日本人3選手不出場のヘタフェvsエイバルはエイバルに軍配! 今季初の連勝で奇跡の逆転残留に望み《ラ・リーガ》

2021.05.09 23:09 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第35節、ヘタフェvsエイバルが8日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、アウェイのエイバルが0-1で勝利した。なお、ヘタフェのMF久保建英、エイバルのMF乾貴士、FW武藤嘉紀の3選手はベンチ入りしたものの、いずれも出場機会なしに終わった。

15位のヘタフェ(勝ち点34)と最下位のエイバル(勝ち点26)による残留争い直接対決。

ヘタフェは前節、ビジャレアル相手に0-1で競り負けて残留争いを抜け出す連勝とはならず。2戦ぶりの白星を目指す一戦において久保は引き続きベンチスタートとなった。

対するエイバルは前節、乾と武藤がいずれも途中出場となった中でキケ・ガルシアの見事なハットトリックの活躍によってアラベスに快勝し、17戦ぶりの白星を手にした。奇跡の逆転残留に向けて連勝を狙うチームでは乾、武藤共にベンチから戦況を窺うことになった。

試合は戦前の予想通り、互いに守備から入る慎重な入りを見せる。球際でバチバチやり合う残留争い直接対決らしい拮抗した展開が続き、共になかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。

そういった流れの中で前半半ば過ぎにはヘタフェにアクシデント発生。相手と交錯した際に左肩を強かにピッチへ打ちつけたジェネがプレー続行不可能となり、26分にチャクラが緊急投入された。その後はややヘタフェ優位で試合が進んだものの、共に枠内シュート0に終わるクローズな状況のまま試合は0-0で折り返した。

後半も試合展開に大きな変化はなし。前半同様に主導権を握るヘタフェはサイドからのシンプルなクロス、セットプレーから先制ゴールを狙い、前半から動きにキレを見せていたエネス・ウナルがゴール前で迫力を見せる。

さらに、徐々に攻勢を強めるヘタフェは62分、ハーフウェイライン付近でルーズボールを回収したマタが相手GKの前目のポジションを見極めて意表を突くロングシュート。これが枠を捉えるが、GKドミトロビッチに対応される。さらに、66分には人数をかけた攻撃からボックス手前右角でニョムが上げたクロスをファーでフリーのオリベラがワンタッチで合わせるが、力のないシュートはGKに処理された。

逆転での残留に向けて勝ち点3が必須もなかなか攻撃の形を作れないエイバルは70分にエスポジトを下げてレシオを最初のカードとして切る。この交代直後の71分には左サイドからホセ・アンヘルが上げたクロスをボックス中央で収めたセルジ・エンリクが反転から左足のシュートを狙うが、これは枠を捉え切れない。

その後、ホームのヘタフェがウナルを下げてチェマをピッチに送り出し、0-0での幕引きを意識した守備的な交代策で試合を締めにかかる。

ヘタフェの思惑通り、このままゴールレスドローでの終了かに思われたが、90分を通してほぼゴールの匂いを感じさせなかったエイバルが土壇場で試合を動かす。左CKの場面でセルジ・エンリクのフリックがマクシモビッチのハンドを誘い、オンフィールドレビューの結果、PKが与えられる。これをキッカーのレシオがきっちり左隅に突き刺し、先制点を奪った。

そして、慌ててアレーニャ、アンヘルを投入しゴールを目指したホームチームの反撃をきっちり凌いだエイバルが対ヘタフェ初勝利を挙げると共に、今季初の連勝を飾って奇跡の逆転残留に向けて大きな勝ち点3を手にした。

関連ニュース
thumb

シャルケ、エイバル退団のFWセルジ・エンリクの獲得を見送り

シャルケは9日、エイバルを退団しフリーのスペイン人FWセルジ・エンリク(31)の獲得を見送ったことを発表した。 セルジ・エンリクは2015年からエイバルでプレー。エイバルでは公式戦197試合に出場し39ゴール26アシストを記録した。 エイバルの2部降格に伴い、契約を解除していたセルジ・エンリクの獲得に乗り出していたとされるシャルケだったが、2016年にセルジ・エンリクも絡んだセックステープ流出事件がシャルケファンの抗議に遭い、獲得を断念したとスペインメディアは報じている。 2021.09.09 00:45 Thu
twitterfacebook
thumb

2部降格のエイバル、ヘタフェを退団したベテランDFエチェイタを獲得

ラ・リーガ2部に降格したエイバルは15日、ヘタフェを退団した元スペイン代表DFシャビエル・エチェイタ(33)の獲得を発表した。契約期間は1年間となる。 ビルバオやエルチェ、ウエスカ、ヘタフェなどでプレーした経験を持つエチェイタは、これまでラ・リーガで通算148試合に出場したベテランDF。2019年に加入したヘタフェでは、準主力として2シーズンで公式戦34試合に出場していた。 昨季のラ・リーガを最下位で終え、2部に降格したエイバルでは、守備ラインを担っていたDFパウロ・オリベイラ(29)やDFホセ・アンヘル(31)、DFペドロ・ビガス(30)が退団しており、守備陣の補強が急務となっていた。 2021.07.16 08:02 Fri
twitterfacebook
thumb

エルチェ、2部降格のエイバルからDFペドロ・ビガスを完全移籍で獲得

エルチェは7日、エイバルからスペイン人DFペドロ・ビガス(30)を完全移籍で獲得した。 マジョルカの下部組織出身のビガスは2011-12シーズンにそのマジョルカで台頭。クラブが1部と2部を行き来する中で主力センターバックとして活躍。その後、ラス・パルマスでのプレーを経て、2018年の夏にエイバルへ買取オプション付きのレンタル移籍で加入。 加入初年度はケガの影響でラ・リーガ10試合の出場にとどまったが、翌年に完全移籍を果たすと、在籍3シーズンで公式58試合に出場し3ゴールを記録。昨季はラ・リーガ21試合に出場したが、3月以降はわずか1試合の出場にとどまっていた。 エルチェはビガスについて「プロ選手として250試合の経験を持つペドロ・ビガスが、エルチェのプロジェクトに参加することとなった。彼のリーダーシップ、守備力、情熱、そして献身的な姿勢はエルチェのバックラインに影響を与えるだろう」と紹介している。 2021.07.08 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャ、エイバル退団のセルビア代表GKドミトロビッチを獲得!

セビージャは4日、エイバルを退団したセルビア代表GKマルコ・ドミトロビッチ(29)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2025年6月30日までで、背番号は「1」を着用する。 レッドスター・ベオグラードの下部組織出身のドミトロビッチは、チャールトンやアルコルコンでのプレーを経て、2017年にエイバルに加入。エイバルでは加入初年度から守護神に定着すると、これまで在籍4シーズンで通算131試合に出場。 2020-21シーズンもラ・リーガ35試合に出場すると、今年1月に行われたラ・リーガ第19節のアトレティコ・マドリー戦で8分に獲得したPKを成功させ、ラ・リーガでは通算7人目となるGKによるゴールを記録していた。 セルビア代表で通算18試合に出場しているドミトロビッチだが、エイバルの2部降格に伴い、6月末に同クラブが退団を発表していた。 2021.07.05 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

2部降格エイバル、乾ら主力7選手の退団を発表

ラ・リーガ2部に降格したエイバルは28日、MF乾貴士(33)ら主力7選手の退団を発表した。乾は2022年6月までエイバルと契約していた。 その他、退団するのはGKマルコ・ドミトロビッチ(29)、DFパウロ・オリベイラ(29)、DFホセ・アンヘル(31)、MFパペ・ディオプ(35)、MFペドロ・レオン(34)、FWセルジ・エンリク(31)の6選手。 エイバルによれば上記の7選手は2部降格によって契約を解除できる条項が付いていたとのことだ。 乾は2015年夏にエイバルに加入。2018-19シーズンこそベティスとアラベスでプレーしたものの、ラ・リーガのキャリア6シーズンのうち5シーズンをエイバルで過ごした。そのエイバルでは公式戦153試合に出場して14ゴール16アシストを記録。 2020-21シーズンはラ・リーガ28試合に出場して1ゴールに終わり、チームは最下位となって降格していた。 2021.06.28 22:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly