王者として臨む来季に自信のジェラード監督「チャンピオンの座を命がけで守る」

2021.06.29 17:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が来シーズンに向け意気込みを語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

レンジャーズは今シーズン、スコティッシュ・プレミアリーグで破竹の進撃を見せると、28勝5分けで無敗優勝を達成。10シーズンぶり55回目のリーグタイトルを獲得した。加えて、ヨーロッパリーグ(EL)でもベスト16入りを達成するなど、躍進を見せている。

チームに栄光をもたらし評価を高めているジェラード監督は、来シーズンどのような戦いを見せるかについてコメント。王座を守るため、積極的な姿勢を見せていきたいと意気込んだ。

「レンジャーズの将来について、とても楽観的でワクワクしている。私はこのチャンピオンの座を命がけで守り、2021-22シーズンは全力で攻撃したい。そして、新型コロナウイルスの規制緩和が許されるなら、すべてのファンがアイブロックスやアウェイゲームに戻ってきてくれることを願っている」

「私にとってこのクラブにいる意味とは、成功、トロフィー、そして前に進むためのハングリー精神と一貫性を維持することだ。そして、それが自分の中にあると感じられなくなった日が、フットボールに関わることをやめる日になると思う」

「サポーターの皆のため、最近のリーグ戦での成功をベースにしつつ国内カップ戦でもさらに向上したい。そして、ヨーロッパでも良い成績を残せるよう努力したいね。来シーズンは多くの課題があるがチームには新しい選手も揃っており、楽観的に、興奮して、信念を持って臨みたい」

また、ジェラード監督は今シーズンにあったプレッシャーについても言及。強いプレッシャーに晒されながらも、選手たちが一試合一試合を大切にしてくれたことを誇っている。

「さまざまな理由から、タイトルをアイブロックスに持ち帰らなければならないというプレッシャーがあった。街のライバル(セルティック)が記録的な連覇を目指していたことだけでなく、レンジャーズが王者になってから10年が経過しており、それはあまりにも長すぎた」

「いつもそうだが、今シーズン我々にとって重要だったのは、常に次の試合のことを考え、その先は考えないことだった。このクラブでは毎週のように勝たなければならないという要求と期待があり、一瞬たりともボールから目を離すことはできない」

「この12カ月、我々はグループとしてプレッシャーにうまく対処してきた。選手たちは、目の前の課題に立ち向かったと思う」

「3月6日にアイブロックスでセント・ミレンを破り、55回目のチャンピオンとなるためにあと一歩という結果になった。でもあの時、選手やスタッフの誰もがその試合を楽しみ、夢中になっていた。もちろん、私もそうだ」

「トロフィーを手にする前、ホームでアバディーンに4-0で勝ってリーグを終えられたことは、ケーキの上にいちごを乗せたようなものさ。私のサッカー人生の中で、最高に誇りに思える日の一つだった」

関連ニュース
thumb

古橋亨梧に対する人種差別にレンジャーズが全試合無期限入場禁止を発表、サポーターズクラブも出禁に

レンジャーズは23日、ソーシャルメディア上に出回ったファンによる人種差別の動画について声明を発表した。 事件は22日、スコティッシュ・プレミアシップ第3節でロス・カウンティとのアウェイゲームに臨んだレンジャーズサポーターが起こした。 問題の動画はその試合に向かうバスで撮影。レンジャーズのサポーターたちが、かつてセルティックで活躍した横浜FCのMF中村俊輔を揶揄する曲を歌った後、つり目ポーズをしながら「みんなで亨梧をやろう」と新加入ながら出色の活躍を見せるFW古橋亨梧について歌っていたという。 アジア人差別によく使われる「つり目」のポーズ。明確な人種差別と捉えられる行動に、レンジャーズは声明を発表していた。 「レンジャーズはあらゆる形の人種差別を非難する。そのような行動をしてしまう人々は、私たちのクラブや、その大きさに関わらず私たちに寄り添った忠実なサポートを代表するものではない。現在、関係者を特定するために調査を行っている」 一夜明け、クラブは調査が終わったことを報告。当該のサポーターに対して、スタジアムへの無期限入場禁止を決めたと発表した。 「昨日、ソーシャルメディア上で流れた動画に関し、調査が完了しました」 「関係者は特定されており、レンジャーズの全試合の無期限入場禁止となります」 「さらに、彼らがメンバーであるRSC(レンジャーズ・サポーターズ・クラブ)は、今後の試合チケットを受け取ることを禁止します」 スコットランド内での最大のライバルとされるセルティックとレンジャーズ。ライバルクラブと場外でやりあうことは何度もあるが、明確な人種差別にクラブが厳しい対応を下した。 <span class="paragraph-title">【写真】レンジャーズのサポーターがつり目ポーズをしている動画のスクリーンショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">It&#39;s understood the club are investigating the footage <a href="https://t.co/Jw8dPvfLP7">https://t.co/Jw8dPvfLP7</a></p>&mdash; Glasgow Times (@Glasgow_Times) <a href="https://twitter.com/Glasgow_Times/status/1429492630472253444?ref_src=twsrc%5Etfw">August 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4MVhUVkZSQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.08.24 10:20 Tue
twitterfacebook
thumb

レンジャーズサポーターに人種差別行為の疑い…セルティック古橋亨梧と中村俊輔が標的に

レンジャーズのサポーターが、セルティックの日本代表FW古橋亨梧に対して人種差別的な行為をした疑いが上がっている。スコットランド『ザ・ヘラルド』が伝えている。 レンジャーズは22日、スコティッシュ・プレミアシップ第3節でロス・カウンティとのアウェイゲームに臨んだ。問題の動画はその試合に向かうバスで撮影された。 レンジャーズのサポーターたちがかつてセルティックで活躍した横浜FCのMF中村俊輔を揶揄する曲を歌った後、つり目ポーズをしながら「みんなで亨梧をやろう」と歌っていたという。 スコットランド警察は、これまでのところ事件の報告はないとコメントしている一方で、レンジャーズの広報によると、クラブはこの件について調査を開始したとのことだ。 「レンジャーズはあらゆる形の人種差別を非難する。そのような行動をしてしまう人々は、私たちのクラブや、その大きさに関わらず私たちに寄り添った忠実なサポートを代表するものではない。現在、関係者を特定するために調査を行っている」 また、古橋が所属するセルティックもツイッターで声明を発表している。 「報告が正確であるならば、古橋亨梧選手に向けられたそのような不快で哀れな人種差別的な行動は絶対的な非難に値します」 「残念ながら、近年、セルティックの多くの選手が同様の人種差別的な虐待を受けています」 「すべての人に開かれたクラブとして、私たちはあらゆる形態の人種差別に断固として反対し、亨梧を全面的にサポートします」 「すべての関係者が協力して、あらゆる形態の偏見に取り組まなければなりません」 7月にヴィッセル神戸からセルティックに加入した古橋は公式戦7試合6ゴールと驚異的な活躍を見せている。 なお、両チームは29日に行われる第4節にレンジャーズのホームで直接対決を迎える。 <span class="paragraph-title">【写真】レンジャーズのサポーターがつり目ポーズをしている動画のスクリーンショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">It&#39;s understood the club are investigating the footage <a href="https://t.co/Jw8dPvfLP7">https://t.co/Jw8dPvfLP7</a></p>&mdash; Glasgow Times (@Glasgow_Times) <a href="https://twitter.com/Glasgow_Times/status/1429492630472253444?ref_src=twsrc%5Etfw">August 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.08.23 11:45 Mon
twitterfacebook
thumb

新戦力の獲得を匂わせるジェラード監督「舞台裏でいくつかの進展があった」

レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、新戦力の到着を示唆した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨シーズンのスコティッシュ・プレミアシップを無敗で優勝したレンジャーズ。それまでは宿敵セルティックに9連覇を許した状況だったが、10シーズンぶりに覇権を奪還して見せた。 このままセルティックのように連覇街道を築いていきたいところだが、今夏新たに獲得したのは、ザンビア代表FWファッション・サカラ(24)、イングランド人MFジョン・ランドストラム(27)、U-20ナイジェリア代表MFエンナムディ・オフォボー(21)の3人のみ。 全員がフリートランスファーでの加入となっており、そのうちオフォボーは心臓に問題が見つかったため、チームへの合流が遅れている。 だが、ジェラード監督はさらなる補強を示唆。19日に何か良いニュースを発表できるかもしれないと具体的なコメントを残した。 「我々はターゲットを特定している。獲得を実現するために、見えないところでたくさんの努力がなされているのだ」 「舞台裏で進展があったので、何か発表できることがあれば、その情報をお伝えするよ」 「だが、ジョンとファッションが加入してくれたことに満足しているよ。移籍市場が閉まる前にもう少し戦力が潤うことを望んでいるがね」 「(獲得交渉の)進捗状況はとても良い。好調だよ。近日中に何らかのニュースがあることを期待しているが、それが完了するまでは正確な日時を伝えるのは非常に難しい」 「明日(19日)のうちにもっとポジティブなニュースがあることを期待している。もしかしたら明日の試合の前後に何か言うことがあるかもしれないが、それは待つしかないね」 「しかし、私もあまり調子に乗ったり、先走ったりしたくはない」 2021.08.19 20:34 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェラード監督がCL予選2ndレグで逆転狙う 「サポーターに90分応援し続けてほしい」

チャンピオンズリーグ(CL)予選敗退の危機に瀕するレンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、ホームでの熱烈な声援を求めている。 昨シーズンのスコティッシュ・プレミアシップを無敗で優勝したレンジャーズは、今季のCLは予選3回戦から参戦。3日には敵地マルメとの1stレグが行われたが、後半開始早々に2失点を許す苦しい展開に。それでも何とか試合終了間際にMFスティーブン・デイビスのゴールで1点を返し、ホームでの2ndレグに望みを繋いだ。 試合後、ジェラード監督はクラブの公式インタビューに応答。1stレグを振り返りつつ、10日の2ndレグではホームサポーターの熱い声援を求めた。 「結果にはがっかりしている。複数ゴールを許してしまった。しかし、この試合の最後には、我々にとって有利になるような大きな瞬間があった。これは重要な事象であり、来週に向けての準備でもある」 「望んでいた状況ではないが、2-0で(2ndレグに)臨むよりはマシだ。さらに悪い状況になる寸前だったね」 「アディショナルタイムは我々にとって非常に大きなものだったが、90分を超えてもパフォーマンスは十分ではなかったよ」 「来週は、個人的にも集団的にもレベルアップしなければならない。アイブロックスの観客にも呼びかけるつもりだ」 「今までやってもらったことはないが、90分間フルに声を出してもらいたいと思っている」 「その結果メンタリティが変われば、大きなチャンスとなるだろう」 2021.08.04 14:46 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、今季初のPSMはスコットランド王者レンジャーズに逆転負け…

レアル・マドリーは25日、スコットランド王者のレンジャーズとのプレシーズンマッチを行い、1-2で敗戦した。 レンジャーズの本拠地アイブロックス・スタジアムで行われたこの一戦。マドリーは3トップにルーカス・バスケス、ヨビッチ、ロドリゴを据えた[4-3-3]の布陣を採用。中盤はアンカーにブランコ、インサイドハーフにイスコとウーデゴールを起用した。 試合は8分、自陣でクリアボールを拾ったウーデゴールがカウンターを仕掛けると、ドリブルで持ち上がり左サイドへ展開。これを受けたロドリゴがボックス左から縦に仕掛けると、飛び出したGKの脇を抜くシュートで冷静にゴールネットを揺らした。 先制を許したレンジャーズは10分、ボックス右横で獲得したFKからタベルニエがクロスを供給するとゴールドソンがヘディングシュートで合わせたが、これはGKルニンに弾かれた。 その後も押し込む時間の続くレンジャーズは28分、中盤でマルセロからボールを奪ったライトが右サイドを突破すると、折り返しをニアのサカラがフリック。ゴール左に流れたボールをケントがダイレクトで合わせたが、わずかに浮いたシュートはクロスバーを直撃した。 ハーフタイムにかけてもレンジャーズの猛攻を受けたマドリーは、前半だけで17本のシュートを浴びたが、GKルニンの好守にも救われ、前半を1点のリードで折り返した。 迎えた後半、マドリーはヨビッチを下げてアリーバスを投入。しかし、先にスコアを動かしたのはレンジャーズだった。55分、敵陣中盤でルーカス・バスケスにプレスをかけたカマラが後ろからボールを突くと、このこぼれを拾ったサカラがそのままゴール前まで持ち上がりゴール右へシュートを突き刺した。 追いつかれたマドリーは75分、ルーズボールを奪い合った際にカマラに対してスパイクの裏を見せてチャレンジしたナチョがこの試合2枚目のイエローカード提示され、10人となってしまう。 すると数的優位となったレンジャーズは77分、右CKの二次攻撃から勝ち越しに成功する。右CKのクリアボールをバイタルエリア中央で拾ったパターソンが素早く左へ展開すると、デイビスがダイレクトパスをゴール前に供給。これがブランコのクリアミスを誘うと、こぼれ球に素早く反応したイッテンがゴール左隅にシュートを流し込んだ。 結局、これが決勝点となりマドリーは1-2で逆転負けを喫した。 レンジャーズ 2-1 レアル・マドリー 【レンジャーズ】 サカラ(後10) イッテン(後32) 【レアル・マドリー】 ロドリゴ(前8) 2021.07.26 04:04 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly