェ広島vs横浜F・マリノス</a><br>その他の動画はこちら<a href="https://t.co/JUEMOXLYeZ">https://t.co/JUEMOXLYeZ</a> <a href="https://t.co/BgWj1ZD4sD">pic.twitter.com/BgWj1ZD4sD</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1436663564027187206?ref_src=twsrc%5Etfw">September 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.12 15:20 Sun
twitterfacebook
thumb

レオ・セアラの目の覚めるようなFK! 横浜FMが敵地で広島に逆転勝利【明治安田J1第28節】

明治安田生命J1リーグ第28節、サンフレッチェ広島vs横浜F・マリノスが11日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-3で横浜FMが勝利した。 10位の広島(勝ち点36)と2位の横浜FM(勝ち点62)の対戦。5日に延期されていたヴィッセル神戸戦に臨んだ広島は、後半序盤にハイネルの退場に見舞われながらも、何とかドローで逃げ切ることに成功した。しかし、ここ7試合の白星は前々節の大分トリニータ戦のみとなっており、なかなか不調の流れから抜け出せずにいる。 一方の横浜FMは代表ウィーク前の8月28日に行われた前節の鹿島アントラーズ戦で敗れ、4連勝がストップするとともに、リーグ戦14試合ぶりの黒星を喫した。これにより、一時2ポイント差に迫っていた川崎フロンターレとの差も再び4ポイントに広がってしまった。 互いに2試合ぶりの勝利を目指す中、中5日でスタメンを3人入れ替えた広島は、土肥が2試合ぶりの先発で今季リーグ戦4試合目の出場。すると開始早々の8分、その土肥が左サイドからアーリークロスを入れると、絶妙なタイミングで最終ラインから抜け出した東がボックス左からダイレクトで流し込みにかかる。これは右ポストに嫌われてしまうものの、セカンドボールに反応したドウグラス・ヴィエイラが押し込んで先制点を挙げた。 幸先の良いスタートを切った広島だったが、飲水タイムの手前に先制点の起点となった土肥がレオ・セアラと激しく衝突。これで脳震とうのような症状が出てしまい、続行不可能となってしまった土肥は悔し涙を溜めながらピッチを後に。代わりに松本が起用された。 仕切り直しとなった飲水タイム明け。横浜FMは敵陣右サイド中央でFKを得ると、ボックス手前の實藤へ繋ぎ、その落としをレオ・セアラがフィニッシュに持ち込むサインプレーを披露。一方の広島は28分に、佐々木のロングボールを受けたドウグラス・ヴィエイラが左サイドから相手の意表を突く右足アウトサイドのシュートをトライ。反応が遅れたGK高丘は掻き出すのに精一杯だった。 徐々に横浜FMがポゼッションを高めていく中、36分に左サイドでボールを持ったマルコス・ジュニオールがカットインからシュート。するとこれをゴール前の前田がコースを変えてゴールイン。好調前田の機転の利いたプレーでアウェイチームが同点に追いついた。 この失点でドタバタし始めた広島は、クロスボールに対応したGK大迫のパンチングミスがあわやオウンゴールかという危険なシーンも。その嫌な流れのまま前半アディショナルタイムを迎えると、横浜FMのCKのシーンで逆転を許す。 横浜FMはこれが3度目のCK。マルコス・ジュニオールが左から右足のインスイングクロスを入れると、實藤がDF荒木に掴まれ体勢を後ろに崩しながらも、右足バックヒールのような形で上手く合わせて見事にゴール。試合をひっくり返して前半を終えた。 後半立ち上がりはエゼキエウとドウグラス・ヴィエイラが立て続けにシュートを放った広島だが、流れを掴み切れないまま時間は経過していく。横浜FMも前半と変わらぬペース進める中、60分に前田が倒されてFKを獲得する。 場所はゴール正面29メートルの位置。ここからレオ・セアラが右足を振り抜くと、強烈な一発がゴール右上の完璧なコースに突き刺さった。 目の覚めるようなスーパーゴールでリードを広げた横浜FMは、この直後にエウベルを下げて仲川を投入。広島もエゼキエウと藤井を下げて、ジュニオール・サントスと浅野を送り込み、明確なメッセージを伝える。 追いかける広島はこの交代直後の67分、左サイドでボールを持ったドウグラス・ヴィエイラが右足で柔らかいクロスを送ると、右サイドから走り込んでいた柏がドンピシャのタイミングで合わせたが、シュートはGKの正面。75分にはD・ヴィエイラが粘って上げたクロスのこぼれ球を青山がシュート。しかし、今度はクロスバーに嫌われてしまった。 その後は4点目に迫る横浜FMに対し、広島は打つ手のない状況が続いたまま試合終了。広島は今季リーグ戦初の逆転負けを喫した。一方の横浜FMは2試合ぶりの勝利で川崎Fの喉元に食らいついている。 サンフレッチェ広島 1-3 横浜F・マリノス 広島】 ドウグラス・ヴィエイラ(前8) 【横浜FM】 前田大然(前36) 實藤友紀(前47) レオ・セアラ(後15) 2021.09.11 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第28節:広島vs横浜FM】首位を追う横浜FMはリスタートなるか、最多ドローの広島は勝ち切ることができるか

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2021年9月11日(土) 19:00キックオフ サンフレッチェ広島(10位/36pt) vs 横浜F・マリノス(2位/62pt) [エディオンスタジアム広島] ◆勝ち切れないチームはどう戦う【サンフレッチェ広島】 中断前の試合はヴィッセル神戸相手に1-1のドロー。追いつかれての引き分けとなり、今季リーグ最多の12度目の引き分けとなった。 神戸戦ではFKで先制するも、GK大迫敬介の判断ミスにより失点。GKとしてやってはいけない中途半端なプレーで勝ち点2を逃した。 今シーズンの広島を象徴するかのような試合。12の引き分けは追いついたものや追いつかれたものがあるものの、ここ最近は追いつかれてのドローが続いている。 得点機を決め切れずに、相手に押し込まれて失点という悪い流れがシーズンを通して続いているが、今節対戦する横浜FM戦もアウェイゲームはドロー。2点差を追いつかれるという悪い流れでの引き分けだった。 チームとして集中力高く戦い続けられるか。圧倒的な攻撃力を誇る相手にしっかり戦いたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:大迫敬介 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:柏好文、青山敏弘、松本泰志、東俊希 MF:エゼキエウ、柴崎晃誠 FW:ドウグラス・ヴィエイラ 監督:城福浩 出場停止:ハイネル ◆完敗で中断期間へ、リスタートなるか【横浜F・マリノス】 13戦無敗で首位の川崎フロンターレに肉薄していた横浜FMだったが、中断前のリーグ戦では大の苦手とする鹿島アントラーズ相手に0-2と惨敗。自ら勝ち点を落とし再び自力優勝が消滅した。 苦手意識がどこまで影響したかは定かではないが、立ち上がりに連続失点。その後は鹿島に特徴であるサイド攻撃を完全に封じ込められ、何もできずに敗れ去った。 掲げるサッカーの噛み合わせの問題も当然あるが、自信を得て首位の背中を追ってきたチームにとって壁にぶち当たったことは事実。さらに、その鹿島戦で負傷したDF畠中槙之輔は全治6カ月と今季が終了する重傷と苦しみは重なる。 この2週間でチアゴ・マルチンスが復帰したことはプラス材料。残り11試合、最終節の川崎Fとの直接対決までには負けられない試合しかない。リスタートを上手く切れるのかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、實藤友紀、和田たくや MF:岩田智輝、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:エウベル、レオ・セアラー、前田大然 監督:ケヴィン・マスカット 2021.09.11 16:44 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMのケヴィン・マスカット監督が8月の優秀監督賞に輝く 「とても光栄」

Jリーグは10日、8月度の「明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞」を発表した。各カテゴリーから横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督、京都サンガF.C.の曺貴裁監督、福島ユナイテッドFCの時崎悠監督が輝いている。 8月の横浜FMは7試合を消化。そのなかで、マスカット監督は8月6日の延期分となる第6節のガンバ大阪戦が初陣だったが、見事に3-2の白星スタートを切ると、最終的に大きく勝ち越しの5勝1分け1敗で切り抜けた。 就任から間もなくして、首位追撃の勢いを加速させるマスカット監督はJリーグ公式サイトを通じて喜びの思いとともに、決意を新たにした。 「Jリーグから、このような賞をいただきとても光栄です。私が来日してから、たゆまず仕事を続けているすべてのチームスタッフを代表してこの賞を受け取りたいと思います。また、選手たちの努力なしでは、この賞をいただくことはなかったでしょう。最後に、私を温かく迎え入れてくれたファン・サポーター、そしてマリノスファミリーの皆さんと受賞の喜びを分かち合いたいです」 また、J2リーグからの選出となる京都の曺貴裁監督は8月の3試合を全勝。J3リーグ部門で今年5月以来、2度目の受賞となる福島の時崎悠監督はわずか1試合だけだったが、FC岐阜との上位対決を4-0の快勝で飾った。 2021.09.10 17:25 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FM、8月6G3Aのレオ・セアラがJ1月間MVPに 「これからもチームの力に」

Jリーグは10日、8月度の「明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。各カテゴリーから横浜F・マリノスのFWレオ・セアラ、SC相模原のMF藤本淳吾、福島ユナイテッドFCのDF堂鼻起暉がそれぞれ初の栄誉に輝いた。 8月の横浜FMは7試合を戦うタイトな日程だったが、5勝1分け1敗と大きく勝ち越し。レオ・セアラはその全試合に出場して、第25節のベガルタ仙台戦でハットトリックをやってのけるなど、6得点3アシストの大活躍を披露した。 FW前田大然やFWマルコス・ジュニオールらとともに横浜FMの強力な攻撃陣を牽引するレオ・セアラはJリーグを通じて喜びの心境とともに、決意を新たにした。 「この賞を受賞できたことをチームメイト、ファン・サポーター、横浜F・マリノスに関わるすべての皆さんに感謝いたします。これまでのサッカー人生を振り返っても、個人で賞をいただいたことはありませんから、とてもうれしいです」 「これからも、チームの力になれるようプレーをし続けます。そして、皆さんと一緒に目指している優勝に向かって、チームが一つとなり残りの試合を戦っていきます。引き続き応援をよろしくお願いします!」 J2リーグからは相模原でプレーする藤本がノミネート。8月のチームは4試合で1勝2分け1敗に終わり、最下位に沈むが、元日本代表のレフティは第25節のヴァンフォーレ甲府から3戦連発をマークするなど、存在感を示した。 J3リーグからは堂鼻が選出。8月の福島は1試合だけだったが、FC岐阜との上位対決で価値ある勝利を手にした。そのなかで、堂鼻はセンターバックとして無失点に抑え込みつつ、チームの2点目を記録するなどした。 2021.09.10 16:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly