「半年でチャンスが来た」アラベスに引き抜かれたFW原大智が入団会見「良いチャンスを掴めるように」

2021.07.08 21:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガのアラベスに完全移籍で加入したFW原大智(22)が8日、入団会見に臨んだ。

FC東京アカデミー出身の原は身長191cm、体重84kgの大型ストライカーで、2018年にトップチーム昇格。2019年の明治安田生命J3リーグで得点王に輝くと、2020年から本格的にトップチームの戦力となり、明治安田J1で26試合3得点、 YBCルヴァンカップで2試合出場、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で5試合出場の成績を収めた。

すると2021年2月にクロアチアのイストラへと完全移籍。在籍半年ながら、公式戦18試合に出場し8ゴール3アシストと結果を残した。

イストラは、アラベスを所有するバスコニア=アラベス・グループが株式の85パーセントを取得しており、言わば傘下にあるクラブ。才能ある若手選手を発掘する場となっており、原もその一員だった。

しかし、半年で得点力を買われた原は2023年6月30日までの2年契約を締結。新シーズンをアラベスで迎えられるかはこのプレシーズンのアピールに懸かっているとも言われている。

その原はアラベスに合流。入団会見に臨み「NKイストラからきました原大智です。このような素晴らしい環境やチームで練習できていることは光栄に思いますし、今、この期間、練習を凄く楽しんでいますし、自分の成長に繋がると思います」と意気込みをコメント。「精一杯練習を頑張って、良いチャンスを掴めるように頑張りたいと思います」と、チームに残る為のアピールをしたいと語った。

自身の特徴については「ゴールを奪う感覚と、背は大きいですけど、機敏に動くのが自分の特徴だと思っています」とコメントした。

イストラとアラベスのクラブ間の関係から、引き抜かれる選手はこれまでも多い。しかし、そのまま留まれるとは限らず、レンタル移籍している選手も多い。

イストラ移籍時にアラベスへの移籍を考えていたかという質問には「そこを目標に頑張っていましたし、半年でチャンスが来たので、しっかりそれを生かせるように精一杯頑張りたいです」と語り、当初の目標を半年で果たせたと語った。

アラベスに残るにはチームにフィットすることが重要となる中、苦労しそうなことについては「言葉、言語という部分は早く習得することがチームメイトとのコミュニケーションになると思います」とやはり語学面を挙げた。しかし「最初は言葉が伴わなくても、プレーの能力でカバーできるようにしていきたいです」とパフォーマンスで認められたいとコメント。「今練習して3日目ですが、チームメイトも凄く良い人ばかりでコミュニケーションを取ってくれるので、あまり心配はしていません」とすでに馴染んでいるようだ。

「日本にいる時から少しでも早く海外でプレーしたい気持ちが強かった」と語る原。コンビを組む選手については「好きなのはレヴァンドフスキやイブラヒモビッチですが、一緒にプレーするFWはどんな選手であっても自分がうまく連動というか、上手くコンビネーションが大事だと思うので、そこはどんなタイプでも問題ないです」と語り、どのタイプのFWでも合わせられるとコメント。FC東京時代にも、スピードのあるFW永井謙佑、推進力と強さのあるFWディエゴ・オリヴェイラなど様々なタイプのアタッカー陣と組んでいたことで証明している。

会見に同席したセルヒオ・フェルナンデスSD(スポーツ・ディレクター)は原の獲得について「タイチは、クロアチアに来てから、私たちが抱いていた期待に応え、サッカーの資質をすべて示したため、彼をここに連れてきた」とコメント。「彼が適応するまでは我慢が必要だが、優れた能力は我々に多くの喜びを与えてくれるだろう」と期待を寄せているとコメント。「タイチのような特徴を持った選手がいることを楽しみにしている」と語り、活躍を願った。

2021-22シーズンのラ・リーガで、アラベスは開幕戦でレアル・マドリーと対戦。MF久保建英の去就はまだ不透明だが、FC東京アカデミー出身選手がラ・リーガの舞台で対戦する可能性もゼロではない。



1 2

関連ニュース
thumb

胸部の不快感で交代のアグエロ、心臓検査で病院に向かう…バルセロナが発表

バルセロナでのキャリアをようやく歩み始めたアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロだが、不穏な事態に見舞われてしまった。 今夏にマンチェスター・シティからのフリートランスファーでバルセロナ入りしたものの、ケガにより、大きく出遅れたアグエロ。17日に行われたラ・リーガ第9節のバレンシア戦で待望のデビューを果たした。 それから第10節のレアル・マドリー戦でバルセロナ加入後初ゴールも挙げ、30日に行われた第12節のアラベス戦でも2試合連続の先発メンバー入りを果たしたが、38分に胸部の痛みを訴えて、ピッチを後にした。 バルセロナの報告によると、胸部に不快感を覚えた33歳のアルゼンチン人ストライカーは心臓検査のため、病院に向かったという。 試合中に突じょ胸部に手をやり、そのままピッチに横たわり、メディカルスタッフに付き添われながらピッチを去ったアグエロ。新たなキャリアのスタートを切ったばかりだが、今は無事を祈るばかりだ。 2021.10.31 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、セルジ暫定体制の初陣はホームでドロー…アグエロ&ピケが負傷交代《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第12節、バルセロナvsアラベスが30日にカンプ・ノウで行われ、1-1のドローに終わった。 開幕から9位に甘んじるバルセロナは前節、敵地で昇格組ラージョに0-1で敗戦し、エル・クラシコに続く痛恨の敗戦によって今季初の連敗を喫した。これを受け、ラポルタ会長はクーマン監督の解任に踏み切り、16位のアラベスをホームで迎え撃った今節はバルセロナBを率いるセルジ・バルフアン氏を暫定指揮官に据えて再スタートを切った。 逆転突破を目指すチャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・キエフ戦を来週に控える中、セルジ暫定監督は自身の初陣で先発2人を変更。筋肉系のトラブルで招集外のセルジ・ロベルト、コウチーニョに代えてミンゲサ、ガビと準備期間の少なさもあって最小限の変更にとどめた。 立ち上がりからいつも通り、ボールを握って相手を押し込んでいくバルセロナ。中央を起点にジャブを入れつつ、ジョルディ・アルバの攻撃参加をスイッチに幾度か惜しい場面を創出していく。18分にはデパイの左CKをゴール前で競り勝ったエリック・ガルシアがゴール左隅へヘディングシュートを飛ばすが、GKシベラの好守に遭う。 以降も相手を押し込む状況が続くが、ここ数試合同様に最後の局面でプレー精度、アイデアを欠きアラベスの粘り強い守備を崩し切れない。そういった流れの中で38分には胸の痛みを訴えたと思われるアグエロがピッチに座り込んでしまう。その後、自力でピッチを後にしたことで大事には至らなかったが、42分にコウチーニョがスクランブル投入される。 この交代でデパイが中央、コウチーニョが左ウイングに配置された中、何とか前半のうちに攻撃の糸口を見つけたいホームチームだったが、前半終了間際にデパイが放った2本目の枠内シュートもGKのセーブに遭い、0-0のスコアで試合を折り返すことになった。 セルジ暫定監督の下、ハーフタイムに修正を施して臨んだ後半。バルセロナが早い時間帯にゴールをこじ開ける。49分、左サイドでの繋ぎからペナルティアーク付近でアルバから横パスを受けたデパイが右に短く持ち出してシュートコースを作ると、見事な右足のコントロールシュートをゴール右隅へ突き刺した。 デパイのゴラッソで先制に成功したバルセロナだったが、不調に喘ぐチームはこのリードをすぐに吐き出す。52分、左サイドで大きな展開を受けたリオハに縦へ仕掛けられると、ボックス内のホセルに預けてゴール前に抜け出したところを捕まえ切れず、慌てて飛び出したGKテア・シュテーゲンも交わされて右足のシュートを流し込まれた。 1-1のタイに戻された中、すぐさま攻勢に出るホームチームはガビを起点に積極的にシュートシーンを作り出す。58分にはそのガビのショートスルーパスに抜け出したデパイがGKと一対一の絶好機を迎えるが、ここはシュートを左ポストに当ててしまい、ドブレーテならず。 その後は高いボール支配率に加え、前線からのプレスを強めてショートカウンターやカウンタープレスの形でゴールへ迫るが、最後のところでうまくいかない。そういった中、70分にはピケが足を痛めてしまいアグエロに続き負傷交代となり、ラングレがスクランブル投入される。さらに、同じタイミングでガビを下げてリキ・プッチに出番が訪れた。 アラベスがフレッシュな選手の投入で守備強度を高めたことにより、前半のようになかなか攻め切れないバルセロナは、81分にミンゲサとニコ・ゴンサレスを下げてアレックス・バルデと、これがトップチームデビューとなる19歳のモロッコ人FWアブデを最後のカードとして切る。 両ウイングに入ったそのカンテラーノ2選手が積極的に仕掛けを見せる中、83分にはボックス手前の好位置でFKを獲得。だが、キッカーのコウチーニョが直接狙ったシュートは枠を捉え切れない。 その後も懸命にゴールを目指したものの、最後までアラベスから勝ち越しゴールを奪うことはできず。セルジ暫定体制の初陣を飾れなかったバルセロナは、アグエロとピケのベテラン2選手を欠く中で週明けのディナモ・キエフ戦に臨むことになった。 2021.10.31 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

低調アトレティコが今季初黒星…開幕5戦全敗の最下位アラベスに金星献上《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第7節、アラベスvsアトレティコ・マドリーが25日にエスタディオ・デ・メンディソローサで行われ、ホームのアラベスが1-0で勝利した。 リーグ連勝を狙うアトレティコは開幕5戦全敗の最下位アラベスと敵地で対戦。前節は開幕全敗のヘタフェ相手に大苦戦を強いられたが、相手の退場によって数的優位を得た後半半ば過ぎから猛攻を仕掛けると、ルイス・スアレスの見事なドブレーテの活躍によって後半アディショナルタイムでの劇的な逆転勝利を収めた。 28日に重要なチャンピオンズリーグ(CL)のミラン戦を控えている中、大幅なターンオーバーも見込まれたが、ヘタフェ戦からのメンバー変更は4人に留まった。ホセ・ヒメネスとロージ、コレア、エレーラに替わってフェリペ、エルモソ、コンドグビア、デ・パウルを起用した。 今シーズンはスロースタートの印象が強いアトレティコはいきなりビハインドを負う難しい入りを強いられる。開始4分、アラベスの右CKの場面でキッカーのドゥアルテが右足インスウィングで上げたボールに対して、DFフェリペが被ってしまうと、その背後に飛び込んだラグアルディアのヘディングシュートがゴールネットを揺らした。 ここ数試合を教訓に早い時間帯に同点に追いつき勝ち越したいアトレティコは、ここから反撃を開始。カラスコとトリッピアー、マルコス・ジョレンテが幅を取りつつ、70%近いボール支配率で相手を押し込んでいく。 だが、[4-4-2]のコンパクトな守備ブロックを敷き、中央の危険なエリアをしっかりとケアするアラベスの守備に苦戦を強いられ、セットプレー以外に可能性を感じさせる仕掛けを見せることができない。結局、前半に5本のシュートを放ったものの、枠内シュート0で試合を折り返すことになった。 迎えた後半、同じ11人で臨んだアトレティコは立ち上がりから攻勢を仕掛けていく。52分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でニアへ飛び込んだジョレンテがヘディングでコースを変えたボールがゴール方向へ向かうが、これはDFラグアルディアのゴールカバーに阻まれる。 何とか流れを変えたいシメオネ監督は60分にトリッピアー、カラスコ、コンドグビアを下げてマテウス・クーニャ、ロージ、コレアを同時投入。さらに、エルモソとジョレンテに替えてエレーラ、ヴルサリコを投入し、試合終了まで15分以上を残して全ての交代カードを切る。 だが、69分にコレアがようやく最初の枠内シュートを放ったものの、選手交代の効果もなく集中したアラベスの守備を前に、完全に攻撃が八方塞がりに。それでも、アラベスがママドゥ・ルム、ピナと決定的なカウンターチャンスをフイにしたことで、今季勝負強さを発揮している試合終盤まで最少得点差を維持した。 しかし、この日のアトレティコは最後まで攻撃にスイッチが入り切らず、GKオブラクも攻撃参加を見せたラストプレーのFKも不発に終わり、試合はこのままタイムアップ。 開幕5戦全敗だったアラベスに今季初勝利となる金星を献上したアトレティコは、今季初黒星を喫することになった。 2021.09.25 22:59 Sat
twitterfacebook
thumb

エルチェ、開幕後にアラベス退団のFWルーカス・ペレスが加入

エルチェは31日、アラベスを退団したスペイン人FWルーカス・ペレス(32)の加入を発表した。契約期間は2022年6月30日までの1年となる。 スピードと左足のパワフルなシュートを特長とするアタッカーのペレスは、デポルティボでブレイク後、2016年夏にアーセナルへ移籍。しかし、アーセナルでは活躍できず、デポルティボへのレンタルバックを経て、2018年夏にウェストハムへ移籍していた。 その後、2019年夏にアラベスに加入すると、在籍2シーズンで公式戦62試合に出場し、15ゴール9アシストの数字を残していた。しかし、今シーズンの開幕後にクラブとの契約を双方合意の下で解消していた。 2021.08.31 22:22 Tue
twitterfacebook
thumb

原大智がシント=トロイデンにレンタル加入! 今夏アラベス加入も出場機会ないまま武者修行に

シント=トロイデンは23日、アラベスからFW原大智(22)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 FC東京アカデミー出身の原は、2021年2月にクロアチアのイストラへと完全移籍。在籍半年ながら、公式戦18試合に出場し8ゴール3アシストと結果を残した。 イストラは、アラベスを所有するバスコニア=アラベス・グループが株式の85パーセントを取得しており、言わば傘下にあるクラブ。才能ある若手選手を発掘する場となっており、原もその一員で、今夏アラベスへと完全移籍を果たしていた。 当初は期待を寄せられていた原。開幕戦のレアル・マドリー戦でもベンチ入りを果たしていたが、第2節のマジョルカ戦は日本代表MF久保建英との元FC東京対決にも注目が集まったが、メンバー外に。また、ハビエル・カジェハ監督もレンタル移籍での放出を示唆していた。 移籍先に関しては古巣イストラ復帰の可能性も報じられていたが、ベルギーのシント=トロイデンとなった。 シント=トロイデンは日本代表GKシュミット・ダニエルや東京五輪を戦ったDF橋岡大樹の他、DF松原后、MF伊藤達哉、FW鈴木優磨が所属。さらに、今夏は東京五輪で主軸としてプレーしたFW林大地をサガン鳥栖から獲得しており、2人目の日本人補強となる。 <span class="paragraph-title">【画像】原がシント=トロイデンに加入</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr"> | Taichi Hara is geel-blauw!<br><br>Sterk, boomlang en effectief!<br>Welkom Taichi.<br><br> <a href="https://t.co/nu5QbkJmAb">https://t.co/nu5QbkJmAb</a><br><br> <a href="https://t.co/i68RTXdKG7">pic.twitter.com/i68RTXdKG7</a></p>&mdash; STVV (@stvv) <a href="https://twitter.com/stvv/status/1429866120220233738?ref_src=twsrc%5Etfw">August 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.08.24 03:39 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly