監督交代は「僕らにも責任がある」…G大阪主将の三浦弦太、複雑な心境明かすも前を向く

2021.05.15 21:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©GAMBA OSAKA
ガンバ大阪の日本代表DF三浦弦太がオンライン上で取材に臨み、監督交代に対する複雑な心境とともに巻き返しを誓った。昨季の明治安田生命J1リーグで2位フィニッシュを果たして、天皇杯でも準優勝という結果を残したG大阪。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も戦う今季でのさらなる復権を期すべく、オフシーズンにFWレアンドロ・ペレイラ、MFチュ・セジョン、FWチアゴ・アウベスのほか、開幕後にもMFウェリントン・シウバを獲得して、戦力アップを図った。

しかし、明治安田生命J1リーグ開幕から1勝4分け5敗のJ2自動降格圏18位に低迷。新型コロナウイルスの集団感染による活動休止に狂わされ、未消化試合も多く残すが、リアクション型の戦いから脱却を図ろうとするなかで最適解の組み合わせ、布陣もなかなか定まらず、10試合を消化しての得点数もわずか「3」とゴール欠乏症に陥った。

その結果、14日に宮本恒靖監督の解任を決断。6月下旬から始まるACLの戦いをメドに新指揮官の招へいに乗り出すなかで、それまでの間、強化アカデミー部長の松波正信氏が暫定的に監督を務める。

宮本監督の現役時代と背番号、ポジション、そして主将の役割を担うという部分でも重なり、信頼を置かれる存在だった三浦は「シーズン途中に解任という形になるというのは僕らにも責任がある。難しい状況だが、また頑張らないといけないという思い」と複雑な胸の内を明かす。

今回の監督交代に関して社長や強化部を介して話を聞かされ、宮本監督と直接のやりとりができなかったという三浦だが、次戦はもう目の前に迫る。16日に本拠地で行われる第14節の浦和レッズ戦を翌日に控え、チームの主将を務める身として頭を切り替え、決意を新たにした。

「誰しもが望んだことじゃないが、こうなってしまったのは戻せないし、しょうがない。これを機に気持ちを新たにして、良いきっかけにして、チームも上向きにしていく必要がある」

「僕自身もだし、選手全員もそうだし、チームに関わる全員が熱量を出してやっていく必要があるので、それを僕が先導していけるようにしたい」

また、理想とするG大阪の新たなスタイル像を問われると、現役時代にミスターガンバの愛称で親しまれ、FWとして活躍した松波体制が暫定的なものであることを踏まえつつ、前体制下で構築された守備面の良いところをそのままに攻撃的なスタイルの確立を目指した。

「恒さんのときにやれたことを継続するのはもちろん、松波さんと何試合やるのか、新しい監督がいつ来るのかもわからないが、チームとして攻撃的なガンバというか、複数得点が狙える攻撃がしたい」

「守備の方もここ最近、複数失点の試合が増えてきているが、粘り強くやるところは続けて、失点を少なく、複数得点を狙っていけるチームを目指していきたい」

2012年ぶり9年ぶりの再登板となる松波暫定体制でも、DF昌子源やGK東口順昭とともに引き続き守備陣の主軸として奮闘が求められる三浦。ここ4試合のうち3試合で複数失点と綻びが目立ち始める守りを締め直し、チームの攻撃に良いリズムをもたらしていきたいところだ。
関連ニュース
thumb

札幌が幾多のチャンスを活かせず…メモリアルゲームの矢島弾でG大阪が2連勝! 13位に浮上【明治安田J1第4節】

明治安田生命J1リーグ第4節延期分、北海道コンサドーレ札幌vsガンバ大阪が30日に札幌厚別公園競技場で行われ、0-2でG大阪が勝利を収めた。 G大阪のチーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)の集団感染が起きた影響により開催が延期されたこの一戦。現在、勝ち点29で10位に位置する札幌は、10日の第22節ベガルタ仙台戦からスタメンを2人替え、各選手のポジションを大幅に変更。キャプテンの宮澤がメンバー外となる中、右ウイングバックにこの日24歳の誕生日を迎えた金子、左ウイングバックにルーカス・フェルナンデスを置き、ワントップにはジェイが構える配置となった。 一方、ACFチャンピオンズリーグ(ACL)から帰還して以降、中2日や中3日と短い間隔の連戦が続くガンバ大阪は、27日に行われた前節の大分トリニータ戦からスタメンを5枚変更。レアンドロ・ペレイラをワントップに置き、ウェリントン・シウバとこの試合でJ1リーグ通算100試合目の出場となる矢島のシャドーで、ひとつ上の14位湘南ベルマーレを追いかける。 [3-4-2-1]のミラーゲームとなったこの試合は、ホームの札幌ペースで進んでいく。5分にジェイがボックス中央でシュートを放つと、6分にはまたもジェイがセンターサークルからロングシュート。さらに、13分にはクロスボールを荒野がボックス内で合わせるなど、立ち上がりから札幌がボールを握り積極的に攻撃を展開していく。 攻め込まれる中でG大阪は、22分にウェリントン・シウバがビッグチャンスを迎える。自陣内でボールを奪いドリブルでボックス内中央まで運ぶと、ゴール右下へ右足で巻いたシュートを放つ。しかし、これは札幌のGK菅野のビッグセーブに阻まれる。 序盤の攻め込まれる展開から徐々に攻撃のリズムを掴み始めたG大阪は、29分に待望の先制点が生まれる。左サイドで小野瀬からボールを受けたウェリントン・シウバが、ボックス左手前の角で相手DF2人をかわして置き去りにする。その後、ボックス内左からクロスを上げると、ゴール前で待っていた矢島がネットに突き刺して先制点。自身のメモリアルゲームを自らのゴールで飾り付けた。 サイドの崩しから先制したG大阪だったが、32分にアクシデントが起こる。この日、右ウイングバックとして出場していた高尾が、相手のファールを受け負傷。プレー続行が不可能と判断され、黒川と交代しピッチを後にした。 高尾の負傷により前半から途中出場となった黒川。しかし、この交代がG大阪に追加点をもたらす。53分、札幌陣内のセンターサークル付近から倉田が左サイドを駆け上がる黒川へパスを送る。これを受けた黒川は、ボックス左手前からゴール前へクロスを上げる。これに反応したレアンドロ・ペレイラが豪快なヘディングシュートを放つと、一度はGK菅野に弾かれたもののこれを身体ごとゴールへ押し込みG大阪が追加点を奪った。 85分の時点でボール支配率が63%の札幌。ボールを握り、チャンスを作り続け、フィニッシュまで持っていけているものの、5枚の最終ラインに加えてGK東口が立ちはだかるG大阪ゴールを割ることができずに時間が経過していく。 札幌は最後まで攻め続けるも、最後までネットを揺らすことができずに試合終了。16本のシュートを放つもゴールを奪うことができず敗戦。一方、4試合ぶりのクリーンシートとなったG大阪は2連勝を飾り、得失点差により湘南、清水エスパルスを抜き順位を13位に浮上上させた。 北海道コンサドーレ札幌 0-2 ガンバ大阪 【G大阪】 矢島慎也(前29) レアンドロ・ペレイラ(後8) 2021.07.30 20:25 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第4節:札幌vsG大阪】20日ぶりのリーグ戦の札幌、降格圏脱出のG大阪を迎え撃つ

【明治安田生命J1リーグ第4節】 2021年7月30日(金) 18:00キックオフ 北海道コンサドーレ札幌(10位/29pt) vs ガンバ大阪(14位/20pt) [札幌厚別公園競技場] ◆久々の実戦でテンションを保てるか【北海道コンサドーレ札幌】 前回のリーグ戦は20日前の7月10日、アウェイでのベガルタ仙台戦。試合は1-1の引き分けに終わった。 そこから20日、1カ月の中断期間中に突然現れる公式戦ということもあり、札幌の選手たちには難しい側面が大いにありそうだ。 ここまで12得点を記録していたFWアンデルソン・ロペスが退団。その代役はリストアップしながらも獲得はできていない状況。この先どうなるかというところだ。 とはいえ、チームはしっかりとゴールも奪えている状況。これまでやってきたことを突き詰める方が、チームとしては結果を残せる可能性は高い。 あとは持ち味のオールコートマンツーマン。しっかりとG大阪の攻撃陣をハメ込み、圧倒できるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、宮澤裕樹、福森晃斗 MF:ルーカス・フェルナンデス、高嶺朋樹、駒井善成、青木亮太 MF:金子拓郎、チャナティップ FW:小柏剛 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ ◆降格圏脱出の勢いを繋げられるか【ガンバ大阪】 前節は大分トリニータをホームに迎えた一戦。敗色濃厚の状態から、レアンドロ・ペレイラ、宇佐美貴史のゴールで逆転勝利。勝ち点3を奪い、降格圏を脱した。 過密日程で驚異的な15連戦を戦う選手たちだが、AFCチャンピオンズリーグからの帰国後のバブルから解放。選手たちのメンタル面もしっかりと回復しているだろう。 ただ、ここで気を抜いてはいけない。降格圏を脱したからこそ、しっかりと勝ち点を重ねて上を目指していきたい。 課題はやはり攻撃面。大分戦では決定機を逸しすぎた結果、苦しい戦いとなった。前線の駒は揃っているだけに、しっかりとチャンスをものにする力をつけたいところだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:三浦弦太、菅沼駿、キム・ヨングォン MF:髙尾瑠、奥野耕平、倉田秋、黒川圭介 MF:矢島慎也、宇佐美貴史 FW:パトリック 監督:松波正信 2021.07.30 15:40 Fri
twitterfacebook
thumb

「もらい泣きしてしまう」G大阪のエース宇佐美の“涙”にファンも感動「まだまだこれから」

27日、明治安田生命J1リーグ第3節のガンバ大阪vs大分トリニータがパナソニック スタジアム吹田で行われた。 試合の消化数が少ないとはいえ、降格圏を脱出できない状況が続いているG大阪は、同じく降格圏に沈む19位の大分相手に勝ち点3を目指した。 試合は中盤から一気にロングボールで押し込んでいくG大阪優位で進んだものの、60分に大分MF野村直輝の蹴ったCKのこぼれ球にDFエンリケ・トレヴィザンが反応、思い切り右足を振り抜いてGK東口順昭の牙城を崩した。 なかなかゴールが遠いG大阪だったが84分MF矢島慎也のミドルシュートがブロックされ、そのこぼれ球をFWレアンドロ・ペレイラがダイレクトシュート。ペナルティエリアの外から強烈な一撃を突き刺し、試合を振り出しに戻すと、このまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイムの94分に劇的な結末が待っていた。 G大阪がDFキム・ヨングォンからロングボールをボックス右のFWパトリックが頭で折り返すと、FW宇佐美貴史が右足ハーフボレー。途中出場の39番が冷静にゴール右に決め、スコアをひっくり返した。 その直後、タイムアップの笛が鳴ると、エースの目には涙が。G大阪の公式ツイッターでこのシーンが公開されると、ファンからは「感動をありがとう」「もらい泣きしてしまう」と称賛の声が集まったほか、「ガンバも宇佐美もまだまだこれから」とここからの挽回に期待する声もあった。 3試合ぶりの勝利G大阪は順位を15位に上げ、降格圏から脱出することに成功。さらなる巻き返しを図る。 <span class="paragraph-title">【動画】宇佐美貴史の目にはうっすらと涙が…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【J1 第3節 大分戦】<br><br>苦しい時も最後まで手拍子を送り<br>サポートしてくれたサポーター。<br>エース <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%AE%87%E4%BD%90%E7%BE%8E%E8%B2%B4%E5%8F%B2?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#宇佐美貴史</a> の涙。<br>劇的ゴールで掴み取った勝点3。<br>まだまだここから!<a href="https://twitter.com/hashtag/TOGETHERasONE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TOGETHERasONE</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E5%A4%A7%E9%98%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ガンバ大阪</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/GAMBAOSAKA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GAMBAOSAKA</a> <a href="https://t.co/hXrA4Pq1P8">pic.twitter.com/hXrA4Pq1P8</a></p>&mdash; ガンバ大阪オフィシャル (@GAMBA_OFFICIAL) <a href="https://twitter.com/GAMBA_OFFICIAL/status/1420028714029563916?ref_src=twsrc%5Etfw">July 27, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.28 15:35 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪が逆転勝利&降格圏脱出! 大分は連勝ならず【明治安田J1第3節】

27日、明治安田生命J1リーグ第3節のガンバ大阪vs大分トリニータがパナソニック スタジアム吹田で行われ、2-1でG大阪が勝利を収めた。 17位のG大阪はホームに鹿島アントラーズを迎えた前節、0-1で惜敗。試合の消化数が少ないとはいえ、降格圏を脱出できない状況が続いている。ケガ人を抱える中での連戦だが、残留に向けてホーム3連敗は避けたいところだ。 同じく降格圏に沈む19位の大分は、前節の浦和レッズ戦から17日ぶりとなる実戦。今節から新戦力の呉屋と古巣復帰の梅崎が起用可能となり、早速ベンチに入った。余裕のある日程と層が厚くなった攻撃陣を生かして、連勝を目指したい。 [5-4-1]の守備ブロックを組んでショートパスでのビルドアップを警戒する大分に対して、G大阪は中盤から一気にロングボールで押し込んでいく。一美やパトリックがタイミングよく裏に抜け出し、起点を作っていく。27分にはパトリック、30分にはウェリントン・シウバがペナルティエリア内でクロスに合わせるが、どちらもゴールには結びつかなかった。 一方の大分は、カウンターに活路を見出す。192cmの長沢にロングボールを送り、セカンドボールをシャドーやボランチの選手が拾って二次攻撃につなげる。前半途中からはボールを持つ時間が増え、右サイドを中心に攻撃を展開。ウィングバックの井上、前節ゴールを決めた町田、1トップの長沢のコンビネーションでG大阪の守備陣をかく乱していく。 すると40分、右サイドでボールを受けた町田がクロスを上げると、マークを外した長沢がペナルティエリア中央でヘディングで合わせる。しかし、ボールは枠の上に飛んでいき先制点とはならず、ゴールレスドローで試合は後半へ。 後半に入って10分と経たないうちにG大阪に決定機。左サイドからのクロスに途中出場の高尾、右サイドからのクロスにパトリックが頭で合わせるも、どちらもGKポープに阻まれてしまう。 その後もG大阪優位の時間が続いたが、先制したのは大分だった。60分、野村の蹴ったCKのこぼれ球にエンリケが反応し、思い切り右足を振り抜いてGK東口の牙城を崩した。 試合が動いてからはG大阪がボールを握る時間が続く。宇佐美と矢島と倉田を同時投入や、パトリックとレアンドロ・ペレイラの強力2トップを並べ、攻撃的な布陣で点を取りに行った。 その後も相手陣地に押し込むものの、なかなかゴールが遠いG大阪だったが84分に追いつく。矢島のミドルシュートがブロックされ、そのこぼれ球をレアンドロ・ペレイラがダイレクトシュート。ペナルティエリアの外から強烈な一撃を突き刺し、試合を振り出しに戻した。 アディショナルタイムに入り、このまま試合終了かと思われたが、94分に劇的な結末。G大阪がキム・ヨングォンからロングボールをボックス右のパトリックが頭で折り返すと、宇佐美が右足ハーフボレー。途中出場の39番が冷静にゴール右に決め、スコアをひっくり返した。 試合はそのまま終了し、G大阪が3試合ぶりの勝利。順位を15位に上げ、降格圏から脱出することに成功している。 ガンバ大阪 2-1 大分トリニータ 【G大阪】 レアンドロ・ペレイラ(後39) 宇佐美貴史(後45+4) 【大分】 エンリケ・トレヴィザン(後15) 2021.07.27 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第3節:G大阪vs大分】降格圏の“シックスポインター”、大きな1勝を手にするのは

【明治安田生命J1リーグ第3節】 2021年7月27日(火) 19:00キックオフ ガンバ大阪(17位/17pt) vs 大分トリニータ(19位/16pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆絶対に勝たなければいけない試合【ガンバ大阪】 前節はホームに鹿島アントラーズを迎え、0-1で敗戦。ホームでの連敗を喫し、なかなか降格圏を脱出できない状況が続いている。 相手の順位を考えれば、ヴィッセル神戸の3位、鹿島の8位と上位にいる相手。そこを叩ければという状況ではあったが、及ばずに敗れてしまった。 手痛い連敗となったG大阪だが、15連戦という超過密日程をこなす上では、敗戦に下を向いている暇などない。そして、今回の試合は絶対に負けてはいけない状況だ。 ケガ人も抱える中での連戦だが、相手は同じ降格圏の大分。同じ境遇にいる相手のとりこぼしは許されず。3度目の正直と言わんばかり、ホーム3連戦での3連敗は避けたいところだ。 相手にはかつてG大阪でプレーしたFW長沢駿、そして今節から起用が可能となるFW呉屋大翔が所属。恩返し弾は避けたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:三浦弦太、昌子源、キム・ヨングォン MF:小野瀬康介、奥野耕平、チュ・セジョン、塚元大 MF:矢島慎也、ウェリントン・シウバ FW:パトリック 監督:松波正信 ◆今季初連勝へ【大分トリニータ】 前節はホームに浦和レッズを迎え、1-0の勝利。5月30日以来の白星を勝ち取った。 多彩な攻撃を仕掛ける浦和に対ししっかりと戦えた結果が、1-0の勝利を呼び込んだ。 昨シーズンから大量に戦力を入れ替えた今季。これまで以上に重要な選手がチームをさったこと、さらにケガ人が出たことで、全くと言っていいほどチームを作る時間がなかった。 その結果、らしさを全く出せず、迷いの見える試合を続けて降格圏に低迷。辛い時期が続いたが、ここにきて復調している。 さらに、チームは補強を行い、FW呉屋大翔(←柏レイソル)、MF梅崎司(←湘南ベルマーレ)と力のある選手を加えた。攻撃陣の層が厚くなるだけに、しっかりと結果を出したいところだ。 気になるのはコンディション。連戦のG大阪の疲労感もある一方で、突然行われる公式戦にどう合わせていくのか。この試合以降は再び中断するだけに、良いコンディションの選手を揃え、G大阪を上回りたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:ポープ・ウィリアム DF:上夷克典、エンリケ・トレヴィザン、三竿雄斗 MF:井上健太、長谷川雄志、下田北斗、香川勇気 MF:町田也真人、小林成豪 FW:長沢駿 監督:片野坂知宏 2021.07.27 16:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly