「後悔してもしょうがない」SBで躍動の旗手怜央、フリーランの重要性は登里享平を手本に「意識してやっている」

2021.06.12 21:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
U-24日本代表のDF旗手怜央(川崎フロンターレ)が、ジャマイカ代表戦を振り返った。U-24日本代表は12日、国際親善試合でジャマイカ代表と対戦。試合は4-0で日本が勝利した。

東京五輪のメンバー選考に向けた最後の試合となったこのゲーム。立ち上がりから積極的に攻め込む日本は、32分に酒井宏樹の素早いスローインのリスタートから久保建英が4人の股を抜くシュートを見せて先制する。

さらに42分には遠藤航がボックス付近からコースを狙ったミドルシュートを決めて追加点。前半を2-0で終える。

ハーフタイムで3名を交代させると、57分には三笘薫のスルーパスに反応した上田綺世がGKの位置をよく見たループシュートを決めて追加点。64分には久保のスルーパスに反応した相馬勇紀がボックス左から折り返し、最後は堂安律が蹴り込んで4-0。快勝を収めた。

この試合への思いについては「まず自分のやるべきことをしっかりやるということと、ポジションもサイドバックだったので失点を絶対しないという意識を持っていました」とコメント。守備の意識を高く持ったとした。

自身のプレーについては「どのポジションでも僕は結果を求めていたので、ゴールやアシストができなかったので、そこに関してはすごく悔しい思いはあります」と語り、目に見える数字を残せなかったことを悔やんでいるとのこと。それでも「ただ試合を重ねていくにつれて、自分のやりたい攻撃に行きたい場所は、チームメイトにわかってもらえていたので、そこは凄く良くなった部分かなと思います」と、チームメイトとの連係を含めて、良くなっていっている手応えがあると語った。

この試合では久保に入れるパスから決定を迎えるなど、攻撃面でも貢献していたが「僕自身、ボールを持っている時は前の選手を生かさないといけないですし、CBやボランチの選手に僕を生かしてもらう動きをしないといけないので、そういったところでは、A代表と試合した時と比べると凄く良くなっていると思います」と、この合宿で、攻撃面も改善されているとのことだ。

オーバーエイジの3人とも一緒に試合をしたが「凄く楽しく今日の試合はできましたし、多少緊張はありましたけど、OAの選手やA代表に関わっている選手と一緒のピッチに立ってプレーできたのは、僕自身楽しくプレーできました。よかったなと思います」と語り、ピッチ上でもその違いを感じた様子だ。

ここから東京オリンピックの最終選考がスタートする。「この間の試合は中山選手がサイドバックをやっていて、どちらかというと守備が強いタイプだと思いますが、僕は攻撃で違いを見せないといけなかったので、攻撃参加や自分が持った時のパスをすごく意識していました」とコメント。「今日は最後の試合だったので、公式戦の中で自分の表現したいことができたのはよかったです」と語り、自分がやりたいことを示せたと語り「後悔してもしょうがないことなので、僕が今持っている力は出し切ったと思います」と、あとは待つのみだと語った。

攻撃面といえば、フリーランニングでのチャンスメイクを何度もしていた旗手。「サイドバックをやっていて、ボールを持っていない時の動きというのは、凄く重要になりますし、自チームだと登里選手がそういったプレーをしていて、僕はそれを見て自分の持ち味にしていくということを意識してやっている」とコメント。「今日は人に食いつくチームだったので、サイドハーフの選手が中に入った時に自分がオーバーラップするとか、そういったことを意識したのがよかったと思います」と、チームでサイドバックを務める登里享平から学んでいるところだと語った。

また食いつく相手に対しては「フリーランで自分がボールもらえればいいですし、味方の選手をフリーにさせる動きもできていたので、そういった部分はJリーグとは違って世界は個が強いと思うので、そういったときに自分のフリーラン一本でもらった選手がフリーでもらえたり前を向けるプレーができるのであれば、そういったプレーをどんどん出していかないといけないと思います」とコメント。チーム2点目の遠藤のゴールも旗手のフリーランによってコースが空いたが「その前に1つ久保選手が同じような位置でボールを持ったときにオーバーラップして、僕がボールをもらってシュートを打ったシーンもありましたが、大外で自分が走れば、ボールを持っている選手が選択肢が2つ、3つと1つ多く選択肢を持てるので、そういったところで僕自身がもらえればラッキーですし、遠藤選手がゴールを決めてくれたので、あれはあれで僕的には考え通りのプレーだったので、あのフリーラン1本でゴールが生まれたのはよかったと思います」と語り、自身のフリーランが生きたいシーンを喜んだ。
関連ニュース
thumb

「自分たちの仕事をやり遂げたことは誇り」PK戦で日本に敗れたニュージーランド、MFベルはチームを称える

U-24ニュージーランド代表のMFジョー・ベルが、U-24日本代表戦を振り返った。ニュージーランド『stuff』が伝えた。 東京オリンピックの男子サッカー準々決勝で対戦した両者。グループBを2位で通過したニュージーランドがグループAを3連勝で突破した日本と対戦した。 ニュージーランドは前半からアグレッシブに戦い、引いて守りを固める守備と日本のビルドアップを防ぐ前からのプレスを使い分けて戦う。 日本は攻撃の形を作りながらもなかなか攻め切れず。決定機を迎える場面もあったが、ゴールは生まれずゴールレスのまま120分間が終了。PK戦の末に4-2で日本が勝利した。 ベスト8で敗退となったニュージーランド。ベルを含むこの世代の選手たちは、2019年のU-20ワールドカップに出場するも、ラウンド16でU-20コロンビア代表を相手にPK戦で敗戦。国際大会で2度目のPK戦負けでの敗退となった。 ベルはその当時よりもチームは成長しているとコメント。2022年のカタール・ワールドカップに向けた長期的なプランで進んでいると語った。 「僕たちは常にこれが長期的なプロジェクトであることについて話している」 「数年前のU-20ワールドカップでも似たような場面があった。今回の大会ではさらに前進していると思う」 「試合(10日間で4試合)をこなしてきた選手たちが、優れた日本のチームと120分間、100%の力で自分たちの仕事をやり遂げたことは誇りに思っている」 「それはこのチームのキャラクターと、選手個人のキャラクターをよく示していると思う」 2021.08.01 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

日本に敗戦のニュージーランド指揮官、チーム作りの差を口に「日本のように数千万ドルものお金を使い…」

U-24ニュージーランド代表のダニー・ヘイ監督が、U-24日本代表戦を振り返った。ニュージーランドフットボール(NZF)が伝えた。 東京オリンピックの男子サッカー準々決勝で対戦した両者。グループBを2位で通過したニュージーランドがグループAを3連勝で突破した日本と対戦した。 ニュージーランドは前半からアグレッシブに戦い、引いて守りを固める守備と日本のビルドアップを防ぐ前からのプレスを使い分けて戦う。 日本は攻撃の形を作りながらもなかなか攻め切れず。決定機を迎える場面もあったが、ゴールは生まれずゴールレスのまま120分間が終了。PK戦の末に4-2で日本が勝利した。 ベスト8で敗退となったニュージーランド。ヘイ監督は日本ほどチーム作りに時間をかけられていない事を語り、まだまだ可能性のあるチームだと選手たちを称えた。 「この若い選手たちのグループにはとても多くの可能性がある。実際に一緒に過ごしたのはほんの数週間だったことを知っておくのは重要だ」 「このグループは日本のように、数千万ドルものお金を使い、40〜50試合を一緒に戦ってきたわけではない」 「ウォーミングアップの試合をいくつか行なった後、ライオンの巣窟に放り込まれたのだ」 「選手たちのリアクション、彼らが見せたキャラクター、戦術のプランの中で、責任と役割を果たす意欲はとても素晴らしいと思う」 2021.08.01 10:38 Sun
twitterfacebook
thumb

金メダルまであと2つ! 男子サッカーベスト4決定、日本は大会前に対戦したスペインと再戦《東京オリンピック》

31日、東京オリンピックの男子サッカー準々決勝の4試合が行われた。 グループAを唯一の3連勝で突破したU-24日本代表は、グループBを2位で通過したU-24ニュージーランド代表と対戦した。 試合は日本が攻めるシーンもある中、ニュージーランドの守備を崩せず。120分を終えてゴールレスとなり、PK戦に突入した。 PK戦では互いに1人目を成功させるが、ニュージーランドの2人目のシュートをGK谷晃生がセーブ。さらにニュージーランドは3人目が失敗しピンチに。日本は4人目のDF吉田麻也が冷静に決めて4-2で勝利を収めた。 グループB首位のU-24韓国代表は、グループA2位のU-24メキシコ代表と対戦し3-6で大敗を喫した。立ち上がりは点の取り合いとなり、前半は1-3でメキシコがリード。後半早々に韓国が反撃し、1点差に迫るも、そこからメキシコが得点を重ね、終わってみれば3-6の大差で勝利した。 グループC首位のU-24スペイン代表は、グループD2位のU-24コートジボワール代表と対戦。試合はコートジボワールがDFエリック・バイリーのゴールで先制するも、_スペインがMFダニ・オルモのゴールで同点に。このまま延長戦かと思われた中、コートジボワールは後半アディショナルタイムにMFマックス・グラデルが決めて土壇場で勝ち越しに成功。そのまま逃げ切ると思われたが、スペインはFWラファ・ミルが93分に決めて同点。2-2で延長戦へと突入する。 延長戦では前半にバイリーがファウルを犯し、スペインはミケル・オヤルサバルのPKで逆転に成功。延長後半には相手の隙をついたラファ・ミルが2点を決めてハットトリック達成。5-2でスペインが勝利した。 グループD首位のU-24ブラジル代表はグループC2位のU-24エジプト代表と対戦。前半にFWマテウス・クーニャがゴールを奪い先制したブラジルが最後まで守り切り、1-0で勝利を収めた。 この結果、準決勝では日本はスペインと対戦。メキシコがブラジルと対戦することとなった。 ◆準々決勝 ▽7月31日(土) U-24スペイン代表 5-2(延長) U-24コートジボワール代表ー【27】 U-24日本代表 0-0(4PK2) U-24ニュージーランド代表ー【25】 U-24ブラジル代表 1-0 U-24エジプト代表ー【28】 U-24韓国代表 3-6 U-24メキシコ代表ー【26】 ◆準決勝 ▽8月3日(火) 《17:00》 U-24メキシコ代表 vs U-24ブラジル代表ー【30】 [県立カシマサッカースタジアム] 《20:00》 U-24日本代表 vs U-24スペイン代表ー【29】 [埼玉スタジアム2002] ◆3位決定戦 ▽8月6日(金) 《20:00》 【29】敗者 vs 【30】敗者 [埼玉スタジアム2002] ◆決勝 ▽8月7日(土) 《20:30》 【29】勝者 vs 【30】勝者 [横浜国際総合競技場] 2021.07.31 22:05 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング: U-24日本代表 0-0(4 PK 2) U-24ニュージーランド代表《東京オリンピック》

#1日、東京オリンピック準々決勝のU-24日本代表vsU-24ニュージーランド代表の一戦が県立カシマサッカースタジアムで行われ、0-0で120分間の戦いが終了。PK戦の末、4-2で日本が勝利した。 超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽U-24日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/fom20210731u24jpn_nzl_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 12 谷晃生 7.5 ボックス外に出ての対応も冷静。クロス対応の判断も素晴らしかった。PK戦では1本 セーブし勝利に貢献。 DF 5 吉田麻也 6.5 ウッドの対応もしっかりと遂行。カバーリング、危険なところへ顔を出すなど守備を統率。勝利を決めるPKで締めくくる。 13 旗手怜央 6.5 機を見て攻撃のサポート、守備でもしっかりと間合いを詰めて対応。攻撃のポジションに入ってもしっかりとプレーする。 (→11 三笘薫 5.5) 延長戦からの出場でフレッシュな状態で積極的に仕掛ける。上田への決定的なスルーパスを出すがあまり良さが出ず。 14 冨安健洋 6 クリス・ウッドとのマッチアップでは負けず。良い守備を見せていたが、イエローカードをもらい準決勝は出場停止。 15 橋岡大樹 6.5 積極的なプレーでチームメイトであるカカーチェとのマッチアップでも負けず。守備も我慢強く守った。 MF 6 遠藤航 6 前半最大の決定機をまさかのミスショット。それでも攻守にしっかりと強度を持ってプレーを保った。 7 久保建英 6 強度の高い相手をうまくいなしてプレー。積極的に仕掛け、4試合連続ゴールを目指した。前線の連携がなかなか上手くいかなかった。 10 堂安律 6 積極的に仕掛けてチャンスメイク。決定は作ったが決め切れず。強度の高い相手に苦しんだ。 (→8 三好康児 -) 出場時間が短いため採点はなし。 16 相馬勇紀 5.5 仕掛けるプレーは良いものの、連動した動きはなかなか見られず。何度か相手のファウルを誘った。 (→3 中山雄太 6) 守備の対応として入るも攻撃のシーンが多い状況。少し迷いがあるプレーは気になったが、落ち着いたプレーを見せた。 17 田中碧 6 遠藤とのバランスをとってこの試合もプレー。なかなか前を向いてプレーできず、攻撃の良さがあまり出ず。 (→4 板倉滉 6) 守備をハメにいくために延長戦から出場。高さでは負けずしっかりと試合に入って力を発揮した。 FW 19 林大地 5.5 前線でこの日も体を張るプレー。体格差もありあまりボールが入らず、攻撃で良いシーンは見られず。 (→18 上田綺世 5.5) なかなか良いボールが来ないなかでもポジション取りで攻撃の起点に。決定機を1つ決められなかったのは痛かった。 監督 森保一 6 強度の高い相手に対してなかなか選手を変えずに粘る采配。それでも守備面を改善してPK戦に持ち込み、勝利を掴んだ。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! GK谷晃生(日本) 空中戦が多くなる中で冷静な判断と対応を見せる。PK戦ではシュートを1本セーブ。相手のコースを読み失敗も誘う。 U-24日本代表 0-0(4 PK 2) U-24ニュージーランド代表 2021.07.31 20:52 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表スタメン発表! 1トップはFW林大地が復帰、2列目にはMF相馬勇紀が起用

31日、東京オリンピックの準々決勝でU-24ニュージーランド代表と対戦するU-24日本代表のスターティングメンバーが発表された。 グループステージを唯一の3連勝で勝ち上がった日本は、グループBを2位で通過したニュージーランドと対戦。ニュージーランドは1勝1分け1敗でグループステージを突破した。 日本のスターティングメンバーは、出場停止のDF酒井宏樹(浦和レッズ)の代役にDF橋岡大樹(シント=トロイデン)を起用。また左サイドバックにはDF旗手怜央(川崎フロンターレ)を起用し、3試合連続先発していたDF中山雄太(ズヴォレ)はベンチスタートとなった。 また、2列目はMF久保建英(レアル・マドリー)、MF堂安律(PSV)らが継続して先発し、左にはMF相馬勇紀(名古屋グランパス)を起用。1トップにはFW林大地(サガン鳥栖)が戻った。 ◆スタメン[4-2-3-1] GK:谷晃生 DF:橋岡大樹、吉田麻也、冨安健洋、旗手怜央 MF:遠藤航、田中碧 MF:堂安律、久保建英、相馬勇紀 FW:林大地 監督:森保一 ◆サブ GK:大迫敬介 DF:板倉滉、中山雄太 MF:三好康児、三笘薫 FW:前田大然、上田綺世 2021.07.31 16:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly