バルセロナに逆転勝ちのグラナダ、歴史的勝利のマルティネス監督「我々は壮大な旅路を歩んでいる」

2021.04.30 15:52 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
グラナダのディエゴマルティネス監督がチームの歴史的勝利に満足感を示した。スペイン『マルカ』が伝えている。29日に行われたラ・リーガ第33節のバルセロナ戦を2-1で制し、カンプ・ノウで初勝利を挙げたグラナダ。23分にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのゴールで先制を許すも、63分にベネズエラ代表FWダルウィン・マチスのゴールで同点とし、79分にはスペイン人FWホルヘ・モリーナのヘディングで見事な逆転劇を演じた。

勝てば首位浮上のバルセロナを相手に金星を掴み取り、2試合ぶり白星のグラナダ。ディエゴ・マルティネス監督は試合後、「我々は壮大な旅路を歩んでいる」と語り、歴史的な一夜を興奮冷めやらぬ口調で振り返った。


「我々は再び壮大で、歴史的な日を経験した。このチームがカンプ・ノウで勝ったのは初めて。2番目の歴史的なポイントを何とかやり遂げ、多大な努力でゲームから戻ってきた。私が選手たちをどれほど誇りに思っているか、言葉で表現するのは難しい」

「我々の野心は常に勝つことだ。選手たちはライバルや状況に関係なく、過去3年間に示してきた価値観を常に尊重し、バルセロナのようなライバルに対しては多くのことをうまくやらなければならない」

「最も多くの試合を行ったスペインのチーム、ヨーロッパでプレーしたことのない謙虚なチーム…我々はサッカーの本質を尊重し、自らの力で挑戦権を掴もうとする。そして今日、我々は1つの新しい模範を示した」

「非常に強固な守備、非常に協力的な姿勢を保ち、相手に快適にプレーさせないこと。それが勝つチャンスを得る唯一の方法だった。我々にはそれをやり切る力があった。後半には展開の精度が上がり、バルサの攻撃力を封じ込めるためにソリッドに戦えた。チームは非常に堅固だった」

この勝利で、グラナダは勝ち点を「45」に積み上げて、5位レアル・ソシエダと勝ち点差8とし、ヨーロッパリーグ(EL)出場権の獲得にも望みを繋いだ。

残り5試合では優勝を争うレアル・マドリーや、残留を争うアラベス、ヘタフェらと対戦。ラ・リーガ昇格初年度から7位フィニッシュを成し遂げ、EL出場権を獲得した昨季に続く成功を今季も手にできるか否かを左右する大事な時期に入ってくるのは間違いない。
関連ニュース
thumb

グラナダに4発快勝のマドリーが首位アトレティコを追走!《ラ・リーガ》

レアル・マドリーは13日、ラ・リーガ第36節でグラナダとアウェイで対戦し、4-1で勝利した。 直近のセビージャ戦をアザールの劇的弾でドローに持ち込んだ3位マドリー(勝ち点75)は、その試合からスタメンを3人変更。クロースやマルセロ、オドリオソラに代えてロドリゴやマルビン、ミゲル・グティエレスの若手3選手をスタメンで起用した。 10位グラナダ(勝ち点45)に対し、立ち上がりからボールを支配するマドリーは13分に最初の決定機を迎える。カウンターから右サイドにボールを展開したベンゼマがゴール前に駆け上がると、ロドリゴからのクロスをヘディングシュートで合わせたが、これは相手GKのセーブ阻まれた。 その後も攻勢を続けるマドリーは、直後にスコアを動かす。17分、左サイドでボールを受けたグティエレスが意表を突くループパスを供給すると、ボックス左深くまで駆け上がったモドリッチがダイレクトシュート。これが相手GKの股下を抜けゴールネットを揺らした。 先制点で主導権を握ったマドリーは、27分にバルベルデのスルーパスからボックス右まで抜け出したマルビンが決定機を迎えたが、やや力んだシュートは枠の左に逸れた。さらに45分にも、中盤でのボール奪取に成功したヴィニシウスがカウンターからシュートを放ったが、これはGKルイ・シウバの好セーブに防がれた。 このまま前半終了かと思われたが、マドリーは前半アディショナルタイムに追加点を奪う。46分、ミリトンの縦パスを中盤でマルビンがはたくと、右サイドで受けたロドリゴがボックス右までドリブルで運び、ゴール左隅にシュートを突き刺した。 迎えた後半、2点をリードするマドリーはマルビンを下げてオドリオソラを投入。さらに62分には、ヴィニシウス、ロドリゴ、バルベルデを下げてアザール、アセンシオ、イスコをピッチに送り出した。 膠着状態が続く中、マドリーは71分に失点する。ボックス右から侵入したアルベルト・ソロの折り返しからスアレスがシュートを放つと、GKクルトワがはじいたボールをモリーナに押し込まれた。 1点を返されたマドリーだが、すぐに反撃に転じる。すると75分、バイタルエリア右でパスを受けたモドリッチが絶妙な斜めのパスを供給すると、トラップの流れたアザールがボックス左深くから折り返すと、右から中央へ走り込んだオドリオソラがダイレクトシュートをゴールに突き刺した。 さらにマドリーは76分にも、カゼミロのロングフィードを処理しようと飛び出したGKルイ・シウバのクリアミスに反応したベンゼマが無人のゴールへシュートを流し込み、試合を決定づける4点目を奪った。 結局、試合はそのまま4-1でマドリーが快勝。リーグ戦無敗を「16」に伸ばしたマドリーが2位に浮上し、首位アトレティコを追走している。 2021.05.14 06:55 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナが首位浮上の大チャンス逃す…カンプ・ノウで対グラナダ初黒星…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第33節、バルセロナvsグラナダが29日にカンプ・ノウで行われ、アウェイのグラナダが1-2で勝利した。 前節、難敵ビジャレアルを退けて2連勝中の3位バルセロナ(勝ち点71)は同節で首位のアトレティコ・マドリーが敗れたことで、勝ち点差が2ポイントに縮まった。そして、勝利で首位奪還となる第33節延期分では8位グラナダ(勝ち点42)をホームで迎え撃った。 週末にバレンシアとのアウェイゲームを控える中でクーマン監督はビジャレアル戦から先発3人を変更。ラングレ、デスト、ペドリに代えてユムティティ、セルジ・ロベルト、イライクスを代役に起用した。 後ろに重心を置いた[5-4-1]の布陣で臨んだアウェイチームに対して、立ち上がりからボールを握って押し込むバルセロナは、中央を締める相手の守備を揺さぶるためにピッチの幅を使った攻めでチャンスを窺う。 インテリオールや2トップがサイドに流れて両ウイングバックと数的優位を作り出す形の攻めで良い形を作り始めた中、19分には中央で浮いたグリーズマンが鋭いミドルシュートで最初の枠内シュートを放つ。すると、直後の23分にはブスケッツ、メッシと相手陣内左サイドで繋ぎ中央のグリーズマンの足元にパスが通り、鮮やかなルーレットでDFを外したフランス代表FWがボックス左に走り込むメッシへ丁寧なリターンパス。ここでメッシは冷静にゴール右下隅へ左足のシュートを流し込んだ。 エースのゴールによって幸先よく先制に成功したホームチームは以降もリズムよく試合を進めていく。失点後も相手が大きく戦い方を変えなかったため、多くの決定機を作りだすまでには至らなかったが、36分にブスケッツの絶妙な縦パスに抜け出したメッシがGKと一対一の絶好機を迎えるなど、上々の内容で試合を折り返した。 後半も立ち上がりからグリーズマン、セルジ・ロベルトとボックス内で続けて惜しいシュートシーンを作り出し、早い時間帯に追加点を奪って試合を決めに行くバルセロナ。しかし、なかなか決めきれない状況が続くと、60分過ぎにモリーナ、ゴナロンを同時投入して攻めに出始めたグラナダにワンチャンスをモノにされる。 63分、左サイドで背後を狙ったマチスに対してスアレスから斜めのスルーパスが出ると、中央のDFミンゲサが先に追いつくもボールコントロールを誤り、このボールがそのままマチスに渡る。GKテア・シュテーゲンが飛び出してシュートコースを消しにかかるも、股間を抜くシュートを流し込まれた。 失点直後に主審への暴言でクーマン監督が退席処分を科されるなど、流れが悪いホームチームは、追いついて勢いづくアウェイチームに押し返され始める。これを受けて、72分にはミンゲサとイライクスを下げてデンベレとペドリを同時投入した。 ここからリスクを冒して前に出たバルセロナだが、79分にはマチスに代わって投入されたばかりのA・マリンの左クロスをゴール前のモリーナに見事なヘディングで合わせられて痛恨の逆転ゴールを奪われてしまう。 対グラナダ相手に24連勝中のカンプ・ノウでよもや初黒星の窮地に追い込まれた中、81分にはブスケッツを下げてトリンコンを投入し、さらに前がかる。試合終盤にかけてはピケをターゲットマンとして前線に送り込んだが、相手の粘り強い守備を最後までこじ開けることはできなかった。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、カンプ・ノウで対グラナダ初黒星を喫したバルセロナは痛恨の逆転負けで首位浮上のチャンスを逃した。 2021.04.30 03:56 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャがクラブ史上最速でCL出場権を獲得!ロペテギ「選手たちを祝うことしかできない」

セビージャのフレン・ロペテギ監督が、クラブ史上最速でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に到達した選手たちを称賛した。スペイン『アス』がコメントを伝えている。 25日に行われたラ・リーガ第33節でグラナダと対戦したセビージャ。MFイバン・ラキティッチのPKで先制すると、後半立ち上がりにはFWルーカス・オカンポスが追加点。90分に1点返され、後半アディショナルタイムには一度終了した試合が再開される珍事もあったが、無事に勝利を手にし、5連勝を収めた。 この結果、セビージャは5試合を残して4位以内が確定。クラブ史上最速記録達成に、ロペテギ監督は選手たちを手放しで称賛した。 「5試合を残してCLの出場権を得るのは歴史的なことだ。選手たちは誇りに思うことだろう。以前のセビージャが成し遂げたことはないのだから。私も彼らを祝福することしかできない」 ロペテギ監督は後半アディショナルタイムの一件についてもコメントを求められたが、重要なのはCL出場を決めたことであると主張し、すでに次節のアスレティック・ビルバオ戦に集中していると話した。 「あれは逸話だ。重要なのは我々がCL出場権を獲得したこと。しかも2年連続だ。選手へのメリットは大きなものだろう。間違いなく、最も休んでいないチームのひとつだからね」 「すべての試合に勝つことを目標にしている。順位を上げるため、アスレティック戦に目を向けているよ。毎試合勝利を目指すこと以上の情熱はない。ここまで我々はそうだった。非常に複雑な瞬間もあったがね」 2021.04.26 15:57 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャvsグラナダで珍事! 主審が時間を間違え早めに時間終了…8分後に再開?!

25日に行われたラ・リーガ第32節のセビージャvsグラナダでまさかの珍事が起こった。 MFイバン・ラキティッチのPKとFWルーカス・オカンポスのゴールでセビージャが2-1で勝利した一戦。グラナダは90分にFWロベルト・ソルダードのゴールで1点差に縮め、残りの追加時間でドローに持ち込もうと士気が高まっていた。 提示された後半アディショナルタイムは4分。しかし、主審を務めたリカルド・デ・ブルゴス・ベンゴエチェア氏は3分が経過した時点で笛を吹き、試合を終わらせた。 これにはグラナダ陣営が黙っておらず、セビージャの選手たちがドレッシングルームに退いた後もベンゴエチェア主審に試合の再開を要求。原則として、提示される時間は「最小追加時間」であり、追加時間は試合の状況によって主審が多少延ばすことはできるが、短くすることはできない。 すると主審は、その試合でVARを担当していたアントニオ・マテウ・ラオス氏ら関係者と相談した後、自身のミスを認め、試合を93分の時点から再開することを決断した。 フレン・ロペテギ監督をはじめセビージャの選手たちも驚きを隠せず、渋々といった様子でピッチへ戻ることに。すでにユニフォームやスパイク、ソックスを脱いだ選手ばかりで、DFマルコス・アクーニャが芝生の上でソックスやスパイクを履き直す、珍しい光景がカメラに捉えられていた。 そして、およそ8分後に再開された試合は2-1のまま終了し、正真正銘セビージャの勝利が決定。試合後の取材に応じたオカンポスは「こんな試合見たことないね。でも、いつだって新しい何かを学ぶものだ。僕たちの中にはユニフォームを脱いでいる選手もいたね」と、珍事を振り返った。 なお、今節の結果、セビージャは4位以内を確定させ、来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得。加えて上位陣の喉元に限りなく迫っており、ビルバオに敗れ首位陥落の可能性のあるアトレティコ・マドリーとは3ポイント差に縮めている。 <span class="paragraph-title">【写真】主審のミスにより着替え直す選手たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Ricardo de Burgoes Bengoetxea embarrasses LaLiga as he comically blows up after 3 minutes of injury time, having given 4.<br><br>Granada (2-1 behind) are furious, and Sevilla players have been called back from the dressing room to play the final 60 seconds.<br><br>Chaos. <a href="https://t.co/mAzYznSLTA">pic.twitter.com/mAzYznSLTA</a></p>&mdash; Sam Leveridge (@samleveridge) <a href="https://twitter.com/samleveridge/status/1386386342603640834?ref_src=twsrc%5Etfw">April 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.26 13:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ラキティッチ&オカンポス弾で逃げ切ったセビージャがリーグ5連勝!《ラ・リーガ》

セビージャは25日、ラ・リーガ第32節でグラナダとホームで対戦し、2-1で勝利した。 リーグ戦4連勝中と好調の4位セビージャ(勝ち点67)は、辛勝した前節のレバンテ戦からスタメンを2人変更。前節決勝点を挙げたエン=ネシリとジョルダンに代えてL・デ・ヨングとラキティッチがスタメンで起用。3トップにスソ、L・デ・ヨング、オカンポスを並べた[4-3-3]で試合に臨んだ。 リーグ戦2連勝中の8位グラナダ(勝ち点42)に対し、セビージャは10分にチャンス。アクーニャの鋭い縦パスをボックス左手前で受けたパプ・ゴメスが反転から左足を振り抜いたが、このシュートはわずかに枠の上に外れた。 セビージャは15分にも、自陣からのロングフィードで左サイドで収めたオカンポスがボックス左から折り返しを供給すると、走り込んだパプ・ゴメスがゴナロンに倒されPKを獲得。このPKをラキティッチがゴール左隅に決めた。 幸先良く先制したセビージャは、21分にL・デ・ヨング、36分にはスソがグラナダゴールに迫ったが、共に決めきれず。前半は1-0で終了した。 迎えた後半も先にスコアを動かしたのはセビージャ。53分、アクーニャのロングスローで左サイド抜け出したパプ・ゴメスの折り返しを中央に走り込んだオカンポスがゴール中央に流し込んだ。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した状態が続いたが、セビージャは試合終盤の89分に失点を喫する。左クロスをゴールエリア右で合わせたソルダードのヘディングシュートがアクーニャの腕に当たりPKを献上。これをソルダードに決められた。 しかし、グラナダの反撃もここまで。2-1で逃げ切ったセビージャがリーグ戦5連勝を飾り、上位3チームを追走している。 2021.04.26 03:36 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly