なでしこジャパンの活動を高倉麻子監督が総括、選手の変化やトライしたこと、そして五輪への思い「決勝でアメリカとやりたい」

2021.04.13 20:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
◆「強豪国相手にどう作用するか」

また海外組も招集して合わせた中、多くの選手が直近での移籍となっていたが、短期間での選手たちの変化については「こういうタイミングで海外に行くという選択は簡単ではなかったと思います。ちょっと相談を受けたこともありますし、悩みながらそれでも一歩踏み出そうと勇気を持って行動してくれたことに関してはポジティブに感じています」と語り、「帰ってきて表情を見ても、生活面でご飯どうしているかとか移動や練習はどうかとかを聞いても日本とは違うと。行ったからこそわかった日本の良さとか、行っても海外のビッグクラブでも聞こえは素敵ですが、実質はそこまでレベルが高い選手ばかりではないということもあります。そういう中で、いかにこれからどういうプレーをして行こうか考える機会にはなっていると思うので、その辺りを選手と話しつつ、自立していっていると思います」と選手たちの人としての部分の成長も感じるとのこと。「今までは環境があって、揃っている環境で不自由なくサッカーができていたのが、少なからず言葉の壁はあると思いますし、移動含めて、コミュニケーション含めて勉強する中で、シンプルに人間として成長しているのを感じましたし、そのことも頼もしく思いました」と語り、プレー面以外の成長を喜んでいた。

この2試合ではMF中島依美(INAC神戸レオネッサ)を2試合ともボランチで起用し、ゲームキャプテンも務めさせたが、その狙いについては「色々なパターンがありますが、シンプルに非常に良い顔つきをしていましたし、何かこう自分自身が努力する中で、代表も長くなってきましたし、うまく行ったり行かなかったりという中で、1つ吹っ切れたような表情を感じたので、安心してキャプテンを任せられるなと思いました」とコメント。「みんながリーダーシップをとって進んでいくチームになってほしいと思いますし、その中でも今回に関しては中島はパフォーマンスも安定していましたし、大事な時期にこんな試合ができる状況下でも、チームをしっかり引っ張って行ってくれるかと思って中島に任せました」と理由を明かした。

その中島のパフォーマンスについては「今いるメンバーの中では非常に安定感があったと思いますし、ゲームを全体視できるようになってきていると思うので、チームに落ち着きを与えられる存在になりつつあると感じています。まだまだ彼女も満足せず努力を続けてくれると思うので、とにかくみんなでレベルアップして良いチームになって行こうと話して選手を解き放ちました」とし、さらなる成長にも期待を寄せた。

今回の2試合ではサイドバックの選手がインサイドに入ってプレーすることも多かったが「サイドバックの動き方について少しアプローチしましたし、それと同時にボランチとサイドハーフはインサイドハーフのような形からサイドに出て行ったり、チームとしての動き方の仕組みはちょっと選手と話をしながら進めた部分はあります」と、ある程度の狙いを持って行っていたとコメント。「結局それができるようになったのは、サッカーの仕組みというのが選手が頭で理解し始めて、それを行動に移せるようなインテリジェンスを持った選手が増えてきたと捉えています」と語り、選手たちの理解力も上がっているとした。それでも、「まだまだやりたいことはありますが、それは現実的でなければいけないです」と語り、理想論で終わるのではダメだと語った。

また、「今回は攻撃に時間をかけることが長く、ボールが相手に渡ってピンチになるシーンがあってもそこで止めることができていたので、多少ポジションのローテーションがあっても守備がうまく行ったと思いますけど、強豪国相手にどう作用するかは楽しみですし、難しい部分もあると思うので、今後強いチームと試合をしながら、その辺を探りつつ、いかに先手をとっていけるかということに対して作っていきたいと思います」とし、強豪国相手でも同じサッカーができるのかどうかをしっかりと見極めていきたいと語った。

選手たちのポジション変更や立ち位置の変更についての手応えについては「選手の可能性を広げたいという思いがあるので、常に少しポジションを変えたりアプローチを変えて、選手の幅を広げたいと思っています」とコメントし、「少しポジションをいじっている選手に関しては、おおよそ満足いくパフォーマンスをしてくれ田と思いますし、課題が出たことも含めてポジティブだと思っています」と、色々な気づきがあったとのこと。「18人で2週間で6試合というものを総合的にチーム力をあげたいというのもある程度見えてきました」と、本番に向けても絵が見えてきたようだ。

また「いかにコンディションを上げられるか。あとは、核があってどういう味付けをしていくかに入っていくと思うので、その辺は選手のコンディション、調子が上がってくる選手が非常に大事になるともうので、そこを組み込みながら、選んでいく作業になると思います」と語り、まずはコンディションを重視してチェックしていきたいとした。

さらに、「攻撃はシンプルに深さと幅があると思うので、5レーンなどもありますが、守備の部分でも攻撃の部分でも話をしています。自分たちがボール状況でどこに立てば優位に立てるか、早くポジションを探して、体の向きを含めて判断のスピード、テンポの作り方を含めて、立ち位置は選手にアプローチして非常に良くなってきたと思います」と一定の手応えがあったとコメント。「チームでどの選手が一番幅を取るかということも、特にサイドバックやサイドハーフという規制もかけていないですし、チームとして幅を作るというところでは、違う選手が幅を取るために飛び出ていくときもあります」とピッチ上で対応できることが重要だとした。

一方で、「ただ、少し混んだところから空いているところにボールを出した時に一対一が有利なのかも考えないといけないですし、逆に世界で戦うときに狭いところから入っていくこともあると思うので、狭さの中で勝負するというのは自分たちの得意なところでもあります」とし、「どこで縮めてどこで広げるかは探っている段階で、色々なものが見えてきているので、今からの積み上げになりますし、キャスティングにもよると思います。私も選手の変化と試合を見ながらの積み上げがどの辺までかとか、何が一番最適なのかは、観察しながらアプローチをかけていければと思います」と、チームとしてのルールをどこに設定するかを考えるとした。



関連ニュース
thumb

なでしこジャパン、メキシコ女子戦もエース岩渕弾皮切りに5発快勝! 五輪メンバー発表へ《国際親善試合》

なでしこジャパンは13日、カンセキスタジアムとちぎで国際親善試合のメキシコ女子代表戦に臨み、5-1の勝利を収めた。 10日に行われたウクライナ女子代表戦との国際親善試合を8-0の快勝で飾ったなでしこ。メキシコ女子戦は今月下旬に予定する東京オリンピックメンバー発表前最後のアピール場となる。その一戦で[4-4-2]のシステムが用いられ、GK池田が最後尾を務め、最終ラインに清水、熊谷、南、宮川。2列目に籾木、林、中島、長谷川が並び、岩渕と田中が2トップを形成した。 そのなでしこは立ち上がりから攻撃の主導権を握り、7分に右サイド深くの岩渕が折り返したボールにボックス右の田中が右ポスト直撃の右足ダイレクトシュート。続く19分にも岩渕がスルーパスを出すと、最終ラインのスペースを抜け出した田中が右足でフィニッシュに持ち込み、チャンスを作るが、相手GKの正面を突く。 なかなかゴールを決められないなでしこは28分に熊谷のボールロストからカウンターを受け、相手の圧力を受け始めるが、エースが停滞感を吹き飛ばす。35分、林からパスを受けた岩渕が対峙する相手DFを巧みなフェイントで揺さぶり、右に切り込んだところで右足シュート。これがゴール右に決まり、前半のうちに先制した。 さらに、後半開始早々の46分に南のロングボールを受けた岩渕が左サイド深くから左足で折り返すと、ゴール前の田中が右足で押し込み、2-0に。その3分後に自陣左サイドから切り崩され、ゴンサレスにゴールを許したが、敵陣左サイドでFKのチャンスを獲得した54分に中島の素早いリスタートをボックス左で受けた岩渕の折り返しを中央の籾木が押し込み、突き放した。 その後、塩越、木下、杉田、遠藤を立て続けに入れ、システムも[4-3-3]に変更すると、その1分後に4点目。遠藤がボックス左に持ち込み、左足で折り返すと、ファーサイドで受けた木下が右足で代表初ゴールを決めた。続く81分には高橋、三浦も投入。87分には中島の浮き球パスを相手最終ラインの背後で受けた遠藤が右足でネットを揺らして、勝負を決した。 先制まで攻めあぐねたなでしこだが、終わってみれば東京五輪メンバー発表前最後の試合も5-1の快勝で飾っている。 なでしこジャパン 5-1 メキシコ女子代表 【なでしこ】 岩渕真奈(前35) 田中美南(後1) 籾木結花(後8) 木下桃香(後29) 遠藤純(後42) 【メキシコ女子】 ゴンサレス(後4) 2021.06.13 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

早めの来日で万全を期して臨むメキシコ女子代表モニカ・ベルガラ監督「日本をてこずらせるような試合運びを」

なでしこジャパンとの対戦を控えるメキシコ女子代表モニカ・ベルガラ監督が12日、前日記者会見に出席した。 13日にMS&ADカップ2021のなでしこジャパン戦に臨むメキシコ。ベルガラ監督自身は選手時代の2003年、2007年に女子ワールドカップ(W杯)予選大陸間プレーオフで日本との対戦経験がある。世代別の代表でも指揮官として対戦しており、日本については「非常にレジリエンス(不利な状況を盛り返す力)の高いチーム」という印象を持っているようだ。 メキシコは試合に先立ち7日に来日。心身ともにベストな状態で試合に臨みたいとのことから早めの日本入りを決めたようで、それが双方にとってメリットになると考えているようだ。なでしこジャパンの印象を含めて次のようにコメントしている。 「(なでしこジャパンは)プレーの中にも日本の文化が反映されている。選手たちは非常にリスペクトを持って規律を重視し、自らのプレースタイルに忠実に最初の1分から試合が終了するまで、忠実に戦うチームだという印象を持っています」 「非常に素晴らしいと思います。明日の試合では日本をてこずらせるような試合運びができればと思いますし、それが日本代表のオリンピックに向けての準備の役に立てばと思います」 「日本代表のプレーというのは非常にダイナミックでコンパクトなプレーが特徴的ですし、攻守の両面において非常にアグレッシブだという印象を受けています。メキシコ女子代表にもそういったところを取り入れていきたいと思いますし、日本にとって難しい試合展開を強いるように戦いたいと思います」 自身のチーム作りに関しては「すべての面において全員の選手たちで同じ方向を向いて、同じ言語で理解し合うこと」を大切にしていると述べたベルガラ監督。「それが目指すプレーモデルであり、13日の試合でも見られるだろう」と語った。 また、両チームのキーマンについて尋ねられると、特定の選手名を挙げることはせずにチームプレーを重視していることを強調。日本との試合でもチームとしてどう戦えるかに重きを置いているようだ。 「私が最も大事だと思うのは、日本もメキシコも同じだと思うんですけど、チームでのプレーといういことです。明日の試合でも守備であったり、攻撃の面で何人か目立つ選手が出てくることはあるでしょうけれど、やはり重要なのはチームプレー。攻撃を仕掛ける際もキーパーのところから攻撃は始まっていると私たちは考えますし、もし得点を決めることができれば、それは選手たち全員にとってのプレゼントであるという風に思います。おそらく日本もそういった考え方だと思いますので、明日もチームプレーを重視していきたいと思います」 2021.06.12 22:53 Sat
twitterfacebook
thumb

短い時間の中で結果を残したなでしこジャパンFW遠藤純「ゴールに直結するようなプレーを」

メキシコ女子代表とのMS&ADカップ2021を13日に控えるなでしこジャパンのFW遠藤純(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が12日、オンラインのメディア取材に応じた。 遠藤は10日のウクライナ代表戦で岩渕真奈(アーセナル)に代わって76分に途中出場を果たすと、終盤にはドリブル突破からのクロスで籾木結花(OLレイン)のゴールをお膳立て。短い時間の中で明確な結果を残したが、アピールとしてはまだまだ足りないと感じでいるようだ。 「短い時間の中でアシストできたり、自分自身のプレーを出せたというのは良かったかなと思うんですけど、もっとたくさん試合に出てチームの勝利に絡めたらいいなというのがこの前の試合の感想でした」 「攻撃的なポジションではあるので結果を残すというのはメンバーに残る上で重要だと思うんですけど、自分自身が結果を残すこともそうですし、この前の試合のように仲間に決めさせるよなクロスだったりとか、自分が仕掛けた中でゴールに直結するようなプレーをたくさん出していって、18人の少ないメンバーの中に食い込みたいなと思うので、明日頑張りたいなと思います」 さらに、ゴールへの積極性はこれまで以上に意識しながら、その中でも決定力をあげていく必要があると語った。 「個人としてもチームとしてもゴールに向かう意識が強くなったし、去年以上に果敢に攻めることが増えたので、最後決め切るというところはチームとして課題がたくさんあったので、自分自身もしっかり決め切ってチームが勝つために自分ができることを一生懸命やろうと思います」 2021.06.12 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

本番を想定した中2日でのメキシコ戦へ向けなでしこジャパン高倉麻子監督「選手を試すという方法寄りで考えていこうかなと」

メキシコ女子代表とのMS&ADカップ2021を13日に控えるなでしこジャパンの高倉麻子監督が12日、前日会見に出席した。 10日のウクライナ女子代表戦では8-0と快勝を収めたなでしこジャパン。オリンピック本番を想定した中2日での試合を高倉監督は「大事な経験」としつつ、次のように続けた。 「ウクライナとはちょっとタイプの違う、メキシコという中南米のチームとできるということはチームにとっては非常に良い経験になるかなと思います。ずっと大勝が続いているので、いろんなご意見とかもありますけど、チームとしては攻守ともにどの選手が出ても、狙いを共有しながら守備の組織を作ったり、攻撃の組み立ての部分、コンビネーションのところは間違いなく上がってきてると思いますし、ブレずにどんな相手であっても自分たちの精度を上げていく、とにかく集中をしていいトライができたらいいなという風に思います」 2戦同じメンバーで戦えば連携の向上が見込め、中2日での疲労度ということも試せる一方、新しいメンバーの力試しもできる状況。そのなかで指揮官としては各選手のコンディションを踏まえ、別の選手を試す方向で考えているようだ。 「先発で出た選手と話したときに「疲れはあります」とのことでしたけれども、選手自身は自分たちそれぞれが、休むところもそうですし食事のところもそうですし、選手同士が集まっての会話ということはなかなかできないですけど、やれる範囲の中で良いコミュニケーションの取り方をしてくれているなという風には思います」 「今チームを見渡して、例えばA・Bのチームを作ったとしても大きな差がないというのも、今のなでしこの強みかなという風に感じているので、それを考えれば明日は出場時間の短かった選手で長い時間を、という風なことも考えながら、もちろん2試合連続でやっていく身体の部分でのフィーリングみたいなもの、連続してということも両方うまくかみ合わせながらやっていけたらいいなと思いますし、無理やり使って疲労度を高めてケガが起きるということも今やる必要もないので、いろんな選手を試すという方法寄りでメンバーを考えていこうかなという風には思います」 今回が最後のテストマッチとなるが、選考の基準に関してはわかりやすい結果に限らず多岐にわたるとし、普段の振る舞いですらも気にかけているとのことだ。 「みんな力が拮抗してますし、毎日選手のトレーニングも、試合でのパフォーマンスというところも注意してみてますけども、自分たちが主導権を握る試合になってきているので、その中でできたプレーであっても例えば得点という形であっても、それぐらいはやれて当然という部分もあったり、逆に非常に見えにくい場面であっても、ポジショニングであったりボールを奪い返す場面であったり、そのオフの部分で危機を察知して危ない場面の芽を摘んでいるというプレーがあるので、その辺は評価の対象にはなっています」 「何よりも集まって感じたのは、選手のオリンピックに対する思いであったり、自分自身がサッカーに対する思いというのを強く感じる選手もいますし、もちろん表現方法は個人個人違うのでみんなが持ち合わせた中ではありますけど、チームが僅差になった時にパワーをもたらす選手ってどういう選手なのかなということを、練習でもそうですし、オフのちょっとした立ち振る舞いや会話の中でも私自身は汲み取ろうという風に思って選手とは接するようにはしているので、総合的な部分での判断にはなってくると思います」 2021.06.12 22:25 Sat
twitterfacebook
thumb

日本の中心選手を目指したいと語るなでしこジャパンMF木下桃香「世界を経験して成長のきっかけにしたい」

メキシコ女子代表とのMS&ADカップ2021を13日に控えるなでしこジャパンのMF木下桃香(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が12日、オンラインのメディア取材に応じた。 10日のウクライナ代表戦では8-0と快勝を収めたなでしこジャパン。次回のメキシコ戦が東京オリンピックに向けての最後の試合となるなか、ウクライナ戦では出番のなかったチーム最年少の木下は「試合に絡むためにいい準備をしてます」と出場へ向けて抜かりはないようだ。 「(自分の良さは)ゴールに絡むことだと思っていて、自分のところで1つチャンスメイクができたらいいアピールにつながると思いますし、結果的にアシストだったりゴールという形で結果を残せればベストかなと思います」 2018年のU-17女子ワールドカップ(W杯)ではメキシコ相手にゴールを奪っている木下。当時は「自分たちが主導権を握れていたなかでカウンターを受けた」と振り返るが、今回は相手のレベルも上がりスピード感も上がる。それを踏まえたうえでの戦い方もイメージはできているようだ。 「相手もフィジカルのところ、一対一の個人のところはすごい強いと思うんで、そこは日本の良さでもあるコンビネーション、短いパス交換で崩していくこともそうですし、ときには裏に1本の長いパスで展開が変わってくることもあると思うので、相手と状況を見てやっていけたらいいなと思ってます」 東京五輪へのサバイバルについては「自分自身オリンピックを経験したいという気持ちがすごくありますけど」と前置きをしたうえで「それ以上に少しでも世界を経験して成長のきっかけにしたいというのが1番大きい」と自身の糧にしたいという思いが強いようだ。 「明日の試合もアピールしてオリンピックに絶対入っていこうというのはもちろんなんですけど、それ以上に自分の成長につなげたいというのが、今回の合宿自体もそういう思いで臨んでいるので、今後の自分の成長につながる経験にしたいというのが強いです」 「もちろん将来的にはワールドカップだったりオリンピックで自分が日本の中心選手として世界一に導くっていうのが1番の目標ですし、今回のオリンピックでそれができるかというと自分はすべての面で成長が必要だと思っているので、将来的に成功するために今このチャンスを少しでもつかみにいけたらいいなという思いです」 2021.06.12 22:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly