「半年でチャンスが来た」アラベスに引き抜かれたFW原大智が入団会見「良いチャンスを掴めるように」

2021.07.08 21:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガのアラベスに完全移籍で加入したFW原大智(22)が8日、入団会見に臨んだ。FC東京アカデミー出身の原は身長191cm、体重84kgの大型ストライカーで、2018年にトップチーム昇格。2019年の明治安田生命J3リーグで得点王に輝くと、2020年から本格的にトップチームの戦力となり、明治安田J1で26試合3得点、 YBCルヴァンカップで2試合出場、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で5試合出場の成績を収めた。

すると2021年2月にクロアチアのイストラへと完全移籍。在籍半年ながら、公式戦18試合に出場し8ゴール3アシストと結果を残した。
イストラは、アラベスを所有するバスコニア=アラベス・グループが株式の85パーセントを取得しており、言わば傘下にあるクラブ。才能ある若手選手を発掘する場となっており、原もその一員だった。

しかし、半年で得点力を買われた原は2023年6月30日までの2年契約を締結。新シーズンをアラベスで迎えられるかはこのプレシーズンのアピールに懸かっているとも言われている。

その原はアラベスに合流。入団会見に臨み「NKイストラからきました原大智です。このような素晴らしい環境やチームで練習できていることは光栄に思いますし、今、この期間、練習を凄く楽しんでいますし、自分の成長に繋がると思います」と意気込みをコメント。「精一杯練習を頑張って、良いチャンスを掴めるように頑張りたいと思います」と、チームに残る為のアピールをしたいと語った。

自身の特徴については「ゴールを奪う感覚と、背は大きいですけど、機敏に動くのが自分の特徴だと思っています」とコメントした。

イストラとアラベスのクラブ間の関係から、引き抜かれる選手はこれまでも多い。しかし、そのまま留まれるとは限らず、レンタル移籍している選手も多い。

イストラ移籍時にアラベスへの移籍を考えていたかという質問には「そこを目標に頑張っていましたし、半年でチャンスが来たので、しっかりそれを生かせるように精一杯頑張りたいです」と語り、当初の目標を半年で果たせたと語った。

アラベスに残るにはチームにフィットすることが重要となる中、苦労しそうなことについては「言葉、言語という部分は早く習得することがチームメイトとのコミュニケーションになると思います」とやはり語学面を挙げた。しかし「最初は言葉が伴わなくても、プレーの能力でカバーできるようにしていきたいです」とパフォーマンスで認められたいとコメント。「今練習して3日目ですが、チームメイトも凄く良い人ばかりでコミュニケーションを取ってくれるので、あまり心配はしていません」とすでに馴染んでいるようだ。

「日本にいる時から少しでも早く海外でプレーしたい気持ちが強かった」と語る原。コンビを組む選手については「好きなのはレヴァンドフスキやイブラヒモビッチですが、一緒にプレーするFWはどんな選手であっても自分がうまく連動というか、上手くコンビネーションが大事だと思うので、そこはどんなタイプでも問題ないです」と語り、どのタイプのFWでも合わせられるとコメント。FC東京時代にも、スピードのあるFW永井謙佑、推進力と強さのあるFWディエゴ・オリヴェイラなど様々なタイプのアタッカー陣と組んでいたことで証明している。

会見に同席したセルヒオ・フェルナンデスSD(スポーツ・ディレクター)は原の獲得について「タイチは、クロアチアに来てから、私たちが抱いていた期待に応え、サッカーの資質をすべて示したため、彼をここに連れてきた」とコメント。「彼が適応するまでは我慢が必要だが、優れた能力は我々に多くの喜びを与えてくれるだろう」と期待を寄せているとコメント。「タイチのような特徴を持った選手がいることを楽しみにしている」と語り、活躍を願った。

2021-22シーズンのラ・リーガで、アラベスは開幕戦でレアル・マドリーと対戦。MF久保建英の去就はまだ不透明だが、FC東京アカデミー出身選手がラ・リーガの舞台で対戦する可能性もゼロではない。

1 2

関連ニュース
thumb

見事な決勝点! 長身生かしたヘディング弾、アラベス原大智が今季2得点目

アラベスのFW原大智が特徴を生かしたヘディングゴールを決めた。 アラベスは13日、コパ・デル・レイの1次ラウンドで4部のリェイダ・エスポルティウと対戦した。原はフル出場を果たし、決勝点となるゴールをマークしている。 ゴールレスで迎えた47分、アラベスは右CKを獲得すると、ショートコーナーを選択したのちに放り込む。ゴール前で待ち構えていた原は、マーカーの背後から頭を突き出し、値千金の一発を左隅へ沈めた。 その後は敵地で攻め込まれる場面が続いたものの、相手のセットプレーを原がかき出したところで試合終了のホイッスル。日本人FWの一撃でアラベスが次のステージへと駒を進めている。なお、対戦カードの抽選会は16日に行われる予定だ。 <span class="paragraph-title">【動画】原大智が長身を生かしたヘディングで決勝点@コパ・デル・レイ1次ラウンド</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJtcGkzSno5cSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.11.14 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

原大智が決勝点で初戦突破に貢献! プリメーラ勢はカディス&アルメリアが初戦敗退…《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ1回戦が行われた。 スーペル・コパに参戦するレアル・マドリー、バルセロナ、バレンシア、レアル・ベティスを除く、プリメーラ所属の16クラブが参加した1回戦。 カタール・ワールドカップを戦う日本代表への早期合流が許可され、MF久保建英が不在となったレアル・ソシエダは6部のカサレガスと対戦し、セルロートのドブレーテの活躍などで4-1で快勝。順当に2回戦進出を決めた。 プリメーラ勢では公式戦5試合未勝利と低迷するアトレティコ・マドリーが、5部のアルマサン相手にアンヘル・コレアとフェリックスのゴールで2-0の勝利。また、ビジャレアルは6部のサンタ・アマリアに9-0の大勝を飾った。一方で、カディスとアルメリアはジャイアントキリングを許して初戦敗退となった。 セグンダ(スペイン2部)所属の日本人所属クラブでは、FW原大智の所属するアラベスが4部のリェイダ・エスポルティウと対戦。先発フル出場となった原は、後半立ち上がりの47分に右CKの流れからサルバ・セビージャのクロスを巧みなヘディングでゴール左隅へ流し込み、チームを1-0の勝利に導く決勝点を挙げた。 なお、MF柴崎岳が所属するレガネス、MF橋本拳人が所属するウエスカは、いずれも下部カテゴリーのチーム相手にPK戦の末に敗戦。両選手はベンチ外となった。 コパ・デル・レイ1回戦の結果は以下の通り。 ◆コパ・デル・レイ1回戦結果 ▽11/12(土) フエンテス(6) 1-4 オサスナ バルバダス(6) 0-2 バジャドリー ラルコラ(6) 0-3 エルチェ オートール(6) 0-6 マジョルカ サンタ・アマリア(6) 0-9 ビジャレアル リンコン(6) 0-3 エスパニョール アルマサン(5) 0-2 アトレティコ・マドリー ゲルニカ(4) 0-0(PK:6-5) レガネス(2) マナコル(5) 1-3 アンドラ(2) オロト(4) 0-4 レバンテ(2) ギフエロ(4) 2-0 デポルティボ・ラ・コルーニャ(3) アトレティコ・サグンティーノ(4) 1-0 アモレビエタ(3) ナバルカルネロ(4) 1-3 ログロニェス(3) ウエトル・タハル(5) 0-3 アルバセテ(2) グアダラハラ(4) 0-3 ポンフェデラ(2) アレナス(4) 1-0 ルーゴ(2) ベアサイン(4) 2-3 スポルティング・ヒホン(2) ラシン・リオハ(4) 0-2 ヒムナスティク(3) セスタオ・リーベル(4) 1-0 ラシン・フェロル(3) ウトレラ(4) 0-1 セウタ(3) クリスト・アトレティコ(4) 0-2 イビサ(2) カセレーニョ(4) 3-0 コルドバ(3) コリア(4) 2-0 フエンラブラダ(3) ▽11/13(日) ヴァラルデ(6) 0-2 セビージャ アルガー(6) 1-6 セルタ カサレガス(6) 1-4 ソシエダ モリェルッサ(6) 1-3 ラージョ・バジェカーノ レアル・ウニオン(3) 3-2 カディス アレンテイロ(4) 2-0 アルメリア アルシラ(4) 0-2 アスレティック・ビルバオ サン・ロケ・デ・レペ(4) 2-3 ヘタフェ キンタナル・デル・レイ(5) 1-2 ジローナ フベントゥド・デ・トレモリノス(4) 2-2(PK:4-2) ウエスカ(2) リェイダ・エスポルティウ(4) 0-1 アラベス(2) アトレティコ・パソ(4) 1-1(PK:3-2) ムルシア(3) ビメノル(5) 0-2 ミランデス(2) ディオセサーノ(4) 1-0 サラゴサ(2) レアルタド(5) 0-2 テネリフェ(2) ラス・ロサス(5) 0-3 エイバル(2) ペーニャ・デポルティバ(4) 1-1(PK:7-8) マラガ(2) アルファロ(4) 0-1 カルタヘナ(2) レクレアティボ(4) 0-0(PK:3-4) ブルゴス(2) ヒムナスティカ・デ・トーレラベガ(4) 2-3 オビエド(2) イビサ・イスラス・ピティウサス(4) 3-1 ラージョ・マハダオンダ(3) マンレサ(4) 1-3 ポンテベドラ(3) アルネド(4) 1-1(PK:4-3) アトレティコ・バレアレス(3) ウニオン・アダルベ(4) 1-2 リナレス(3) エルクレス(4) 2-4 ラ・ヌシア(3) シルボネロ(4) 0-1 インテルシティ(3) テルエル(4) 0-1 ラス・パルマス(2) イェクラーノ(4) 2-3 グラナダ(2) コルソ(4) 2-2(PK:4-3) エルデンセ(3) サン・フアン(4) 0-2 ヌマンシア(3) オウレンセ(4) 1-1(PK:2-4) アルコルコン(3) ウテボ(4) 2-2(PK:3-4) メリダ(3) ※()内は所属カテゴリー 2022.11.14 06:57 Mon
twitterfacebook
thumb

アラベスFW原大智が今季初ゴール!! 投入後5分で結果を残す

セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のアラベスに所属するFW原大智が今季初ゴールをマークした。 アラベスは10日、リーグ戦第5節でルーゴの敵地へと乗り込んだ。ベンチスタートとなった原は1点ビハインドの60分に投入され、5分後にすぐさま結果を残した。 左サイドからのグラウンダークロスに合わせた左足のシュートは当たり損なうも、足元で止まったボールを冷静に右足で蹴り込み、力強くネットを揺らした。 原のゴール後、3分後にも再び加点したアラベスは、アウェイで2-1と逆転勝ち。3試合ぶりの白星で、3勝2分けと無敗をキープしている。 原は昨季、ベルギーのシント=トロイデンへとレンタル移籍し、ジュピラー・プロ・リーグ28試合で8ゴール3アシストを記録。今夏も去就が注目されたが、アラベスに残ることとなり、第3節で途中出場。2試合ぶりの起用となった今節では目に見える結果も残した。 191cmの長身はチームにとって魅力的な武器だ。スペイン2部であれば日本代表監督のお眼鏡にかなうだけに、今後の活躍にも注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】頭ではなく右足!原大智の今季初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">Primer gol! <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%8E%9F%E5%A4%A7%E6%99%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#原大智</a> 選手、スペインでの初ゴールでチームの逆転勝利に大きく貢献!<a href="https://twitter.com/hashtag/HEROE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HEROE</a> <a href="https://t.co/VjSCQTG1Oc">pic.twitter.com/VjSCQTG1Oc</a></p>&mdash; HEROE FOOTBALL MANAGEMENT (@HeroeFtblMgmt) <a href="https://twitter.com/HeroeFtblMgmt/status/1568723930986209280?ref_src=twsrc%5Etfw">September 10, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.12 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

アラベスの原大智はやはり移籍へ…スペイン2部と3部クラブに加え、海外からもオファーと報道

セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のアラベスに所属するFW原大智(23)だが、やはり移籍の可能性が高いようだ。 昨夏クロアチアのイストラからアラベスに加入した原は、そのままシント=トロイデンへとレンタル移籍。長身を生かしたプレーでチームの中心として活躍し、ジュピラー・プロ・リーグ28試合で8ゴール3アシストを記録した。 ベルント・ホラーバッハ監督の評価も高く、残留を望んだ一方で、レンタル期間が終了してアラベスに復帰した原。しかし、アラベスでのポジション確保は難しいものとされてきた。 プレシーズンマッチを欠場した際には居場所がないとされた中、それは体調の問題で欠場しただけだったとのこと。しかし、今シーズンの開幕戦となったレガネス戦ではベンチ入りも出番はなかった。 スペイン『Noticias de Alava』はアラベスのチーム状況を特集した記事の中で、移籍についても言及。そこには原の名前もあがっていた。 「まだ移籍先を探している」とされた原には「セグンダ・ディビシオン(2部)とプリメーラRFEF(3部)の両方からオファーがある。また、海外からもオファーが来ている」としており、スペインに残る可能性の他、海外移籍の可能性もあると報じた。 シント=トロイデンはFW林大地が足首を捻挫ししばらく離脱。そもそもストライカー獲得をホラーバッハ監督が熱望していた中、トレーニングに参加していた元日本代表FW岡崎慎司を獲得することが濃厚とされている。 ただ、岡崎は労働許可を得る必要があり、すぐには起用できない可能性も。また、ホラーバッハ監督が望んでいたように、原が再びシント=トロイデンに行く可能性もありそうだ。 2022.08.18 12:27 Thu
twitterfacebook
thumb

リーガ返り咲きのアルメリア、アラベスから経験豊富なGKパチェコを獲得!

アルメリアは10日、アラベスからスペイン人GKフェルナンド・パチェコ(30)の獲得を発表した。 契約は2026年まで。アラベスとの契約を今季まで残っている状況だったが、それを解消してのアルメリア入りとなる。 パチェコはレアル・マドリーでプロ入りし、2015年8月からアラベスでプレー。アラベスでは7シーズンを過ごして通算252試合でゴールマウスを守り、ラ・リーガでも通算207試合の出場数を誇る。 アルメリアは昨季のセグンダ・ディビシオンを制し、2014-15シーズン以来のラ・リーガ昇格。パチェコはGKフェルナンド・マルティネス、GKディエゴ・フオリとのポジション争いに臨むことになる。 2022.08.11 11:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly