遠藤航同僚DFソサ、ドイツ代表入りを希望も不可能? FIFA規約に抵触の可能性

2021.05.10 20:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新たに国籍を取得し、代表チームの選択が注目されていたシュツットガルトに所属するDFボルナ・ソサ(23)だが、思わぬ壁にぶち当たることとなってしまったようだ。

ソサはクロアチア出身のDF。世代別の代表チームはクロアチアでプレーしていたが、7日にドイツの国籍を取得。これにより、ドイツ代表が選択できるようになった。

そのソサは、7日に行われたアウグスブルク戦後に「僕はオリバー・ビアホフと連絡を取った」とコメント。ドイツ代表入りを希望することを明かしていた。

ソサには、予てからドイツサッカー連盟(DFB)が働きかけを行っていることは知られており、クロアチア国籍のソサとしては国籍取得が重要だった。

一方で、クロアチアサッカー連盟(HNS)はソサを招集せず。U-21クロアチア代表には招集されていたが、A代表のズラトコ・ダリッチ監督はソサを招集していなかった。

ソサはロシア・ワールドカップ(W杯)の予備登録メンバーにはなったものの、本大会では選ばれず。しかし、その後も招集歴はないため、ドイツ代表を選択することは可能。DFB側の働きかけもあり、本人もドイツ代表選択を望むこととなった。

しかし、ドイツ『キッカー』によれば、ソサは乗り越えることができない壁にぶち当たったとのこと。FIFAが2020年9月から適用している規則により、クロアチア代表以外を選択できないという状況になってしまったのだ。

ソサが抵触したのはFIFA規約の第9条。その規約の中に、」変更したい代表チームの国籍を持っていない場合、いかなるカテゴリーであっても、最後に出場した公式戦が21歳未満であれば変更が可能」というものがある。

しかし、ソサはU-21クロアチア代表として最後にプレーしたのは2020年11月12日のU-21欧州選手権予選のU-21スコットランド代表戦。当時、22歳9カ月22日での出場を果たしており、この規約に抵触。つまり、ドイツ代表を選択することは不可能ということになってしまうのだ。

もちろん、DFB側がこの辺りのことを全く把握していなかっとは思えず、何らかの算段がある可能性はある。ソサの母はベルリン出身、祖父もベルリンで建設業を営んでいたこともある。

左サイドバックとしてシュツットガルトで主軸を担っているソサ。中盤の左サイドでもプレーし、今季はブンデスリーガで24試合に出場し10アシストを記録。ドイツ代表としても欲しい存在だろうが、果たしてどのような結末を迎えるだろうか。

関連ニュース
thumb

東京五輪での初勝利後にプロポーズ! ドイツ代表FWクルーゼ「僕の妻になってくれますか?」

U-24ドイツ代表として東京オリンピックに参加しているウニオン・ベルリンのFWマックス・クルーゼ(33)が、試合後に大胆な行動に出た。 日本代表MF原口元気やMF遠藤渓太とチームメイトのクルーゼ。オーバーエイジとして東京オリンピックに参加している。 チームのムードメーカーでもあるクルーゼは、大会前にはFWマルコ・リヒターがパスポートを紛失したことをいち早く伝えるなど、戦力以上にチームの空気作りをしている様子がうかがえる。 大会初戦でU-24ブラジル代表に4-2で敗れていたドイツは、25日にU-24サウジアラビア代表と対戦。クルーゼは試合にフル出場し、チームは2-3で勝利を収めていた。 試合後のインタビューに応じたクルーゼは「全てうまくいったわけではないが、気迫はみせた。僕たちにも良い場面はいくつかあった」と振り返っていたが、その後に思わぬ行動に出た。 なんとインタビューに応じていたクルーゼはおもむろにユニフォームを脱ぎ出すと、その場でヒザをつく。そして、恋人のディランさんへプロポーズを始めたのだ。 「今は僕はあなたと一緒にいることができない。本当は指輪がないと様にならないんだけど、でもこのメッセージは読んでもらえると思う」 「君を愛している。僕の妻になってくれますか?」 クルーゼはインナーシャツに書かれた「君を愛している。僕の妻になってくれますか?」という言葉を読み上げ、プロポーズを実施した。 なお、その後自身のインスタグラムのストーリーズで移動中のバスの中から「イエス」と返事をもらったと報告。この日2つ目の勝利を手にしていた。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】クルーゼが試合後のインタビューでプロポーズ&恋人のディランさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">German footballer <a href="https://twitter.com/MaxKruse_10?ref_src=twsrc%5Etfw">@MaxKruse_10</a> made a marriage proposal live after Germany’s Olympic win over Saudi Arabia. His Kurdish girlfriend Dilan reportedly said ‘Erê’ which means yes. Kruse’s t-shirt reads ‘I love you. ‘Would you like to marry me’ in Kurdish <a href="https://t.co/8wejcXqkqO">https://t.co/8wejcXqkqO</a> <a href="https://t.co/SXpB5xk9IG">pic.twitter.com/SXpB5xk9IG</a></p>&mdash; Mutlu Civiroglu (@mutludc) <a href="https://twitter.com/mutludc/status/1419328639494238210?ref_src=twsrc%5Etfw">July 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CQ_Z-eOJpWa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CQ_Z-eOJpWa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CQ_Z-eOJpWa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Dilara Mardine(@dilaramardine)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.07.26 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

2戦連続10人のドイツが“ゲルマン魂”でサウジアラビアとの接戦を制す!《東京オリンピック》

東京オリンピックのグループD第2節、U-24サウジアラビア代表vsU-24ドイツ代表が25日に横浜国際総合競技場で行われ、ドイツが2-3で勝利した。 共に初戦を落とした両チームが今大会初白星を懸けて激突した一戦。 リオ五輪決勝の再現カードとなったブラジルとの初戦を2-4で落としたドイツは、最終節に難敵コートジボワールとの対戦を控える中、勝ち点3必須のサウジアラビア相手と対戦。初戦からは先発3人を入れ替え、出場停止のアルノルト、リヒター、スタックに代えてトイヒャート、レーヴェン、アヘを起用した。 アヘを最前線に置いた[4-2-3-1]の布陣でスタートしたドイツは、開始直後に得たFKの場面でアヘがいきなり際どいヘディングシュートを放つと、直後にもレーヴェン、クルーゼと決定的なシュートを放って主導権を掌握。 すると、12分にはカウンターからボックス左でトイヒャートからの斜めのラストパスを受けたアミリが冷静に右足のシュートをゴール右隅に流し込み、頼れるオーバーエイジの2試合連続ゴールによって幸先よく先制に成功した。 以降も危なげなく試合を進めるドイツだが、前半半ば過ぎの30分にはアル・ドサリがボックス手前左で放ったミドルシュートをGKミュラーが大きくはじき出せず。ゴール前にこぼれたボールをアルナージーに押し込まれて追いつかれてしまう。 この失点によってサウジアラビアの勢いが増すと、試合はオープンな展開に。それでも、個の力で勝るドイツは前半終了間際の43分にピーペルからの斜めのフィードに抜け出したアヘが一度はシュートをセーブされるも、無理の利く動きでリカバリーし、2度目のシュートをきっちり流し込んだ。 1点リードで試合を折り返したドイツだが、緩い入りから早々にスコアをタイに戻される。右サイド深くで味方とワンツーを試みたアブドゥルハミドがボックス右ライン際で折り返したボールを、ゴール前にフリーで走り込んできたアルナージーにワンタッチで流し込まれた。 その後、試合は一進一退の攻防を見せるが、ドイツに再びアクシデント発生。自陣でロングボールの処理を誤ったピーペルがアル・ドサリに入れ替わられそうになった場面で足をかけてしまい、オンフィールドレビューの結果、決定機阻止で一発退場に。 初戦のアルノルトに続き2試合連続で退場者を出したドイツは苦境に立たされるが、この土壇場でゲルマン魂を見せる。75分、守勢を強いられた中で得た右CKの場面でキッカーのクルーゼが絶妙なボールをゴール前に入れると、これをウドゥオカイがドンピシャのヘッドで合わせた。 2試合連続で1人少ない状況からゴールを奪う底力を見せたドイツは、ここから完全に逃げ切り態勢に入る。試合終盤にかけては続けてアタッカーをピッチに送り出して前がかるサウジアラビアを相手に防戦一方を強いられる。 それでも、88分のアル・ドサリの決定的なシュートを守護神ミュラーがビッグセーブで阻むなど、チーム一丸となった守備で相手の猛攻を耐え抜いたドイツが苦しみながらも今大会初勝利を挙げた。 なお、この勝利で自力突破に望みを繋いだドイツは28日に宮城スタジアムで行われる最終節でグループ2位のコートジボワールと対戦する。 U-24サウジアラビア代表 2-3 U-24ドイツ代表 【サウジアラビア】 アルナージー(前30) アルナージー(後5) 【ドイツ】 アミリ(前11) アヘ(前43) ウドゥオカイ(後30) 2021.07.25 22:40 Sun
twitterfacebook
thumb

五輪初戦でブラジルに4失点敗北のドイツ、クルーゼ「常に後手に回っていた」

ウニオン・ベルリン所属のFWマックス・クルーゼがU-24ドイツ代表の一員として参戦中の東京オリンピック初戦を振り返った。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ドイツは22日、グループD第1節でU-24ブラジル代表と対戦。開始30分で相手FWリシャルリソンにハットトリックを決められ、3点のビハインドで折り返すと、後半は2ゴールを奪うなど盛り返したものの、終盤にダメ押しの4点目を許して、2-4で敗れた オーバーエイジ枠として今大会に招集され、68分までプレーしたクルーゼは試合後、「僕らは常に後手に回っていて、自分たちが望んでいたような状態ではなかった」と失意に終わった一戦を振り返った。 一方で、62分にはMFマクシミリアン・アルノルトの退場がありながらも、後半に粘りを見せたチームには前向きな見解も示した。 「ポジティブなのは、後半になってもあきらめずに前進し続け、アクセルを踏み続けたことだ 」 「もちろん、僕らに退場者が出たあと、ブラジルの動きが鈍ったというのもあるだろうけどね。でも、これを糧にして、少しでもポジティブに考えていかなければならないよ」 さらに、25日に行われる次節のU-24サウジアラビア代表戦については「別の試合になる」と話した上で、「順位表を読める人には、僕らがすでに重要な局面を迎えていることがわかるだろう」と決意を固めた。 2021.07.23 11:32 Fri
twitterfacebook
thumb

今大会出場直訴の10番リシャルリソンが圧巻ハット! リオ五輪決勝再現カードは連覇狙うブラジルに軍配!《東京オリンピック》

東京オリンピックのグループD第1節、U-24ブラジル代表vsU-24ドイツ代表が22日に横浜国際総合競技場で行われ、ブラジルが4-2で勝利した。 前大会覇者であるブラジルと、前大会準優勝のドイツというリオデジャネイロ・オリンピック決勝の再現となったグループステージ屈指の強豪対決。 大会連覇を狙うブラジルは重要な初戦に向けて38歳の大ベテランのダニエウ・アウベス、GKサントス、ジエゴ・カルロスと3人のオーバーエイジを起用。さらに、ドウグラス・ルイス、リシャルリソンというコパ・アメリカに参加した2選手、ヨーロッパで活躍するブルーノ・ギマランイス、マテウス・クーニャ、アントニーといった実力者を起用した。 一方、その他のヨーロッパ勢と同様に各クラブからの派遣拒否によって満足にメンバーを組めなかったドイツではクルーゼ、アミリ、アルノルトというオーバーエイジ3人をスタメンで起用したほか、ヘンリクスやF・ミュラーといったブンデスリーガで活躍するメンバーがピッチに立った。 ブラジルがクーニャとリシャルリソンが縦の関係となる[4-2-3-1]を採用したのに対して、ドイツはアルノルトをアンカーに配した[4-3-3]で前線にリヒター、クルーゼ、アミリを並べる形でスタート。 立ち上がりからエンジン全開のブラジルは5分、アントニーのスルーパスに抜け出したクーニャがボックス左からファーストシュートを放つが、これはGKミュラーの好守に遭う。 しかし、直後の7分には鋭いロングカウンターから再びアントニーのスルーパスに反応したリシャルリソンがボックス内に抜け出すと、最初のシュートはGKのセーブに遭うが、こぼれ球をゴール右隅に蹴り込んで幸先よく先制に成功した。 最高の入りを見せたブラジルは以降もドイツを攻守に圧倒。リシャルリソンの背後への抜け出しを起点にクラウジーニョが続けてフィニッシュに絡む。すると、22分には中盤からのフィードに抜け出したアラーナがボックス左ゴールライン際で上げたクロスをタイミングよくゴール前に飛び込んできたリシャルリソンが頭で合わせ、2点目を奪取。 これで完全にノッたセレソンの10番は30分、クーニャの中央突破からの丁寧なラストパスをボックス手前左で受けると、得意の右足のコントロールシュートをゴール右隅の完璧なコースに突き刺し、わずか30分でハットトリックを達成した。 今大会出場、背番号10を志願した若きセレソンのエースの引き立て役となったドイツは、何とか前半の内に1点を返そうと、攻勢を強めていくが、相手の集中した守備に苦戦。さらに、前半終了間際にはセットプレーの競り合いの中でDFヘンリクスがハンドを犯し、痛恨のPKを献上してしまう。 だが、キックオフから一人気を吐いていたGKミュラーがキッカーのクーニャの左を狙ったシュートを見事な反応ではじき出し、後半へわずかながら望みを繋いだ。 後半も押し込まれる入りが続くドイツだが、アントニー、クーニャの立ち上がりの決定機を守護神が連続セーブで阻むと、ようやく攻撃陣が奮闘に応える。57分、ボックス手前でクルーゼとの短いパス交換からリヒターが放ったシュートのこぼれ球をアミリが抑えの利いたダイレクトボレーで合わすと、GKの手前でうまくバウンドしたボールがゴール右隅に決まった。 この1点でドイツが押し返すかに思われたが、63分にはダニエウ・アウベスへのアフターチャージでキャプテンのアルノルトが2枚目のイエローカードをもらってしまい、痛恨の退場となった。 これで試合の大勢が決したか、両チームは中2日の今後の戦いを睨んで積極的に交代カードを切っていく。あとは逃げ切るだけのブラジルはアントニーやリシャルリソンをベンチに下げてヘイニエルらをピッチへ送り出す。対するドイツはクルーゼやアミリとオーバーエイジの選手を下げてアヘ、トイヒャートをピッチへ送り出す。 以降は数的優位のブラジルが危なげなく試合を進めていくが、幾つかの決定機を逃すと、ドイツが意地を見せる。83分、セットプレーの流れからラウムが左サイドで上げたクロスをアヘがドンピシャのヘッドで合わせた。 これで一気に試合はわからなくなったが、ダニエウ・アウベスを中心に気を引き締め直した百戦錬磨の前回王者は試合終了間際の94分にカウンターから途中出場のパウリーニョが4点目を奪い切り、最後の最後にドイツへトドメを刺した。 そして、リオ五輪決勝再現カードをまたしても制したブラジルが連覇に向けて最高のスタートを飾った。一方、敗れたドイツも苦しい展開の中で今後の戦いに繋がるパフォーマンスは見せた。 また、同日行われたU-24コートジボワール代表vsU-24サウジアラビア代表は、コートジボワールが2-1で勝利している。 サウジアラビアの奮闘によって試合は1-1のスコアで折り返すも、後半半ばにコートジボワールが個の力でゴールをこじ開ける。66分、ペナルティアーク付近でアマド・ディアロから足元にパスをを受けたケシエが鋭い反転から強烈なミドルシュートを突き刺した。 その後、試合終了間際には相手との小競り合いの中で投入されたばかりのアブバカル・ドゥンビアが一発退場となるアクシデントに見舞われたものの、このまま逃げきったコートジボワールが白星発進となった。 U-24ブラジル代表 4-2 U-24ドイツ代表 【ブラジル】 リシャルリソン(前7) リシャルリソン(前22) リシャルリソン(前30) パウリーニョ(後49) 【ドイツ】 アミリ(後12) アヘ(後38) U-24コートジボワール代表 2-1 U-24サウジアラビア代表 【コートジボワール】 オウンゴール(前39) ケシエ(後21) 【サウジアラビア】 アル・ドサリ(前44) 2021.07.22 22:29 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン元会長に続いて西独代表のレジェンドもトニ・クロースに厳しい意見「もはや代表クラスではなかった」

元西ドイツ代表のローター・マテウス氏が、同胞のMFトニ・クロースに厳しい意見を寄せている。ドイツ『Sport1』が伝えた。 ユーロ2020をもってドイツ代表からの引退を発表したクロース。同じく今大会を最後に身を退いたヨアヒム・レーブ元監督のスタイルを体現する申し子として通算106試合に出場し、2014年のブラジル・ワールドカップでは優勝に大きく貢献した。 華々しい引退とはいかなかったものの、ドイツ代表のレジェンドとも言えるクロースには大きな労いの言葉がかけられた。しかし、そうは思っていない人物がいるのもまた事実のようだ。 今夏でバイエルンの会長を辞したウリ・ヘーネス氏は先日、「私は彼のことが好きだ」と前置きしつつ、ユーロで見せたプレーについては「彼のプレースタイルは完全に終わりだ。現在のフットボールには適していない」と赤裸々に切って落とした。 思わぬ狙撃を受けたクロースは自身のツイッターを通じて「彼はフットボールに関する専門知識が豊富で、論争に興味はなく、完全に自惚れている男だ」と皮肉を返していたが、ローター・マテウス氏はバイエルン元会長に便乗する形でクロースを批判。 西ドイツ代表として1990年のワールドカップを制覇し、翌年のバロンドールとFIFA最優秀選手賞を獲得したレジェンドも「個人的には恨みはないが」とクッションを挟みながらも、プレーのレベルに疑問を呈した。 「ユーロでは選手だけでなくボールのスピードも重要であることがわかった。彼は1、2回は上手くやっていたが、ボールを持つとスペースがほとんどないため全体のペースが乱れ、スピードを落としてしまっていた」 「レアル・マドリーや2014年のW杯では素晴らしかったが、またその姿を失った。だから私にとってトニ・クロースはもはや代表クラスではなかったのだ」 2人のレジェンドから痛烈な批判を浴びてしまったクロース。ローター・マテウス氏に対してはどのような対応を見せるのだろうか。 2021.07.19 22:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly