グラナダ指揮官ディエゴ・マルティネスが辞任…在任3年間でリーガ昇格やクラブ初のEL権獲得に導く

2021.05.28 08:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
グラナダは27日、ディエゴ・マルティネス監督(40)の退任を発表した。

ディエゴ・マルティネス監督はセビージャやオサスナなどで指導者キャリアを積み、2018年夏からグラナダの監督になると、就任初年度にラ・リーガ2部2位で1部昇格に先導した。

ラ・リーガ昇格初年の昨季は7位フィニッシュでクラブ史上初のヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得。今季も9位に導き、ELでもラウンド32でナポリを破るなどベスト8と健闘した。

だが、ディエゴ・マルティネス監督は今季限りでの辞任意向をチームに通達。続投を求める上層部は説得にあたったが、最終的に本人の決断を尊重することにしたという。

なお、グラナダの次期監督候補を巡ってはウエスカを率いるパチェタ監督の名が挙がっている。

関連ニュース
thumb

グラナダ、セビージャ退団のエスクデロ獲得を発表

グラナダは8月31日、スペイン人DFセルヒオ・エスクデロ(31)の加入を発表した。契約期間は明かされていない。 レアル・ムルシアの下部組織出身で、2010年夏に加入したシャルケではDFBポカール優勝に貢献したエスクデロは、2013年のヘタフェ移籍を経て、2015年夏にセビージャに加入した。 セビージャではすぐに主力定着とはならなかったが、2年目から出場機会が伸びると、3年目には主将まで務めるようになった。 しかし、フレン・ロペテギ監督が就任した2019-20シーズンから出番が激減。昨季はケガによる長期離脱の影響もあり、公式戦14試合の出場にとどまった。 そして、シーズン終了後に契約満了をもってセビージャを退団。SNSで感動的なメッセージを残していた。 2021.09.01 15:31 Wed
twitterfacebook
thumb

グラナダがアトレティコからDFアリアスをレンタルで獲得! 昨季は大ケガでほとんどプレーせず

グラナダは30日、アトレティコ・マドリーからコロンビア代表DFサンティアゴ・アリアス(29)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となっている。 2011年に母国リーグのクラブ・デポルティボ・ラ・エキダ・セグロスからポルトガルのスポルティング・リスボンへ移籍したアリアスは、その後2013年にオランダのPSVに加入。在籍5年間で公式戦172試合出場10ゴール21アシストを記録すると、2018年にアトレティコへ移籍した。しかし、アトレティコでは出場機会を確保することができず、昨年夏にレバークーゼンへレンタルで加入している。 ドイツの地での活躍が期待されていたアリアスだが、昨年10月の代表戦で左腓骨の骨折と足首のじん帯断裂という重傷を負い、その後のシーズンは全休。レバークーゼンでは公式戦1試合のみの出場に留まり、今夏にアトレティコへ復帰したものの、再び移籍先を探していた。 グラナダは昨シーズン公式戦46試合に出場していた右サイドバックのフランス人DFディミトリ・フルキエ(28)が、バレンシアに移籍。後釜となる選手の確保が急務となっていた。 2021.08.31 16:12 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシアがグラナダからDFフルキエを4年契約で獲得! 昨季はELでも活躍

バレンシアは30日、グラナダからフランス人DFディミトリ・フルキエ(28)を獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの4年間となる。『transfermarkt』によると、移籍金は250万ユーロ(約3億2000万円)とのことだ。 レンヌの下部組織出身であるフルキエは、2013-14シーズンにグラナダへレンタル移籍。その後完全移籍を果たし3年間プレーをしたあとで、ワトフォードに活躍の場を移した。 しかし、ワトフォード時代はレンタル生活が続いたこともあり、公式戦5試合にしか出場できず。昨夏に出場機会を求め、グラナダへ復帰していた。2度目のグラナダで主力に定着したフルキエは、昨シーズン公式戦46試合出場1ゴール6アシストの成績を残しており、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝でもプレーしている。 フルキエは右サイドバックのほか左サイドバックでプレーした経験も持っており、ユーティリティ性の高さを備えたデンマーク代表DFダニエル・ヴァスの去就が不透明だったバレンシアが着目。これまで獲得の交渉を続けていた。 2021.08.31 15:21 Tue
twitterfacebook
thumb

グラナダがスポルティング生え抜きGKマクシミアーノを完全移籍で獲得

グラナダは17日、スポルティング・リスボンから元U-21ポルトガル代表GKルイス・マクシミアーノ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年間となる。 マクシミアーノはスポルティングの下部組織出身。生え抜き選手として下部組織を順調に昇格し、2018年7月にファーストチームへと昇格を果たした。 これまでファーストチームでは36試合に出場し14試合でクリーンシートを達成。2019-20シーズンはプリメイラ・リーガで23試合、ヨーロッパリーグで4試合などに出場していたが、2020-21シーズンは公式戦5試合の出場に終わっていた。 世代別のポルトガル代表にはU-16からU-21まで招集を続けられてきた。2017年、2019年のU-20ワールドカップではメンバー入りを果たしたが、出場機会はなかった。 2021.08.17 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド退団のセルヒオ・ロメロ、グラナダ移籍間近か

元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロ(34)がスペイン移籍に迫っているようだ。 昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドとの契約が満了となり、フリーのロメロ。いまだ去就が決まっていない状況だが、ベティスに旅立ったポルトガル代表GKルイ・シウバ(27)の後釜として、グラナダ入りに近づいているという。 スペイン『IDEAL』によれば、グラナダは当初、ウエスカからGKアルバロ・フェルナンデスの獲得を狙ったが、断念。それからバルセロナのGKイニャキ・ペーニャも候補に挙がったが、相手先に手放す意思がなく、ロメロに選択した模様だ。 代表通算96キャップを誇り、3度のワールドカップ(W杯)出場歴を持つなど実績十分のロメロはラシン・クラブでプロデビュー。その後、AZやサンプドリア、モナコを渡り歩き、2015年7月にフリートランスファーの3年契約でユナイテッド入りした。 ユナイテッドではサブとしての役割が続いたが、2016-17シーズンのヨーロッパリーグ(EL)でチームの初優勝に貢献。昨季はGKディーン・ヘンダーソンの復帰で序列をより落としたが、公式戦通算61試合の出場で27失点、39回の無失点を記録した。 2021.08.08 19:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly