デフォーがレンジャーズと1年間の契約延長! 来季は選手兼コーチの新たな役割担う

2021.06.09 06:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レンジャーズは8日、元イングランド代表FWジャーメイン・デフォー(38)との契約を1年間延長したことを発表した。また、デフォーは来シーズンから選手だけでなくコーチを兼任することになった。

今シーズンの公式戦20試合7ゴール2アシストと未だ健在ぶりを発揮し、レンジャーズのスコティッシュ・プレミアリーグ無敗優勝に貢献したデフォーは、来シーズンは新たな役割と共に愛するクラブに残留することになった。

「僕がどれだけこのクラブを愛しているか、そしてファンや同僚、クラブのスタッフとの関係についてもよく知られていることだと思う」

「だからこそ、この契約を成立させることができて、本当に嬉しいよ。シーズンが終わる前から実現したいと思っていたし、とりわけリーグ優勝という最高の形でシーズンを終えることができた」

「そして、プレイングコーチとして再び契約を結び、これからもこのクラブの一部であり続けられることは、僕と家族にとって素晴らしいことだね」

また、スリーライオンズの元同僚に新たな役割をオファーしたスティーブン・ジェラード監督は、同時に選手としてのデフォーへの期待も口にしている。

「プレーヤーとしてだけでなく、コーチとしてもジャーメインを迎え入れることができて、本当に嬉しく思う」

「彼の素晴らしい経験とプロフェッショナリズムを、クラブ全体の攻撃的なプレーヤーたちに伝えてくれることを期待している」

「だが、今シーズンの彼は、ピッチ上においてまだまだ我々の財産となり得ることを示してくれた。必要なときには彼を使うことを恐れない。今月末に始まるプレシーズンでジャーメインが復帰し、新しい役割を果たすことを楽しみにしている」

イングランド代表として57キャップを誇るデフォーは、キャリア全盛期をトッテナムやウェストハムで過ごした。2014年にはトッテナムからMLSのトロントに移籍。1年間プレーした後、サンダーランド、ボーンマスと母国のクラブでプレーし、2019年1月に1年半のレンタルでレンジャーズ入り。ここまで公式戦72試合に出場し、32ゴールを挙げている。
関連ニュース
thumb

マドリー、今季初のPSMはスコットランド王者レンジャーズに逆転負け…

レアル・マドリーは25日、スコットランド王者のレンジャーズとのプレシーズンマッチを行い、1-2で敗戦した。 レンジャーズの本拠地アイブロックス・スタジアムで行われたこの一戦。マドリーは3トップにルーカス・バスケス、ヨビッチ、ロドリゴを据えた[4-3-3]の布陣を採用。中盤はアンカーにブランコ、インサイドハーフにイスコとウーデゴールを起用した。 試合は8分、自陣でクリアボールを拾ったウーデゴールがカウンターを仕掛けると、ドリブルで持ち上がり左サイドへ展開。これを受けたロドリゴがボックス左から縦に仕掛けると、飛び出したGKの脇を抜くシュートで冷静にゴールネットを揺らした。 先制を許したレンジャーズは10分、ボックス右横で獲得したFKからタベルニエがクロスを供給するとゴールドソンがヘディングシュートで合わせたが、これはGKルニンに弾かれた。 その後も押し込む時間の続くレンジャーズは28分、中盤でマルセロからボールを奪ったライトが右サイドを突破すると、折り返しをニアのサカラがフリック。ゴール左に流れたボールをケントがダイレクトで合わせたが、わずかに浮いたシュートはクロスバーを直撃した。 ハーフタイムにかけてもレンジャーズの猛攻を受けたマドリーは、前半だけで17本のシュートを浴びたが、GKルニンの好守にも救われ、前半を1点のリードで折り返した。 迎えた後半、マドリーはヨビッチを下げてアリーバスを投入。しかし、先にスコアを動かしたのはレンジャーズだった。55分、敵陣中盤でルーカス・バスケスにプレスをかけたカマラが後ろからボールを突くと、このこぼれを拾ったサカラがそのままゴール前まで持ち上がりゴール右へシュートを突き刺した。 追いつかれたマドリーは75分、ルーズボールを奪い合った際にカマラに対してスパイクの裏を見せてチャレンジしたナチョがこの試合2枚目のイエローカード提示され、10人となってしまう。 すると数的優位となったレンジャーズは77分、右CKの二次攻撃から勝ち越しに成功する。右CKのクリアボールをバイタルエリア中央で拾ったパターソンが素早く左へ展開すると、デイビスがダイレクトパスをゴール前に供給。これがブランコのクリアミスを誘うと、こぼれ球に素早く反応したイッテンがゴール左隅にシュートを流し込んだ。 結局、これが決勝点となりマドリーは1-2で逆転負けを喫した。 レンジャーズ 2-1 レアル・マドリー 【レンジャーズ】 サカラ(後10) イッテン(後32) 【レアル・マドリー】 ロドリゴ(前8) 2021.07.26 04:04 Mon
twitterfacebook
thumb

レンジャーズ新戦力に心臓の問題が判明…ジェラード監督「笑顔を絶やさず辛抱強くあれと伝えた」

レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、新加入のU-20ナイジェリア代表MFエンナムディ・オフォボー(21)に心臓の問題があることを明らかにした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今月にボーンマスからレンジャーズへ移籍したオフォボー。昨季は2月から前シーズンにレンタルしていたウィコムに再加入し、チャンピオンシップで8試合に出場した。 新シーズンから再起を図ろうとスコットランドに渡った矢先、メディカルチェックで心臓に問題が見つかった。ジェラード監督は17日に行われたアーセナルとのプレシーズンマッチ後、オフォボーがしばらくチームに合流できないことを明らかにした。 「残念ながら、心臓の検査で異常が見つかった。現在はクラブの一流の医療スタッフによって頭から爪先まで徹底的にチェックを行なっているところだ。今後数週間で何人かの専門家と相談し、さらなる検査を行う必要がある」 「残念で悔しいことだが、何とか対応しなくてはならない。重要なのは選手の健康であり、それを第一に考えるのは当然だ」 「もちろん、選手にとっても無念だろうが、昨日彼と話し、笑顔を絶やさず辛抱強くあれと伝えた」 「我々は、彼をサポートするためにできる限りのことをする。彼が戻ってくることを願っているよ。そんなに長くはかからないだろう」 2021.07.18 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、PM2戦目はドロー…新戦力タヴァレス弾もCKから2失点…試合前にはサカへの支援も

アーセナルは17日、レンジャーズとのプレシーズンマッチを戦い、2-2のドローに終わった。 ミケル・アルテタ体制3年目のアーセナルは、先日に行われたハイバーニアンとのプレシーズンマッチ初戦を1-2で落とした。そして、プレシーズン初勝利を目指す今回の一戦では昨シーズンのスコティッシュ・プレミアリーグを無敗優勝したスティーブン・ジェラード率いるレンジャーズと対戦した。 アルテタ監督はこの一戦にFWピエール=エメリク・オーバメヤンやDFパブロ・マリ、DFロブ・ホールディング、MFエミール・スミス・ロウ、FWニコラ・ペペ、MFトーマス・パルティら昨季の主力をスタメンで起用。さらに、ベンフィカからの新戦力であるDFヌーノ・タヴァレスがデビューを飾った。 試合前にはイングランド代表の活動中に人種差別被害に遭ったFWブカヨ・サカを励ます目的で、レンジャーズの主将DFジェームズ・タヴェルニエからオーバメヤンに特別なユニフォームが贈呈される感動的な瞬間もあったこの一戦。 開始9分に相手のビルドアップのミスを突いたオーバメヤンにいきなり絶好機が訪れるなど、試合は序盤からオープンな展開に。そういった流れの中で14分にはレンジャーズの左CKの場面でDFレオン・バログンが打点の高いヘディングシュートを叩き込み、ホームチームが先手を奪う。 それでも、アーセナルは23分にロングボールの処理にもたついた相手DFタヴェルニエとうまく入れ替わったタヴァレスがそのままボックス左に持ち込んで利き足とは逆の右足のシュートを流し込み、デビュー戦で早速ゴールを記録した。 その後は互いに相手ゴールに迫る場面を作り合ったものの、オーバメヤンが40分にゴール前で得た絶好機を逸するなど、試合は1-1のスコアで後半に突入した。 互いにメンバーを大きく入れ替えて臨んだ後半はアーセナルが優勢に試合を運んでいくが、トーマス、スミス・ロウの決定的なシュートが相手GKの好守に阻まれるなど、ハイバーニアン戦に続き決定力不足を露呈。 すると、75分には再びCKからFWセドリック・イッテンに豪快なヘディングシュートを叩き込まれて勝ち越しゴールを許した。 プレシーズンマッチとはいえ、連敗は避けたいアーセナルは83分、相手ボックス内で猛烈なプレッシャーをかけてボールを奪ったFWエディ・エンケティアがボックス右角度のないところから腰の捻りを利かせた左足のシュートをニア下に流し込み、同点に追いついた。 しかし、逆転ゴールを奪うまでには至らず、試合は2-2のままタイムアップを迎えた。 なお、2戦連続で白星を逃したアルテタ監督だが、現役時代に在籍した古巣との一戦を前向きに振り返っている。 「全体的なパフォーマンスにはとても満足している。試合を支配できたと思うし、多くのチャンスを作ることができた。ただ、相手のボックス内でのプレーがうまくいかず、2つのCKから2つのゴールを許してしまった」 「先日の試合よりもはるかに良くなっていて、体力的にも2試合目の方が優れていたと言えるでしょう。組織力も高く、個々のプレーヤーのパフォーマンスも良かったが、ゲームに対する総合的な理解と、トレーニングで取り組んできた多くのことを実行に移したことがとても良かった」 また、デビュー戦でゴールを記録したタヴァレスは、試合後に喜びのコメントを残している。 「良い気分だったよ。僕にとっても、僕らにとっても良い試合だったね。良いテストになったと思うし、多くのことを学べたと思うよ」 「アーセナルでの初ゴールを決められて、とても嬉しいよ。そのことに興奮しているし、今日はうまくやれたね」 なお、スコットランド遠征で2試合をこなしたアーセナルは今後アメリカのフロリダに渡り、25日にはインテルとプレシーズンマッチで対戦する。 レンジャーズ 2-2 アーセナル 【レンジャーズ】 バログン(14分) イッテン(75分) 【アーセナル】 ヌーノ・タヴァレス(23分) エンケティア(83分) <span class="paragraph-title">【動画&画像】タヴァレスデビュー弾にサカへの思いやり</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJyNEd3UGtaciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.18 16:04 Sun
twitterfacebook
thumb

レンジャーズがエバートン育ちのMFランドストラムを3年契約で獲得「ジェラードと仕事をするのは大きな魅力」

レンジャーズは5日、シェフィールド・ユナイテッドのイングランド人MFジョン・ランドストラム(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 フリートランスファーでの加入となり、2024年6月30日までの3年契約を結んだとのことだ。 ランドストラムはエバートンの下部組織出身。2011年7月にファーストチームへ昇格すると、ドンカスターやヨービル・タウン、レイトン・オリエント、ブラックプール、スカンソープ・ユナイテッドと下部リーグクラブへのレンタル移籍を経験した。 エバートンでは出場機会がないまま2015年8月にオックスフォード・ユナイテッドへと完全移籍すると、2017年7月にシェフィールド・ユナイテッドへと完全移籍する。 シェフィールド・ユナイテッドではレギュラーとしてプレー。プレミアリーグに昇格した2019-20シーズンはリーグ戦34試合に出場し5ゴール3アシストを記録。2020-21シーズンは28試合に出場し2アシストを記録したが、チームはチャンピオンシップ(イングランド2部)へと降格していた。 世代別のイングランド代表歴のあるランドストラムについて、スティーブン・ジェラード監督は「以前から知っていた選手であり、我々のチームを強化してくれると信じている」とコメント。「プレミアリーグでプレーしたことのある彼は、テクニックとフィジカルで中盤を強化してくれる確かなクオリティがある」と評価した。 また「ここ数週間で彼と話をした時、彼の姿勢と野心に感銘を受けた。ジョンは勝者であり、成功に必要なことを知っている」と、人間性の部分も高く評価している。 ランドストラムはスコットランドで初のプレーとなるが「監督と話をした時、クラブを僕に売り込んだ。野心、ビジョン、意欲に驚かされた」とコメント。「スティーブン・ジェラード、ギャリー・マカリスター、そしてマイケル・ビールと仕事を共にするチャンスは大きな魅力だった」と、地元マージーサイドの英雄との仕事にも興奮を隠しきれない様子だ。 2021.07.05 22:55 Mon
twitterfacebook
thumb

王者として臨む来季に自信のジェラード監督「チャンピオンの座を命がけで守る」

レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が来シーズンに向け意気込みを語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 レンジャーズは今シーズン、スコティッシュ・プレミアリーグで破竹の進撃を見せると、28勝5分けで無敗優勝を達成。10シーズンぶり55回目のリーグタイトルを獲得した。加えて、ヨーロッパリーグ(EL)でもベスト16入りを達成するなど、躍進を見せている。 チームに栄光をもたらし評価を高めているジェラード監督は、来シーズンどのような戦いを見せるかについてコメント。王座を守るため、積極的な姿勢を見せていきたいと意気込んだ。 「レンジャーズの将来について、とても楽観的でワクワクしている。私はこのチャンピオンの座を命がけで守り、2021-22シーズンは全力で攻撃したい。そして、新型コロナウイルスの規制緩和が許されるなら、すべてのファンがアイブロックスやアウェイゲームに戻ってきてくれることを願っている」 「私にとってこのクラブにいる意味とは、成功、トロフィー、そして前に進むためのハングリー精神と一貫性を維持することだ。そして、それが自分の中にあると感じられなくなった日が、フットボールに関わることをやめる日になると思う」 「サポーターの皆のため、最近のリーグ戦での成功をベースにしつつ国内カップ戦でもさらに向上したい。そして、ヨーロッパでも良い成績を残せるよう努力したいね。来シーズンは多くの課題があるがチームには新しい選手も揃っており、楽観的に、興奮して、信念を持って臨みたい」 また、ジェラード監督は今シーズンにあったプレッシャーについても言及。強いプレッシャーに晒されながらも、選手たちが一試合一試合を大切にしてくれたことを誇っている。 「さまざまな理由から、タイトルをアイブロックスに持ち帰らなければならないというプレッシャーがあった。街のライバル(セルティック)が記録的な連覇を目指していたことだけでなく、レンジャーズが王者になってから10年が経過しており、それはあまりにも長すぎた」 「いつもそうだが、今シーズン我々にとって重要だったのは、常に次の試合のことを考え、その先は考えないことだった。このクラブでは毎週のように勝たなければならないという要求と期待があり、一瞬たりともボールから目を離すことはできない」 「この12カ月、我々はグループとしてプレッシャーにうまく対処してきた。選手たちは、目の前の課題に立ち向かったと思う」 「3月6日にアイブロックスでセント・ミレンを破り、55回目のチャンピオンとなるためにあと一歩という結果になった。でもあの時、選手やスタッフの誰もがその試合を楽しみ、夢中になっていた。もちろん、私もそうだ」 「トロフィーを手にする前、ホームでアバディーンに4-0で勝ってリーグを終えられたことは、ケーキの上にいちごを乗せたようなものさ。私のサッカー人生の中で、最高に誇りに思える日の一つだった」 2021.06.29 17:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly