スターリングがユーロ仕様の新たなスパイクを着用!イングランドのユニフォームとピッタリのデザインに

2021.06.14 20:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランド代表FWのラヒーム・スターリングが新しいスパイクを着用した。

スターリングは13日、ユーロ2020グループD第1節のクロアチア代表戦に先発出場。ユーロ初戦となったこの試合では、57分にMFカルヴァン・フィリップスのスルーパスに反応、ボックス中央に抜け出してシュートを決めきり、値千金の決勝点をマークした。

イングランドを勝利に導いたスターリングだったが、その足元にも注目が集まった。

スターリングはこの日、白を基調に青と赤が配色されたスパイクを着用。同じ色で構成されるイングランド代表のホームユニフォームとピッタリのデザインになっていたが、ユニフォームやスパイクといったギアを専門とするサイト『Footy Headlines』によると、このスパイクは「RS Alpha Flair(アルファフレア)」と呼ばれ、ニューバランスの「FURON v6+」モデルをスターリング仕様にカスタマイズしたものだという。

スパイクのタンの部分にはイングランド代表の国旗が描かれ、かかと部分にはスターリングの名前が刻まれている。機能面に関しては通常のスパイクと同等とのことだ。

長らくナイキとスポンサー契約を結んでいたスターリングだったが、5月にニューバランスとの契約を発表。今大会の活躍に大きな期待が懸かっている。



1 2
関連ニュース
thumb

アシュリー・コール氏がU-21イングランド代表のアシスタントコーチに! チェルシーでの仕事も兼任

元イングランド代表のアシュリー・コール氏が、U-21イングランド代表でアシスタントコーチを務めることになった。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 現役時代にはアーセナルやチェルシーで活躍し、通算3度のプレミアリーグ優勝や7度のFAカップ優勝、さらにはチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ制覇などあらゆるタイトルを獲得したアシュリー・コール氏。イングランド代表としても107キャップを数え、同国のレジェンドとして認知されている。 2019年夏の引退後は、解説を務める傍ら、UEFAのA級ライセンス取得を目指しながらチェルシーのU-15チームの監督を続けている。 そんなアシュリー・コール氏にオファーをかけたのが、27日にイングランドU-21代表監督に着任したリー・カーズリー氏だ。現役時代にダービー・カウンティやエバートンで活躍し、アイルランド代表で40試合に出場した同氏は昨年9月からU-20の監督を務めていたが、候補のソル・キャンベル氏との一騎討ちを制し、昇格を果たした。 『デイリー・メール』によると今回の任命は、FA(イングランドサッカー協会)がBAMEの指導者に機会を与えることに力を入れているという背景があるという。また、将来的に同氏がA代表に携わるための準備とも捉えられている。 なお、アシュリー・コール氏はチェルシーでの仕事と兼任となるようだ。 2021.07.28 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪の女子開幕戦はホワイトの2発でイギリスが快勝!初出場のチリは奮闘するも攻撃の形を作れず…《東京オリンピック》

21日、東京オリンピック(女子)グループE第1節のイギリス代表vsチリ代表が札幌ドームで行われ、2-0でイギリスが勝利を収めた。 FIFAランキング6位のイングランド代表を中心に編成されたイギリス代表。ホワイトを頂点とし、インサイドハーフにスコットランド勢の2名を置いた[4-3-3]の布陣で臨んだ。 一方、オリンピック初出場となるFIFAランキング37位のチリは、パリ・サンジェルマン(PSG)からリヨンに移籍したGKエンドレルを中心に[4-4-2]を敷いた。 下馬評ではイギリスが有利と見られていた中、序盤は比較的チリがボールを握る展開に。積極的な入りを見せ、立ち上がりにはセットプレーのこぼれ球をウルティアが狙うも枠の左へ外れた。 その中でミドルパスと縦に速い攻撃でチリゴールに迫るイギリスは11分、スタンウェイのシュートをGKエンドレルがはじいたところにホワイトが詰めてネットを揺らす。だが、ここはオフサイドを取られて先制とはならず。 さらに攻勢をかけるイギリスは7分後に試合を動かす。右サイドの高い位置からブロンズから柔らかいクロスをファーへ送ると、これをヘンプが頭で折り返す。ゴール前でホワイトが体を倒しながら左足のボレーで沈め、先制点を奪った。 これで勢いに乗ったイギリスは23分にカットインからヘンプが狙う。その後はチリが敷くコンパクトな守備陣形の外側を両ウイングが攻略し始め、高い位置でのボール奪取も増えたことでゲームの主導権を握っていく。 押し込まれる時間が増えたチリは29分にアラヤがミドルで牽制するも、流れを取り戻すことができない。イギリスは終了間際にもチャンスを創出。スルーパスに反応したホワイトが一対一を迎えるも、GKエンドレルが右手一本でファインセーブを見せる。その直後にオフサイドディレイの笛が鳴った。 両チームとにメンバー交代なしで迎えた後半も、立ち上がりからイギリスが仕掛ける。スタンウェイと左右を入れ替えたヘンプが続けざまにゴールを狙う。55分には前半と同じようにスタンウェイのミドルのこぼれにホワイトが詰めるも、辛うじてチリがクリアした。 68分にはイギリスベンチが動く。ヘンプとウォルシュを下げてパリスとイングルを投入。イングルはウェールズの選手として初めてオリンピックの舞台に立った選手となった。一方のチリも、Y・ロペスに代えてマルドネスを送り込み、反撃を試みる。 イギリス優位の展開は変わらぬまま、73分に再びゴールを奪う。左サイド高い位置でのスローインから中央を経由して右に展開。ブロンズがボックス右に侵入してクロスを送ると、ホワイトが今度は右足のボレーで合わせてリードを広げた。 一矢報いようとするチリに対してイギリスは最後まで集中を切らさずに対応。危なげなくタイムアップを迎え、イギリスが白星発進となった。対するチリは、序盤こそボールを持てたものの惜敗。オリンピック最初のゲームは黒星で終わった。 イギリス女子代表 2-0 チリ女子代表 【イギリス女子代表】 ホワイト(前18、後28) 2021.07.21 18:36 Wed
twitterfacebook
thumb

「クラスは永続的」元イングランド代表スコールズがトレーニング風景を披露!戦友のベルバトフも賛辞を贈る!

元イングランド代表MFポール・スコールズが精力的に汗を流した。 スコールズはマンチェスター・ユナイテッドの黄金期を支えた1人で、ユナイテッドでは公式戦で650試合以上に出場し、歴代4位の出場記録数を誇っている。 そのスコールズが、先日息子のアロンのインスタグラムに登場。パーソナルトレーニングビジネスの宣伝のためにトレーニングに参加した様子が公開された。 コーンを使ったステップワークからのパス交換や、タイヤをまたぐモモ上げからのボールタッチなどに励むスコールズ。46歳になった今でも、衰えない技術の高さをうかがわせた。 この映像には元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフらが反応。「クラスは永続的」だと元チームメイトに賞賛を贈っていた。 ただ、さすがに年齢には勝てなかったのか、最後には膝に手をついてお疲れの様子を見せた。 なかなかにハードなトレーニングメニューであるため、むしろアロンが取り組むべきではと思わなくもないが、さすがのレベルを見せたスコールズ。時が経っても技術は錆び付かないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ハードなトレーニングに汗を流すスコールズ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CRjJFDLrX8L/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CRjJFDLrX8L/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CRjJFDLrX8L/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Arron Scholes(@azscholes.pt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.07.21 16:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ルーク・ショー、肋骨骨折の状態でユーロ最後の3試合をプレーしていた模様…

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表DFルーク・ショーは、ユーロ2020の最後の3試合を肋骨骨折の状態でプレーしていたようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 ショーはイングランドが準優勝を果たした今大会で初戦を除く全6試合に出場。イタリア代表との決勝での先制ゴールを含め、1ゴール3アシストの活躍をみせ、スリーライオンズの躍進の一人となっていた。 しかし、『テレグラフ』が報じるところによれば、同選手はラウンド16のドイツ代表戦で肋骨を骨折し、以降の3試合を負傷を抱えた満身創痍の状態でプレーしていたという。 ただ、現時点でケガの程度は不明となっており、ウェストハムMFデクラン・ライスやチェルシーMFメイソン・マウントらと共にギリシャでバカンス中のショーは、ユナイテッドのプレシーズントレーニングに戻り次第、クラブのメディカルスタッフと共に今後の復帰計画を決めることになるようだ。 なお、ユナイテッドのイングランド代表に関してはFWマーカス・ラッシュフォードが昨シーズン後半戦から悩まされていた肩の負傷を完治させるため、今夏のタイミングで手術に踏み切る可能性が伝えられており、手術を行った場合は少なくとも2カ月程度の離脱が見込まれている。 2021.07.21 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪代表との短距離走でG・ネビルが負傷…レジェンドも10年のブランクには勝てず苦悶の表情

元イングランド代表も10年のブランクには勝てなかったようだ。 マンチェスター・ユナイテッド一筋、通算400試合出場を誇るレジェンドの1人である元イングランド代表DFギャリー・ネビル。引退後は監督業も行っていたが、現在は解説者として活躍している。 そのG・ネビル氏がオリンピアンとの短距離走に挑む雄姿がイギリス『Sky Bet』のツイッターで公開された。 相手はイギリス代表として東京オリンピックにも参加するディナ・アッシャー・スミスさん。2019年の世界選手権では女子200mで金メダルを獲得し、100mと200mでイギリスのナショナルレコードを保持するトップアスリートだ。 合図と同時にいいスタートを切ったG・ネビル氏は、そのまま加速していく。しかし、20mを過ぎた地点でアクシデントが発生。叫び声をあげ、左のもも裏を抑えて突然減速していった。 どうやら、G・ネビル氏はハムストリングを負傷してしまった様子。本人は苦笑いとともに患部をさすり続けるが、視聴者には大うけだった。 痛めたタイミングが抜かれた瞬間だっために「わざとじゃない?」などの冗談を口にするファンも。いくら右サイドを駆け抜け続けたとはいえ、10年のブランクではかなわなかった。 本来であれば、現役の短距離走者が引退したサッカー選手と比べてどれくらい速いのかを見せる企画だったのだろう。思わぬアクシデントに見舞われはしたが、これはこれで面白い画が撮れたと思っているかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】G・ネビルが本気のダッシュ! しかし太もも裏を負傷…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">&quot;Oh no, not his hamstring!&quot; <a href="https://twitter.com/GNev2?ref_src=twsrc%5Etfw">@GNev2</a> thought it would be a good idea to try and race <a href="https://twitter.com/dinaashersmith?ref_src=twsrc%5Etfw">@dinaashersmith</a>... <br><br>His hamstring thought otherwise <a href="https://twitter.com/hashtag/TheOverlap?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TheOverlap</a></p>&mdash; Sky Bet (@SkyBet) <a href="https://twitter.com/SkyBet/status/1415627209771945990?ref_src=twsrc%5Etfw">July 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.17 20:05 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly