ユナイテッド、ウッドワードCEOの今年末での退任を発表

2021.04.21 06:37 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドは20日、副会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるエドウッドワード氏が2021年末に退任することを発表した。

なお、イギリス『Talksport』など複数メディアが伝えたところによれば、ウッドワード氏は18日の創設発表からわずか数日でプロジェクト消滅の危機を迎えているヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)に関連した事情により辞任を申し入れ、これをクラブが受け入れた形となったようだ。

一部ではESL参戦に関して選手間での緊急ミーティングを開いたキャプテンのDFハリー・マグワイアら主力選手との衝突も、今回の退任劇の引き金となったようだ。

ウッドワード氏は、2005年にアメリカの実業家グレイザー・ファミリーが歴史的なクラブ買収を行った際にアドバイザーを務めた関係でユナイテッドでのキャリアをスタート。2013年からはCEOに就任し、ここ数年では経営面に加えて、クラブの補強部門の実権も握っていた。

ウッドワード氏は今回の退任決定に際して以下のようなコメントを残している。

「ユナイテッドに仕えたことを非常に誇りに思っており、過去16年間、世界で最も偉大なフットボールクラブで働けたことを光栄に思っている。クラブは将来に向けて良好な状態にあり、今年末に退任するのは難しいことになる」

「ヨーロッパリーグ、FAカップ、EFLカップを制覇したオールド・トラフォードでの思い出を大切にしていく。同時にクラブの文化を再生し、マンチェスター・ユナイテッド流のプレースタイルを取り戻したことを誇りに思っている」

「とりわけ、この2年間、オーレ・グンナー・スールシャールとそのコーチングチームの優れたリーダーシップの下でプレーヤーたちが成長したことを嬉しく思う」

「ここ数年、ピッチ上やコーチ、スタッフに加えてきた変化により、この偉大なクラブが再びタイトルを獲得する日も近いと確信しており、その資格があると思っている」

「自分の在任期間中にクラブがプレミアリーグを制覇することを切に願っており、情熱的なファンのためにプレミアリーグを取り戻すための基盤が整っていると確信している」

「また、マーカス・ラッシュフォード、メイソン・グリーンウッド、アクセル・トゥアンゼベなどの才能あるプレーヤーがトップチームで活躍する姿を見ることができ、とても嬉しく思っている。今後も、このクラブの若い才能の生産ラインは、既存のトップチームプレーヤーを押しのけてポジションを確保していくだろう。この競争は、将来に向けて良い兆候だ」

「同時に我々はマンチェスター・ユナイテッド・ウィメンも設立したが、彼女たちの進歩は、この偉大なクラブでの成功が求められていることのさらなる証拠だ」

「この16カ月間は、非常に多くのユニークな課題をもたらした。また、新型コロナウイルスのパンデミックの際に、地域社会や世界中で行われたクラブの活動は英雄的なものだった」

「フットボールクラブへの財政的な影響は深刻ですが、ユナイテッドは、並外れた財政的圧力に直面しても、最も堅固で回復力のあるクラブのひとつだ」

「個人的には、良い時も悪い時も支えてくれたユナイテッドの情熱的なファンに感謝したいと思う。我々の歴史の中で困難な時期であったことは承知しているが、皆さんのチームに対するサポートに疑問を感じたことは一度もなかった」

「最後になったが、多くの素晴らしい才能を持った勤勉な人々と一緒に仕事ができたことを嬉しく思う」

一方、共同会長のジョエル・グレイザー氏はウッドワード氏への感謝の言葉を伝えている。

「エド・ウッドワードは、クラブに多大な貢献をしてくれた。ユナイテッドに関わる人たちを代表して、彼のたゆまぬ努力と献身に心からの感謝を述べたい」

「彼のクラブへの貢献は非常に大きく、彼はいつでもマンチェスター・ユナイテッド・ファミリーの一員としてオールド・トラフォードで歓迎されるはずだ」

関連ニュース
thumb

カバーニがカタールW杯後の代表引退示唆 「もうひとつの夢を実現し、身を引きたい」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(34)が2022年カタール・ワールドカップ(W杯)後の代表引退を示唆した。『ESPN』が伝えている。 カバーニは2008年のフル代表デビュー以降、歴代3位の118試合に出場し、歴代2位の51ゴールを記録。長らくFWルイス・スアレスと共にラ・セレステの攻撃をけん引し続けている。 しかし、今年2月に34歳となったエル・マタドールは、来年に控えるカタールW杯が自身にとって最高の引き際になると考えているようだ。 「すべての人間の人生というものは、目的に基づいていて、ある場所に到達するための欲求、目標、目的があるものなんだ」 「フットボールの場合、代表チームでの僕の目標は、カタールでのワールドカップ出場になる。そのもうひとつの夢を実現し、その後は身を引いて家族や仲間、自分のことに専念したいと思っている。僕らはすでにそのラストダンスに参加している状態だね」 また、先日にユナイテッドとの契約延長にサインしたカバーニだが、依然としてボカ・ジュニアーズ行きの可能性が伝えられている。その点について34歳のベテランストライカーは、南米でキャリアを終える可能性を否定していない。 「いつかは南米に戻って、この地で戦うことになるだろうけど、今はその時ではないね」 なお、自身最後の参加となるコパ・アメリカに参戦中のカバーニは、18日にグループA初戦のアルゼンチン代表戦に挑む。 2021.06.15 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

マクトミネイ、存在感高まるも背番号変わらず 「39番は…」

マンチェスター・ユナイテッドのスコットランド代表MFスコット・マクトミネイがデビュー当時から同じ背番号を背負い続ける理由を説明した。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドのアカデミー育ちで、2017年5月に1stチームデビューのマクトミネイ。守備的な役割が主なタスクだが、公式戦49試合に出場した今季はボックス・トゥ・ボックスの動き出しにも磨きをかけ、キャリアハイの7得点(2アシスト)を記録するなど、存在感は高まるばかりだ。 そんな身長193cmの大型MFはデビュー当時から背番号「39」のまま。イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードや同代表FWメイソン・グリーンウッドを典型例にアカデミー出身者はチームでの重要性が高まるにつれ、背番号も変わっていく傾向だが、マクトミネイは違う。 それは何故なのか。マクトミネイはファンとのQ&Aでその件を問う質問を受けると、背番号の変更を願い出るどころか、検討すらもしたことがないと述べ、39番に対する愛着を口にした。 「39番は初めてもらった番号だし、特別なんだ。誰からも背番号の変更を求められておらず、そういう話も一切ない。3年前も、2年前も、そして去年もね。何も言われないし、僕も満足だ」 「(背番号について)自問したり、変更の考えを巡らせたり、会話の話題にしたこともない。39番で全く問題なし。今やどこでも39番を目にする。頭から離れなくなってしまっているぐらいさ!」 2021.06.15 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

GKロメロら退団のユナイテッド、GKヒートンの復帰決定的に! 今週にもメディカルチェック&サイン

マンチェスター・ユナイテッドの新たなGK獲得が秒読みのようだ。 その新たなGKとは元イングランド代表GKトム・ヒートン(35)だ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が自らのツイッターで明かしたところによると、ヒートンは今週にもユナイテッドのメディカルチェックを受け、1年延長オプションが付いた2023年6月までの契約にサインする見込み。7月の公式発表が予想されるという。 ユナイテッドはスペイン代表GKダビド・デ・ヘアとイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンを擁するが、先日に元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロとポルトガル人GKジョエル・ペレイラがそれぞれ契約満了で退団。今季が契約最終年のイングランド人GKリー・グラントとは延長交渉中だが、もう1枠を埋めるべくヒートンに白羽の矢を立てた模様だ。 3キャップのイングランド代表歴を持つヒートンは2002年に練習生としてユナイテッドのアカデミーに加わり、2005年にトップチーム昇格を果たしたが、出番に恵まれず、度重なるレンタルを経験。2010年のカーディフ移籍を機にユナイテッドを退団すると、ブリストル・シティ、バーンリーを経て、2019年夏からアストン・ビラに活躍の場を移した。 だが、昨季途中に負ったヒザの前十字じん帯損傷でしばらく戦線から遠ざかると、今季はアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスの加入でベンチを温める日々が続き、出番なしで終戦。アストン・ビラとの契約も今月いっぱいで満了となるなか、以前から古巣ユナイテッドとの交渉が取り沙汰されている状況だった。 2021.06.15 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

サンチョ狙うユナイテッド、ドルトとまだ隔たりか…選手側とは個人条件などで合意済みの見方も

マンチェスター・ユナイテッドがドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)の獲得に動いているが、クラブ間交渉でまだ隔たりがあるようだ。 昨夏に続いて、サンチョの獲得に本腰といわれるユナイテッド。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が明かしたところによると、ユナイテッドはサンチョ側と個人条件だけでなく、代理人手数料でも合意。ドルトムントとの協議という次のフェーズに入っているといわれる。 だが、イギリス『BBC』によると、そのクラブ間交渉はまだ合意点を探る段階にある様相。ユナイテッドは移籍金6700万ポンド(約103億8000万円)のオファーを出したが、ドルトムント側は移籍金7750万ポンド(約120億1000万円)+ボーナス425万ポンド(約6億5000万円)を求め、拒否した模様だ。 また、金額面の差以外にも完済期間を巡っても両者にズレがあり、ユナイテッドが5年間を提案したのに対して、ドルトムントは4年間しか求めていない様子。昨夏と同じ轍を踏みたくないユナイテッドはドルトムントの反応を受けて、オファーを修正するか否かの検討しているようだ。 今季も最終的に公式戦38試合出場で16得点20アシストを記録したサンチョについて、昨夏に2023年までの契約延長を公表したスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は5月に紳士協定の存在を明らかに。安くないものの、昨夏よりも低い移籍金額で交渉に応じる姿勢とみられる。 2021.06.11 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、来季最終年のポグバと新契約の協議開始か

マンチェスター・ユナイテッドがフランス代表MFポール・ポグバ(28)と新契約の話し合いを始めたようだ。 2016年夏に当時の世界最高額となる8900万ポンド(現レートで約137億9000万円)の移籍金でユベントスから復帰したポグバ。しかし、必然的に周囲の期待値も高まるなかで、相次ぐケガや波の激しいプレーレベルなどで批判も少なくない。 今季もケガを強いられ、新型コロナウイルス感染で離脱を余儀なくされる時期もあったが、最終的に公式戦42試合でプレー。ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスとともに中盤の軸を担ったが、来季が終われば、契約切れとなる。 渦中のポグバは先日、合流中の代表先で「具体的なオファーがない」と話したが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ユナイテッドは契約が残り1年を切るなか、選手代理人のミノ・ライオラ氏と延長交渉を開始したという。 ユナイテッドが1年の延長オプションが行使したことで、契約が2022年まで延びているポグバ。移籍となれば、以前からレアル・マドリーやユベントスが候補の筆頭に目されている。 2021.06.11 08:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly