ダニエウ・アウベスがOA枠入り! U-24ブラジル代表が東京五輪に臨む18名を発表!

2021.06.18 00:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブラジルサッカー連盟(CBF)は17日、今年7月に開催される東京五輪に参加するブラジル代表メンバー18名を発表した。

U-24ブラジル代表を率いるアンドレ・ジャーディン監督は、海外組からFWマテウス・クーニャ(ヘルタ・ベルリン)やFWマルコム(ゼニト)、FWパウリーニョ(レバークーゼン)、FWアントニー(アヤックス)、MFブルーノ・ギマランイス(リヨン)、MFドウグラス・ルイス(アストン・ビラ)、DFガブリエウ(アーセナル)の7名を招集。

また、オーバーエイジ枠の登録選手としてDFダニエウ・アウベス(サンパウロ)、DFジエゴカルロス(セビージャ)、GKサントス(アトレチコ・パラナエンセ)が選ばれている。

グループDに所属するブラジル代表は、7月22日に行われる初戦でU-24ドイツ代表と対戦。同25日にU-24コートジボワール代表、同28日にU-24サウジアラビア代表と対戦する。発表されたブラジル代表メンバー18名は以下のとおり。

◆ブラジル代表メンバー18名
GK
サントス(アトレチコ・パラナエンセ) ※
ブレノ(グレミオ)

DF
ダニエウ・アウベス(サンパウロ) ※
ガブリエウ・メニーノ(パラメイラス)
ギリェルメ・アラーナ(アトレチコ・ミネイロ)
ニノ(フルミネンセ)
ガブリエウ(アーセナル/イングランド)
ジエゴ・カルロス(セビージャ/スペイン) ※

MF
ジェルソン(フラメンゴ)
クラウジーニョ(レッドブル・ブラガンチーノ)
マティアス・エンリケ(グレミオ)
ドウグラス・ルイス(アストン・ビラ/イングランド)
ブルーノ・ギマランイス(リヨン/フランス)

FW
ペドロ(フラメンゴ)
マテウス・クーニャ(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
パウリーニョ(レバークーゼン/ドイツ)
マルコム(ゼニト/ロシア)
アントニー(アヤックス/オランダ)
※はオーバーエイジ枠

関連ニュース
thumb

久保建英には行列が? 今夏もレアルでプレーできない中、オファーが殺到

レアル・マドリーのMF久保建英(20)は、やはり今夏も引く手数多のようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 日本代表としてプレーし、現在はU-24日本代表として東京オリンピックに臨んでいる久保。そのオリンピックでは、グループステージの3試合で南アフリカ、メキシコ、フランス相手に3試合連続先制ゴールを記録。大きなインパクトを残した。 この活躍を見せる久保だが、2021-22シーズンもレアル・マドリーでのプレーは不可能な状況に。EU圏外枠の3つは、DFエデル・ミリトン、FWヴィニシウス・ジュニオール、FWロドリゴ・ゴエスで埋まっているため、ファーストチームに登録することができないからだ。 2022-23シーズンには、ヴィニシウスがスペイン国籍を取得できる見込みがあるため、EU圏外枠が1つ空くことが予想されており、やっとマドリーでのプレーが可能な状況になるが、それまではこの2シーズン同様にレンタル移籍をしなければならない。 しかし、そんな久保に対しては行列ができていると『マルカ』が伝えている。 東京オリンピックでの活躍が後押しになった他、マジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェとラ・リーガで一定のパフォーマンスを見せている久保には、レンタル移籍でのオファーが多く集まっている状況。マドリーの若手の中でも、多くのオファーが届いている選手の1人のようだ。 もちろん、シーズン終了後から一度もマドリーに合流していない久保の状況、そして東京オリンピック終了後、1週間で新シーズンが始まることを考えれば難しい状況だが、マドリーのオフィスの電話は鳴り止まないという。 特に関心を示しているのは、かつてはノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールもレンタル移籍でプレーしたレアル・ソシエダ。これまでも何度か久保獲得に興味を示していたクラブだ。 準決勝で対戦したU-24スペイン代表にはMFマルティン・スビメンディ、MFミケル・メリノ、FWミケル・オヤルサバルと3名が送り込まれている。 ソシエダの他にも、ドイツのクラブや、2019-20シーズンにプレーしたマジョルカも新シーズンから昇格を果たし、再び久保の力を借りたいと考えているとのこと。東京オリンピック後にもオファーを出すクラブはあるとみられている。 果たしてどのクラブで新シーズンを過ごすのか。最も求められるのはやはり出場機会。ビジャレアルという選択を1年前に誤っていたことを口にしていた久保だが、マドリーと共にどのような判断を下すかに注目だ。 2021.08.05 06:15 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナFWデンベレが東京五輪に出場!? “そっくり”な男子100m走イギリス代表が話題

連日の盛り上がりをみせ、クライマックスが近づいている東京オリンピック。男子サッカーではU-24日本代表がU-24スペイン代表と死闘を繰り広げ、惜敗したものの大きな注目を集めた。 そんな中、1日に決勝を終えた男子100m走に出場していたイギリス代表のリース・プレスコッド(25)にサッカー界からの注目が集まっている。 プレスコッドは2017年と2018年にイギリス選手権で優勝し、自己ベスト9秒94をマークしていたものの、準決勝でフライングして敗退となった。ただ、その容姿がバルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレと似ていると大きな話題になっている。 確かに少し垂れ目なところや大きな口、長い手足、そして髪型など類似点も多く、フットボール界のネタを集めるツイッターアカウント『Footy Humour』が投稿したプレスコッドの写真には8000を超えるいいねも集まっている。 テコンドー 男子58キロ級で銀メダルに輝いたチュニジア代表のムハマド・ハリル・ジェンドゥビ(19)もマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス似ていることで話題となり、インタビューまで受けていたが、第2のそっくりさん発見となった。 ユーロ2020で右ヒザを負傷したデンベレは現在リハビリ中だが、24歳。年齢的には東京オリンピックにも出場できた。 <span class="paragraph-title">【比較写真5枚】プレスコッドとデンベレ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/dembele5.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/dembele1.jpg" style="max-width:100%;"></div> 【衝撃のスピード】バルサの韋駄天デンベレが1人でスパーズ守備陣を蹂躙 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSQTBWSnJUayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/dembele6.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/dembele2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/dembele4.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2021.08.05 05:35 Thu
twitterfacebook
thumb

東京五輪、アメリカ対カナダ戦のPKは疑問/六川亨の日本サッカーの歩み

早いもので五輪の男女サッカーもあと4日間を残すのみとなった。ここらあたり、参加チーム数が少なく過密日程の五輪は2週間ほどで閉幕するのに比べ、1ヶ月近く開催されるW杯との大きな違いだ。 そして2日は女子の準決勝が行われ、スウェーデンとカナダはそれぞれオーストラリアとアメリカを1-0で下して決勝戦進出を決めた。スウェーデンは2大会連続の決勝戦で、カナダは初となる(ロンドンとリオは銅メダル)。 その準決勝で気になったのがカナダ対アメリカ戦のPKの判定だ。試合は前半30分、ハイクロスを処理した際に右膝を傷めたGKアリッサ・ネイハーが負傷交代を余儀なくされる。 そして後半29分、ペナルティエリア内でのプレーがVARとオンフィールドレビューの結果、ファウルと判定されPKに。これをMFジェシー・フレミングが決めてカナダが逃げ切った。 問題のプレーは、アメリカDFがクリアしようとモーションを起こしているところにカナダの選手が足を出したため、結果としてカナダの選手の足を蹴ってしまった。蹴ったことは事実だが、カナダの選手からすれば「クリアをブロックできればいい」くらいの気持ちだったはずだ。 これが正当にボールにアタックして、マイボールにできる可能性があるならPKのジャッジは正しいだろう。しかし、カナダの選手はほとんど“死に体"なので、「蹴られ得」のような判定(PK)だった。 VARは、ジャッジの公平さを担保するテクノロジーだと思う。しかし最後はオンフィールドレビューによる主審の判断に委ねられる。今回のように、ある事象だけを切り取ればファウルと思うかもしれないが、その前後のプレーも含めて俯瞰すればPKという判断はミスジャッジではないだろうか。 ただし、「ミスジャッジもサッカーのうち」という考え方もある。アメリカは、五輪では96年アトランタ、04年アテネ、08年北京、12年ロンドンで金メダルを獲得。W杯でも15年と19年に連覇するなど"女王"として君臨してきた。それがカナダ戦では1点も取れなかったところに女王の“凋落"を感じずにはいられない。 そしてそれは、初戦でスウェーデンに0-3と完敗した時から始まっていたのかもしれない。44試合続いていた無敗記録が途絶え、グループリーグ最終戦ではオーストラリアと0-0のドローでベスト8進出を決めた。 8月5日の3位決定戦では、そのオーストラリアと銅メダルを争う。過去の戦績ではアメリカがリードしているものの、前回のリオ五輪は両チームともベスト8で敗退と、実力は拮抗している。古豪アメリカが意地をみせるのか。それともオーストラリアが初のメダルを獲得するのか。 五輪は競技数が多いため、日本戦以外の試合をテレビで見られないのが残念でならない。パソコンで、見たい試合を選べたらいいと思っているサッカーファンも多いことだろう。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.08.04 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

東京オリンピックでの戦いを終えた“41歳”のバスケ界レジェンドをメッシもねぎらい「ありがとうスコラ!」

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがバスケット界のレジェンドにメッセージを寄せた。 3日、東京オリンピックの男子バスケットボール準々決勝、オーストラリア代表vsアルゼンチン代表がさいたまスーパーアリーナで行われた。 予選グループでは日本とも対戦し、勝利を収めたアルゼンチン。だが、ベスト8では59-97でオーストラリアに敗れ、2004年のアテネオリンピック以来の金メダルへの道は閉ざされた。 また、先の試合ではルイス・スコラ(41)がコートを去る際にスタンディングオベーションが。明言こそされてはいないが、今大会での引退も囁かれているスコラ。1999年から代表入りし、アルゼンチンバスケット界を長くけん引してきた功績をたたえ、敵味方を問わず会場にいるすべての人からスコラに拍手が送られた。 5度目のオリンピックを終えたレジェンドに対し、同国サッカーのレジェンド、メッシも反応。自身のインスタグラムでスコラの写真とともにねぎらいのメッセージを投稿した。 「あなたは印象的なキャリアによって、アルゼンチンのスポーツと全世界のための素晴らしいリファレンスになりました…ありがとうルイス・スコラ!」 競技は異なれど若かりし頃から国を背負って戦ってきた両者。それだけに死力を尽くした同志の姿には、思うところがあったのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】41歳のルイス・スコラとメッシのメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CSH8oQ3sZjd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CSH8oQ3sZjd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CSH8oQ3sZjd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Leo Messi(@leomessi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.08.04 20:50 Wed
twitterfacebook
thumb

またも越えられなかった世界の壁、得点前に日本代表に仕掛けられたオヤルサバルの“ワナ”と判断/日本代表コラム

あと一歩だが、その一歩が遠いということを今回も味わうこととなってしまった日本。それが世界との間にある、まだ埋められない差なのだろう。 3日、東京オリンピック男子サッカー準決勝。53年ぶりのメダル獲得を目指すU-24日本代表は、金メダル候補筆頭のU-24スペイン代表との一戦に臨んだ。 下馬評は完全にスペイン有利。ユーロ2020にも出場した6選手や、ヨーロッパの高いレベルでレギュラーを張る選手ばかり。市場価値で見ても7倍もの差がある相手だった。 正直なところ、日本に関係する人以外は、スペインが勝利するものだと思っていただろう。日本が善戦するとすら思われていなかったかもしれない。延長戦に行ったことすら予想外と思う人も多いだろう。 共に準々決勝は120分間の戦いを強いられた。スペインはスコアこそ5-2となったが、90分の戦いではほぼ負けていた。そこから奇跡を起こし延長戦へ持ち込み、相手のミスに乗じて得点を重ねた。 一方の日本は、U-24ニュージーランド代表の堅い守備の前にゴールを奪えず。しっかりと相手の攻撃に対応して戦ったが、延長戦ではあわやというシーンを作られるなど、なんとか凌ぎ、PK戦で準決勝に駒を進めた。この時点で両者には差があったとも言え、そこが決勝への道を逃した差とも言えるだろう。 <span class="paragraph-title">◆スペインを苦しめたという事実</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/jpn20210804_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 準決勝の日本の戦いぶりは世界を驚かせたと言えるだろう。試合は終始スペインがボールを握り、主導権を掴んだまま推移した。日本は基本的に自陣でのプレーが続き、スペインの攻撃を耐え忍んだという状況だ。 この日は、DF吉田麻也、DF板倉滉、GK谷晃生と中央を守る3名が集中したプレーを継続。その他の選手たちも、ボールを奪いに行くチャレンジとカバーリングを的確にこなし、スペインに決定機をほとんど作らせない試合運びを見せた。 攻撃と守備。両者の構図がこうなることは予想でき、それが今の実力。いかに耐えて、少ないチャンスをモノにできるかしか、日本の勝機がなかったのは織り込み済みだった。 そういった点では、失点した115分まで守り抜いたことは評価すべきだろう。一度はPKの判定となった吉田のファウルも、正当なタックルだったが、VARがなければPKだった。ミスからFWラファ・ミルが決定機を数回迎えたが、GK谷の素晴らしい判断でゴールを許さなかった。 一方で、攻撃面ではゴールが生まれそうなチャンスは120分を通して数える程。特に後半と、延長戦でカウンターから何度かチャンスを作りかけたが、簡単には割らせてくれなかった。ゴールを決められるかどうかという部分では、やはりスペインが一枚手。そこが埋め切れない差となったことは紛れも無い事実となった。 <span class="paragraph-title">◆思い出される3年前</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/jpn20210804_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> あと少しでPK戦に突入するかと思われたタイミングでのFWマルコ・アセンシオのゴール。あのシーンを見て思い出されるのは、2018年のロシア・ワールドカップ、ラウンド16のベルギー代表戦だろう。 原口元気、乾貴士のゴールで2点を先行した日本だったが、高さを生かしたプレーに切り替えたベルギーの前に2失点。それでも粘り強く戦い、3点目を許さずに戦っていた。 誰もが延長戦にもつれ込むと思った中、試合の最後に悲劇が。日本のCKを相手GKティボー・クルトワにキャッチされると、そこからベルギーはカウンターを発動。そのままナセル・シャドゥリが決め、3-2でベルギーが逆転勝利した。まさに、似たような展開が、東京五輪の準決勝でも起こってしまった。 あの悔しさを3年越しにまた経験してしまった日本。決して成長していないということを言いたい訳ではない。しかし、それが世界との差であり、3年が経過して90分ではやらせなかったが、120分ではやられてしまったというのが事実だ。 ただ、この試合の審判はあまりプレーを流さないというジャッジングだった。吉田が一度はPKを取られたシーンも、こぼれ球をラファ・ミルが拾っており、そのまま流されていたらゴールだった可能性はある。 一方で日本もやり返すチャンスがあり、後半終了前のラストプレーではMF堂安律がドリブルで中央突破。完全に相手のMFマルティン・スビメンディが後ろから両手で掴んで止めたシーンがあった。 このシーン、堂安が倒された場合でも、MF久保建英、FW上田綺世がおり、日本の人数は足りていた。プレーが流されれば、もしかしたら日本がカウンターを完結させられていたかもしれない。タラレバにはなるが、ジャッジを流そうというプレーを選択できていればというシーンだった。スビメンディの必死な止め方を見れば、スペインも追い込まれたという感覚を持ったプレーだっただろう。 <span class="paragraph-title">◆一瞬の隙を仕留めるスペインの真の力</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/jpn20210804_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 「全て出し切った」と試合後に久保はコメントした。それは本心だろう。互角に渡りあえたというよりは、なんとかスペインについていったという形。日本は無理をしなければ、同等レベルでは戦えないということだろう。 もちろん、スペインの選手に余裕があったとは思わない。ただ、攻め続ける側と守り続ける側では、やはりかかる負荷は異なる。そこから日本が押し出して、攻撃に転じられなかったというところもまだまだ力の差があるということだ。 では、あの失点はなぜ起こったのか。ゴールを決めたアセンシオのシュートも褒められるべきだが、ポイントはその前のプレー。FWミケル・オヤルサバルの仕掛けだろう。 失点シーンを振り返ると、スローインを受けたオヤルサバルが縦に仕掛けると、DF中山雄太とMF田中碧が寄せに行く。その中山がマークしていたアセンシオは中山が前に出ようとしたことを受けて後ろに下がると、オヤルサバルが間を通してパス。アセンシオはターンしたまま左足を振り抜いた。 これにはMF遠藤航も慌てて寄せに行くが間に合わず、DF板倉滉もアセンシオに寄せに行けなかった結果がゴールとなった。 このゴール。集中していた日本のDFが気を抜いたのかと言われればそういうわけではないだろう。カバーリングが遅れたが、それには布石があった。 ゴールが決まる1つ前のプレーでオヤルサバルが右サイドを突破したことがカギだと考えられる。 スローインになる前、オヤルサバルが右サイドを突破した。中央へ折り返したが、これは通らず。日本がクリアした。このシーンが印象づいた結果、得点シーンではオヤルサバルがスローインを受けた後、縦への突破からのクロスを警戒したはずだ。 その結果、アセンシオについていた中山がオヤルサバルの縦を切りに行こうとしたが、その間を通されてアセンシオにパスを通されたのだ。 もちろん、中山の判断が間違ったとは言えない。オヤルサバルについていってもパスは出されていただろう。田中がついていっ多としても、間に合った可能性は低い。オヤルサバルがボールを持った時にアセンシオがマークを外し、自身がシュートを打てるポジションを取った。それを見たオヤルサバルが冷静にパスを通した。個人の技量もあるが、チームとしてオートマチックに動け、それを共有したプレー判断の結果だと言える。 日本はチームとして戦い抜いて、粘りを見せて115分間は耐えた。しかし、それを上回るチームプレーを見せ続けたのはスペイン。さらに、局面での個の能力でも上回った。まだまだ世界との差はあるというのが事実だろう。 オリンピックはあくまでも世代別の戦い。メダルを目指して戦うことは当然だが、サッカー界で言えばワールドカップこそ頂点。1年半後の戦いで日本は何を見せられるのか。2018年、2021年と世界との差を土壇場で味わった選手たちのここからの奮起に期待するとともに、9年前のロンドン・オリンピックのようにならず、しっかりと銅メダル獲得を果たしてくれることを願うばかりだ。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2021.08.04 18:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly