鎌田大地にトッテナムやセビージャがオファー? 移籍金は約40億円に設定

2021.05.18 10:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したフランクフルト。ドイツ『ビルト』は日本代表MF鎌田大地(24)が退団を希望していると報じた。

今シーズンの鎌田は攻撃的ミッドフィルダーのポジションで昨シーズン以上の存在感を発揮。ブンデスリーガでは31試合に出場し5ゴール15アシストを記録し、20ゴールに絡む活躍を見せている。

昨シーズンの低迷とは打って変わり、今シーズンは上位を常に争ってきた中、終盤に取りこぼしが目立つ展開に。アディ・ヒュッター監督の退任が発表されてから一気に勝ち点を取りこぼし、最下位のシャルケに負けてCL出場権を逃していた。



『ビルト』はCL出場権を得られなかったことは今夏の移籍市場で大きな動きに影響するとし、フランクフルトから退団する可能性のある5名をピックアップ。その中の1人に鎌田の名前があった。

『ビルト』によると、鎌田は退団を希望しているとのこと。鎌田にはトッテナム、ワトフォードのイングランド勢とセビージャが興味を示しているとしているが、ワトフォードに関しては鎌田は移籍を希望していないとしている。

また、フランクフルトは3000万ユーロ(約39億8000万円)を要求するとされており、簡単な移籍にはならなそうだ。

鎌田は常々、「CLで優勝したい」と公言しており、フランクフルトでCLに出場できないことは大きく去就に影響しそうだ。

なお、鎌田以外には今シーズンのブンデスリーガで27ゴールを記録しているポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(25)や最終ラインを支えたDFエヴァン・エンディカ(21)、MFフィリップ・コスティッチ(28)、DF イェトロ・ヴィレムス(26)の退団の可能性を報じている。


関連ニュース
thumb

コスティッチ獲得のユベントス、フランクフルトへペッレグリーニをレンタル

ユベントスは12日、イタリア代表DFルカ・ペッレグリーニ(23)がフランクフルトへ1年間のレンタルで移籍することを発表した。 ユベントスでは同日、フランクフルトからセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)を完全移籍で獲得。同じく左サイドを主戦場とするペッレグリーニがフランクフルトへ移籍する形となった。 ルカ・ペッレグリーニはローマの下部組織出身で、2019年夏にユベントスに加入。カリアリやジェノアにレンタルで移籍して武者修行を積み、昨季はユベントスでセリエA18試合(うち先発は15試合)に出場していた。 2022.08.13 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントスがフランクフルトMFコスティッチの獲得を正式発表、4年契約で移籍金は16.5億円

ユベントスは12日、フランクフルトのセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)を完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2026年6月30日までの4年間となる。 なお、移籍金は1200万ユーロ(約16億5000万円)で、3年後に支払われるとのこと。また、FIFA(国際サッカー連盟)の規則によって規定されている連帯ボーナスは最大150万ユーロ(約2億円)。さらに、スポーツの特定条件を満たした場合は、300万ユーロ(約4億円)のボーナスが追加される。 コスティッチは母国のラドニチュキから2012年7月にフローニンヘンへと完全移籍。2014年8月にシュツットガルトへ完全移籍し、ドイツでのキャリアを始める。 その後は、ハンブルガーSVへと移籍し、2018年8月にフランクフルトへレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍で加入した。 フランクフルトでは、公式戦171試合に出場し33ゴール64アシストを記録。左利きのプレーメーカーとしてチームを支え、昨シーズンはブンデスリーガで31試合に出場し4ゴール9アシスト、優勝したヨーロッパリーグ(EL)では11試合で3ゴール6アシストを記録していた。 2021-22シーズンはブンデスリーガで87回と最も多くのチャンスを作り出し、218回と最も多くのクロスを上げていた。 2022.08.12 22:05 Fri
twitterfacebook
thumb

コスティッチのユベントス移籍が決定! 移籍金は23億円

ユベントスは11日、フランクフルトに所属するセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)を完全移籍で獲得した。セリエAを運営するレガ・セリエAが同選手の移籍を認めた。 なお、『フットボール・イタリア』によれば、移籍金は1700万ユーロ(約23億3000万円)になるとのこと。また、ユベントスはイタリア代表DFルカ・ペッレグリーニ(23)をフランクフルトにレンタルすることに合意しており、明日にもメディカルチェックを受ける予定となっている。 コスティッチは2018年夏にハンブルガーSVから加入。初年度のレンタル移籍を含めて在籍4年間で公式戦171試合33ゴール64アシストを記録しており、昨季はヨーロッパリーグで3ゴール6アシストの成績を残して優勝に貢献していた。 2022.08.12 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

コスティッチのユーベ移籍、現地到着で秒読みに!

フランクフルトのセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(29)がユベントス入りに向けて秒読み段階に入った。 ユベントスは11日、クラブのツイッターを通じてコスティッチのトリノ到着をアナウンス。イタリア『スカイ』によると、フランクフルトきってのチャンスメーカーは同日12時頃にメディカルチェックを受けた後、契約書にサインする見通しだという。 今夏を通じてユベントスとのリンクが噂されたコスティッチ。ユベントスがウェストハムと争奪戦を繰り広げるなか、先日にフランクフルトから他クラブとの交渉を理由に10日のUEFAスーパーカップ欠場が明らかにされ、移籍が決定的な様相だった。 なお、ユベントスは移籍金としてボーナス込みで1600万~1700万ユーロ(約21億9000万〜23億2000万円)をフランクフルトに支払うことになるようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ユーベがコスティッチの到着を発表! 移籍がカウントダウンに</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Filip Kostić è atterrato a Torino <a href="https://t.co/REqIHsPSVn">pic.twitter.com/REqIHsPSVn</a></p>&mdash; JuventusFC (@juventusfc) <a href="https://twitter.com/juventusfc/status/1557654965006602241?ref_src=twsrc%5Etfw">August 11, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.11 19:02 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがPSGの若手MFディナ・エビンベ獲得へ!

フランクフルトが、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス人MFエリック・ジュニオル・ディナ・エビンベ(21)の獲得に近づいているようだ。 PSGのアカデミー育ちのディナ・エビンベは2018年にプロ契約を締結。その後、ル・アーヴル、ディジョンへ武者修行に出されると、いずれのクラブでも主力として活躍。 昨シーズンにレンタルバックで復帰を果たすと、レギュラーシーズン開幕前のトロフェ・デ・シャンピオンのリール戦で待望のトップチームデビューを飾った。マウリシオ・ポチェッティーノ前監督の下では公式戦14試合に出場していた。 183cmのボックス・トゥ・ボックス型MFは、本職はセントラルMFも中盤と前線の複数ポジションをこなすユーティリティー性と、攻守両面で質と量をもたらすバランスの良さが高い評価を集めている。 ただ、PSGは今夏にMFヴィティーニャ、MFレナト・サンチェスをすでに確保し、ナポリのMFファビアン・ルイスの獲得にも迫っており、中盤が供給過多の状態。そのため、余剰人員となっている生え抜きMFは売却候補のリストに名を連ねている。 そういった中、『フット・メルカート』など複数のフランスメディアによると、ディナ・エビンベはフランクフルトへの移籍が迫っているという。 両クラブは1000万ユーロ(約13億6700万円)でのクラブ間合意に迫っており、選手自身は2027年までの5年契約を締結する見込みだ。 2022.08.11 16:01 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly