G・フュルト、フランクフルト退団の元蘭代表DFヴィレムスを獲得

2021.08.26 01:21 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
グロイター・フュルトは25日、昨シーズン限りでフランクフルトを退団した元オランダ代表DFイェトロ・ヴィレムス(27)の加入を発表した。背番号は「15」に決定。契約期間は2023年6月30日までの2年となる。

高い身体能力と攻撃センスを併せ持つ左サイドバックのヴィレムスは、2010年にスパルタ・ロッテルダムでプロデビュー。その後、PSVでのプレーを経て2017年夏にフランクフルトへ移籍。

2019-20シーズンのニューカッスルへの1年間のレンタルを挟み、通算3年の在籍期間では公式戦65試合に出場。だが、昨シーズンは一度も出場機会を与えられず、契約満了に伴い今夏に退団していた。


関連ニュース
thumb

昇格組フュルト、アメリカ代表MFグリーンと契約延長

グロイター・フュルトは24日、アメリカ代表MFジュリアン・グリーン(26)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 バイエルンのアカデミー出身のグリーンは10代から将来を嘱望されるアタッカーだったが、トップチームには定着できず。レンタル先のハンブルガーSVやシュツットガルトへの完全移籍を経て、2017-18シーズンにフュルトへレンタル加入。その翌年に完全移籍に切り替わると、昨シーズンのブンデスリーガ2部では30試合9ゴールの活躍をみせ、チームを1部復帰に導いていた。 自身久々のブンデスリーガとなる今シーズンはここまで9試合に出場。キャリア初期は左右のウイングを主戦場とするアタッカーの印象が強かったが、現在はセントラルMFや攻撃的MFのポジションで、よりゲームメイクや攻撃の組み立てに関わっている。 2021.11.26 00:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ボレの劇的弾でフランクフルトがリーグ4試合ぶりの白星!鎌田は先制点をアシスト《ブンデスリーガ》

フランクフルトは7日、ブンデスリーガ第11節でグロイター・フェルトとアウェイで対戦し2-1で勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地は89分までプレー、長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 リーグ戦3試合勝利のない15位フランクフルト(勝ち点9)は、ハウゲの劇的弾で3連勝を飾ったヨーロッパリーグ(EL)のオリンピアコス戦からスタメンを4人変更。長谷部やラマース、チャドラーらに替えてコスティッチやヒンテレッガー、ドゥルムらをスタメンで起用。鎌田は[3-4-2-1]の2シャドーの一角で公式戦6試合連続のスタメンとなっている。 最下位に沈むグロイター・フェルト(勝ち点1)に対し、立ち上がりから低調なパフォーマンスを続けるフランクフルトは、29分にボレのパスをボックス右深くで受けようとした鎌田が飛び出したGKに倒されたが、VARの末にノーファウルと判定された。 互いにシュートがない中、44分にようやくグロイター・フェルトに決定機。ヴィレムスの左クロスをニアに走り込んだセギンがヒールシュート。さらにDFがブロックしたこぼれ球をボックス内で拾ったフルゴタが反転から右足を振り抜いたが、シュートは左サイドネットに外れた。 ゴールレスで迎えた後半、フランクフルトはドゥルムを下げてA・トゥーレを投入。すると57分、鎌田のパスで左サイドを突破したコスティッチがボックス左から左足を振り抜いたが、シュートは枠の右に外れた。 さらにフランクフルトは、64分にリンドストロームの落としを受けたヤキッチがペナルティアーク内からミドルシュート。69分には、左クロスをボックス右で収めたA・トゥーレがハーフボレーで狙ったが、共にシュートは枠を外した。 1点の遠いフランクフルトは、71分にリンドストロームとソウを下げてアヘとローデを投入。すると75分、敵陣でハイプレスかけたボレがマイヤーホファーのボールロストを誘うと、こぼれ球を拾った鎌田のラストパスをゴール前に抜け出したローデがシュート。これがゴール右隅に吸い込まれた。 先制したフランクフルトは87分にピンチを迎える。フルゴタのパスで左サイド抜け出したイッターがボックス左深くからマイナスに折り返すと、走り込んだティルマンがすべり込みながら合わせたが、シュートはGKトラップがファインセーブ。 この試合最大のピンチを凌いだフランクフルトだったが、試合終了間際の92分にティルマンの左CKからゴール前のイッテンに胸で押し込まれ、土壇場で試合は振出しに戻った。 このまま試合終了かと思われたが、最終盤にドラマが生まれる。94分、ローデのロングパスを左サイドで受けたコスティッチがクロスを上げると、エンディカの頭をかすめたボールをファーサイドに走り込んだボレが右足で流し込み、フランクフルトが勝ち越しに成功。 結局、試合はそのまま2-1でタイムアップ。フランクフルトがELに続き2戦連続の劇的勝利を飾った。 2021.11.08 05:46 Mon
twitterfacebook
thumb

低迷する昇格組対決はボーフムに軍配!途中出場の浅野は決定機を逃す…《ブンデスリーガ》

浅野拓磨の所属するボーフムは16日、ブンデスリーガ第8節でグロイター・フェルトと対戦し1-0で勝利した。浅野は62分から出場している。 5試合勝利の無い17位ボーフムが、最下位に沈むグロイター・フェルトのホームに乗り込んだ一戦。先日まで日本代表に招集されていた浅野は、2試合ぶりのベンチスタートとなった。 立ち上がりから一進一退の展開となった昇格組対決は、ボーフムが先にに決定機を迎える。29分、ダニーロのループパスで左サイドを抜け出したパントビッチの折り返しをゴール前のポルターが合わせたが、これは枠の上に外れた。 ゴールレスで折り返した後半も膠着状態が続く中、ボーフムは62分にパントビッチとホルトマンを下げて浅野とブルームを投入。すると68分、ダニーロのスルーパスに反応したポルターが相手DFと上手く入れ替わると、左サイドを持ち上がりラストパス。これを走り込んだ浅野が左足のダイレクトシュートで合わせたが、シュートは左サイドネットに外れた。 決定機を逃したボーフムだったが、80分に待望の瞬間が訪れる。左サイド高い位置でダニーロが倒されFKを獲得すると、レーヴェンのクロスをゴール前のロジラが頭で流し込んだ。 先手を取ったボーフムは、89分にもポルターに決定機が生まれたが追加点は奪えず。ロジラのゴールで逃げ切ったボーフムが6試合ぶりの勝利を飾った。 2021.10.17 01:30 Sun
twitterfacebook
thumb

グロイター・フェルト戦で退場のパヴァールが2試合の出場停止

ドイツサッカー連盟(DFB)は27日、バイエルンに所属するフランス代表DFバンジャマン・パヴァールに対し、2試合の出場停止処分を下したことを発表した。 24日に行われたブンデスリーガ第6節のグロイター・フェルト戦に先発出場したパヴァールは、後半開始早々の48分にスルーパスに反応したFWジュリアン・グリーンへ後方から危険なタックルを見舞い、レッドカードを受けていた。 そして、ドイツサッカー連盟(DFB)のスポーツ裁判所は、パヴァールに対して2試合の出場停止処分を言い渡した。 なお、バイエルンは今回の処分を受け入れており、同選手は10月3日に行われるブンデスリーガ第7節のフランクフルト戦と、同17日に行われる第8節のレバークーゼン戦を欠場することが確定している。 2021.09.27 23:22 Mon
twitterfacebook
thumb

パヴァール退場も…10人バイエルンがフュルトに快勝で5連勝《ブンデスリーガ》

バイエルンは24日、ブンデスリーガ第6節でグロイター・フュルトとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。 前節ボーフム戦を7-0と圧勝したバイエルンは、ニャブリとミュージアラがベンチスタート。[3-4-2-1]で臨み、レヴァンドフスキを最前線に2シャドーにミュラーとサネが入った。 1分け4敗スタートの最下位グロイター・フュルトに対し、立ち上がりから攻勢に出たバイエルンは10分に先制する。アルフォンソ・デイビスが左サイドを持ち上がってクロス。ミュラーが左足ダイレクトで合わせた。 先制後、ミュラーやゴレツカがミドルシュートで追加点に迫ると、31分にリードを広げる。サネの落としをボックス手前中央のキミッヒがコントロールシュート。これが枠の右に決まった。 ハーフタイムにかけてもバイエルンが危なげなく時間を消化。40分には左CKからレヴァンドフスキのヒールシュートがバーに直撃。2-0で前半を終えた。 しかし迎えた後半開始3分、バイエルンに退場者。グリーンにディフェンスライン裏を取られたところをパヴァールがスライディングタックルで止めにかかるもファウルとなり、一発退場となった。 それでも68分、バイエルンに3点目。右サイドからのキミッヒのFKがグリースベックのオウンゴールを誘った。 終盤、イッテンに1点を返されたものの3-1で10人のバイエルンが快勝。5連勝としている。 2021.09.25 05:22 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly