サウールは今季限りでアトレティコ退団か…バイエルン&チェルシー関心?

2021.06.05 01:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFサウール・ニゲス(26)は今シーズン限りでクラブを離れることを真剣に検討しているようだ。

アトレティコのカンテラ出身のサウールは、ラージョ・バジェカーノでの1年間の武者修行を終えた2014年以降、サイドハーフ、ピボーテを中心にディアゴ・シメオネ率いるチームの絶対的な主力に君臨してきた。

しかし、今シーズンはMFトマ・レマルやMFヤニック・カラスコ、MFエクトル・エレーラとの中盤のポジション争いにおいて苦戦。公式戦41試合に出場したものの、攻守両面で精彩を欠き、チームのラ・リーガ制覇とは裏腹に苦しいシーズンを過ごした。

その不振が影響してか、ユーロ2020に臨むスペイン代表からも落選しており、今夏に新たな環境を求める可能性が伝えられている。

そういった中、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、サウールが今シーズン限りでクラブを離れる可能性があると主張。さらに、具体的な交渉は行われていないものの、バイエルンとチェルシーが獲得に関心を示しているという。

また、アトレティコはサウールの後釜としてウディネーゼに所属するアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウル(27)との交渉を進めているようだ。

なお、アトレティコとサウールの現行契約は2026年まで残っており、獲得には高額の移籍金が必要となる。

関連ニュース
thumb

アトレティコ新加入デ・パウルの背番号は「5」に決定

アトレティコ・マドリーは30日、アルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウルの背番号が「5」に決定したことを発表した。 今月13日に移籍金3500万ユーロ(約45億8000万円)でウディネーゼから加入したデ・パウル。ウディネーゼ時代には5年間で公式戦184試合に出場して34ゴール36アシストを記録し、アルゼンチン代表の常連選手にまで成長した。 新シーズンに向けてスペイン代表MFサウール・ニゲスの退団が濃厚となっているアトレティコでは、中盤の補強が急務となっていた。その中でディエゴ・シメオネ監督がご執心と言われていたデ・パウルは攻撃的MFを主戦場に左右のサイドでもプレー可能なマルチロール。 移籍金からも大きな期待が窺えるが、背番号は5番に決まったようだ。アトレティコではガーナ代表MFトーマス・パルティ(現アーセナル)や元ポルトガル代表のチアゴ・メンデス氏が着けていた番号で、昨季はアーセナルからローンしていたウルグアイ代表MFルーカス・トレイラが着用した。 2021.07.31 14:08 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ新加入のマルコス・パウロが右太もも負傷で離脱、開幕は厳しいか

アトレティコ・マドリーは29日、元U-19ポルトガル代表FWマルコス・パウロの離脱を発表した。 28日のトレーニング中に右太ももに違和感を感じたマルコス・パウロは、そのまま練習を中断。翌日に行われたザルツブルクとのプレシーズンマッチに臨むチームにも帯同せず、検査を受けた。 マルコス・パウロは、右太ももの筋肉損傷で離脱。スペイン『マルカ』は離脱期間を少なくとも2~3週間と推定しており、8月16日に予定されているラ・リーガ開幕節のセルタ戦の出場は厳しいという見方のようだ。 今夏、フルミネンセを退団し、フリートランスファーで加わったマルコス・パウロは、高い身体能力やパスセンスを武器に、両サイドでプレーが可能な21歳の万能型アタッカー。ブラジル生まれでありながらもポルトガル国籍を持つことから、EU圏内の選手扱いとなる。 2021.07.30 18:08 Fri
twitterfacebook
thumb

大型補強完遂のユナイテッド、次のターゲットはやはりトリッピアー

マンチェスター・ユナイテッドは、やはりアトレティコ・マドリーのイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(30)の獲得を諦めていないようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング』が伝えている。 今夏の移籍市場で大型補強を敢行したユナイテッド。ドルトムントからイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)、レアル・マドリーからフランス代表DFラファエル・ヴァラン(28)を獲得し、今夏の市場で重要視していた補強計画が一段落した。 お目当の選手を獲得できたユナイテッドだが、残り1カ月ある移籍市場でさらなる動きを見せるようだ。予てから獲得候補に挙げていたトリッピアーを再びターゲットにしているとのことだ。 トリッピアーはアトレティコでの昨シーズンは公式戦35試合6アシストを記録。右サイドバックを主戦場としていたものの、ユーロ2020では左サイドバックとしてもプレーしていた。 現在、ユナイテッドで右サイドバック一強状態のDFアーロン・ワン=ビサカの攻撃力に満足していない首脳陣は、競争相手や左サイドバックのオプションとしてトリッピアーを獲得するとされている。 一方、アトレティコは10億ユーロ(約1300億円)の負債があるとされており、トリッピアーの移籍金を高く見積もりたいところだが、ユナイテッドはサンチョ、ヴァラン獲得時の値下げ交渉に成功しているため、難しい状況。またトリッピアーの契約も残り1年となっており、あまり多くの移籍金は設定できない状況だ。 また、マンチェスター生まれのトリッピアーはマンチェスター・シティのアカデミー出身。本人を含めた家族も移籍には前向きであり、実現すると故郷への凱旋となる。 2021.07.30 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

シメオネ3男のゴールは幻に…アトレティコ、昨季CLで対戦のザルツブルクとのPSMに敗戦…

アトレティコ・マドリーは28日、レッドブル・アレーナで行われたプレシーズンマッチでレッドブル・ザルツブルクと対戦し、0-1で敗戦した。 先日にヌマンシアとのプレシーズンマッチ初戦をPK戦の末に制したアトレティコは、プレシーズン2戦目で昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージで対戦したザルツブルクと再戦した。 ユーロ2020とコパ・アメリカ2021に主力選手を送り出していたチームは、GKヤン・オブラク、DFマリオ・エルモソ、MFサウール・ニゲスを除き多くのカンテラーノがスタメンで起用され、ディエゴ・シメオネ監督の3男のFWジュリアーノ・シメオネもヌマンシア戦に続き起用された。 試合はホームサポーターの後押しを受けて躍動するザルツブルクが優勢に試合を運び、アトレティコはGKオブラクの仕事が目立つ展開に。 すると、34分にはハーフウェイライン付近でのボールロストからロングカウンターを浴びると、ボックス左に抜け出したFWカリム・アデイェミに左足のシュートを右隅に流し込まれた。 前半を0-1で終えたアトレティコは後半に入って攻勢を強めると、ジュリアーノに大きな見せ場が訪れる。 56分、ボックス右で味方のパスを受けたジュリアーノは冷静にゴール左隅へ右足のシュートを突き刺す。フレンドリーマッチながらトップチーム初ゴールかに思われたが、VARのレビューの結果、直前のプレーでFWセルヒオ・カメージョのハンドがあったとして、ゴールは取り消しとなった。 息子のゴールが決まった直後に思わず咆哮を上げていたアルゼンチン人指揮官にとっては単なるゴール取り消し以上に残念な判定となった。 その後、試合は最後までザルツブルクペースで進んだものの、オブラクの意地のビッグセーブもあって0-1のままタイムアップを迎えた。 ザルツブルク 1-0 アトレティコ・マドリー 【ザルツブルク】 アデイェミ(34分) <span class="paragraph-title">【動画】3男ジュリアーノの幻ゴールに父シメオネも落胆…</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/uahngcsc7y">pic.twitter.com/uahngcsc7y</a></p>&mdash; Atléti Tube (@AtletiTube2) <a href="https://twitter.com/AtletiTube2/status/1420459050022572035?ref_src=twsrc%5Etfw">July 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.07.29 16:09 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルが“9番”を放出候補に? ストライカー探すアトレティコが関心か

アトレティコ・マドリーがアーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(30)の獲得に関心を持っているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ラカゼットは2017年7月にリヨンからアーセナルへ加入して以降、公式戦通算170試合出場65ゴール28アシストを記録。FWピエール=エメリク・オーバメヤン(32)との共存に苦戦する時期がありながらも、チームの主軸であり続けてきた。 昨シーズンはオーバメヤンがスランプに陥る中で、公式戦43試合出場17ゴール3アシストの成績を残し、エースとしての活躍を見せている。 一方で、『アス』によるとアーセナルは今夏に新たなエース候補を探しており、チェルシーでトーマス・トゥヘル監督の構想から外れているイングランド代表FWタミー・エイブラハム(23)獲得に向けて動き出しているという。 しかし、チェルシーはエイブラハムの移籍金として4500万ユーロ(約58億4000万円)を要求するとされており、既にイングランド代表DFベン・ホワイト(23)獲得に5000万ポンド(約77億2000万円)のオファーを出すなど補強を進めているアーセナルは、選手売却で資金を作る必要がある。 そこで放出候補として名前が挙がっているのが、チーム内でも高給を受け取っているラカゼットのようだ。ラカゼットとアーセナルの契約は来夏に切れる事情もあり、クラブは1700万ユーロ(約22億円)程度で交渉に応じる姿勢だという。 ラカゼットの獲得に強い関心を抱いているのが、ディエゴ・シメオネ監督率いるアトレティコだ。アトレティコは今年1月にリヨンからレンタルで加わったFWムサ・デンベレ(25)が契約期間終了で既に帰還しており、バルセロナのFWアントワーヌ・グリーズマン(30)獲得も暗礁に乗り上げている。 シメオネ監督は『アス』に対して「我々はストライカーを必要としており、もしそれがグリーズマンでなければ他の誰かになるだろう」と語っており、今後ラカゼット獲得に向けた動きを本格化させるかもしれない。 2021.07.27 17:42 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly